1 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:42:17 ID:vLT
あと何や
2 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:44:19 ID:iUw
長篠の話だとすると、全力でかき集めて3000で合っとるで
武田も数百丁はもっとったけどな
3 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:44:57 ID:dya
1000丁あれば十分だと思うのですがそれは
5 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:45:45 ID:2oT
武田騎馬隊は下馬して戦った説
6 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:46:35 ID:dya
蒙古は神風じゃなくて普通に撃退したっていうのはある意味ガッカリか
7 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:48:35 ID:FlW
ドイツ軍戦車は言うほど凄くなく、むしろソ連戦車のほうが兵器としては上という話
9 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:52:52 ID:zIt
>>7
ドイツ戦車は単体での性能はすごかったよ
凄すぎて他が駄目だっだけ
10 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:53:59 ID:FlW
>>9
性能は凄くても機構が複雑すぎて稼働率ゴミという兵器としてはとても残念な点がある
11 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:54:55 ID:PWu
冶金技術とかもソ連のほうが上だしな
14 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:56:29 ID:gsp
関ヶ原は速攻でケリが着いてた
16 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:58:02 ID:R9e
決闘の時に武蔵小次郎は結構ええ歳だった
21 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:00:34 ID:6VN
>>16
それより決闘の理由が残念だわ
出世のためなんやろ?
31 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:04:01 ID:doD
>>21
加えて弟子たちを先に島に潜伏させておいて万全を期してたらしい
34 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:04:28 ID:R9e
>>21
出世というか指南役
17 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:58:35 ID:O8K
戦国時代本当に下剋上したのは斉藤道三だけはガッカリだったな
18 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 21:59:11 ID:gsp
>>17
なお、道三一代ではない模様
33 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:04:20 ID:iUw
>>17
「下克上」の意味が分かっとるんかいな?
例えば、尾張の本来のボスの三家老のそのまた配下である信長家が尾張の実権を握っとるのは立派な下克上やで
36 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:05:11 ID:O8K
>>33
織田家は斯波氏の守護代だから下剋上とは言えん
41 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:05:54 ID:gsp
>>36
斯波を追い出したら下剋上やし、道三も土岐を追い出してるからな
20 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:00:08 ID:jpH
赤壁の戦い自体はあったんやで
有名な一連のエピソードは全部創作ってだけで
25 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:01:23 ID:2oT
>>20
連環の計は他の戦いから持ってきた話とかきいた
23 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:01:09 ID:A2N
うっかり平安時代が400年近く続いた
24 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:01:15 ID:doD
赤壁はあったぞ
演義とくらべてだいぶ地味やが
28 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:02:53 ID:doD
赤壁の全貌は結局どんな感じなんやろ
曹操と周瑜とが交戦したのかさえ微妙やん
39 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:05:34 ID:sI5
>>28
曹操と周瑜とが戦ったのはどの伝にもある
魏志、蜀志、呉志全てで劉備、周瑜、程普、曹操の参加が確定しているが呉志のみ黄蓋が献策した火計で曹軍を破ったことになってる
>>32
それは郭嘉伝
劉備らに破られてから疫病が流行したんで船に火を付けて帰った
32 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:04:16 ID:jpH
曹操軍で病気が流行したから仕方なく帰った説が有力って聞いた
30 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:03:52 ID:fPi
聖徳太子はいなかったとかいう極論
37 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:05:17 ID:FlW
宮本武蔵は島原の乱に参戦したけど石に当たってログアウトした
40 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:05:39 ID:T4v
宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の島って海のど真ん中かと思ったら陸から近いやんけ
46 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:07:08 ID:R9e
>>40
あそこめっちゃええ形のチヌ釣れるで
前に50cmのチヌ釣れたンゴ
42 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:05:59 ID:3ZQ
クレオパトラは美人じゃなかった
45 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:06:52 ID:zOa
マリア・テレジア(マリーアントワネットの母親)はあくまでハンガリー女王であり
エスターライヒの女帝ではなかった
48 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:07:19 ID:doD
官渡の戦いは領地的には袁紹ほぼノーダメってこと
50 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:08:30 ID:jpH
>>48
まだまだ袁紹有利やったんよな
バカ息子が悪い(確信)
56 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:09:20 ID:doD
>>50
後継も最期まで袁紹は迷い続けてたっぽいし
豪族間のせめぎ合いもあったし、むずいンゴねぇ
49 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:07:57 ID:JF0
西郷どんは意外と小さかった
51 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:09:05 ID:R9e
>>49
あの時代の平均身長は今の女並みやし
53 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:09:13 ID:zOa
ワイヨーロッパ専だからちうごく史のことは教科書以上の事はわからんけど
則天武后というのは中国では女帝扱いなんか?
ただの僭称者?
61 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:10:28 ID:sI5
>>53
唐→(武)周→唐
正式な王朝とは認めないことが多い
65 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:11:17 ID:zOa
>>61
サンガツ
女帝の方がいろいろドラマティックなのになあ
68 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:12:32 ID:sI5
>>65
複雑な経緯があるからしゃーない
四人組の江青が自分を武則天になぞらえて皇帝にならんとしたからその反動で武則天に否定的なのが今の中国
55 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:09:15 ID:FlW
項羽もそうだけど、なんで中国史ってバカみたいな寡兵でもなんか勢いで大逆転しちゃうんやろ
58 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:10:04 ID:PWu
>>55
敵を過大に書けば、それに勝ったワイはすごいってなるやろ(適当)
60 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:10:24 ID:doD
>>55
中級指揮官の不足と指揮系統の弱さやろ
劉邦は一時期巨大な一揆勢レベルの軍だったぞ
67 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:12:20 ID:FlW
ナポレオンは平均身長より上だったけど、周りの将軍たちが180とか190ある高身長だったから相対的に小さく見えたとか
75 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:14:57 ID:qTs
宗麟はなんかのショックのあまり逃げだして
街中でボーっとしてるとこだか河原でボーっとしてるとこだかを家臣に見つかって連れ戻される話が好き
78 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:16:51 ID:iUw
>>75
それ謙信もやってるからセーフ
79 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:16:58 ID:zOa
ワイがショックだったのは
オスマントルコに近代化をもたらしたスルタンの母親が
ナポレオンのお后の従妹であるという説は現代ではほぼ否定されているということ
ジョセフィーヌを裏切ったナポレオンへの復讐に、
そのいとこが息子にナポレオンを失脚させるよう吹き込んだ設定の方がいろいろ燃えるのに
83 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:17:55 ID:pY1
関ヶ原はかなり狭い
91 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:20:41 ID:45S
前田慶次の身長が158センチしかなかった
99 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:23:31 ID:zOa
インドのサンスクリット古典劇(ナーティヤ)はインド独自の文化ではなく、
ギリシャ演劇を持ち込んでインド人がそれを真似して作っただけ
オリジナルであってほしかった
102 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:24:25 ID:mG4
徳川光圀の遠出は鎌倉ていど
112 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:27:49 ID:2oT
歴史のガッカリはでもやっぱりな感ある
ティラノサウルス腐肉漁り説のほうがガッカリやわ
119 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:29:09 ID:O8K
でもワイは戦艦武蔵の初弾命中敵空母轟沈は信じたい
125 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:30:44 ID:SbE
あと赤壁は実際の規模は不明やけど、あったのは確かやし
歴史上のターニングポイントになった事実は揺るがない
130 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:31:41 ID:doD
>>125
あの情勢で負ける曹操さん無能すぎんよ〜
涼州も益州も荊州も手に入って残すは揚州一州だけだったのに
127 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:31:02 ID:mG4
蘇我蝦夷・入鹿ら本名不明説
141 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:36:18 ID:iUw
>>127
天智天皇「歴史書で捏ったろw」

