1 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 00:59:46.713 ID:jzFbIT8Ia.net
剣を見たやつは死ぬとか強すぎ
2 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:00:16.964 ID:WUVV6XEtd.net
なんの漫画の設定?
5 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:00:58.548 ID:jzFbIT8Ia.net
>>2
実話だぞ
江戸時代にこっそり見た神官が死んだ
13 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:02:48.084 ID:WUVV6XEtd.net
>>5
天皇とか継承の時に大勢見てるのに…
16 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:03:40.949 ID:Tn2L6Ffd0.net
>>13
天皇と一緒に見たらノーカンやねんで
19 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:04:17.272 ID:jzFbIT8Ia.net
>>13
天皇の守護スキル舐めるなよ
3 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:00:32.883 ID:clXkLcnHd.net
レプリカだけどな
8 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:01:26.588 ID:gqhxN9S50.net
>>3
別にレプリカでも何の問題もないよ
15 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:03:17.147 ID:jzFbIT8Ia.net
>>3
天ちゃんの所有する剣が天叢雲剣になるんだぞ
20 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:04:32.074 ID:WUVV6XEtd.net
>>15
八岐大蛇の尾から出て来たのが天叢雲剣
壇ノ浦で沈んだけど…
36 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:11:19.178 ID:gqhxN9S50.net
>>20
>>24
それだと安徳帝以降の天皇は全て偽物となってしまう。神社の分祠と同じで、京都の伏見稲荷は本物だけど、町の稲荷神社は偽物って言ってるのと一緒だよ。
6 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:01:09.743 ID:hkJIcvKXd.net
能力バトル物だとすぐ対策されて負けるレベルの能力やん
7 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:01:16.263 ID:5dZcalN10.net
高天原から追放されたのにどうやって届けたんだろう
9 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:01:28.179 ID:9xv78M/Xa.net
草薙の剣て言ったほうが通じるよね
11 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:02:04.947 ID:fZsPY6460.net
多分放射線の影響だろうな
17 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:03:41.586 ID:YmGvi5uY0.net
>>11
突然変異巨大多頭蛇から出てきた物だし多分そうなんだろうな
23 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:05:40.659 ID:zHe6U3tTa.net
>>17
神話を言葉通り受け取るな
八岐大蛇って頻繁に氾濫を起こす川のことな
名古屋は昔はあの周辺ぜんぶ海だったからそういうところからも関連が伺える
35 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:10:27.735 ID:WUVV6XEtd.net
>>23
マジレスすると
大蛇ってのは熊襲とか隼人とか土蜘蛛とか蝦夷とか他部族の蔑称
八って字は8個って意味じゃなく、八百万とかで使われる「たくさん」って意味

たくさん居た大蛇って部族の頭を酒で酔わせて皆殺ししたら
その部族が作ってた鉄剣(製鉄技術)を手に入れた

って話
十束の剣は銅剣だから、天叢雲剣で刃が欠けた
18 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:03:56.689 ID:zHe6U3tTa.net
草薙の剣という三種の神器でももっともいけてる秘宝を所有しているのに
どこぞの伊勢神宮のせいでマイナー扱いされる愛知の熱田神宮
22 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:05:13.967 ID:KKAiMlJ5a.net
草を薙いだから草薙の剣
24 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:05:44.663 ID:ZJH5MLxu0.net
壇之浦の戦いで沈んで
それ以降はニセモノじゃなかった?
28 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:07:14.230 ID:clXkLcnHd.net
>>24
たぶん剣どころか曲玉も鏡もレプリカだぞ
25 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:05:51.033 ID:WUVV6XEtd.net
草薙の剣の形を想像して下さい

貴方が想像したのは草薙の剣ではなく、七支刀ですね?

これがメンタリズムです
27 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:06:55.690 ID:jNGjoS+J0.net
>>25
ぶっちゃけ七支刀なんじゃないの?
31 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:08:27.190 ID:jzFbIT8Ia.net
>>27
マジレスすると草刈り鎌
37 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:12:15.516 ID:tiFi0YYr0.net
>>25
七支刀の形はもう七支刀ってイメージ強すぎてそれはない
草薙の剣は柄頭がコウガイビルの頭みたいな形というイメージ
29 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:07:49.840 ID:DOa2OstW0.net
え?銅剣みたいな感じじゃないの?
38 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:12:16.838 ID:jNGjoS+J0.net
やまたなのに頭8つだったらまたは7つしかないっていうのび太の台詞
そういう意味なのね、八百万ってことか
44 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:15:44.964 ID:gqhxN9S50.net
>>38
三種の神器の
八尺瓊勾玉
八咫の鏡
どちらも八が使われてますね。
もしことば通りに換算すると
咫も尺と同じといわれてるので240センチくらいの大きさになります。
実際にそんな大きさではないのでたくさんとかすごいとか言った意味合いになります
39 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:13:17.326 ID:WUVV6XEtd.net
草薙の剣


