NikkeiWalker

日経225のデイトレード備忘録。戦略通り粛々と。
下手ながらも何とか7億円に到達。やれやれ。

2015年03月

2014.03.30NY+263.652014.03.30NAS+56.22






米国市場は大幅続伸。

2015.03.312015.03.31上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,206.99(-204.41)
始値 19,592.43
高値 19,607.25
安値 19,206.99
出来高 23億6425万株

日経225先物 終値   19,230(-200)
始値 19,610
高値 19,630
安値 19,220
出来高 78,944枚

3.31日経平均は反落。
先物は180円GUで始まるが間もなく上げ幅を縮小。
午後に一時戻りを試す場面も見られたが、リバウンドは限定的で引けにかけて更に一段安。
引け間際には安値19,220円まで突っ込み、結局ほぼ安値引けで取引を終了。

先週の高値からナイナミックな往来相場が続いている。
大台達成前にひとまず値固めか。
手薬煉引いて待つもドレッシング買いも期待できず、流れは変わらず。
買いスタンスだったが、あっさり振り落とされ早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ -50円(5枚)
寄り引け  買い -300円(1枚)

現在の資金
477,820,000円 (-550,000円)※手数料考慮せず

2014.03.27NY+34.432014.03.27NAS+27.86






米国市場は反発。

2015.03.302015.03.30上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,411.40(+125.77)
始値 19,295.21
高値 19,474.07
安値 19,227.29
出来高 21億0220万株

日経225先物 終値   19,430(+110)
始値 19,310
高値 19,500
安値 19,240
出来高 55,728枚

3.27日経平均は反発。
先物はほぼ変わらずで始まり序盤は売り買い交錯。
上海時間からは断続的に買われ一時高値19,500円をつけるが、午後は失速しヨコヨコの展開に。
上海市場は7年ぶりの高値を更新。
上値は限定的ながらそれでも本日の高値を維持して取引を終了。

先週来300円以上下落していたことから短期的な過熱感が解消されており、再び2万円に向け上値を試すが、如何せん、序盤の売り買い交錯がやっかい。
大台前に足踏み状態が続いている。
終日買いスタンスだったが、あっさり振り落とされて早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ -40円(5枚)
寄り引け  買い +120円(1枚)

現在の資金
478,370,000円 (-80,000円)※手数料考慮せず

2014.03.26NY-40.312014.03.26NAS-13.16






米国市場は続落。

2015.03.272015.03.27上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,285.63(-185.49)
始値 19,374.72
高値 19,590.03
安値 19,099.87
出来高 25億6818万株

日経225先物 終値   19,320(+30)
始値 19,380
高値 19,620
安値 19,100
出来高 100,108枚

3.27日経平均は指数が続落。
配当落ち分は110円ほどであり、ほぼ織り込み済みで寄り付き、乱高下があったものの実質的には小反落に相当し踏みとどまっているといえる。
先物は90円GUで始まり、序盤は棒上げ商状の買いが先行。
一時高値19,620円まで急伸するが、中盤はヨコヨコの展開に。
午後頭打ちになると13時すぎに一転して先物主導で急落。
朝方の上昇分を15分で帳消しに。
更に下げ幅を急速に拡大し19,100円まで突っ込む場面も。
出来高も10万枚を超え、高安の幅は実に520円に及ぶ空前の往来相場に。
結局、引けにかけては急速に下げ渋り、寄り付きの水準まで戻して取引を終了。

実質新年度入りだったが、売り買い交錯。
昨日の外資の売りもなんのそのと思っていたが、やはりといった展開に。
格好のデイトレ日和に。
終日短期回転が奏功した。

本日の損益
デイ +160円(5枚)
寄り引け  買い -60円(1枚)

