日経ウォーカー

日経225のデイトレード備忘録。戦略通り粛々と。
下手ながらも何とか7億円に到達。やれやれ。

2016年06月

2016.06.29NAS+87.382016.06.29NY+284.96







米国市場は続急伸。
2016.06.302016.06.30上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,575.92(+9.09)
始値 15,752.71
高値 15,781.69
安値 15,575.92
出来高 15億0729万株

日経225先物 終値   15,510(-60)
始値 15,750
高値 15,760
安値 15,470
出来高 41,233枚

6.30日経平均は辛うじて続伸。
先物は180円GUで始まるが、間もなく上げ幅を縮小。
中盤下げ渋る場面もあったが、上値の重さが意識され始めた午後には一段安。
引け間際には一気に売り物に押され一時安値15,470円に突っ込みながら本日の安値圏で終えている。

巻き戻しも一服感。
終日売りスタンスだったが、ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  売り +240円(1枚)

現在の資金
590,730,000円 (+240,000円)※手数料考慮せず

2016.06.28NY+269.482016.06.28NAS+97.42







米国市場は急反発。
巻き戻しの初動で堅調に推移。
2016.06.282016.06.29上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,566.83(+243.69)
始値 15,523.35
高値 15,626.66
安値 15,398.31
出来高 14億7358万株

日経225先物 終値   15,570(+270)
始値 15,520
高値 15,600
安値 15,360
出来高 48,487枚

6.29日経平均は続伸。
先物は220円GUで始まり、序盤は戻り売り先行。
一時安値15,360円まで下げ幅を縮小する場面があったが、昨日同様に切り返し、上げ幅を拡大。
午後には一時高値15,600円をつけるが頭打ち。
引けにかけては伸び悩んだ。
終日ほぼ手控えながら、短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +140円(5枚)
寄り引け  売り -50円(1枚)

現在の資金
590,490,000円 (+650,000円)※手数料考慮せず

2016.06.27NY-260.512016.06.27NAS-113.54






米国市場は続急落。
2016.06.282016.06.28上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,323.14(+13.93)
始値 15,094.71
高値 15,443.82
安値 15,987.79
出来高 18億0914万株

日経225先物 終値   15,300(-60)
始値 15,070
高値 15,430
安値 14,960
出来高 62,288枚

6.28日経平均は指数が小幅に続伸。
先物は小反落。
290円GDで始まり売りが先行。
昨日安値を三文更新し、一時安値14,960円をつける場面もあったが、1万5千の大台を値堅めするように切り返し、午後には一段高。
一時高値15,430円をつけプラス圏に浮上するが、引けにかけては伸び悩んだ。
それでも終始堅調に推移。
英国のEU離脱パニックが終息に向かうかはともかく、ひとまず売り崩しも小休止といったところ。
結局本日の高値圏で取引を終えている。
終日買いスタンスだったが短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +90円(5枚)
寄り引け  買い +230円(1枚)

現在の資金
589,840,000円 (+680,000円)※手数料考慮せず

2016.06.24NY-610.322016.06.24NAS-202.06






米国市場は大幅反落。
ダウは米国債格下げで急落した2011年8月8日の-634ドル以来の超大幅安を記録。

2016.06.272016.06.27上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,309.21(+357.19)
始値 15,153.08
高値 15,323.95
安値 15,061.66
出来高 16億1925万株

日経225先物 終値   15,360(+410)
始値 15,120
高値 15,360
安値 14,990
出来高 65,761枚

6.27日経平均は反発。
先物は120円GUで始まり、序盤は売り買い交錯。
早々に一時安値14,990円まで突っ込む場面もあったが、大台割れした刹那切り返し、じりじりと上げ幅を拡大。
激しい戻り売りをこなしながら、引けにかけて一段高。
引けピンの高値引けで終えている。

リバウンド優勢だが、コツンともせず上値も重い。
終日買いスタンスだったが、あっさり振り落とされて早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  買い +240円(1枚)

