NikkeiWalker

日経225のデイトレード備忘録。戦略通り粛々と。
下手ながらも何とか7億円に到達。やれやれ。

2016年08月

2016.08.30NY-48.692016.08.30NAS-9.34




 

米国市場は反落。

2016.08.312016.08.31上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,887.40(+162.04)
始値 16,857.83
高値 16,917.86
安値 16,836.96
出来高 15億0289万株

日経225先物 終値   16,890(+150)
始値 16,860
高値 16,920
安値 16,840
出来高 31,881枚

8.31日経平均は続伸。
先物は120円GUで始まり、序盤は買いが一巡すると膠着が続いていたが、午後には一段高。
8月12日以来、一時3週間ぶりに16,900円台を回復。
週末の雇用統計も織り込みつつ、米国の利上げ気運が高まっていることから、ドル高円安とともに連日の上放れ。
引けにかけて一時高値16,920円をつけながら本日の高値圏で取引を終えている。
終日買いスタンスだったが、ほどほどにして退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ +30円(5枚)

現在の資金
599,770,000円 (+150,000円)※手数料考慮せず

2016.08.29NY+107.592016.08.29NAS+13.41




 

米国市場は夫々上昇。

2016.08.302016.08.30上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,725.36(-12.13)
始値 16,690.98
高値 16,752.16
安値 16,677.85
出来高 10億3743万株

日経225先物 終値   16,740(+10)
始値 16,700
高値 16,760
安値 16,680
出来高 18,637枚

8.30日経平均は指数が小反落。
先物は小幅安で始まるが、間もなくプラスに転じると、上値を試す展開に。
しかし、前日高値には及ばず頭打ちになり、終始前日レンジを超えることなく保ち合い商状で膠着。
昨日の写真相場さながらにわずか一文高の続伸で引けている。
いよいよ雇用統計を待って利上げシナリオに入るか。
逆パターンも想定内ながら、どちらに転んでも大いなるチャンスが待っている。
出来高は1万8千枚と、今年最低を記録。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)

現在の資金
599,620,000円 (±0円)※手数料考慮せず

2016.08.26NY-53.012016.08.26NAS+6.71





2016ジャクソンホール2016ジャクソンホール フィッシャーFRB副議長2016 ジャクソンホール




2016ジャクソンホール
米国市場はまちまち。

ジャクソンホール会議でのイエレンFRB議長講演から急転。
再び早期利上げ観測へ。


2016.08.292016.08.29上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,737.49(+376.78)
始値 16,631.06
高値 16,764.64
安値 16,616.65
出来高 11億3911万株

日経225先物 終値   16,730(+330)
始値 16,660
高値 16,780
安値 16,660
出来高 41,832枚

8.29日経平均は反発。
ターニングポイントとなるイベント通過により円安進行。
先物は260円GUで始まり、寄り底からじり高の展開に。
正午過ぎには一時高値16,780円まで上げ幅を拡大するが、午後からは伸び悩んだ。
終盤は失速したものの、それでも終始高値圏を維持しながらの取引終了。
現物の商いは低調のまま。
終日買いスタンスだったが、先物主導の裁定買いにとどまったのか上値は限定的でほどほどにして退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ +20円(5枚)

現在の資金
599,620,000円 (+100,000円)※手数料考慮せず

2016.08.25NY-33.072016.08.25NAS-5.49





米国市場は続落。

2016.08.262016.08.26上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,360.71(-195.24)
始値 16,485.55
高値 16,490.53
安値 16,320.43
出来高 10億4641万株

日経225先物 終値   16,400(-120)
始値 16,460
高値 16,500
安値 16,320
出来高 60,040枚

2016.7月CPI日経平均は続落。
寄り前発表のCPIは遂に2013年黒田バズーカ砲前の水準に。
先物は60円GDで始まり、間もなく、下げ幅を拡大。
午後には一時安値16,320円まで値を崩す場面もあったが、一気に8月8日の窓を埋めきった後は急速に下げ渋る分かりやすい展開に。

8.26昨年と異なり今年は中国絡みの波乱がなく、欧米投資家もすっかり夏休みムードに浸っている感があってか、結局朝方の安値付近を挟んだヨコヨコのまま引けている。

2016ジャクソンホール2016ジャクソンホール イエレンFRB議長2016ジャクソンホール 黒田日銀総裁




2016 ジャクソンホールナイトはジャクソンホール会議でようやく動き出し、23時、イエレンFRB議長の講演から上放れ。
終日短期回転が奏功。為替や原油市場に絡んだ外国人投資家のリスクオンやオフの動静とともに、金融政策は日米が逆相関を示す中にあって、市場参加者の思惑は交錯していく。
こういった情報をいかに効率的につかみ勝機を見いだせるか、今の運用方法を得られたからこそ、そのありがたさを改めて痛感する。

