1 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:20:47.304 ID:/9MeYxu7a.net
2 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:21:15.844 ID:r13rl7KC0.net
これどういう意味
4 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:22:08.875 ID:AwhnOL3G0.net
>>2
ソビエトとドイツがメイン
5 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:22:39.384 ID:EO0VMS0L0.net
ソ連やべえ
6 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:23:04.943 ID:NVMlvyBe0.net
アメリカはなんだっけレントリース法だっけ?とかでめっちゃ支援してたし、、、
7 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:23:20.756 ID:ym1SsrVUa.net
日本の戦死者・犠牲者310万

ソ連 約2000万
34 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:41:49.405 ID:JT67xkyI0.net
>>7
ソ連死者の半分以上は督戦隊に後ろから撃たれた数だろうな
8 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:24:07.216 ID:22Pnngwa0.net
イタリアやっぱり逃げてるじゃん
10 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:24:34.852 ID:L2Wj6a5z0.net
イタリアとフランスワロタ
11 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:25:05.260 ID:91hyQeFk0.net
でもやっぱりアメリカの方がドイツより大きいだろ
152 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 07:08:19.625 ID:SSR+wF9T0.net
>>11
参戦前のアメリカと参戦初期のアメリカと参戦後期のアメリカは別物だからな
12 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:25:10.726 ID:NVMlvyBe0.net
スターリンかスターリン並に人を
駒だと思える人間じゃなかったらソ連負けてたよな
17 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:28:03.798 ID:xWgh4TpP0.net
>>12
でもスターリンが粛清ばっかりして有能な人材を消したりしてなかったらもっと早く戦争終わったよね
112 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 05:13:31.781 ID:+32KQh8kF.net
>>17
よく勘違いされてるけど大粛正してなかったらトロツキーとトロツキー派でWW1の再来になってたぞ
16 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:25:47.886 ID:DG9z+jyv0.net
オバマビーチの戦い
ドキュメンタリー見てたけど
恐ろしいな
20 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:28:26.869 ID:NVMlvyBe0.net
>>16
何そのほのぼのとしてそうな戦闘
37 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:44:36.399 ID:yOwPjN7qa.net
>>16
オマハね
19 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:28:23.816 ID:kfzB42/k0.net
ソ連は畑で兵士が採れるからな
22 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:30:24.376 ID:opld44+HK.net
ソ連が小さいやつの群れになってるのはソ連は小国の連邦ですよってこと?
23 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:31:43.099 ID:S3qIpgrA0.net
>>22
畑から兵士が採れる国だから
26 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:34:15.454 ID:opld44+HK.net
>>23
当時の軍隊なんてどこも似たようなもんじゃないのかね日本だって赤紙や学徒動員あったんだし
38 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:47:22.823 ID:bW1H4Xym0.net
>>26文字通り桁が違う
人口は大して変わらんのにな
25 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:33:49.279 ID:u/LkTsXjM.net
当時ソ連で沢山のロシア系美少女が余っていたと思うと
27 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:34:44.057 ID:SRZxQLv+d.net
ドイツ無双ゲーじゃん
30 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 02:36:33.519 ID:ym1SsrVUa.net
>>27
極東の馬鹿がアメリカ引っ張り込んだのが運のツキ
56 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:15:09.950 ID:BjAHoi9l0.net
>>30
日本にはいきなり独ソ不可侵条約結んだと思ったらいきなりソ連と戦い始めたように見えてるよ
お互い様
58 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:16:32.866 ID:WYNYbPygx.net
これが本当ならアメリカとソ連は同じ敵を持つ仲間だろ?
何で仲良くできないんだ?
59 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:17:32.393 ID:BjAHoi9l0.net
>>58
同じ敵を持つ敵同士だから
63 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:21:33.729 ID:SbT3jywp0.net
>>58
トーナメントだよ
太平洋トーナメントが日本vsアメリカ
ヨーロッパトーナメントがドイツvsソ連という準決勝で
結果、アメリカとソ連が決勝に勝ち進んだから
65 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:23:56.736 ID:WYNYbPygx.net
>>63
ドイツと日本は宣戦布告したからだけど
アメリカとソ連は戦争する理由があったわけ?
67 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:24:42.392 ID:p4y+dU1UM.net
>>65
戦争はしてない
冷戦だから
68 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:27:25.343 ID:WYNYbPygx.net
>>67
冷戦でもいいけど仲悪い理由がなくない?って言ってるの
70 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:29:48.361 ID:p4y+dU1UM.net
>>68
そこからか
民主主義と共産主義で世界の奪い合いしてるんだから表面的になってないだけで 最初から 相容れないんだよソ連建国時からね
81 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:41:44.539 ID:WYNYbPygx.net
>>70
アメリカもソ連も自分の主義と違う国を潰したいわけか
ドイツはわかるけど日本も危険思想だったのかな?
83 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:43:13.747 ID:gVYe0D5j0.net
>>81
自分の主義と違う国を潰したいって理由なら
長年中国を最恵国待遇したり中東の独裁国家支援とかしない
ただの覇権争いだよ
71 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:29:50.626 ID:SbT3jywp0.net
>>65
戦争するに至らなかったというか核兵器のせいで
どっちも手出しできないから冷戦になったんだよ
各地で代理戦争はしてるし
74 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:32:46.764 ID:gVYe0D5j0.net
ぶっちゃけ冷戦の本質はイデオロギーはあんま関係無い
ヨーロッパはソ連という大国が地続きであると困り
米は自国とタメを張るソ連が気に食わない
実際は覇権争いの面が強い
75 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:33:29.530 ID:YZO1rjFQ0.net
米国とソ連が仲良かったのはWW2終結直前くらいまで
あとは対立しかしてない
当時は「共産主義よりもファシズムの方が危険」って風潮だったから
敵の敵は味方ってことは米ソ調教路線だった
76 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:34:50.558 ID:231Z6t9Za.net
そりゃソ連は技術も数もあったからな
82 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:42:28.632 ID:q4VvdFAi0.net
>>76
技術(アメリカ製)
78 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:37:18.607 ID:ZOFzwMOT0.net
というか前半はドイツ対ソ連 後半は日本対アメリカ
これ以外はわき役なのが第二次
88 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:48:27.333 ID:WYNYbPygx.net
みんな何でこういうの詳しいわけ
戦国時代とか鎌倉時代もどういう理由で戦争になったか知りたいね
91 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 04:04:30.254 ID:NXlzT0hX0.net
>>88
ヲタクだからだぞ
89 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 03:50:40.967 ID:p4y+dU1UM.net
鎌倉は保元平治の乱だろ
国家が大混乱した結果公家の時代が終わって武士の時代になった
96 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 04:23:57.774 ID:FsFBN4s20.net
フランスが鶏wwwwwwww
98 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 04:26:43.917 ID:xWgh4TpP0.net
鶏じゃなくて風見鶏ってことじゃねーの
99 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 04:31:14.746 ID:UjUsshSR0.net
ポーランドかわいそう
102 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 04:37:56.858 ID:C+XHn5cWM.net
>>99
もともとポーランド俺たちで侵略して分割しようぜの茶番から始まったからな
101 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 04:32:58.970 ID:20LnYvVv0.net
イタリアどこ行ったと思ったら右下にいてわろた
107 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 04:56:26.047 ID:xF1o1YvI0.net
オーストリアどこ
108 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 05:00:12.710 ID:/9MeYxu7a.net
>>107
ドイツの胃の中
132 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 06:31:17.730 ID:pAbvSNvg0.net
この図は間違っている。何が間違いかというと、