現在の資金
589,160,000円 (+90,000円)※手数料考慮せず

2016.06.23NY+230.242016.06.23NAS+76.72






BREXIT米国市場は反発。

BREXIT問題は残留で決まりとの楽観ムードが広がり巻き戻し優勢の展開だった。


2016.06.242016.06.24上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     14,952.02(-1,286.33)
始値 16,333.87
高値 16,389.17
安値 14,864.01
出来高 26億2980万株

日経225先物 終値   14,950(-1,220)
始値 16,290
高値 16,360
安値 14,790
出来高 177,475枚

6.24英国国民投票開票結果




日経平均は超大幅反落。
英国国民投票の結果を受けて千円超の大暴落。
指数としての下落率ではリーマン・ショック以来の-7.9%と歴代9位。

英国国民投票開票朝方は残留決定と決め込んだ買戻しが先行し、先物は120円GUでスタート。
序盤も売り買い交錯しながらも底堅く推移していた。
しかし、文字通り開票箱の蓋を開けてみれば、世論調査時以上に拮抗。
上値追いがピタリと止まり、保ち合い状態へ。
更に離脱票が上回る場面があると、事態は一変。
10時直前から大暴落が始まる。
600円以上の棒下げ商状を皮切りに、再び残留票が逆転するや返す刀で600円戻すなど乱高下を極めた。

BREAKING NEWSBREAKING NEWS約700円幅を大往来、売り買い交錯のシーソーゲームの後、一気に趨勢は離脱確実に傾き、11時半すぎから更に急落。
11:37の15,710円からわずか7分で15,010円まで突っ込み、ぎりぎりで1万5千の大台で踏みとどまっていたが、BBCが駄目押しで離脱確実と伝えるとついに1万4千円台へ突入。
12:48にはサーキットブレーカーも発動し14,860円で取引停止の事態に。
10分後に15,080円から再開されると再び下値を模索。
結局終盤に一時最安値14,790円をつけながら、2月以来の1万4千台で取引を終了。
出来高17万枚と過去のショック相場に比べればセリングクライマックスというほどでもないが、値幅は実に高安1,570円に達する大暴落。
特に11時からの急落には溜飲が下がる思いがした。

6.24 先物












千円以上のボラティリティ相場は近年では珍しくなく、1万円前後の値嵩の直近だけでも枚挙に暇がない。
今年も4月の日銀ショック時には1,080円幅、昨年夏の中国ショック時は1,180円幅、そして直近最大値幅だったのが5.23ショック時の1,480円幅。
震災時はあの1万未満の値嵩で一時的にではあるが前日比-1,660円を記録するなどしていた。

リーマンショック時の乱高下に比べれば、まだ立て板に水の如しで手掛けやすく据え膳相場に近い。
どちらかといえば5.23ショックを彷彿とさせる値動きだった。


ドル円99円台へ6.24麻生財務相為替も波乱を極めており、ドル円が一時99.04円をつけ2013年11月以来2年7ヵ月ぶりに100円を下回っている。麻生財務相が緊急会見を行ったが「緊張感をもって注視する」と発言にするにとどまり、為替介入への言及はなし。
暴落の商状だけみればリーマンショック級ではあるが、VIX指数はそれほど反応していない。

ユーロStoxx600キャメロン英首相辞意表明欧州株もまさに梯子を外す急落っぷりで、今後も波乱含みの展開が予想される。キャメロン首相は辞意を表明。
G7中銀の協調介入か、日銀単独で追加緩和か、米国も追加利上げが棚上げになる可能性もあり、益々面白くなりそうだ。千載一遇のチャンスが立て続けにやってくるのはありがたいことこの上ない。

まさに最大のリスクはチャンスなのにエントリーしないこと。
リスク管理戦略に絶対的な安心感があり、今の運用方法を得られたからこそ可能なのだが、この最高潮のボラティリティに勝機を見出せるありがたさを改めて痛感する今日この頃。
手薬煉引いて待っていた甲斐があったというもので、頭と尻尾はくれてやったものの、下手ながら何とか及第点といったところか。

本日の損益
デイ +570円(5枚)
寄り引け  買い -500円(1枚)