9月利上げの有無、年内1度に留まるか如何にかかわらず、この会合後は例年センチメントが一変しやすい。欧米投資家も新年度相場にいよいよ本腰となるか、来週はターニングポイントとなる大商いに期待したい。

本日の損益
デイ +20円(5枚)
ナイト +70円(5枚)

現在の資金
599,520,000円 (+450,000円)※手数料考慮せず

2016.08.24NY-65.822016.08.24NAS-42.38





米国市場は反落。

2016.08.252016.08.25上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,555.95(-41.35)
始値 16,580.15
高値 16,628.79
安値 16,520.84
出来高 9億2903万株

日経225先物 終値   16,520(-20)
始値 16,580
高値 16,650
安値 16,510
出来高 32,445枚

8.25日経平均は小反落。
先物は小幅高で始まるが、序盤は売りが先行。
一時安値16,510円をつけるが、前日終値を挟んで小動きが続いていた。
ジャクソンホール会議前に手控えムードの中、昼前には棒上げ商状から一時高値16,650円に達する場面もあったが、後続はなく間もなく失速。
まさしく夏枯れ相場の典型で方向感を欠く展開に。
引けにかけて上げ幅を縮小すると、結局小幅安水準に収束して取引を終了。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +20円(5枚)

現在の資金
599,070,000円 (+100,000円)※手数料考慮せず

2016.08.23NY+17.882016.08.23NAS+15.47






米国市場は夫々上昇。
ナスダックのみ過去最高値を更新。
ダウ、S&P500も高値を睨みながらイベント待ちで膠着状態が続いている。

2016.08.242016.08.24上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,597.30(+99.94)
始値 16,550.21
高値 16,648.07
安値 16,544.39
出来高 9億1106万株

日経225先物 終値   16,540(+30)
始値 16,570
高値 16,630
安値 16,520
出来高 26,601枚

8.24日経平均は反発。
先物は60円GUで始まり、序盤こそ買いが先行するが、間もなく失速。
一時高値16,630円と前日高値に届かず中盤は狭いレンジで推移。
結局三角保ち合いのまま小幅高水準で引けている。
出来高は一昨日の26,964枚を下回り今年3番目の薄商いを記録。
午後は2文しか動かない時間帯もあり、閑散相場そのもの。
米株先も嵐の前の静寂といったところ。
終日売りスタンスだったが、ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +10円(5枚)

現在の資金
598,970,000円 (+50,000円)※手数料考慮せず

2016.08.22NY-23.152016.08.22NAS+6.22






SP500米国市場はまちまち。
日本市場の流れそのままに三角保ち合いが続いている。
7連騰していた原油は8日ぶりに反落。

2016.08.232016.08.23上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,497.36(-100.83)
始値 16,549.82
高値 16,663.64
安値 16,452.01
出来高 10億7561万株

日経225先物 終値   16,510(-60)
始値 16,540
高値 16,650
安値 16,430
出来高 40,439枚

8.23日経平均は反落。
先物は小幅安で始まり、序盤から売り買い交錯の一進一退。
そのまま中盤まで保ち合いが続いていたが、午後には突如棒上げ商状から一段高。
一時高値16,650円をつけるが、間もなく失速。
一転して朝方の安値を割り込み一時16,430円まで突っ込む場面も。
日銀のETF買いが入ったかと思われるような動きだったが、ないとみると一転手仕舞いされるパターンに。
まだ夏休み休暇中ということもあり、相変わらず薄商いの中、金融政策への期待と思惑で振らされる格好。
結局引けにかけては下げ渋り、朝方のレンジ内に収束して取引を終了。
13時台の乱高下だけで高安220円を往来するが、その他の時間帯は小動きに終始。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +20円(5枚)

現在の資金
598,920,000円 (+100,000円)※手数料考慮せず

続きを読む

2016.08.19NY-45.132016.08.19NAS-1.77







米国市場は反落。

2016.08.222016.08.22上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,598.19(+52.37)
始値 16,599.26
高値 16,631.23
安値 16,540.94
出来高 9億5295万株

