2005年04月25日

シンガポール・仁岸進調教師が移籍申請中

フジエスミリオーネなどを管理していた宇都宮競馬の仁岸進調教師がシンガポール競馬への移籍を申請しているようです。認められれば高岡調教師に続いて日本からの移籍になるわけですが、地方競馬の調教師の方は海外での馬調達の経験などほとんどないでしょう。どの程度支援を確保できているのかがわからないのでなんともいえませんが、移籍を決断された以上は活躍を期待したいと思います。

ただ、先に移籍している高岡調教師も騎手起用の面などではなかなか地元有力騎手や短期免許できている騎手を起用できていません。是非日本から騎手を連れて行って、安定して活躍できるよう周辺環境も整えてもらいたいと思います。

荻伏で「アジアの競馬を考える会」[netkeiba.com]
父と息子に別れ道[砂塵の向こう]

zeton at 21:02│Comments(0)TrackBack(2)シンガポール競馬 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [競馬] 外国の話が多い  [ 昨日の風はどんなのだっけ? ]   2005年04月26日 22:09
以下、PURE GOLD−競馬ニュース−より。 *シンガポール・仁岸進調教師が移籍申請中 確かにシンガポールに移籍する騎手が出てきても良さそう。しかし追いつめられてこの決断が出来ることには拍手ですが、人材の流出でもあるわけで、何とか国内で出来なかったもんか。(競馬と
2. [元宇都宮の仁岸進調教師 シンガポールへ移籍へ]  [ GREEN FIELDから ]   2005年04月26日 23:54
(http://blog.livedoor.jp/zeton/) リンク先に追記という形で、仁岸進調教師のフジエス以外の活躍馬を調べたら、アラブながら織姫賞、天馬杯とサラブレッドの重賞を2勝するなど重賞5勝を挙げ、早世してしまったアラブの名馬トチノミネフジの代表産駒であるイーシーキング

コメントする

名前
URL
 
  絵文字