1 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:17:14.59 ID:tt1uAUDqM.net
トンデモ説ってマジンゴ?
かなC
4 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:20:46.14 ID:ESEFuP100.net
邪馬台国はどこかとか騎馬民族がどうこうとか日本中央とか
古代史ってオカルト多いよな
12 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:26:22.92 ID:u0rQZ0ew0.net
>>4
そもそもあれはモンゴルつえーからの騎兵過大評価のせい

遊牧民はやっぱり人口少なくて海まで渡って植民するのは考えにくい
騎兵が居たって無双出来るわけじゃない、数は必要
5 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:21:01.89 ID:7Yc9JQwq0.net
平原弥生古墳というロマンの塊
6 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:22:23.13 ID:ESEFuP100.net
岡山古墳群の吉備政権説はまあまあ信憑性ある
7 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:22:55.61 ID:hO6eVC7q0.net
九州から近畿までひとつの政権ってほうがおかしいわな
8 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:23:23.90 ID:7Yc9JQwq0.net
日本書紀とか古事記書いた連中ももうちょっと古い時代の事を覚えておけよと思うけど、
200年前って江戸時代か、アカン・・・だからしょうがないよね。
11 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:25:59.15 ID:4io+k1nod.net
>>8
帝紀・旧辞とかマジで存在してたと思ってる奴って多いんかな
ワイは無かったろうと思うんやけど
62 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:41:45.43 ID:0etWCN970.net
>>8
そもそもメインが口伝を暗記してしてる一族の記憶やからな
今で言うと式守伊之助に相撲の軍配のこと聞きに行ってそれ鵜呑みにしてるようなもんやろ
そいつに聞くのがまあ筋だけどほんとに正しいの?って疑問は残る
10 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:23:39.41 ID:sdABB/vk0.net
でもあんまガチった内戦の痕跡があるわけでもないという謎
13 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:28:28.49 ID:YL3K9U1wd.net
そもそも昔の歴史家なんてデフォでテキトーこいとるやろ
文献史料アテならんし
万葉仮名とか書いてる本人ですらホントにわかってて書いてるのか怪しい部分あるし
637 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 06:37:15.72 ID:msHWRWIK0.net
>>13
漢字の書き順が適当だったというのがビビった
ちゃんと昔から決められてるものかと思ったら有名な書道の先生たちがこう書いてるだけだったと
641 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 06:38:36.46 ID:cUP9K68ta.net
>>637
そら文字でやり取りすんのに書き順とかどうでもええしな
657 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 06:42:57.78 ID:rb2JsY1Q0.net
>>13
万葉仮名はきちんとした法則性があるから上代特殊仮名が発見されたんじゃん
逆に上代特殊仮名を踏まえていないのが偽書ってわかるくらい
17 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:30:24.21 ID:zhEwntZNa.net
漢委奴国王印も倭の奴国王やなくて倭奴国=倭国の王に与えたと考えるほうが自然だよな
19 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:31:35.25 ID:snfQD5170.net
普通に考えて、ヤマト朝廷と邪馬台国って同じだよね
21 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:31:55.70 ID:Fm3iwu1v0.net
>>19
台=トとも読むしな
27 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:33:33.39 ID:YYBf70Z30.net
>>21
中国が格下扱いで悪い字を当ててるだけやろうしな
卑弥呼とかも日見子とかそんなんやろもとの名前は
30 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:34:53.54 ID:VL/o1qoo0.net
>>27
そもそも当時日本に文字の文化あんのか?
42 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:36:24.96 ID:K3aU6NzPM.net
>>30
伊都には硯あるで
34 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:35:32.67 ID:sdABB/vk0.net
>>27
卑弥呼は「ひめみこ」を(難聴)しつつ当て字したんやないかなぁ
45 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:37:14.42 ID:zhEwntZNa.net
>>34
ヒメミコって言葉がそのまま1800年前にあったんか?
それより下った奈良時代の発音すら現代の発音と全然違うやんけ
せやからワイは信じられへんのやが
26 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:33:18.79 ID:bDy7VTQ5M.net
倭の五王が一番気持ち悪いわ
わざわざ讃、珍、済、興、武みたいな中国式の名前つけるか?
本名はオオハツセワカタケルノミコトとかやろ?
確実にヤマト王権とは別の存在やろ
49 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:38:07.89 ID:0etWCN970.net
>>26
中国用の別名に決まってるやろが
29 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:33:53.11 ID:HmkS9Fbk0.net
邪馬台国四国説はガチで夢がある
38 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:36:09.25 ID:clqoZXU10.net
卑弥呼=神宮皇后説ってトンデモなん?
61 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:41:29.12 ID:MzozWIXRd.net
>>38
時代が全然違うしそれは
イエスキリストとムハンマドが同一人物っつってるのに近い
43 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:36:59.37 ID:K3aU6NzPM.net
おまえらちゃんと魏志倭人伝読んだか?
52 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:39:14.98 ID:r85RItiXM.net
>>43
いまのテーマは旧唐書と新唐書やで
魏志の話はしてへん
58 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:40:25.70 ID:K3aU6NzPM.net
>>52
邪馬台国に関する記述は全て魏志倭人伝が元やし
63 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:41:47.79 ID:HmkS9Fbk0.net
>>58
歴史に残ってないだけで
たぶん呉の方からも沢山来てたと思うんよな
あいつらの方が魏よりも造船技術あったわけだし
74 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:44:11.13 ID:u0rQZ0ew0.net
>>63
呉の史書に人口少ないから東の島(日本)に人狩りに行ったけど
失敗しましたみたいな記述あるらしいな