日経225先物 終値   16,570(+50)
始値 16,550
高値 16,610
安値 16,520
出来高 26,964枚

8.22日経平均は続伸。
先物は小幅高で始まり、買いが先行するが、前日高値の一文新値である16,610円をつけた刹那失速。
高安90円幅と終始狭いレンジで推移。
結局三角保ち合いのまま取引を終了している。
出来高は2万枚台で3月25日の25,426枚、5月27日の24,092枚に次ぐ、今年最低水準。
終日膠着状態でほぼ手控えだった。

2016.08.21 rio2016 medals

















rio2016閉幕式rio2016閉幕式南米大陸初のオリンピック、リオデジャネイロ五輪がついに閉幕。
地元開催のブラジルがサッカーで初優勝というのも意外だった。
日本の獲得メダル数は前回ロンドン五輪の38個を上回る史上最高の41個を記録という快挙。
女子レスリングで五輪史上初の四連覇、陸上400メートルリレーで銀メダル、その他にも記録づくめ。筆舌に尽くせない感動ばかりで、多くの日本人がナショナリズムの波を感じたであろう17日間。

rio2016rio2016閉幕式 小池都知事最近テロや紛争で世の中が殺伐としているが、世界が人種や宗教を超えて一つになれる数少ない祭典。
今回はドラマや漫画のような大逆転劇が多く、実に感動的なオリンピックだった。
五輪の盛り上がりは国の活力にもつながる。
これも4年後の東京五輪のおかげなのかもしれない。
その布石としてこれまでに振興予算が沢山組まれており、早くも本大会で史上最大のメダル数という形で実を結んでいる。

rio2016閉幕式rio2016閉幕式マリオドラえもん閉幕式には安倍首相がマリオに扮して土管から登場するパフォーマンス。
オリンピックの主役は選手だが、一気に話題をさらっていってしまった安倍首相。


rio2016閉幕式 安倍首相rio2016閉幕式 安倍首相事なかれ姿勢の政治家では決して真似のできないまさかのコスプレであり、一国の首相があの演出をよく引き受けたもの。天晴れというほかない。
一見大衆迎合的のようにも思えたが、反響は絶大で爆受けしているようだ。
ロンドン五輪開会式ではエリザベス女王がボンドガールとしてパラシュートで降下までされていたので、もう何でもありなのかもしれない。
やや軽いと感じながらもこれもまた後世には日本の立派な伝統となっているに違いない。
一方で、優美な着物姿で五輪旗を引き継いだ小池都知事のように日本の古来からの伝統をアピールしても、今は響かないものになってしまったのだろうか。

安倍パフォーマンスで彷彿とさせるのは記憶にまだ新しい訪米時でのNYSEでのクロージングベルオバマ大統領との2トップ外交
要所要所で人々に深く印象付ける安倍首相のマジックは健在。
かつて日本の首相が誰なのか全く知らない外国人は多かった。
それは30年前のバブル時でさえ例外ではなく、このように歴史的な場面でしっかり存在感を示せることは大きい。
マリオにまでなったのだからこれでまた安倍首相の株も上がったといえるだろうか。
首相の株が上がるのもいいが、早く実際の株式市場にも外国人が戻ってきてほしいと思う今日この頃。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)

現在の資金
598,820,000円 (±0円)※手数料考慮せず

2016.08.18NY+23.762016.08.18NAS+11.49







米国市場は続伸。

2016.08.192016.08.19上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,545.82(+59.81)
始値 16,558.38
高値 16,613.04
安値 16,452.62
出来高 12億1864万株

日経225先物 終値   16,520(+20)
始値 16,570
高値 16,600
安値 16,430
出来高 32,081枚

8.19日経平均は反発。
先物は70円GUで始まり、序盤は昨日のレンジ内で、小動き。
上海時間に一段安し、前日安値を2文更新するも、売り崩しは限定的。
中盤は底堅く推移し、引けにかけて保ち合い商状に。
結局小幅高水準で取引を終了。
ドル円台は100円台を維持。
日銀のETF買いへの思惑も相まって、久しぶりに突っ込んだオプション権利行使価格の16,500円を挟んで一進一退。
夏休み休暇中ということもあり、想定内のレンジ相場に終始。
異様な底堅さに辟易するも、短気回転が奏功。

吉田選手米選手に敗れV4ならず女子複決勝 タカマツペア金メダルリオ五輪は日本選手の快挙が続き、まさしく"メイクドラマ"