現在の資金
478,450,000円 (+740,000円)※手数料考慮せず

2014.03.25NY-292.602014.03.25NAS-118.21






米国市場は大幅続落。
耐久財受注が下振れ、ドル高が一服。
ダウは300ドル近い下落幅を記録し18,000ドルをあっさりと割り込んで終了。
ナスダックの118P安は5000P目前の値嵩傾向を差し引いても異様。
三桁であること自体は珍しくはないが110超はあの激しい往来で超ボラ高だった2011年8月以来。

2015.03.262015.03.26上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,471.12(-275.08)
始値 19,605.60
高値 19,623.11
安値 19,397.01
出来高 22億9915万株

日経225先物 終値   19,290(-360)
始値 19,520
高値 19,540
安値 19,290
出来高 76,061枚

3.26日経平均は大幅反落。
5日ぶりに19,500円を割り込んだ。
先物は130円GDで始まり間もなく下げ幅を拡大。
午後には下げ渋る場面もあったが、流れは変わらず引けにかけて一段安。
本日は3月期末の権利付き最終売買日。
明日からいよいよ実質新年度入りとなる。
後場は日銀のETF買い期待もあって下げ渋る期待はあったものの結局安値引けで終えている。

指数も2万円目前で値嵩化しており、300円安といっても日常茶飯事だった一昔とほぼ同じ感覚。
ほどよいボラティリティといったところでデイトレーダー垂涎の値動きといえようか。
配当取り前にあの見事な売り仕掛けには天晴れ。
売りは全く乗り切れず、あっさり戻され画塀に失す。
やれやれ。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  売り +230円(1枚)

現在の資金
477,710,000円 (+230,000円)※手数料考慮せず

2014.03.24NY-104.902014.03.24NAS-16.25






米国市場は続落。
過去最高値に近いこともあってか逡巡か。
ダウは取引終了にかけて戻りが鈍く100ドル超の下落。
18,000ドル割れ目前まで下押しし終了。

2015.03.252015.03.25上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,746.20(+32.75)
始値 19,745.75
高値 19,775.45
安値 19,542.22
出来高 21億4787万株

日経225先物 終値   19,650(+10)
始値 19,640
高値 19,690
安値 19,450
出来高 48,711枚

3.25日経平均は小反発。
先物は変わらずで始まり、序盤は小幅高水準での小動きだったが、昨日高値でやはり頭打ち。
マイナスに転じると下値模索し始め下げ幅を拡大。
午後には一段安し、昨日のレンジを一気に抜け16,450円まで突っ込む場面もあったが、その後間もなく反転。
急速に朝方の高値近くまで埋戻すが、昨日高値前になると伸び悩んだ。
結局寄り付き水準を回復させるにとどまり引けている。

待望の大台乗せの前に逡巡。
上値突破はババ抜きの様相で、あと一歩及ばずレンジが続いている。
踏み上げを期待したが、振るわず。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +40円(5枚)
寄り引け  売り -10円(1枚)

現在の資金
477,480,000円 (+190,000円)※手数料考慮せず

2014.03.23NY-11.612014.03.23NAS-15.44






米国市場は反落。

2015.03.242015.03.24上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,713.45(-40.91)
始値 19,718.99
高値 19,770.64
安値 19,646.35
出来高 20億9206万株

日経225先物 終値   19,640(-50)
始値 19,620
高値 19,690
安値 19,550
出来高 47,727枚

3.24日経平均は小反落。
先物は70円GDで始まり、序盤は買いが先行するが鞘寄せしただけで失速。
上値は重かったが売り崩されるでもなく、中国PMIで急落する場面もあったが、突っ込みも昨日安値までと限定的。
結局昨日のレンジ内でとどまったまま取引を終了。

この高値圏で今更権利取りにいく投資家もいないないだろうが、今年は現物の配当も最高潮レベル。
売り崩しに期待したが、意外に売りが出てこないというわけか。

上昇一服感。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  売り -20円(1枚)

現在の資金
477,290,000円 (-20,000円)※手数料考慮せず

2014.03.20NY+168.622014.03.20NAS+34.04






米国市場は夫々上昇。
ナスダックはドットコムバブル時代の2000年3月10日以来の高値水準に。
ダウも引けにかけては伸び悩むものの、18,000ドル台を回復。

2015.03.232015.03.23上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,754.36(+194.14)
始値 19,607.98
高値 19,778.60
安値 19,574.73
出来高 18億8567万株