フランスは完敗占領、イギリスも潰れる寸前、ソ連はぼこぼこになっていた。

そこにアメリカが参戦してから、戦況が大幅に変化した。ただし、最初のうちは不利だった。

アメリカは、日本とヨーロッパ双方に軍隊を派遣して戦っていた。弾薬も与えていた。とんでもない物量を持っていた。

アメリカの物量こそが、戦争の行方を決めた。

ソ連の犠牲者が多いのは、戦い方が下手だから。

134 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 06:36:09.909 ID:q4VvdFAi0.net
>>132
劣る技術力を人海戦術でカバーしただけだから言うほど戦下手では無いだろ
136 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 06:39:31.389 ID:CpqN3LWV0.net
>>134
土地が広くて人的資源が多いとほんと雑なシミュレーションゲームみたいになるよな

当時のソ連軍の作戦参謀にHoI4やらせたらこんな感じwwwって笑いながら包囲&突撃させてそう
140 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 06:49:52.908 ID:Q4236MSga.net
仮にもしアメリカが参戦しなかったらイギリスとソ連はどうなってたんだろうな
143 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 06:57:45.005 ID:q4VvdFAi0.net
>>140
ソ連は支援受けれなくて火力重視の戦術が不可能なのでゲリラ戦重視
→死者激増で敗戦

イギリスはロンドン防空戦はまだしもアフリカ戦線は敗北、スエズが使えなくなる
146 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 07:02:42.294 ID:Q4236MSga.net
>>143
なるほど、ソ連とイギリス共に劣勢か
仮に日本がアメリカに喧嘩売ってなくてもナチスの勢いを放っておくはずもないしどのみち参戦はしてたんだよな
結局アメリカ次第か
147 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 07:03:12.473 ID:kC10Ws2j0.net
日本政府がアメリカにふっかけられても仕掛けなかったら
アメリカ参戦の時期って遅れたのかな?
151 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 07:06:03.547 ID:q4VvdFAi0.net
>>147
まぁ多少は遅れたかも
ただ、しばらくすればスタグラで頼みの盟邦ドイツが劣勢になるから開戦が回避できた可能性も微れ存
153 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 07:12:20.285 ID:kC10Ws2j0.net
どう考えてもアメリカの横槍は痛い
160 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 08:17:30.774 ID:Q4236MSga.net
中国ってアメリカの支援なかったら日本にやられてた?
161 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 08:35:52.569 ID:P0fbfw/Gd.net
>>160
日本の前にイギリスに骨抜きにされてた
開戦当初は日本軍を解放軍と思って協力的な地方も有った
日本軍も当初は統制が取れており民間人に対して略奪や殺戮行為を厳禁にしていたが
戦線の拡大に伴い次第に軍規が乱れて略奪や無用の殺戮行為が有ったのは事実
ただ南京大虐殺の様な大規模な虐殺は装備的に無理
162 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 08:37:19.350 ID:Q4236MSga.net
>>161
ん?無理って言うのは日本が出来ないってこと?
163 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 08:42:17.550 ID:5FsBjS9aM.net
ソ連北海道欲しかっただろうな
原爆にビビって侵攻始めるの遅くなったもんな
164 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/17(水) 09:34:42.456 ID:vzRWcIlm0.net
南京城内で異常に大規模な住民虐殺があったなどとは今では中共でさえも主張していない(一部狂人除く)
一連の戦闘(極大は日中戦争全体w)で一般人が大量に殺害されたという程度
「証拠」写真がどれも南京市街とは無関係なものばかりだからね
服装が日帝風じゃないのは問題じゃないキリ
>>163
別にビビッてないよ
渡洋作戦は金満米国でも準備に手間がかかるものというだけ