天武天皇「歴史書で捏ったろw」

持統天皇「あのクソじじいども勝手にすなアホ!!! ………あたくしの理想の歴史にしますわよ」
128 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:31:23 ID:zOa
イエス様の亡骸をくるんだ聖骸布はインチキ
本当は布にくるんでさえもらえなかったからそんなものありはしないという話
133 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:32:41 ID:2oT
>>128
そもそもイエスの顔をあのようにヒゲがあるスタイルで描くのが
かなり後世になってかららしいな
142 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:37:35 ID:zOa
光明皇后は言うほどぐう聖じゃない
ハンセン氏病の患者の膿を口で吸ったエピソードは
娘が母親を美化して盛り込んだ創作
162 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:41:29 ID:YzV
>>142
石田「感染したら嫌やしな」
147 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:38:15 ID:bx7
ヒッタイトは鉄を生み出した
→ほぼ否定
149 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:38:46 ID:Chs
>>147
征服した先住民の製鉄技術吸収したんやろ確か
150 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:38:49 ID:bx7
アイルランド人はケルト人の末裔
→完全に否定
156 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:39:59 ID:2oT
徐福って結局どこいったん?
158 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:40:46 ID:doD
>>156
日本には徐福伝説あるよな
一番遠くて三重やっけ
161 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:41:24 ID:2oT
>>158
たぶんまったくの伝説なんやろうけどロマンはある
164 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:41:45 ID:bx7
タラス河畔の戦いで製紙法がイスラム世界に伝わった
→最近異説のそれ以前に伝播した説が強くなる
166 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:42:58 ID:EfB
>>164
サイリンが製紙方つくったってのも否定されてるらしいな
171 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:44:06 ID:bx7
いろんな意味でガッカリするのはフランス革命やろなぁ・・・
知れば知るほどクソ化する模様
176 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:45:51 ID:EfB
>>171
初期はほんとに楽観的な理想で動いてたのに
途中からのぐだぐだな恐怖政治はほんと糞
173 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:44:28 ID:qTs
源氏物語とかでよくある写本は写本する側の感性で描いてることが多かった
だから変なところが追加されたりカットされたり改変されたりしているため原本と別物の方が多い
さらにそれを写本していくのでどんどん変わっていくため本当にこれであってんのかみたいなのがあったり人気があるのに一切写本がのこってないものまである
源氏物語あたりは注釈書とかを含めてどんどん複雑化していくけど結論は多分大筋これであってるはず
185 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:48:59 ID:iUw
>>173
曹操「孫子はすごいンゴねぇ! せや!ワイなりに作り替えたろw」