呉が攻めて来たなら魏に臣従するわな
84 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:46:36.42 ID:G2MhKY5UM.net
>>74
てか、漢から金印もらっとるんやから後継の魏や西晋にペコるのが普通やろ
魏っつーか公孫淵と仲良かったって話もあるらしいけどな
44 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:37:07.74 ID:YYBf70Z30.net
出雲の国譲りとかいう闇
出雲の人たち絶対虐殺されとるわ
46 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:37:42.78 ID:quPR6h9Ur.net
姫という言葉そのものの語源が日女という説もあるね
47 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:37:46.19 ID:HlLIwOPy0.net
邪馬台国からの空白期間が謎だわな
54 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:39:28.37 ID:u0rQZ0ew0.net
>>47
空白なのは中国が荒れてて史書がないせいだし
日本はのんびりやってたかも知れんで
60 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:41:27.69 ID:YYBf70Z30.net
魏志倭人伝の魏って曹操の魏?
66 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:42:11.57 ID:faVDW+3v0.net
>>60
魏志倭人伝はそもそも三国志の一部だから
90 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:47:52.23 ID:hO6eVC7q0.net
>>66
あれ学校で三国志やでって教えたらもうちょい興味わくのに
65 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:42:07.69 ID:Fm3iwu1v0.net
大化の改新とかいうクソイベントのせいで失われたものって多いと思うわ
69 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:43:07.60 ID:YYBf70Z30.net
>>65
蘇我が滅亡するときに色々焼けたんやろ?
ほんまもったいないわ
68 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:42:49.98 ID:TgMJbLhTd.net
いちおう言うけど魏志倭人伝なんて書物はないぞ
92 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:48:43.51 ID:wN4YKJ7e0.net
>>68
どういうことや
100 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:50:15.48 ID:Fm3iwu1v0.net
>>92
三国志の中で魏に関する部分を魏志その中の倭人に関する部分を魏志倭人伝と通称してるだけ
108 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:52:00.16 ID:ESEFuP100.net
>>92
三国志のなかの魏書っていうシリーズのうちに第30巻烏丸鮮卑東夷伝っていう本があって、
その東夷伝のなかの倭人条っていう節に出てくる話を便宜的に魏志倭人伝って呼んでる
76 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:44:41.99 ID:qYC+gLPHa.net
土蜘蛛とか言う謎のやつら
77 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:44:52.60 ID:3J3SQi3w0.net
唐書にも倭国と日本国は別で倭国が日本国を滅ぼして国名を奪ったとある
日本を名乗り始めたのは天智天皇朝を倒した大海人やが大海人が戦その他諸々で東の勢力の力を借りてるのもポイントやね

日本は元々東北から関東までの地域を指す
秀吉は戦国時代になっても東北の事を日本と呼んでいた
88 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:47:40.70 ID:G2MhKY5UM.net
>>77
その秀吉の記録興味深いわ
教えてくれるか?