七支刀
41 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:15:10.236 ID:p7tN+mYO0.net
三種の神器と十種神宝ってどっちがすげえの?
42 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:15:28.804 ID:jNGjoS+J0.net
元々は柄があったんかな
46 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:19:59.267 ID:GxbUh/bZd.net
604 :名無しさん@京都板じゃないよ :03/06/18 04:43
>>602
荒俣宏の『帝都物語』でも少しバラされてるけど、先の大戦末期に機密勅令によって全国の主だった寺社で
ルーズベルト米大統領調伏のための儀式修法が同時一斉に行われたんだよね。
その時、高野山や東寺でも禁断の大元帥明王法が修された。
熱田神宮に至っては政府中枢からの相当強硬な圧力により、
天皇さんや大宮司でも見ることさえかなわぬ草薙神剣がついに開封され、大宮司による機密御仕の主依とされたという。
草薙剣の話については、当時の大宮司の孫(あれ?ひ孫だったかも)
が大学で同級でそいつから詳しく話を聞いたんだが、相当ヤバい話…あまり聞きたくない話だった。
…で、結果はというと、ルーズベルト、本当に死んじゃったんだよな。
これが偶然だったのか必然だったのかはともかく、
結果として神風だの本土決戦だのを本気で妄想する連中を増長させることになったのだけは確かだろう。
47 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:20:36.551 ID:GxbUh/bZd.net
612 :604 :03/06/19 08:52
>>604(補遺)
スレ違いは承知の上なんだけど(スマソ)リクエストが多かったので前回は敢えて伏せておいた部分について。
まず、草薙剣本体の材質について。
社伝ではかつて一度、新羅僧に盗まれ再び封印された際の『剣』の描写が残っているが、
再封印後、現代に至るまで御神剣は一切錆を被っていないとの伝説、あくまでも伝説があったが、
六十年前にその勅儀のために封印が解かれたとき、思わぬ象で伝説の根拠が明らかになった。
つまり御神剣は「錆びることのありえない素材」=金のムクで、もとより剣としての実用に耐えぬ、
あくまでも祭祀用の具として造られたと思われる。
そして最も問題だったのは御神剣の形そのもの。
社伝では中空の矛のような短銅剣とされていたのだが、実際には、とても《剣》とは言いがたい、異様な形状の御体だったという。
喩えることのできるものがあるならば、国宝・石上神宮七支刀にやや近いというべきだったらしいが、
七つに別れたその先が左右に羽根をひろげるが如く長く手を広げ、
これまた、そもそもこれが《剣》として造られたものでないことを示していたという。
(ちなみに、後年、俺のその同級生の曽祖父=当時の大宮司は、自らの日記の中で、
御神剣が七支の形状をなしていた事実と、記紀中のヤマタノオロチより剣がいでたとの伝承を結び合わせ、
ヤマタノオロチの八つの頭がそのまま草薙神剣の七支の穂先と幹の突端になったのではないか、
との自説を記しているという。…なるほどね。)
で、問題の儀式中に起きたことは、大宮司が祭文を唱えるにつれ、
御体が唸り声のような重い音声をあげたかと思いきや、
祭殿の左、西の方角に向けて自らいざりはじめ(続く)
48 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:20:52.712 ID:cXYMs2VY0.net
八岐大蛇って部族だろ
鉄で制したんだぞ
49 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:21:02.319 ID:5dZcalN10.net
もとは三種も十種もどちらも神の系譜の証明だからどちらがとかはないと思ふ
教学的になら三種
50 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:21:09.950 ID:GxbUh/bZd.net
613 :604 :03/06/19 08:55
>>604(補遺ー続き)
そのまま震えて祭文を唱え続ける大宮司に代わって、
御神剣を押しとどめようとした禰宜職が御体に触れた途端、
口より青い炎を上げて体が燃え上がり、骨も残さず溶けるように一片の黒い炭になってしまったという。
あまりのことに、神職・禰宜らが取り乱す中、何とか祭文をほふり終えた大宮司だったが、
三ヶ月半後に再び同じ儀式を行うよう命が下った際には、
さすがにこれを拒み続け、そのまま敗戦を迎えたという。
なお、その時も爾後も、その大宮司の一の弟子だったのが、
神社本庁・前総長だった鶴岡八幡宮の白井前宮司で、存命中の方でその儀式に立ち会っていた
数少ないお人だそうなので、当時の‘’ナマの様子を聞きたい方は訪ねてみては、
との友人のことばでした。
…以上が、今から13年前に、京大文学部史学科の某助教授の研究室で、
そのセンセと私ほか2名の前で語られた内容の大筋です。
52 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:22:54.172 ID:wkv2mwce0.net
壇ノ浦で沈んだのは形代
原本は今でも伊勢や熱田に奉納されてる
53 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:24:02.769 ID:fZYumIYSd.net
草を払ったから草なぎ
対岸は火を付けられたから焼津

うちの地元の地名の由来しょーもなさすぎる
54 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:31:03.524 ID:tiFi0YYr0.net
>>53
桜えびおいしいれす
55 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/15(土) 01:33:07.222 ID:6BtbfRUJ0.net
歴代の天皇の御霊が宿り聖剣と成す