日経225先物 終値   19,690(+190)
始値 19,570
高値 19,700
安値 19,550
出来高 42,678枚

3.23日経平均は続伸。
先物は70円GUで始まり、間もなく上げ幅を急速に拡大。
午後に入ってからも騰勢は衰えず、断続的な買いが続いた。
一時高値19,700円に達し、結局ほぼ高値引けで終えている。

終日買いスタンスが奏功。

本日の損益
デイ +50円(5枚)
寄り引け  買い +120円(1枚)

現在の資金
477,310,000円 (+370,000円)※手数料考慮せず

2014.03.19NY-117.162014.03.19NAS+9.55






米国市場はまちまち。

2015.03.202015.03.20上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,560.22(+83.66)
始値 19,479.71
高値 19,565.44
安値 19,560.22
出来高 21億3014万株

日経225先物 終値   19,500(+60)
始値 19,420
高値 19,520
安値 19,320
出来高 45,561枚

3.20日経平均は反発。
先物は小幅安で始まり、寄り天から売りが先行。
一時安値19,320円まで下げ幅を拡大するが、間もなく切り返し、中盤は朝方の高値を試しながらも逡巡。
上海後場から三度目の正直で一段高すると一気に上げ幅を急速に拡大。
19,500円を突破しほぼ高値引けで終えている。
連日の日銀ETF買いもあってか、底堅い。

終日買いスタンスが奏功した。
Apple高く、指数上昇に大きく寄与。
上海、欧州に引き上げられる感覚。
もうはまだなり。
ラリーはいつまで続くか。

本日の損益
デイ +40円(5枚)
寄り引け  買い +80円(1枚)

現在の資金
476,940,000円 (+280,000円)※手数料考慮せず

2014.03.18NY+227.112014.03.18NAS+45.39






米国市場は夫々上昇。3.18 FRBイエレン議長FOMC通過で急反発。
声明発表前までは情報が錯綜。売りが先行していた。
原油も突っ込んでいてWTIは時間外で一時1バレル42ドル割れ寸前にまで下落し2009年3月4日以来約6年ぶりの安値水準に。
ただ、声明発表後は一気に買い戻され、逆に200ドル超の上昇と荒い値動きの末、ダウは18,000ドル台を回復している。

2015.03.192015.03.19上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,476.56(-67.92)
始値 19,514.64
高値 19,557.17
安値 19,312.70
出来高 22億6673万株

日経225先物 終値   19,440(-40)
始値 19,400
高値 19,470
安値 19,220
出来高 84,541枚

3.19日経平均は3日ぶりに小幅に反落。
先物は80円GDで始まるが寄り底から買いが先行。
間もなく失速し再び下落に転じると急速に下げ幅を拡大。
一時安値19,220円まで突っ込む場面もあったが引けにかけては下げ渋り、序盤の下落分の大半を埋め戻して終了。
日銀のETF買いもあったためか、午後には大きく巻き戻されて結局ほぼ本日の高値圏で引けている。

FOMCは無事通過ながら朝から乱高下。
終日手控えだった。

本日の損益
デイ -----------
寄り引け  売り -40円(1枚)

現在の資金
476,660,000円 (-40,000円)※手数料考慮せず

2014.03.17NY-128.342014.03.17NAS+7.93






米国市場は反落。
FOMC結果控え持ち高調整か。

2015.03.182015.03.18上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,544.48(+107.48)
始値 19,407.76
高値 19,555.72
安値 19,389.24
出来高 20億4493万株