前日の金メダル総なめから全階級制覇を期待するムードもあった女子レスリング。
大トリの吉田選手も伊調選手と同じくV4がかかっていたが、米国の選手に敗れ、銀メダルに涙。
女子バドミントンではダブルスで「タカマツ」ペアが日本バドミントン界初の金メダルという快挙。
枚挙に暇がないほどのメダルラッシュに沸いており、メダル数も史上最多を更新しそうな勢いだ。

その五輪も来週に閉幕。
お盆休みも終わり、来週末には例年大きなターニングポイントとなりやすいジャクソンホール会議を控えている。
9月の米追加利上げに絡んだ要人発言でセンチメントが目まぐるしく変化している昨今でもあり、今回も波乱が懸念されるが、手薬煉引いてチャンスを待ちたいところ。

本日の損益
デイ +60円(5枚)

現在の資金
598,820,000円 (+300,000円)※手数料考慮せず

2016.08.17NY+21.922016.08.17NAS+1.55







米国市場は反発。
先の雇用統計で9月利上げが俄かに意識されていたが、経済指標で観測後退。
前日は連銀総裁の追加利上げを辞さぬ示唆発言で再び浮上。
そして今度はFOMC議事要旨公表と、再々にわたる観測後退。

2016.08.182016.08.18上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,486.01(-259.63)
始値 16,649.91
高値 16,714.61
安値 16,481.41
出来高 13億0440万株

日経225先物 終値   16,500(-250)
始値 16,550
高値 16,730
安値 16,460
出来高 51,939枚

8.18日経平均は反落。
先物は200円GDで始まり、買戻しが先行。
前日のナイト終値を底値に下げ幅を縮小し、一時高値16,730円まで買い戻される場面もあったが、昨日高値目前で失速。
為替はドル円が16日に続いて99円台に再突入。

8.18 国際金融資本市場に係る会合 臨時開催急速な円高進行を受け、午後には財務相、金融庁、日銀が臨時に会合を開催。この国際金融資本市場に係る会合は国内外の市況を把握する為に月1回開催されるところ、本日臨時に開かれたもので、後場開始直後には先物主導で一気に値を崩す展開に。

昨日のレンジ内での膠着が予想されたが、日銀の買い注文もなかったのか、終盤は一段安。
一時安値16,460円まで突っ込みながら、本日の安値圏で終えている。
取引時間中に16,500円を割り込むのは8日以来であり、16日の押し目を更新している。
頭と尻尾はくれてやり下手がながら何とか及第点といったところ。

08.18 rio2016 medals













地球の裏側で開催中のリオ五輪はまさに佳境。
今は昔と違って大画面で臨場感ある観戦ができ、感動も一入。
普段馴染のない種目も4年に1回はこうして楽しめる。
やはりオリンピックは素晴らしい。

メダルの数は相変わらず米国が独走だが、日本も大健闘。
現時点で金メダル10個で6位、総数では33個。
こうしてみると上位はG7と中露で占められており、ノーベル賞の時も思うが人口比率でみても英国・ドイツをはじめ白人の少数精鋭さは恐るべし。
また、個々の才能だけでなく先進国という環境も欠かせず、その他の国との明暗がはっきりしていること。

8.17 伊調選手V4トレードどころではない興奮冷めやらぬ毎日だが、本日特筆すべきは女子レスリング。3階級で金メダルを総なめという快挙。
柔道なら珍しいこともないだろうが、女子レスリングでとは恐れ入谷の鬼子母神。
あの親子で気合いだーで有名な浜口選手だって銅メダルなのだからいかに選手層が厚く凄いことかが分かる。
伊調選手は終了5秒前の一瞬を見逃さず大逆転勝利。

「相手がタックルに来てくれて、ここしかないと思って取りにいった」

終了5秒前に・・・。
今回の五輪はこんなまさかという大逆転劇を他の種目でも目のあたりにしている。
アテネ五輪からの4連覇というのは女子の個人種目では五輪史上初だという。
その前人未到の偉業もさることながら、試合後のインタビューにまで心を打たれた。

「結果と内容を両立させるのは無理」
「勝ちにいきたい気持ちと、自分のレスリングを出したい気持ち」
「決勝の内容はひどかった。でも、この金メダルはいろんな人の思いが積もったすごく重たいメダル」
「これまでとってきたメダルの中で、一番嬉しくて、一番重たいかもしれない」