現代に残っているのは曹操が書いた部分がほとんど
187 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:49:52 ID:sI5
>>184
最近よく白起のおかげで一強になったって聞くんやけど何がソースになっとるんや?
>>185
違うぞ
曹操は注釈つけただけ
174 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:45:06 ID:Chs
岡田以蔵が毒盛られれそうになった原因は自白を拒んだんじゃなくて拷問に耐えかねて自ら自白しまくったから
しかも長州藩から見捨てられた理由が酒色に溺れたからだったり、以外とヘタレなんよな
186 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:49:37 ID:LGV
国の最盛期作った奴は大体戦犯に片足突っ込んでるのも知るたびガッカリする
194 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:51:27 ID:bx7
>>186
全盛期は裏を返せばここからは下り坂ってことやししゃーない
205 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:55:26 ID:Chs
>>186
シャージャハーンとかユスティニアヌスとか武帝とか遠征しまくったり巨大建築建ててる君主は大体財政破綻させてるからなぁ
逆に永楽帝は何であんなにモンゴル遠征しまくって紫禁城建てて鄭和に大冒険させたのに衰退しなかったんやろ
196 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:51:35 ID:qZj
無敵艦隊は無敵じゃない
200 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:53:41 ID:O8K
>>196
よく知られてる歴史事実やぞ
202 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:54:07 ID:gsp
>>196
無敵艦隊(笑)やぞ
199 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 22:53:08 ID:zOa
もう眠いからこれでしまいや

・ゲーテの遺言の「Mehr Licht!(もっと光を)」は、哲学的な意味は何にもなくて
お手伝いさんに「窓開けてくれない?」くらいのニュアンスで言っただけ

・カウティリヤというインドの国王に仕えた名宰相がアレクサンドロス大王の水先案内人をしたというエピソードは後世の創作
二人は顔を合わせていないどころかお互いの存在すら認知していなかったもよう
215 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:02:03 ID:iUw
コロンブス「ここはインドなの〜;; 誰がなんと言おうとインドなの〜;;(測量からして新世界なのは分かっとるが、認めたら罪人になっちゃうんじゃあ〜;;)」 ← コロンビアにのみ名前がついた

アメリゴ・プッチ「いやここ新大陸やろ、常識で考えて」 ← アメリカの語源となる


誰やねんプッチちゃん
218 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:02:39 ID:Chs
>>215
コスタリカにコロン市ってあるらしいで
225 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:04:58 ID:zOa
>>218
そのコロンってコロンブスではなくラテン語で植民地という意味の言葉が語源じゃなかった?
ケルンとかテアトロ・コロンと同じ言葉
228 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:06:30 ID:mG4
>>225
バートロ・コロンおじさんのコロンといっしょ?
219 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:03:10 ID:emT
諸葛孔明は現代のワイらと同じくらいデカい偉丈夫
221 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:03:39 ID:sI5
>>219
だいたい185だぞ
240 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:14:20 ID:iUw
曹操 ← チビで素はひょうきんだが職務には厳しい
ジュンイク ← 体格風体はデカく、人間力もまたデカい


蒼天航路のキャラづけどう考えても逆だよな?
241 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:17:12 ID:LGn
>>240
蒼天は曹操讚美漫画やから
242 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:17:40 ID:D5T
北条早雲は貴族の出身だった
243 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:19:21 ID:O8K
>>242
違うぞ
幕府奉公衆伊勢氏の出身だぞ
245 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:20:34 ID:Chs
>>243
実は言うほど年寄りじゃなかった
246 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/26(水) 23:23:40 ID:D5T
>>243
あれ?伊勢氏って貴族じゃなかったんか
と思ったら伊勢貞親が政所の役所についていました、ゴメンチ
249 :絶望的な名無し(. . ) 2018/12/27(木) 00:07:05 ID:LTQ
曹操がひょうきんなのは基本的に阿瞞伝やろ?