日経225先物 終値   19,480(+80)
始値 19,330
高値 19,480
安値 19,310
出来高 46,691枚

3.18日経平均は続伸。
先物は70円GDで始まり寄り付き直後こそ棒上げ商状が見られたが、間もなく失速。
中盤まで底堅くもヨコヨコの展開に。
終盤にようやく動き出し引けにかけて一段高。
急速に上げ幅を拡大し、高値引けで終了。
指数は昨日に続き2000年4月以来約15年ぶりの高値水準を維持。一気に19,500円台乗せている。

今晩に予定されているFOMC結果発表を睨んだ思惑に手薬煉引いて待っていたが、終日買いスタンスが奏功した。

本日の損益
デイ +90円(5枚)
寄り引け  買い +150円(1枚)

現在の資金
476,700,000円 (+600,000円)※手数料考慮せず

2014.03.16NY+228.112014.03.16NAS+57.75






米国市場は反発。

2015.03.172015.03.17上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,437.00(+190.94)
始値 19,425.89
高値 19,479.89
安値 19,373.39
出来高 19億4249万株

日経225先物 終値   19,400(+150)
始値 19,330
高値 19,400
安値 19,290
出来高 38,976枚

3.17日経平均は反発。
先物は80円GUで始まり序盤は戻り売りが先行するも一巡は早く中盤まで膠着。
日銀発表への思惑で午後やや上昇する場面もあったが、上値も限定的。
それでも午後の高値に顔合わせの引けピン。
結局高値引けで終えている。

終日ほぼ手控え。
米株先の時間外は小幅反落。
昨日に続いてFOMCを意識した小動きに。
FOMC後のイエレン議長発言で動くか期待したい。

本日の損益
デイ ------------
寄り引け  売り -70円(1枚)

現在の資金
476,100,000円 (-70,000円)※手数料考慮せず

2014.03.13NY-145.912014.03.13NAS-21.53






米国市場は反落。

2015.03.162015.03.16上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,246.06(-8.19)
始値 19,245.38
高値 19,349.20
安値 19,226.71
出来高 19億7710万株

日経225先物 終値   19,250(+50)
始値 19,150
高値 19,270
安値 19,140
出来高 46,294枚

3.16日経平均は指数が小反落。
先物は小幅続伸。
50円GDで始まり、序盤は買いが先行。
ほぼ棒上げ商状で勢いも手伝って週末の最高値を二文上回る19,270円を一時つけるが、買いは続かず午後には失速。
引け間際に乱高下した後、結局ほぼ引けピンで高値圏で取引を終了している。

終日手控え。

本日の損益
デイ ------------
寄り引け  買い +100円(1枚)

現在の資金
476,170,000円 (+100,000円)※手数料考慮せず

2014.03.12NY+259.832014.03.12NAS+43.35






米国市場は10日の大幅安の反動からか大幅反発。
経済指標は強弱まちまちながら強い地合いで取引終了にかけて200ドル超の上昇。

2015.03.132015.03.13上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,254.25(+263.14)
始値 19,119.58
高値 19,335.80
安値 19,042.25
出来高 31億9873万株

日経225先物 終値   19,200(+270) 6月限
始値 19,070
高値 19,250
安値 19,040
出来高 74,509枚

SQ値 19,225.43円

3.13
日経平均は続伸。
先物は60円GUで始まり、昨日同様、序盤の売り買い交錯の後は一段高。
終盤にはSQ値を上回る一時高値19,250円まで上げ幅を拡大。引け前にやや伸び悩んだが、この空前の高値を堅持したまま本日の高値圏で取引を終了。

怒涛の上昇相場が続いている。

nikkei 16y 2015.3.13














節目をことごとく抜け切り、指数のターゲットはITバブルの絶頂点である2000年4月12日の終値20,833円までなくなった。
雲を一気にブレイクスルーし澄み渡る空が広がっている。
久しぶりの空中戦。
流れに逆らずついていけるか。
下手ながら何とか及第点。
終日買いスタンスが奏功した。

本日の損益
デイ +80円(5枚)
寄り引け  買い +130円(1枚)