現在の資金
589,070,000円 (+2,350,000円)※手数料考慮せず

2016.06.22NY-48.902016.06.22NAS-10.44






米国市場は反落。

2016.06.232016.06.23上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,238.35(+172.63)
始値 16,098.61
高値 16,263.87
安値 16,057.86
出来高 11億0801万株

日経225先物 終値   16,170(+180)
始値 16,060
高値 16,220
安値 16,000
出来高 30,269枚

6.23日経平均は反発。
先物は70円GUで始まり、序盤は鞘寄せが先行。
昨日安値にあと一文に迫りながらも、間もなく切り返し、一時高値16130円をつけるが、中盤は高値揉み合いの展開に。
イベントを控えて狭いレンジの膠着状態が続いていたが、終盤になって上放れし引けにかけて一段高。
一時高値16,220円まで急伸しながらほぼ高値引けで終えている。
英国の国民性からふたを開けるまでは分からないが、じり高ながら、残留予想で買戻しが依然として優勢。
日中は横ばいに近かったが、ナイトに入って上げ幅を急速に拡大。
頭と尻尾はくれてやりながら、早々に退散。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  売り -110円(1枚)
ナイト +60円(5枚)

現在の資金
586,720,000円 (+190,000円)※手数料考慮せず

2016.06.21NY+24.862016.06.21NAS+6.55






米国市場は続伸。

2016.06.222016.06.22上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,065.72(-103.39)
始値 16,095.81
高値 16,160.99
安値 15,980.65
出来高 11億1711万株

日経225先物 終値   15,990(-170)
始値 16,050
高値 16,120
安値 15,930
出来高 38,880枚

6.22日経平均は4日ぶりに反落。
先物は昨日同様に110円GDで始まり売りが先行。
1万6千の大台を再び割り込んで推移すると、一時安値15,930円をつける場面も。
しかし、中盤下げ渋ると午後には急速に下げ幅を縮小。
一時高値16,120円を回復するもプラス圏には届かぬまま失速。
結局引けにかけて売り直され、本日の安値圏で終えている。

英国のEU離脱か残留か、その帰趨を決するのは日本時間24日正午頃。
昨日までの600円の巻き戻し、売り買い交錯模様のポジション調整も大方終わり、小動きに終始。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ -20円(5枚)
寄り引け  売り +60円(1枚)

現在の資金
586,530,000円 (-40,000円)※手数料考慮せず

2016.06.20NY+129.712016.06.20NAS+36.88






米国市場は反発。

2016.06.212016.06.21上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,169.11(+203.81)
始値 15,875.81
高値 16,202.30
安値 15,770.96
出来高 12億0896万株

日経225先物 終値   16,160(+240)
始値 15,810
高値 16,170
安値 15,710
出来高 45,022枚

6.21日経平均は続伸。
先物は110円GDで始まり、序盤は売りが先行。
一時安値15,710円まで突っ込む場面もあったが、間もなく切り返しあっさりプラスに転じた。
中盤は1万6千の大台を挟んでの揉み合いとなるが、引けにかけて再び騰勢を強め一段高。
一時高値16,170円をつけながらほぼ高値引けで終えている。
短期筋のイベントドリブンのおかげで英国の国民投票前に早くも巻き戻しが先行。
頭と尻尾はくれてやりながらも短期回転。
下手ながら何とか及第点か。

本日の損益
デイ +80円(5枚)
寄り引け  買い +350円(1枚)

現在の資金
586,570,000円 (+750,000円)※手数料考慮せず

続きを読む

2016.06.17NY-57.942016.06.17NAS-44.58






米国市場は反落。

2016.06.202016.06.20上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,965.30(+365.64)
始値 15,839.06
高値 16,035.44
安値 15,835.86
出来高 13億1984万株

日経225先物 終値   15,920(+390)
始値 15,820
高値 16,000
安値 15,810
出来高 50,693枚

6.20日経平均は続伸。
先物は週末の米株先からも大幅GUの高寄りでスタート。
間もなく棒上げ商状から上げ幅を急速に拡大。
しかし、1万6千の大台に達するや失速。
中盤は三角保ち合いの様相に。
引けにかけて再び上値を試すが結局朝方の高値に届かないまま取引を終了。
終日ヨコヨコ、ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  買い +100円(1枚)