自分の好きなレスリングだけを追求していっても結果がついてこない。
結果を出すには何かを割り切らなければならない。
その葛藤や周りからのプレッシャーに打克つ精神力は並大抵のものではないはず。
そして応援してくれている人たちへの気遣いまで。

凡人である私などが言及するのもはばかられるが、筆舌に尽くせない感動がこみ上げてきた。
やはり天賦の才に恵まれながらも、そこに安住せず、更に極限の努力を重ねて、最後の最後まで決して諦めず、運まで引き寄せ、そして結果につなげた人の言葉はやはり重みがある。

これは4年前のロンドン五輪を観戦していた時にも思ったこと。
トレードは方法さえ間違わず、人並みの分析能力と努力で十分に報われ誰にでも一定の結果を出せる世界。
しかし、世の中には本人の努力ではどうにもならないことが沢山ある。
かつて「天才とは1%の才能と99%の努力が必要」というエジソンの名言が成功の秘訣、努力の重要性を説くものとして広く知られていた。
後日それが誤解、誤訳であることが分かったのだが、その言葉の真意は全く真逆であり、1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄だということ。
つまりいくら努力しても1%の才能がなければ成功は無理な世界があるのだということ。

オリンピックはそんな天才たちが集う場所で、彼らの活躍を見られるのもあと残りわずか数日。
4年後はこの感動を日本で味わえるのかと思うと今から楽しみでならない。

本日の損益
デイ +80円(5枚)

現在の資金
598,520,000円 (+400,000円)※手数料考慮せず

2016.08.16NY-84.032016.08.16NAS-34.90







米国市場は反落。

2016.08.172016.08.17上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,745.64(+149.13)
始値 16,596.26
高値 16,772.11
安値 16,596.26
出来高 11億7405万株

日経225先物 終値   16,750(+150)
始値 16,600
高値 16,750
安値 16,580
出来高 32,353枚

8.17日経平均は反発。
先物は変わらずで始まり、昨日の安値圏から間もなく抜け出し棒上げ商状の展開に。
昨日の高値には届かなかったものの、円安傾向に振れたこともあって下値を切り上げながら終始高値圏を維持。
中盤は狭いレンジでヨコヨコだったが、引けにかけて一段高し高値16,750円をつけながら高値引けで終えている。
米株が高値警戒感で足踏み状態。為替の動きに振れた以外は薄商いで手掛けにくい相場。
レンジは朝と引け前以外はわずかに5文の幅。
現物も何とか2兆を超えたが、まだ夏休み休暇中ともあって夏枯れ相場の様相は変わっておらず、続くチャンスを待ちたいところ。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)

現在の資金
598,120,000円 (±0円)※手数料考慮せず

2016.08.15NY+59.582016.08.15NAS+29.12







米国市場は夫々上昇。
先週に続き再び三指数並んでの過去最高値更新。

2016.08.162016.08.16上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,596.51(-273.05)
始値 16,878.66
高値 16,887.57
安値 16,596.51
出来高 11億0029万株

日経225先物 終値   16,600(-270)
始値 16,850
高値 16,880
安値 16,560
出来高 44,008枚

8.158.16ドル円日経平均は続落。
先物は小幅安で始まり間もなく下げ幅を急速に拡大。
午後には棒下げ商状から一段安。引けにかけても一時安値16,560円まで突っ込みながら、本日の安値圏で取引を終了。
予想されていたタイミングだけに、まさに夏枯れ相場に干天の慈雨といえる。

ロンドン時間にはドル円が6月以来となる99円台に突入。
ほぼ手控えだったものの、手薬煉引いて待っていた甲斐があったというもの。
終日売りスタンスだったが、短気回転が奏功した。

本日の損益
デイ +70円(5枚)
ナイト -10円(5枚)

現在の資金
598,120,000円 (+300,000円)※手数料考慮せず

2016.08.12NY-37.052016.08.12NAS+4.50







米国市場はまちまち。
ナスダックは過去最高値を更新中。

2016.08.152016.08.15上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,869.56(-50.36)
始値 16,866.89
高値 16,932.11
安値 16,844.58
出来高 8億3723万株

