1 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:02:46 ID:2tG
完全なデマやろ
1800年前後から、ロシアに通商を求められ
なんやかやで拒否した結果、露寇があって日露戦争になりかけ
それは回避されたが外国船打払令を作ってヒステリックに鎖国を続けようとしたが
イギリスと揉めたりモリソン号事件でやらかした経緯を経て
「そろそろ開国せなあかんな…」となって外国船打払令撤廃&薪水給与令出してたあたりで
交流のあったオランダに「来年アメリカが戦艦で脅しにくるよ」と教えられてのペリー来航やぞ

バリバリ準備しまってたのに井伊直弼の印象だけでどうしてこうなった
2 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:05:13 ID:oSD
そら江戸の近くに来たのは初めてやし
4 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:06:29 ID:2tG
>>2 >>3
それは幕府やなくて一般人の話やろ
3 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:05:16 ID:Gcm
あんなデカイ船きたら誰かてビビるやろ
うわー船やーって
5 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:09:50 ID:Zud
日本史は何故かそういうの多いよな
6 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:12:46 ID:2tG
だいたい露寇事件をなんでろくに教えないねん
ラクスマンと大黒屋光太夫は有名やけど、その後の流れで戦争になりかけた上にかなりの長い期間警戒を続けたわけや
その間、八甲田山みたいに凍死した藩士もおったんや
8 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:15:13 ID:2tG
ラクスマンからのレザノフからの露寇からのロシア船打払令、外国船打払令やぞ

この露寇をすっとばすせいで、まるで日本が何も考えず頑なに鎖国してた馬鹿ですみたいな風潮あるやろ
めっちゃ悪意を感じるんやが
9 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:16:20 ID:U8B
そもそもとして外用級船舶の建設は国防上法で禁じられてた
試験的に作られたりしてたけど
14 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:19:16 ID:2tG
>>9
国際法といえば、ちゃんとオランダに教えてもらった準備期間に国際法学んでアメリカの脅迫に対抗できるよう対策もしとったんや
これで「ギョギョ〜!なんかやべえ船きた!外人じゃあ!やべえ!やべえ!やべええええ」みたいになってたって、アホかと
15 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:21:34 ID:U8B
>>14
当時のマスコミのデマやからいつの時代も同じやで
明治政府になってから不安定な政府の正当性を主張するために
幕藩体制の批判をする必要があったんや
そっから引っ張り出されてきたのがあれや
11 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:17:20 ID:2tG
そしてこうやってロシアやらイギリスやらと揉めて
外国船の脅威も学んでたんや
警戒態勢の取り方がかなり厳重だったことからもそれは明らかな事実
おまけにお友達のオランダから事前に予告されてたときたもんだ
13 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:19:15 ID:qHS
日本の夜明けぜよ!
16 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:23:39 ID:U8B
せやから明治からここ最近まで江戸幕府は無能だったから明治維新が行われたという風潮が続いた
17 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:26:59 ID:U8B
現在も明治派閥というのはある
山口県の首相輩出数が一番多いのは明治派閥の強さをうかがわせる
安部も明治派閥や
20 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:29:43 ID:2tG
>>17
なんたら町ってとこね
あれやばいよな
ていうか政治家が世襲中心な時点でみんな一度はおかしいと思うはずなんやけど
そういう話やマスコミの嘘とかを追求する発言をすると陰謀論者扱いされる風潮

陰謀論という概念を作り出した連中はほんまやり手やなあと思うわ
19 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:28:59 ID:4Ar
幕府は外様藩を参勤交代とかで苦しめて、国内では無敵だったが国際的には弱かったんやな

江戸初期だったら、世界一銃が多い国だったんだが。
27 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:33:25 ID:2tG
>>19
別に国際的に弱かったわけでもない
ただタイミングが悪かった
ラクスマン来航時は、まだ産業革命が起こったばっかだった
なので日本はロシアと戦争になりかけても当時はガチで戦う気だったしその力もあった
それが、産業革命で急激な軍事力の差ができてしまったのがよくなかった
時代を読めなかったといえばそれまでだが、そんなもん無理な話なわけで
そもそも軍事力を使って侵略的外交をしてくる欧米に問題がある
28 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:33:41 ID:U8B
>>19
江戸幕府の当時のGDPと薩摩藩のGDPは同じやぞ
22 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:30:57 ID:4Ar
不平等とか言われる領事裁判権も
日本で裁判したら、通訳用意せなアカンからめんど、って感じで相手に認めたからな。
逆に外人は許可なく外人エリアから出てはいけない、って条件つけたし
26 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:32:57 ID:4Ar
>>1
開国する気はあまりなかった
せいぜい、長崎出島のような場所を増やすくらい

困ってる船に水と燃料を与えて帰ってもらうだけならいいか、くらい
31 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:36:09 ID:2tG
>>26
あったやろ
すでに薪水給与はしたったし、もうとっくに軍事力の差には気づいてたで
それでも鎖国派と開国派と折衷派に分かれてただけで
34 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:41:09 ID:4Ar
>>31
開国する気がなかったから、関税自主権にはあまりこだわらず、交渉すらしなかった。
開国する気があったら必死に交渉してたはず
32 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:37:32 ID:txJ
御江戸がある東京湾に堂々と軍艦の侵入を許したのが問題なんだろ
33 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:40:37 ID:EWl
>>32
当時の対水上哨戒能力なんてゼロやしそらフリーパスやろ
35 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:42:34 ID:txJ
>>33
その国力の差が見せつけられて幕府や諸藩が動揺したんだろ
37 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:43:52 ID:EWl
>>35
せやから幕府は黒船乗りまくりなのに動揺せんやろ
36 :絶望的な名無し(. . ) 2018/11/03(土) 09:43:16 ID:U8B
既にアヘン戦争で動揺してたし水戸学派も大概なんだよなぁ