楽天イーグルスのネット試合中継、「無料で見たい」が50%弱地方競馬にもクラブ馬主が必要か その2

2004年11月12日

名古屋・第45回 東海菊花賞結果

どろどろの不良馬場の中、先日引退した上松瀬竜一騎手から乗り替わったテン乗り兒島真二騎手鞍上メンバー中唯一の牝馬レイナワルツが鮮やかな差しきり勝ち。

ほぼ横一線のスタートの中ハナ争いは押していったタカラアジュディともう一頭の丸野騎手のお手馬、今回は岡部誠騎手に乗り替わったアラブのキジョージャンボ、更に兵庫から参戦のタガノテーストの三頭だったが1周目3コーナーハナを奪いきったのはキジョージャンボ。タカラアジュディは2番手に控え、泥をかぶるのを嫌がったか1枠マルブツワールドが外目に出して3番手、タガノテーストは内で控えて4番手。イッコーオーはかかり気味、その内レイナワルツが追走。逆にミツアキサイレンスは後方外目を追走も行きっぷりが悪い。2周目向こう正面でレイナワルツが外目に出し追撃開始、マルブツワールドは2周目3コーナーでやや一杯加減。タカラアジュディがここで逃げるキジョージャンボを交わして4コーナー先頭。外からレイナワルツが一気に伸び直線たたき合いに。ゴール寸前外レイナワルツが交わしきり優勝。その外後方2番手から一気にまくったストロングライフが伸びて3着。マルブツワールドが粘って4着。

3着に後方から伸びたストロングライフが来ていることを考えると不良馬場だった今回は重適正が大きく影響した感じ。

出走したメンバーでは人気になっていたマルブツワールドが今後も期待できそうな走りだった気がします。これまで稍重まで、更に距離面でも1600mまでしか経験がなく、前走比+5kgで初の斤量57kg。それでも4着に粘り込んだあたりまだまだ相当やれそう。母父クリスタルパレスというのが正直不安材料にも感じますが、父マルブツセカイオー同様すんなりしたレース展開になればかなりの力を出してくれるのではないでしょうか。今後も要注目の一頭でしょう。

タカラアジュディもやはり不良馬場は鬼。来年もまだまだ期待できる。

ミツアキサイレンスイッコーオーはともにちょっと負けすぎ。馬場適正、年齢的なものがダブルパンチで影響した感じ。良馬場でもう一度見直したい。

レース結果[keiba.go.jp]
レース結果[nankankeiba.com]
レース映像[名古屋競馬オフィシャルサイト]
東海菊花賞、レイナワルツ快勝[netkeiba.com]

zeton at 17:47│Comments(0)TrackBack(1) 地方競馬 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [競馬] 東海菊花賞、レイナワルツ快勝  [ 昨日の風はどんなのだっけ? ]   2004年11月13日 19:17
ちょっと出遅れてこのレース、なにがビックリってレイナワルツが出てたことも気付いてなくてビックリしたけど、いつの間に地方に移籍していたのということに一番ビックリ。(netkeiba.com) -名古屋・ ...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
楽天イーグルスのネット試合中継、「無料で見たい」が50%弱地方競馬にもクラブ馬主が必要か その2