日経225先物 終値   16,870(-50)
始値 16,820
高値 16,930
安値 16,820
出来高 28,672枚

8.15日経平均は反落。
先物は100円GDで始まるが、寄り底から下げ幅を縮小。
午後にかけてプラス圏に浮上する動きを見せてはいたが、前日高値16,930円と顔合わせするや失速。
しかし、日銀買い観測もあり下値も限定的で、結局小幅安水準のヨコヨコのまま取引を終了。
オリンピックのメダルラッシュに、お盆休み、そして終戦記念日。
現物の出来高は10億を大幅に下回る最低水準。
もうはまだなり。
株価は8月SQ値を下回ったままだが、夏枯れの暴落、暴騰もなし。
手薬煉引いてチャンスを待ちたいところ。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)

現在の資金
597,820,000円 (±0円)※手数料考慮せず

2016.08.11NY+117.862016.08.11NAS+23.81







米国市場過去最高値更新米国市場は出遅れていたナスダックの追い上げが著しく、ダウ、S&Pとともに並んで過去最高値を更新。
ナスダックは一昨日更新した5,225.48をその余勢を駆って順調に嵩上げ。
ダウは7月20日の18,595.03以来、S&P500は8月5日の2,182.87を更新している。
同日に三指数並んで過去最高値を更新するのは実に1999年12月31日以来となる16年ぶり。

2016.08.122016.08.12上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,919.92(+184.80)
始値 16,877.18
高値 16,943.67
安値 16,818.43
出来高 11億9119万株

日経225先物 終値   16,920(+150)
始値 16,800
高値 16,930
安値 16,780
出来高 39,784枚

8.12日経平均は続伸。
先物は190円GUで始まり、間もなく上げ幅を急速に拡大。
早々に16,890円まで棒上げ商状で達するが、出来高が伴わず16,900円を前に逡巡。
午後には一段高しようやく上放れを果たしたかに思われたが、上値は限定的。
それでも、ほぼ高値引けで終えている。
外人さんも夏休み休暇中ということもあり、市場は閑散そのもの。
終日ほぼ手控えで早々に退散。

本日の損益
デイ +50円(5枚)

現在の資金
597,820,000円 (+250,000円)※手数料考慮せず

2016.08.09NY+3.762016.08.09NY+3.76







米国市場は小反発。
ナスダックは3指数の中では出遅れていたが、取引時間中として過去最高値を遂に更新。
2015年7月18日の5,218.86以来となる約1年ぶり。

2016.08.102016.08.10上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,735.12(-29.85)
始値 16,699.08
高値 16,822.86
安値 16,657.59
出来高 11億3753万株

日経225先物 終値   16,770(+40)
始値 16,660
高値 16,810
安値 16,630
出来高 45,122枚

8.10日経平均は指数が小反落。
先物は小幅に続伸。
70円GDで始まり、序盤は三角保ち合いの様相を呈していたが、午後にかけて一段高。
一時高値16810円をつけるが、間もなく失速。
結局前日終値を挟んだ一進一退の値動きが続きそのまま小幅高水準で引けている。
売り崩しはなく、シーズン特有の値動きに終始。
昨年の中国人民元ショックを思い出すが、その再来があるか。
手薬煉引いてチャンスを待ちたいところ。
終日ほぼ手控えだったが短期回転が奏功。
リスクオン・オフ動静やいかに効率的に勝機を見いだせるか、今の運用方法を得られたからこそ、そのありがたさを改めて痛感する。

本日の損益
デイ +50円(5枚)
寄り引け --------------

現在の資金
597,270,000円 (+250,000円)※手数料考慮せず

2016.08.08NY-14.242016.08.08NY-14.24







米国市場は小反落。

2016.08.092016.08.09上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,764.97(+114.40)
始値 16,632.41
高値 16,779.59
安値 16,630.56
出来高 12億7534万株

日経225先物 終値   16,730(+120)
始値 16,620
高値 16,760
安値 16,610
出来高 32,399枚

8.9日経平均は続伸。
先物は小幅高で始まり、序盤は小動きだったが、終始プラス圏で推移。
前日終値16,610円を安値に底堅さが確認されると、午後にかけてじり高基調に。
東証後場が始まると一気に一段高し、一時高値16,760円をつけながら、本日の高値圏で終えている。
盆休みウィークに入っており、昨日同様、夏枯れ相場の典型か。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +20円(5枚)
寄り引け --------------

現在の資金
597,020,000円 (+100,000円)※手数料考慮せず

2016.08.05NY+191.482016.08.05NAS+54.87







米国市場は夫々上昇。
雇用統計後、再び強含む展開に。

2016.08.082016.08.08上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,650.57(+396.12)
始値 16,462.29
高値 16,652.04
安値 16,455.57
出来高 14億1593万株