山形に日本国とかいう山とか地名があるのも関係あるんかな
115 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:53:50.59 ID:3J3SQi3w0.net
>>88
手紙で残ってるんやけど原文いま出てこんな
ウソちゃうで
406 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:41:08.41 ID:cP4jEwmm0.net
>>115
ワイも興味あるわ
それいつ頃の書状か分かるか?
豊臣秀吉秀吉文書集に出てるかもしれんからちょっと調べてみる
奥州仕置辺りの書状なら今月末発売の4巻収録やから無理かもしれん
81 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:45:46.58 ID:7Yc9JQwq0.net
まあ、ヤマトを漢字で書いたら大和だからね。
あ、察し、て感じか。
87 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:47:12.29 ID:Fm3iwu1v0.net
>>81
和から大和になったのは天智天武の頃ちゃうか
99 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:49:56.63 ID:G2MhKY5UM.net
>>81
そもそも大和でヤマトって読む意味が分からんよな
105 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:51:18.18 ID:Fm3iwu1v0.net
>>99
中国での呼び名(倭/和)に当て字しただけやろ
97 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:49:51.80 ID:3odMXI2E0.net
もし二つあると仮定するなら
九州北部と朝鮮半島南部を支配してた倭国と
近畿を中心に支配してた国があったんじゃないかな
116 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:53:52.57 ID:a6SV5kQWM.net
>>97
そうやろ
倭国→半島南部と九州
ヤマト→近畿
日本→東北と関東

あと吉備王国とか出雲王国とかがあるんやろ
多元王朝説とかいうやつや
なお、異端とされてアカと呼ばれた模様
102 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:50:47.50 ID:kae3/jIn0.net
テレ東の番組やと埼玉 日本王国説やってたで
ゴルゴと松方が声当ててたやつあれおもろかったわ
109 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 04:52:23.00 ID:Fm3iwu1v0.net
>>102
稲荷山古墳のは関東がヤマトの支配下になったよってだけちゃうんか
164 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:03:33.47 ID:F8xK4XbBM.net
邪馬台国が機内でも九州王朝説が即否定ってわけじゃないだろ?
181 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:05:34.08 ID:CluVrbuo0.net
つまり当時の日本には今で言う国が何個かあったってことでええんか
202 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:09:52.10 ID:3J3SQi3w0.net
>>181
そもそも西洋的な国家観が入って来たのは近代になってからやからな
突き詰めれば琉球などの冊封小国は本当に現代で言う国家として認めて良いのかという話になる
日本が近代になって満州で揉めたのも突き詰めればその相違
有名な話で列強に「中華とは何ぞや?中華国家とは何処から何処までなのか」と問われて中華が答えられなかったという話があるやん
中華思想では東アジアが全部中国やし
184 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:06:36.79 ID:zhEwntZNa.net
ほんまに東征したんか?
畿内勢力が西征して、九州王朝の歴史を乗っ取るために東征説をぶち上げたんやないんか?
197 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:09:00.99 ID:LBREL7TRd.net
>>184
東征も西征もしてないと思うわ
連合政権の総理大臣が大王=天皇家やし
その連合政権に「九州王権」も噛んでたと考える方が自然
九州と関東で行き来があったらしい物証とかもあるし
204 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:10:21.89 ID:WlRq2N7v0.net
どの程度意思疎通できてたんや
「オデ 魏のコトバ チョットワカル」とかよりずっと通じないとこからのスタートちゃうの
240 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:14:29.61 ID:snfQD5170.net
>>204
朝鮮半島とほとんど同じ言葉喋ってたんちゃうの
通訳がいたらしいし
270 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:18:58.86 ID:3J3SQi3w0.net
>>240
日本語のルーツは百済語
そして百済語は高句麗語の方言だと言われてる

しかし、明確に百済語として記録されている単語はないため、
ここではわずかながらも残されている高句麗語との間接対比で見ると、
数詞やその他の身近な単語に関して、日本語との共通性が窺える。

三:密(mil) み
五:干次(uc) いつ
七:難隠(nanun) なな
十:徳(tok) とお
兎:usaxam うさぎ
口:kuc くち
谷:tan たに
鉛:namr なまり

さらに犬(いぬ)が、ツングース語族のindahun(女真語)、ina(エヴェンキ語)などと同語源であると
見られることは、類推的に百済語もこれに近い単語を擁していたと考えられるところである。
http://cocomasak.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-e1d4.html

樺太にいるツングース語族のエベンキ族
291 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:22:34.70 ID:3odMXI2E0.net
>>270ヘブライ語やぞww