現在の資金
585,820,000円 (+100,000円)※手数料考慮せず

2016.06.16NY+92.93.jpg2016.06.16NAS+9.98.jpg






米国市場は6日ぶりに反発。

2016.06.162016.06.16上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,599.66(+165.52)
始値 15,631.79
高値 15,774.87
安値 15,582.94
出来高 16億7172万株

日経225先物 終値   15,530(+160)
始値 15,620
高値 15,740
安値 15,530
出来高 54,335枚

6.17日経平均は反発。
先物は250円GUで始まり、序盤から売り買い交錯しヨコヨコの展開に。
日銀発表直前の水準まで値を戻しての推移だったが、戻しきれずに午後からじり安となり、引けにかけて上げ幅を縮小。
過剰な下値不安は後退したのか売り崩しはなかったものの、安値引けで終えている。

終日保ち合いで動きもなく、ほぼ手控えだった。
来週23日の英国民投票結果は日本時間24日午後には大勢が判明する見通し。
イベント待ちだが、大いなる転機に期待したい。

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  売り +90円(1枚)

現在の資金
585,720,000円 (-60,000円)※手数料考慮せず

2016.06.15NY-34.652016.06.15NAS-8.62






6.15 FRBイエレン議長米国市場は6月8日の1万8千ドル大台回復から5日続落。
FOMCは現状維持。
夏の利上げまで見送りとなる公算も高く、円高傾向に。
英国のEU離脱"Brexit"の可能性がある中、ここぞとばかりにイベントドリブンと見られる売り崩しが続いている。
イベント通過後の巻き戻しも考慮すると相当のボラティリティが期待され、投機筋主導で千載一遇のチャンスが巡ってきている状態だ。

2016.06.162016.06.16上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,434.14(-485.44)
始値 15,871.22
高値 15,913.08
安値 15,395.98
出来高 15億4247万株

日経225先物 終値   15,370(-530)
始値 15,820
高値 15,870
安値 15,340
出来高 73,921枚

6.166.16 ドル円日経平均は大幅反落。
昨日のリバウンドで一巡したのか、先物は再び小幅安で始まり、安値圏からスタート。
日銀金融政策決定会合の結果が昼前に伝わると、11:45から急落し一時15,460円をつけ昼休み中は若干買い戻される場面も。

日銀6.16 日銀発表直後 円高急進ドル円も一時104円台に迫り、2014年8月以来となる約1年10ヵ月ぶりの円高水準まで急伸。
東証後場が始まると再び売り直され、引けにかけて一段安。
発表直後の安値をあっさり更新し、本日の最安値15,340円まで突っ込みながらほぼ安値引けで終えている。
日本時間は下値が限定的となりがちながら、4月7日ナイトの安値15,330円まであと一文と迫ったのは圧巻。
4月の日銀ショック時の1,080円幅ほどではないものの、高安530円幅の大往来。
発表直後の乱高下だけでも230円幅と高いボラティリティとチャンスは十分。

ほぼ据え膳相場。
頭と尻尾はくれてやりながらも終日短期回転が奏功した。

本日の損益
デイ +220円(5枚)
寄り引け  売り +450円(1枚)

現在の資金
585,780,000円 (+1,550,000円)※手数料考慮せず

2016.06.14NY-57.662016.06.14NY-57.66






米国市場は4日続落。

2016.06.152016.06.15上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,919.58(+60.58)
始値 15,799.07
高値 15,997.30
安値 15,752.01
出来高 13億6775万株

日経225先物 終値   15,900(+120)
始値 15,750
高値 15,970
安値 15,700
出来高 49,692枚

6.15日経平均は5日ぶりに反発。
先物は小幅安で始まり、序盤こそ売りかが交錯するが、間もなく反転しプラス圏に急浮上。
午後にかけて一段高すると一時高値15,970円と1万6千の大台に迫るが、その騰勢も昼すぎには頭打ちに。
高値圏を維持しつつもヨコヨコのまま引けている。
前4日で千円近く下げていたこともあり反動高優勢だったものの、上値は限定的。
利上げ見送りが確実視されるFOMCを前にポジション調整に終始した格好か。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +20円(5枚)
寄り引け  売り -150円(1枚)

