1 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:17:25 ID:ifU
自国だけで使えば他の国はひれ伏すしかないのに
2 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:20:15 ID:Nps
国が全ての企業の動きを統制できるなら門外不出も可能かもしれんが実際そうじゃないし
4 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:21:42 ID:CFT
そらすごいこと見つけたらみんなに見せびらかしたいやろ
エアプか?
5 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:21:46 ID:tcn
もともと、工場作れるような上流階級はそのころから各国を転々とできたんやで
6 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:22:53 ID:ifU
>>5
アフリカみたいに植民地にすればいいじゃん
資本家には最新技術は輸出禁止にして
7 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:24:02 ID:axl
ヨーロッパの王家はだいたい親戚なんやで
オランダ王家の人がイギリス王になったりスペイン王になったりで
10 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:25:38 ID:ifU
>>7
んなこと知っとるわ
皆殺しにすれば逆らう奴おらんやろ
9 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:24:48 ID:hxW
どうやって技術の流出を止めるのでしょうか 気になる所です
12 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:26:24 ID:ifU
>>9
普通に禁止にすればええやん
流出させたら一族郎党皆殺しにして
11 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:25:40 ID:R6A
スパイに掠め取られるよりは売ったほうがよくね?
13 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:27:19 ID:ifU
>>11
盗った国に戦争しかければええやん
最新技術があるんだから
14 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:31:13 ID:axl
技術だけに限らんけど、富と力の源泉を巡ってはどの時代でも奪い合いはあったで
ニシンやタラ、塩など食料であったり鉄、香辛料であったりで。
それを所有できた国は欧州の覇権を握れたけど
そういうのはあるポイントを押さえれば統制できるもんばかりやし
あの時代で知識や技術の流出を防ぐなんて方法もなかったやろうし
やってもその費用でイギリスが破たんしたんじゃないか
15 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:32:10 ID:RYw
>>14
なんやその曖昧な解説
失せろや馬糞野郎
16 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:35:55 ID:axl
>>15
だからどうやって人が国外に旅行するのを統制するんやという話や
全員を人力で検査するんか?無理
国家財政がそれで破たんするか、重税で民が蜂起するかで国は傾くやろ
ワイが曖昧なんじゃなくて君が具体性を考えてない
18 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:38:35 ID:vOr
技術なんてすぐに追いつかれて陳腐化する
20 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:40:20 ID:RYw
>>18
今の日本にF22を作れって言われて作れるか?
そんな早々他の国が作れるわけない
21 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:41:57 ID:SoS
後進国もアホばっかちゃう
その内追いついてくるかもしれん
でも積極的に塩を送るのは理解できんわ
24 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:44:01 ID:RYw
>>21
そうやろ?
なんでアフリカを植民地にして他のヨーロッパには技術を教えたのか意味わからんわ
27 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:44:48 ID:Muh
技術流出のたびに戦争は笑う
29 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:45:19 ID:RGE
そら技術を全て政府が統制してる訳ではないし技術者が流出して他所で商売始めることはあるやろ
34 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:46:43 ID:v4g
>>29
少なくともあの頃のイギリスは情報の流出規制してたで
37 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:47:19 ID:RGE
>>34
鎖国する訳でも無しに完全な統制は不可能やで
39 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:47:49 ID:v4g
>>37
もちろん完全な統制は無理やけどやろうとはしてたって話しやで
44 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:48:29 ID:RGE
>>39
そらまぁ全く流出防止へ向けた努力はしなかったとは言わんで
33 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:46:43 ID:oLS
産業革命で発展したのは手法であって技術ではない
有効だとわかったらどの国も追随できる
42 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:48:12 ID:GvX
イギリス「ワイの味方がいないなせや周りと口約束して仲間増やしたろ」←くず
45 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:48:36 ID:v4g
ドイツがイギリスの目盗んで機械ごと盗んできたってのは有名な話やし
48 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:51:53 ID:oJJ
OEMとかノックダウン生産とかで教えたとかバイクのの設計図を中国やタイとか見せて作らせる
みたいなことしたら技術力が急成長したんだろ
知らんけど
51 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:55:19 ID:RYw
>>48
そういえば自動車会社とかが最新技術を途上国に教えるメリットってなんや?
その国での自社のシェアや途上国に他の国でのシェア奪われるやん
60 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 01:04:46 ID:RYw
>>51
この疑問について誰か説明してくれや
61 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 01:07:52 ID:RGE
>>60
どんな製品でもそうだけど各分野のパーツを組み合わせてその製品が出来上がるんや
自動車会社が燃料電池とか自動運転とかの分野で途上国に技術協力するのは将来的に規格を独占したいからやで
62 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 01:09:04 ID:elH
>>61
けどそうやって中国韓国に教えた結果が今やん
63 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 01:11:22 ID:RGE
>>62
韓国に関しての技術協力はアレ後先考えてなかったやろ
中国に関しても同じで損得勘定云々考えてないで
64 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 01:12:23 ID:RYw
>>63
どっちも後先考えてないんかい
65 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 01:14:32 ID:RGE
>>64
韓国の場合は特定分野どころか製品の情報を全部流してまったやろ
中国の例も似たり寄ったりではあるにしてもこっちは共産党が技術移転強要するケースもある
49 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:52:32 ID:Muh
この頃の技術なんてまだまだ目で盗む時代やんけ
職人に交流禁じるのも無理やし禁じてたのせいぜい機械止まりやろ
66 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 02:56:08 ID:ZOO
>>49
どっかの国で職人の技術流出禁じとらんかったかな
中世か近世の話やったかもしれんけど
50 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:53:53 ID:GvX
なおイスラエルは設計図を盗みまくった模様
52 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:55:29 ID:ySL
イギリスがなぜドイツやアメリカに負けたかと言えば海外から巨大な利子や配当所得が得られていたというのもあるな
これはイギリス病とも密接に関わってるで
53 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:57:44 ID:RYw
>>52
どういうことや?
お金があるから冒険しなくなって技術力が落ちたってことか?
54 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 00:59:10 ID:ySL
>>53
海外から流れてくる莫大な利益があればイギリスの地位は安泰であるとさしたる危機感を与えなかったからや
56 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 01:01:22 ID:RYw
>>54
なるほどな〜
発展しない途上国は資源がある国が多いから変に技術を持たなくても食っていけるっていうのに似てるな
55 :絶望的な名無し(. . ) 2018/10/28(日) 01:00:45 ID:sro
危機感が無いと成長しないっつーことね