日本語とヘブライ語の共通点
■ミカド(帝)= ミガドル(高貴なお方)
■ミコト(尊)=マクト(王、王国)
■ネギ(神職)=ナギット(長、司)
■ミササギ(陵、墳墓)=ムトウサガ(死者を閉ざす)
■アスカ(飛鳥)=ハスカ(ご住所)
■ミソギ(禊ぎ)=ミソグ(分別・性別)
■ヌシ(主)=ヌシ(長)
■サムライ(サムライ)=シャムライ(守る者)
■ヤリ(槍)=ヤリ(射る
■ホロブ(滅ぶ)=ホレブ(滅ぶ)
■イム(忌む)=イム(ひどい)
■ダメ(駄目)=タメ(ダメ・汚れている)
■ハズカシメル(辱める)=ハデカシェム(名を踏みにじる)
■ニクム(憎む)=ニクム(憎む)
■カバウ(庇う)=カバア(隠す)
■ユルス(許す)=ユルス(取らせる)
■コマル(困る)=コマル(困る)
■スム(住む)=スム(住む)
■ツモル(積もる)=ツモル(積もる)
■コオル(凍る)=コ−ル(寒さ、冷たさ)
■スワル(座る)=スワル(座る)
■アルク(歩く)=ハラク(歩く)
■ハカル(測る)=ハカル(測る)
■トル(取る)=トル(取る)
■カク(書く)=カク(書く)
■ナマル(訛る)=ナマル(訛る)
■アキナウ(商う)=アキナフ(買う)
■アリガトウ(有難う)=アリ・ガド(私にとって幸せです)
217 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:11:49.64 ID:u0rQZ0ew0.net
一番の謎は4〜5世紀の戦乱跡が見つからんことやろ

これが6〜7世紀なったら、いきなり外征するくらいの王権が出来てて
九州で反乱が起きたとかもなくなってる
誰がどうやって強固な政権作ったか分からんから謎なんや
235 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:14:06.62 ID:qYC+gLPHa.net
>>217
政権固めるのに必ずしも争う必要はないやろ
243 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:15:18.11 ID:XM7dro4Y0.net
>>217
ほんこれ
空白の4世紀に戦乱の跡がない

つまり邪馬台国がそのまま大和朝廷に繋がってる証拠
247 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:16:07.67 ID:3odMXI2E0.net
>>243
九州は火山の噴火で人がおらんかったんやろ
251 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:16:39.25 ID:+FPlRwMHd.net
>>243
邪馬台国はどこにあったんですかね…
263 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:17:53.84 ID:XM7dro4Y0.net
>>251
奈良

・黒塚古墳の33枚の三角縁神獣鏡(景初三年は卑弥呼が鏡を送られた年)
・当時最大級の宮殿と都市整備された巨大な纏向遺跡(日本各地の土器も大量に出土)
・卑弥呼の死と年代が一致する箸墓古墳(放射性炭素年代測定と年輪年代学で一致)
・邪馬台国の7万戸の人口(20万人以上は奈良なら可能)

こんだけ揃ってて否定する方がおかしい
285 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:21:37.46 ID:/4s7jdugM.net
>>263
吉野ヶ里やろ?
298 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:23:33.02 ID:XM7dro4Y0.net
>>285
吉野ケ里で7万戸は無理

それに一大率(地方知事)を伊都国に置いてるから、九州説はない
303 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:24:28.37 ID:ESEFuP100.net
>>298
一大率が地方知事とかお前の解釈やん
326 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:28:17.00 ID:XM7dro4Y0.net
>>303
三国志の文献研究してる教授の解釈やぞ
345 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:30:26.43 ID:XM7dro4Y0.net
>>326
東日本の方が縄文人の遺伝子は多いよ
まあ当然だけどね

350 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:31:48.36 ID:ESEFuP100.net
>>326
当時の刺史はまだ地方長官=州牧じゃなくて監察官だからその解釈は成立しないし
プロの学者でそんな脇の甘い説唱えてるやつはいない
375 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:36:04.47 ID:XM7dro4Y0.net
>>350
早稲田の渡邉教授


35分当たりから
271 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:19:02.25 ID:ORku3Oufa.net
なあなあ卑弥呼って美人だったんか?
世界見てもシャーマニズムの親玉は美人やんか?
282 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:21:02.10 ID:vEzpDcOid.net
>>271
お前チェスンシル美人に見えたんか?
292 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:22:47.90 ID:ORku3Oufa.net
>>282
昔のな
今の似非とはまた違うやつや
299 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:23:50.58 ID:aSrMteadK.net
>>271
天皇や貴族が顔隠してたように卑弥呼も顔隠してたかもしれんで
そっちのが神秘的やし
295 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:23:07.94 ID:azdACAE20.net