日経225先物 終値   16,610(+400)
始値 16,520
高値 16,630
安値 16,470
出来高 31,646枚

日経平均は反発。
先物は310円GUで始まり間もなく上げ幅を拡大。
中盤はヨコヨコの展開だったが、引けにかけてじり高。
閑散に売りなく、一時高値16,630円をつけながら本日の高値圏で終えている。
終日ほぼ手控えだった。

歓喜にわくオリンピック。
メダルのニュースが続々と飛び込んできている。

そして、天皇陛下のお言葉。
心に響いた。

戦没者慰霊のこの時期も相まって襟を正される思いに。
市井の一個人として純粋な思いで畏まって拝聴。

口の端に上らせることも恐れ多いことだが、先帝とともに本当に国民のことを思うお気持ち、お心遣いがうかがえ、尊さが感じられた。
終身制となったのは明治以降。歴史的にも生前の譲位が常態化して元号も頻繁に変わっていた時代の方が遥かに長いわけであり、大変な衝撃ではあるが皇太子殿下がいらっしゃる今、道理なのかもしれない。

昭和天皇崩御から28年。
また一つの時代が終わろうとしているのか。

本日の損益
デイ +40円(5枚)
寄り引け --------------

現在の資金
596,920,000円 (+200,000円)※手数料考慮せず

2016.08.04NY-2.952016.08.04NAS+6.51







8.4 英中銀8.4 英中銀





8.4 ドルポンド米国市場はまちまち。
英中銀が2009年3月以来、7年ぶりの利下げを実施
政策金利を25ベーシスポイント引き下げて過去最低の0.25%に。国債買い入れ枠も拡大し、EU離脱決定によって揺らいでいる安定性回復に向けて必要とされるあらゆる行動をとる方針を表明。このトレンドから米国株も堅調だったが、雇用統計を前に一進一退。

2016.08.042016.08.04上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,254.45(-0.44)
始値 16,278.99
高値 16,355.98
安値 16,230.70
出来高 12億9373万株

日経225先物 終値   16,210(+20)
始値 16,220
高値 16,340
安値 16,180
出来高 34,040枚

8.5日経平均は指数が小反落。
先物は小幅続伸。
小幅高で始まり、序盤こそ上げ幅を拡大するが、2日終値16,340円で頭打ち。
薄商いとあってか、保ち合い商状からじり安の展開に。
引けにかけて一時安値16,180円をつけながら結局本日の安値圏で取引を終了。
8.5 ドル円高安僅かに120円と狭いレンジに終始。
先週に日銀追加緩和、そして今週に経済政策発表と矢継ぎ早の対策もドル円は100円割れを再び試す勢いであり円高傾向が再び強まっていたところ。
日本はお盆休みに入ることもあり、夏枯れ相場が極まっており、デイは完全に手控えだったが、ナイトは雇用統計の好結果でムード一変。
3指数のうち出遅れていたナスダックがようやく1年ぶりに過去最高値に到達。
年内利上げシナリオへと膠着から脱するかどうか如何。

rio2016リオデジャネイロ8.5 リオオリンピック 男子サッカー





いよいよリオ五輪開幕。
男子サッカーの1次リーグは遅れて現地入りしたナイジェリアと対戦。
点取り合戦と化し、大量得点の撃ち合いとなったが、激戦の末5-4と惜敗。

「休むも相場なり」とはよくいったもので、オリンピックでも見ていた方がよほどよい。
外国人の休暇入りもあるだろうが、昨年のような波乱も期待しつつ手薬煉引いて待ちたいところ。

本日の損益
デイ -------------
寄り引け --------------
ナイト +60円(5枚)

現在の資金
596,720,000円 (+300,000円)※手数料考慮せず

2016.08.03NY+41.232016.08.03NAS+22.01







米国市場は反発。
ダウは8日ぶりの反発。

2016.08.042016.08.04上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,254.89(+171.78)
始値 16,168.34
高値 16,270.12
安値 15,921.04
出来高 16億0000万株