現在の資金
584,230,000円 (-50,000円)※手数料考慮せず

2016.06.13NAS-46.112016.06.13NY-132.86






米国市場は続落。

2016.06.142016.06.14上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     15,859.00(-160.18)
始値 16,001.19
高値 16,082.50
安値 15,762.09
出来高 13億1693万株

日経225先物 終値   15,780(-190)
始値 15,950
高値 16,040
安値 15,710
出来高 57,056枚

英国EU離脱国民投票英国EU離脱国民投票




6.14日経平均は大幅続落。
英国のEU離脱懸念、FOMC、日銀金融政策決定会合を控え、一斉リスクオフ継続中。
SQ通過から市場は総員退避するかのように雪崩の打ちながらの4日続急落。
先物は1万6千の大台を割り込んで始まるが、序盤はリバウンド先行。
しかし、大台をわずか4文上回った後は、あっさり売りも直され失速。
その後急速に下げ幅を拡大し、午後には一時安値15,710円まで突っ込む場面も。
終盤は下げ渋ったものの、結局戻しきれず本日の安値圏で終えている。
公金によるPKO出動観測がなければもっと下がっていただろうが、日中は5月安値割れで下げ足が鈍り小休止といった様相。
あっさり置いて行かれた後はヨコヨコで、終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +10円(5枚)
寄り引け  売り +170円(1枚)

現在の資金
584,280,000円 (+220,000円)※手数料考慮せず

2016.06.10NY-119.852016.06.10NAS-64.07






米国市場は続落。

2016.06.132016.06.13上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,019.18(-582.18)
始値 16,319.11
高値 16,335.38
安値 16,019.18
出来高 12億6178万株

日経225先物 終値   15,970(-560)
始値 16,260
高値 16,270
安値 15,950
出来高 47,971枚

6.13日経平均は大幅続落。
先物は270円GDで始まり、間もなく下げ幅を急速に拡大。
中盤は1万6千の大台を維持する形で下げ渋る場面もあったが、引け間際に押し崩され、一時安値15,950円まで突っ込みながらほぼ安値引けで終えている。
午後の公金買いがないと戻りも鈍く、ほぼ手控えだった。
あっさり振り落とされ早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  売り -200円(1枚)

現在の資金
584,060,000円 (-350,000円)※手数料考慮せず

2016.06.09NY-19.862016.06.09NAS-16.03







米国市場は反落。
原油の怒涛のリバウンドも4日ぶりに一服。

2016.06.102016.06.10上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,601.36(-67.05)
始値 16,637.51
高値 16,643.36
安値 16,496.11
出来高 15億4997万株

日経225先物 終値   16,530(-60) 9月限
始値 16,600
高値 16,610
安値 16,450
出来高 32,875枚

SQ値 16,639.11円

6.10日経平均は反落。
先物は30円GDで始まり、棒下げ商状から売りが先行。
序盤は売り買いが交錯し三角保ち合いの様相に。
午後からは一段安し朝方の安値をわずかに更新したもののすぐに切り返し、引けにかけては急速に下げ渋った。
しかし、結局終日SQ値を下回ったままじり安をたどって、結局本日の高安160円の中値で終えている。
SQ通過後は、戻りも限定的ながら、下振れも限定的。
来週は米FOMCに続いて日銀金融政策決定会合を控える。
売り崩しに期待したが底堅く、ほどほどにして退散。

本日の損益
デイ +60円(5枚)
寄り引け  売り +70円(1枚)

現在の資金
584,410,000円 (+370,000円)※手数料考慮せず

2016.06.07NY+17.952016.06.07NAS-6.96







米国市場は夫々上昇。
原油は年初来高値更新。
ダウは1万8千ドル台回復。
ナスダック、S&P500は連日の年初来高値を更新中。

2016.06.092016.06.09上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,668.41(-162.51)
始値 16,742.03
高値 16,785.83
安値 16,587.77
出来高 11億5465万株