九州やんけ!
320 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:27:26.69 ID:OH7m6jt/d.net
謎が多いわ
321 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:27:27.01 ID:b3thUwjz0.net
でも九州と本州って離れてるしありえるやろ
325 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:28:12.43 ID:Fm3iwu1v0.net
>>321
壇ノ浦なんて泳いで渡れるぞ
346 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:30:43.03 ID:xfgOQt5i0.net
邪馬台国青森説ってどうなった?
昔ちらっと聞いただけだが
358 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:32:30.07 ID:Fm3iwu1v0.net
>>346
三内丸山遺跡から連想する頭の悪さ
362 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:33:27.78 ID:iH9Ht32V0.net
>>346
青森は千年王国説もあるから
363 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:33:32.62 ID:aSrMteadK.net
>>346
ぎしわじんでんに邪馬台国か倭国かは忘れたが
冬も裸足で過ごし野菜果物食ってたと書いてるから青森はあり得ないんちゃうか
373 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:35:24.70 ID:Z5BD8JTq0.net
面白いのあったわ
383 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:37:34.13 ID:HmkS9Fbk0.net
>>373
やっぱり邪馬台国は愛媛にあったんやね
417 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:42:38.37 ID:h/FyAu4Pa.net
思ったけど出雲で国譲りさせた奴と宮崎から東征してきた奴らが同じな訳ないよな
430 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:45:00.62 ID:kphrgHct0.net
>>417
同じな方がロマンあるやん
425 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:43:36.96 ID:MbzD+Y/X0.net
金印が見つかれば決着するやろけどそもそも現物が残ってるかもわからんしな
426 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:44:17.80 ID:TxGThAWn0.net
普通に考えたら大陸・半島から渡ってきた人達は一番近い九州に地盤固めるよな
だから九州にそういう王朝があったと考えるのは自然なんだろう
でもワイらが知る大和朝廷・天皇家の歴史って近畿からの記録しか残ってないよねぇ・・・
434 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:45:20.77 ID:jjjDXBv5M.net
>>426
ずっと近畿にあったように見せかけるために大化の改新で史書は全部焼いただろ
441 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:46:37.01 ID:h3Ime0ja0.net
>>426
九州に鉄を輸入して製品化する強力な集団が居たことは誰も否定しないぞ
それがなぜか急に九州王朝とかいいだすからトンデモになる
555 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 06:05:50.12 ID:XXepJ3Cf0.net
>>426
大陸、半島から渡ってきたのなんて邪馬台国のはるか昔だろ
なぜ渡ってきた直後だと思うんだ
432 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:45:17.38 ID:3mL4hBz00.net
魏志倭人伝は中国地方四国地方を完全スルーしてるのが違和感ありすぎる
448 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:47:38.03 ID:7+ENKJh+0.net
>>432
中国地方も四国も山間部多くて平野が少ないから一大勢力圏作りにくいし
当時は過疎過疎だったんやない
453 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:48:32.89 ID:jjjDXBv5M.net
>>448
吉備と出雲があったんやない
466 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:50:14.35 ID:5Xvds+vG0.net
出雲みたいなクソ田舎が、当時の大都会とかうせやろ?
501 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:55:11.30 ID:aSrMteadK.net
>>466
出雲だけ神有月になるくらい特別な場所やぞ
470 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:50:58.92 ID:7Yc9JQwq0.net
>466
鉄が取れるからね。少しはね。
467 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 05:50:31.87 ID:h3Ime0ja0.net
吉備は相当有力な勢力だったろ
円筒埴輪とかも吉備文化といわれてるし
835 :絶望的な名無し(. . ) 2018/01/16(火) 07:46:51.61 ID:tAklv9AH0.net

邪馬台国は大和やぞ
描かれてる順に一筆書きできるように国を並べると
鬼国が紀伊、為吾国が伊賀、躬臣国は神戸付近(雄伴郡、意訳:躬臣(自らの臣)=ヲトモ)、巴利国が播磨、支惟国が吉備、烏奴国が下関付近(穴戸)って感じに地名の名残がある