現在の資金
476,070,000円 (+530,000円)※手数料考慮せず

2014.03.11NY-27.552014.03.11NAS-9.85






米国市場は続落。

2015.03.122015.03.12上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     18,991.11(+267.59)
始値 18,787.10
高値 19,008.13
安値 18,774.42
出来高 21億8463万株

日経225先物 終値   19,010(+360) 3月限
始値 18,780
高値 19,010
安値 18,760
出来高 52,224枚

日経225先物 終値   18,930(+370) 6月限
始値 18,700
高値 18,930
安値 18,680
出来高 74,862枚

3.12日経平均は続伸。
先物は130円GUで始まり序盤は売り買い交錯。
戻り売りが一巡すると、午後にかけて断続的に上げ幅を拡大。
しかし、19,000円の大台を回復した刹那失速。
一時高値19,010円をつけるが、午後は大台前に逡巡し一進一退。
それでも引けピンで再び最高値に顔合わせ。
結局高値引けで終えている。

指数の取引時間中の高値としては2000年4月21日以来、19,000円台を回復。
終値では2000年4月19日以来の高値水準を記録。
朝から買いスタンスだったが、あっさり振り落とされ早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  買い +230円(1枚)

現在の資金
475,540,000円 (+230,000円)※手数料考慮せず

2014.03.10NY-332.782014.03.10NAS-82.64






米国市場は急落。
332ドル安は昨年10月9日以来の下げ幅。

2015.03.112015.03.11上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     18,723.52(+58.41)
始値 18,604.87
高値 18,836.93
安値 18,583.52
出来高 19億2665万株

日経225先物 終値   18,650(-20) 
始値 18,580
高値 18,840
安値 18,570
出来高 107,395枚

3.11日経平均は小幅ながら指数が反発。
先物は90円GDで始まるが、ほぼ寄り底から下げ幅を急速に縮小。
断続的に買われ午後には一時18,840円に達する場面もあったが、引けにかけては伸び悩んだ。
震災とほぼ同じ時間の下落は4年前を彷彿とさせた。
高安の値幅は270円に及び活況を呈している。
終日買いスタンスだったが、短期回転が奏功した。

本日の損益
デイ +160円(5枚)
寄り引け  買い +70円(1枚)

現在の資金
475,310,000円 (+870,000円)※手数料考慮せず

2014.03.09NY+138.942014.03.09NAS+15.07






米国市場は反発。
18,000ドル台を回復するが取引終了にかけては伸び悩んだ。
まだ思惑が交錯しているのか戻り売りと押し目買いの攻防が続いている。

2015.03.102015.03.10上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     18,665.11(-125.44)
始値 18,891.01
高値 18,924.38
安値 18,577.06
出来高 21億3776万株

日経225先物 終値   18,670(-200) 
始値 18,880
高値 18,920
安値 18,570
出来高 130,465枚

3.10日経平均は続落。
先物は90円GUで始まり、序盤は底堅く推移し戻りを試す場面もあったが、昼前に一段安すると急速に下げ幅を拡大。
引けにかけて売りが断続的に入り一時安値18,570円まで突っ込む場面も。
引けにかけては若干下げ渋ったものの本日の安値圏で終えている。

メジャーSQを前に格好の踊り場となった模様。
絶好の押し目となるか。
序盤はあっさり振り落とされたが、出来高は1月16日以来の10万枚超え。
中盤の仕掛け売りは絶好のタイミングでまさに溜飲を下げた。

本日の損益
デイ +150円(5枚)
寄り引け  買い -290円(1枚)

現在の資金
474,440,000円 (+460,000円)※手数料考慮せず

2014.03.06NAS-55.442014.03.06NY-278.94







米国市場大幅反落。
雇用統計発表後の乱高下の末、売られ終わってみれば300ドル近い下げ。
戻り売りが押し切った格好だった。

2015.03.092015.03.09上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     18,790.55(-180.45)
始値 18,872.96
高値 18,878.15
安値 18,733.87
出来高 17億9771万株