日経225先物 終値   16,190(+160)
始値 16,110
高値 16,260
安値 15,880
出来高 57,400枚

8.4日経平均は反発。
先物は80円GUで始まり、序盤は買いが先行するが、間もなく失速。
10時すぎから急落しマイナスに転じるとあっさり1万6千の大台を割り込む場面もあったが、一時安値15,880円まで突っ込んだ刹那、急反発。
午後には逆に大返しからの一段高。
引けにかけて昨日高値16,260円と顔合わせしながら本日の高値圏で終えている。
夏休みシーズンながら出来高5万枚台を定着させながら、値固めの一進一退。
外国人はバカンス入り、午後に公金筋の買いがなければ上がらない相場だが、このボラティリティは天晴れ。
あっさり振り落とされ早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け +80円(5枚)

現在の資金
596,420,000円 (+80,000円)※手数料考慮せず

2016.08.02NY-90.742016.08.02NAS-46.46







米国市場は夫々下落。
ダウは7日続落し、ナスダックは6比ぶりに反落。
原油が40ドル割れ。ドル円は100円台に突っ込んでいる。

2016.08.032016.08.03上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,083.11(-308.34)
始値 16,227.28
高値 16,275.34
安値 16,056.67
出来高 15億5363万株

日経225先物 終値   16,030(-310)
始値 16,130
高値 16,260
安値 16,010
出来高 52,760枚

8.3日経平均は続急落。
先物は240円GDで始まるが、間もなく下げ幅を縮小。
一時高値16,260円まで値を戻す場面もあったが、プラス圏には届かず失速。
東証後場が始まると一転して下げ幅を急速に拡大。
棒下げ商状から一段安し、一時安値16,010円と大台割れ寸前にまで突っ込みながら、本日の安値圏で引けている。

8.3安倍総理8.3安倍第3次再改造内閣発足






本日、安倍第3次再開内閣発足。
オリンピック前でもあり早くもお休みモードと思われたが、午後から商いがやや膨らんだ。
終日ほぼ手控えだったが、短気回転が奏功。

本日の損益
デイ +80円(5枚)
寄り引け -100円(5枚)

現在の資金
596,340,000円 (+300,000円)※手数料考慮せず

2016.08.01NY-27.732016.08.01NAS+22.06







7.27 SP500








米国市場は異例の連日まちまち。
ダウは6日続落し、ナスダックは過去最高値へ微速ながら接近中。
S&P500などはこの10日以上で1%未満の小動きが続いており、ここまで狭いレンジは記憶にないほどである。

2016.08.022016.08.02上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,391.45(-244.32)
始値 16,469.68
高値 16,541.88
安値 16,391.45
出来高 13億1949万株

日経225先物 終値   16,340(-250)
始値 16,410
高値 16,520
安値 16,310
出来高 38,802枚

8.2日経平均は反落。
先物は180円GDで始まるが、寄り底から買戻し先行。
一時高値16,520円まで値を戻すが頭打ち。
午後は保ち合いが続いていたが、終盤には高値を切り下げながら、一段安。
一時安値15,310円まで突っ込みながらほぼ安値引けで終えている。

米国市場を見ても分かるが、今年の8月入りは特に夏休みムードが強かった。
終日手控え。
方向感乏しいが、昨日の急反発の反動から売り直されて終わった。
例年持ち高調整で終わるが、昨年の中国ショックよろしく、最近はこの夏枯れ相場にこそ枯草に炎の如く燃え上がるパニック相場も多く手薬煉引いてチャンスを待ちたいところ。

本日の損益
デイ -----------------
寄り引け +70円(5枚)

現在の資金
596,040,000円 (+70,000円)※手数料考慮せず

2016.07.29NY-24.112016.07.29NAS+7.15







米国市場はまちまち。
ダウは5日続落。
ナスダックは年初来高値更新中だがまだ昨年夏の過去最高値5,218.86には届かず途半ば。

2016.08.012016.08.01上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     16,635.77(+66.50)
始値 16,415.31
高値 16,677.49
安値 16,319.15
出来高 17億4139万株

日経225先物 終値   16,590(-20)
始値 16,310
高値 16,660
安値 16,300
出来高 47,774枚

8.1日経平均は指数が続伸。
先物は小反落。
300円GDで始まり、寄り付き直後こそ方向感がなかったが、間もなく下げ幅を急速に縮小しプラス圏へ浮上。
一時高値16,660円をつけるが、その後は頭打ち。
午後は前日終値を挟んだ小動きのまま取引を終了。
戻り騰勢強く、追加緩和後の水準には戻したものの、イベント通過で小休止といったところ。
終日手控えだった。

本日の損益
デイ -----------------
寄り引け +280円(5枚)

現在の資金
595,970,000円 (+280,000円)※手数料考慮せず

↑このページのトップヘ