日経225先物 終値   16,630(-220) 6月限
始値 16,730
高値 16,780
安値 16,580
出来高 46,663枚

日経225先物 終値   16,590(-210) 9月限
始値 16,690
高値 16,740
安値 16,530
出来高 60,649枚

6.9日経平均は反落。
先物は120円GDで始まり、間もなく下げ幅を拡大。
一時安値16,580円まで突っ込む場面も。
終盤急速に下げ幅を縮小するが、結局引けにかけては押し戻され本日の安値圏で終えている。
中国休場、SQ前日ということもあり下振れ。
終日売りスタンスだったが、あっさり踏まれて早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  売り +100円(1枚)

現在の資金
584,040,000円 (-150,000円)※手数料考慮せず

2016.06.07NY+17.952016.06.07NAS-6.96







米国市場はまちまち。
一時ダウは1万8千ドル台回復。
S&P500は連日の年初来高値を更新する中、ナウダックは一服感。

2016.06.082016.06.08上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,830.92(+155.47)
始値 16,722.49
高値 16,830.92
安値 16,581.71
出来高 11億2111万株

日経225先物 終値   16,850(+150)
始値 16,710
高値 16,850
安値 16,570
出来高 100,442枚

6.8日経平均は続伸。
先物はほぼ変わらずで始まり、序盤は売り買い交錯。
上海の貿易収支発表前は乱高下し、一時安値16,570円まで突っ込む場面もあったが、午後の指標発表後からは急速に下げ幅を縮小し一気にプラスに転じると引けにかけて一段高。
高値16,850円をつけながら高値引けで終えている。

米追加利上げ観測の後退もあり、もう少しポジション調整で荒れるかと思われたSQ前の水曜日。
3月SQ前の水曜日とあまり変わらないボラで高安280円の往来だったが、午後から急反発。
一気に趨勢は買いに傾き大半を巻き戻しで終了。
来週のFOMC利上げ見送り観測、明日はSQ前最終売買日で中国は端午節により休場と手控え要因も多い。
売り崩しにも期待したが、ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  買い -140円(1枚)

現在の資金
584,190,000円 (-140,000円)※手数料考慮せず

2016.06.06NY+113.272016.06.06NAS+26.20







米国市場は反発。

2016.06.072016.06.07上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,675.45(+95.42)
始値 16,651.05
高値 16,701.01
安値 16,536.23
出来高 10億9043万株

日経225先物 終値   16,700(+140)
始値 16,630
高値 16,700
安値 16,520
出来高 74,493枚

6.7日経平均は反発。
先物は70円GUで始ま序盤は売り買いが交錯。
一時マイナス圏に沈み安値16,520円をつけるが、間もなく切り返し、午後には一段高。
しかし、朝方の高値を抜けた後はヨコヨコの展開に。

上値追いも限定的で高値圏でも保ち合いが続いている。
それでも終盤は高値圏を維持しながら結局高値引けで終えている。
終日手控えだった。

本日の損益
デイ -------------
寄り引け  買い +70円(1枚)
ナイト +90円(5枚)

現在の資金
584,330,000円 (+70,000円)※手数料考慮せず

2016.06.03NY-31.502016.06.03NAS-28.85







米国市場は反落。
雇用統計結果を受けて売り先行だったが、利上げ先送りへの思惑も相まって下落幅も限定的に。

2016.06.062016.06.06上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,580.03(-62.20)
始値 16,373.32
高値 16,581.30
安値 16,322.64
出来高 12億2159万株

日経225先物 終値   16,560(-100)
始値 16,340
高値 16,590
安値 16,300
出来高 65,830枚

6.6日経平均は反落。
先物は320円GDで始まるが、間もなく下げ幅を急速に縮小。
順調に上値を切り上げながら引けにかけて一段高。
一時高値16,590円をつけながら、ほぼ高値引けで終えている。