日経225先物 終値   18,790(-200) 
始値 18,870
高値 18,880
安値 18,740
出来高 85,457枚

3.9日経平均は反落。
先物は120円GDで始まり、ほぼ寄り天から下げ幅を急速に拡大。
棒下げ商状で一時安値18,740円まで突っ込む場面もあったが、間もなく切り返し中盤は朝方の高値まで回復。
しかし、引けにかけては再び下げ幅を拡大し、結局本日の安値圏で取引を終了。

先高感あるも上がっては抑えられ、下がってもすぐに押し目は買われて切り返す始末。
日銀のETF買いも続いており、下値模索もなし。
手薬煉引いて待っているが、機会もなし。
終日手控えだった。

本日の損益
デイ -----------
寄り引け  売り +80円(1枚)

現在の資金
473,980,000円 (+80,000円)※手数料考慮せず

2014.03.05NY+38.822014.03.05NAS+15.67






3.5 ECBドラギ総裁米国市場は小幅反発。
ECBな政策金利据え置き、量的緩和策としては国債などの資産買い入れを9日から開始と決定。
欧州は軒並み高だが、米国は指標発表で失速。
雇用統計前に一進一退で終えている。

2015.03.062015.03.06上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     18,971.00(+219.16)
始値 18,814.85
高値 18,979.64
安値 18,808.30
出来高 21億2844万株

日経225先物 終値   18,990(+230) 
始値 18,820
高値 18,990
安値 18,810
出来高 58,168枚

3.6日経平均は大幅続伸。
先物は60円GUで始まり、間もなく上げ幅を急速に拡大。
午後には一時高値18,990円をつけるが、さすがに19,000円の大台に迫ると逡巡。
終盤は頭打ちになりながらも結局昼の高値に引けピン。
高値引けで取引を終了。

終日ほぼ手控え。
デイは序盤にあっさり踏まれて早々に退散。
雇用統計はまさにデイトレ垂涎の値動き。
ドル円は一時121円台前半をつける場面も。
小幅な乱高下を繰り返しているがほどほどで退散。
ナイト戦略が奏功し何とか及第点と言ったところか。

本日の損益
デイ -40円(5枚)
寄り引け  買い +170円(1枚)
ナイト +30円(5枚)

現在の資金
473,900,000円 (+120,000円)※手数料考慮せず

2014.03.04NY-106.472014.03.04NAS-12.76






米国市場は続落。

2015.03.052015.03.05上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     18,751.84(+48.24)
始値 18,658.16
高値 18,767.50
安値 18,655.36
出来高 18億2465万株

日経225先物 終値   18,760(+110) 
始値 18,670
高値 18,780
安値 18,650
出来高 37,943枚

3.5日経平均は3日ぶりに反発。
先物も小高く始まり、直後は小動きだったものの間もなく上げ幅を急速に拡大。
10時前に朝方の高値18780円をつけるが、中盤は伸び悩み、ヨコヨコの展開が続いたが、結局小幅高水準で引けている。
今晩にECB理事会、明晩に米雇用統計を控え様子見ムードが強く出来高も低調。
ただでさえ薄商いな上に、日銀がETF買い入れを行っていたからか、上がりっ放しで下値模索もない。
さしずめ値固めといった様相だったが、ナイトでは待ちに待った上値解放。

日中は終日手控え。
ナイトはほどほどで退散。

本日の損益
デイ ------------
寄り引け  売り -90円(1枚)
ナイト +40円(5枚)

現在の資金
473,780,000円 (+110,000円)※手数料考慮せず

2014.03.03NY-85.262014.03.03NAS-28.20






15年ぶりにナスダック5000P回復米国市場は反落。
ナスダックも5000ポイントを下回り、当然の達成感かやや一服。
この調整は一時的なものにとどまるのか、15年前と同じ歴史をたどるのか。
ドットコムバブル時代の盛衰は今でも強烈な印象に残っている。
15年前に5000ポイント台をつけた時、日本ではヤフーが1億6千万円以上になったり、株式ブームが巻き起こり、いわゆるITバブルと呼ばれた時代だ。
しかし、当時のナスダックにはGoogleもフェイスブックもなく指数の実体も状況も違う。
”.com”があるだけで期待され何でも買われていて、ナスダックの株を買うことは単なるギャンブルと同義の感覚だった。
指数としては2000年3月9日に終値で初の5000台に乗せ、翌日には史上最高値5,048.62を記録。
それを最後に後は転げ落ちるように暴落を続け4月には3000ポイントまで下落していたので、当時を知る人間にとっては一時の調整がどうしてもあの暴落劇を彷彿とさせてしまう。
取引時間中に大台に乗せたのはわずか4日だけで、2000年3月27日を最後に以後15年間5000ポイントなんて数値を見ることはなかった。

2015.03.042015.03.04上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     18,703.60(-111.56)
始値 18,716.78
高値 18,732.66
安値 18,586.84
出来高 21億3732万株

日経225先物 終値   18,650(-170) 
始値 18,720
高値 18,740
安値 18,590
出来高 49,840枚

3.4日経平均は続落。
先物も100円GDで始まるが、戻り売りが先行。
一時安値18,740円まで下げ幅を拡大する場面もあったが、中盤は切り返すなど底堅く推移。
終盤にかけては朝方の高値を上回り戻りを試すも引けにかけては失速。
結局安値圏まで売り戻されて終了している。

戻りの試しも売り仕掛けも不発で早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ -40円(5枚)
寄り引け  売り +70円(1枚)

現在の資金
473,670,000円 (-130,000円)※手数料考慮せず

2014.03.02NY+155.932014.03.02NAS+44.57







NASDAQ 3.2米国市場は続伸。

ダウは史上最高値を更新。
ナスダックは5,000ポイントを回復している。




2015.03.032015.03.02上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     18,815.16(-11.72)
始値 18,910.52
高値 18,910.52
安値 18,730.57
出来高 23億1592万株

日経225先物 終値   18,820(-40) 
始値 18,910
高値 18,910
安値 18,730
出来高 49,043枚

3.3日経平均は小反落。
先物も遂に13日で連騰ストップ。
50円GUで始まり、寄り天からOD展開でスタート。
間もなくマイナスに転じ急速に下げ幅を拡大。
一時安値18,730円まで突っ込む場面もあったが、その後は切り返しほぼ半値戻しで引けている。

寄り付きの動きからもっと売り崩されるのを手薬煉引いて待っていたものの、11時の突っ込み反動であえなく終了。
出来高がやや不足気味だから仕方がないか。
やれやれ。

本日の損益
デイ +120円(5枚)
寄り引け  売り +90円(1枚)

現在の資金
473,800,000円 (+690,000円)※手数料考慮せず

2014.02.27NY-81.722014.02.27NAS-24.36






米国市場は夫々下落。

2015.03.022015.03.02上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     18,826.88(+28.94)
始値 18,869.40
高値 18,939.17
安値 18,775.23
出来高 21億7028万株

日経225先物 終値   18,860(+40) 
始値 18,870
高値 18,990
安値 18,770
出来高 46,154枚

2.27日経平均は小幅に5日続伸。
先物は50円GUで始まり、9時開始直後のわずか4秒間のうちに一時安値18,810円、高値18,990円と乱高下。
雇用統計や以前の機械受注のような動きが瞬間的ながら寄り付きで始まった格好。
19,000円にあと一文と肉薄するが、間もなく失速。
薄商いでもあり上下に長尺な髭一本を形成しただけで乱高下は収束し、後は三角保ち合いの展開に。
結局方向感ないまま小幅高水準で引けている。
異様な底堅さに辟易したが、上値追いの活気はないまま、わずかに続伸。
先物は13連騰を記録している。

売り崩しや踏み上げに期待したが不発で早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  買い -10円(1枚)

現在の資金
473,110,000円 (-10,000円)※手数料考慮せず

↑このページのトップヘ