報道では一様にネガティブな見方もされた今回の雇用統計だったが、失業率を見れば悪くない。

昨晩の発表直後にはナイトで一時安値16,250円まで突っ込む場面もあったが、日本時間には大半を埋め戻す300円の大往来。

今月の利上げ観測はとりあえず後退といったところだが、イエレンFRB議長の講演が注目される。
今週末はメジャーSQを控え、利上げを見込んでいた短期筋のポジション調整で荒れることも予想される。
米株先がすぐに織り込み始め巻き戻し優勢だった流れを日本時間も引き継いだ格好。
終日買いスタンスだったが、あっさり振り落とされ早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  買い +220円(1枚)
ナイト +90円(5枚)

現在の資金
584,260,000円 (+370,000円)※手数料考慮せず

2016.06.02NY+48.892016.06.02NAS+19.11







米国市場は続伸。

2016.06.032016.06.03上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,642.23(+79.68)
始値 16,599.51
高値 16,716.14
安値 16,554.60
出来高 11億0633万株

日経225先物 終値   16,660(+70)
始値 16,600
高値 16,710
安値 16,540
出来高 37,671枚

6.3日経平均は3日ぶりの反発。
先物はほぼ変わらず始まり、序盤は買いが先行。
一時高値16,710円をつけるが間もなく失速。
中盤はマイナス圏に沈む場面もあったが、底堅く推移。
前日終値を挟んで一進一退の末、結局小幅高水準で引けている。

700円の続落後にあって、まずは自律反発。
しかし、デイは雇用統計前に小動き終始。
ナイトの雇用統計後の急落が溜飲を下げた。
頭と尻尾はくれてやりながらも、何とか及第点といったところ。

本日の損益
デイ -60円(5枚)
寄り引け  買い +60円(1枚)
ナイト +90円(5枚)

現在の資金
583,890,000円 (+210,000円)※手数料考慮せず

2016.06.01NY+2.472016.06.01NAS+4.20







米国市場は夫々上昇。

2016.06.022016.06.02上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,562.55(-393.18)
始値 16,817.26
高値 16,819.85
安値 16,525.47
出来高 14億2763万株

日経225先物 終値   16,590(-380)
始値 16,820
高値 16,820
安値 16,520
出来高 65,999枚

6.2日経平均は大幅続落。
先物は150円GDで始まり、寄り天から朝方は断続的に下げ幅を拡大。
午後には一時安値16,520円まで突っ込むが、午後の日銀買い観測もあり終盤急速に下げ渋る場面も。
しかし、リバウンドも限定的で結局戻しきれず本日の安値圏で取引を終了。

昨日14時からの円高株安の流れが継続。
ECB理事会、OPEC総会や雇用統計など、今晩から明日にかけて重要イベントを控え積極的な売買も控えられ様子見ムードの印象。
終日売りスタンスだったが、尻尾までは獲れずほどほどにして退散。

本日の損益
デイ +150円(5枚)
寄り引け  売り +230円(1枚)

現在の資金
583,680,000円 (+980,000円)※手数料考慮せず

2016.05.31NY-86.022016.05.31NAS+14.55







米国市場はまちまち。

2016.06.012016.06.01上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,955.73(-279.25)
始値 17,097.22
高値 17,145.95
安値 16,908.92
出来高 13億3671万株

日経225先物 終値   16,970(-260)
始値 17,100
高値 17,160
安値 16,900
出来高 48,444枚

6.1日経平均は5連騰でストップ。
先物は130円GDで始まり、序盤は下げ幅を縮小し一時高値17,160円をつけるが、午後頭打ちから円高進行とともに反動安の展開に。
14時すぎに急速に下げ幅を拡大し一時安値16,900円まで突っ込む場面も。
引けにかけて若干下げ渋ったものの、結局本日の安値圏で終えている。

大台回復から一服感。
週末の雇用統計を控え、値固めの様相。
終日売りスタンス。
ほどほどにして退散。

本日の損益
デイ +60円(5枚)
寄り引け  売り +130円(1枚)

現在の資金
582,700,000円 (+430,000円)※手数料考慮せず

↑このページのトップヘ