アクセスランキング

VIP・なんJをメインに2chの注目スレッドをまとめていきます。 絶望的なスレももちろん、気になるニュースや芸能関係などざっくりまとめていきます|д゚)

    カテゴリ: スポーツ

    1: 2017/01/14(土) 08:56:11.34 ID:R2EOYSnUp
     中日の田島慎二投手(27)が13日、鳥取市のトレーニング研究施設「ワールドウィング」での9日間にわたる自主トレを打ち上げた。
    同施設の小山裕史代表(60)によると、今オフのトレーニングで直球の回転数が急激に伸びており、阪神の藤川球児(36)の全盛期を超えたという。また、大野雄大投手(28)も同施設での自主トレを打ち上げた。

     昨季は開幕から31試合連続無失点のプロ野球記録をつくったタジ魔神が、17年はスーパータジ魔神に進化するかもしれない。
    その修業の舞台は、鳥取市の「ワールドウィング」。同施設の小山代表が、驚くべきデータを明かした。
     「シンちゃん(田島)は本当にすごいですね。ストレートのスピン量が1秒当たり5回転は増してますね」
     同施設では、ブルペンでの投球を録画。スロー再生などを使って約1メートルの距離2点で計測し、回転数を計算している。
    小山代表によると田島の回転数は昨年の同時期で秒間43回転。これが現在は「48」まで上がっている。ちなみにダルビッシュ(レンジャーズ)は「41」で、打者が浮き上がるように感じ『火の玉』と言われた阪神・藤川の全盛期でも「46」だという。
    そして、同施設に通った竜のレジェンド・山本昌さんは、最高で「52」。小山代表は「マサさんの52回転に到達する可能性は十分あります」と太鼓判を押した。
     一般に直球にはスピンがかかっており、回転数が多ければ打者は「ボールが伸びる」と錯覚する。これが球質、キレと呼ばれるものの正体だ。
    さらに田島の特色は、サイドスローにありがちな横回転ではなく、縦回転にある。これは田島自身も意識してやっている。
    「(違いは)握りですね。腕をそれだけひねられるから投げられる。(回転数が)上がるのはいいこと。真っすぐのキレはひとつのテーマです」と説明した。

    【【野球】田島慎二、ストレートの回転数が1秒当たり5回転アップ!!】の続きを読む

    1: 2017/01/07(土) 09:54:43.10 ID:PRBvLDYQ0
    「足が速いだけではダメ」― 元G鈴木尚広が語る「いい走者」の条件とは

    「何で30代で怪我をするかといったら、20代で身体作りの積み重ねをしていないからですよ。
     年齢が上がってから肉体改造だっていっても、そこまでに積み上げたものがなければ身体が悲鳴を上げてしまう。
     急に変わるのは無理。急に得られることは、急に失われます。
     人それぞれに生き方はあると思うけど、僕は人生って結局は積み重ね、積み上げていくしかないなと」
    ttps://full-count.jp/2017/01/07/post54888/

    【元G鈴木尚広「足が速いだけではダメ」】の続きを読む

    1: 2016/12/06(火) 11:49:07.35 ID:CAP_USER9
    バトル・ニュース 12/5(月) 23:58配信

    新格闘技イベントで”神童”那須川天心が現役ムエタイ王者を壮絶1RKO!

    ムエタイ王者ワンチャローンに後ろ回し蹴りを叩き込む那須川天心

     12月5日、株式会社ブシロードが立ち上げる新たなキックボクシングイベント『KNOCK OUT』が東京ドームシティホールにてプレ旗揚げ戦を行った。

     『KNOCK OUT』は「撃つ・蹴る・斬る」をコンセプトに、ヒジ打ちあり&膝蹴りありのルールで最強を競う大会。
    そのセミファイナルでは18歳の現役高校生王者・那須川天心が現役ムエタイルンピニー王者ワンチャローンに挑み、圧倒的強さで相手を押し込み後ろ回し蹴りを顔面に決めて1RKO。

     勝利した天心は「俺が日本の那須川天心だ!」と叫び、バックステージでは「(後ろ回し蹴りは)控室で(回し蹴りが)入りそうだなと話していて、父からも顔を狙えと言われていて狙っていました」とラッキーではないと語り自信をみせる。

     天心は次回2月12日に大田区総合体育館で開催される『KNOCK OUT vol.1』への参戦も決定。無敗王者の快進撃は止まらない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00010000-battlen-fight

    【【格闘技】”神童”那須川天心が、ヒジ打ちあり&首相撲膝連打ありルールで現役ムエタイルンピニー王者を壮絶1RKO!【動画】】の続きを読む

    1: 2016/12/06(火) 12:27:17.31 ID:CAP_USER9
    男子プロバスケットボールBリーグのオールスターゲーム(来年1月15日、東京・国立代々木競技場)の公開ドラフトが都内で行われ、
    イベント後半にサプライズで実施された川淵三郎初代Bリーグ・チェアマンの80歳のバースデーセレモニー中、栃木・田臥勇太(36)が後輩の“サブちゃん”発言を制止する場面があった。

    ファンに公開したドラフトが終わると、オールスターゲームでマネジャーを務めるモデル・マギーとタレント・安田美沙子が控え室に向かった。
    そして、インタビューと聞かされ待機していた川淵氏を連れだし壇上へ誘導。

    それを実況中継していた進行役の名古屋・張本天傑(24)が川淵氏に「ハッピー・バースデー・トューユー」の
    「DEAR」に続ける名前についてに「サブちゃんでいいでしょうか?」と確認しOKをもらった。

    盛り上げようとしていた24歳だったが、「サブちゃん」について田臥が「失礼きわまりない」とピシャリ。
    トーンダウンした張本は大先輩の言葉を聞き入れるしかなく「ハッピーバースデー、DEAR 川淵さ~ん」と熱唱していた。

    スポニチアネックス / 2016年12月5日 22時0分
    http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20161205_0144/

    写真
    no title

    【【プロバスケ】田臥勇太 後輩の“サブちゃん”発言を制止「失礼きわまりない」【画像】】の続きを読む

    1: 2016/12/05(月) 15:43:07.43 ID:CAP_USER9
    元フィギュアスケート選手の村主章枝が、12月5日(月)放送の『あの天才のその後…今を追跡してみました』(テレビ東京ほか、24:12~25:00)でバイセクシャルであることを告白。そして現在、地方のホテルを転々としながら極貧生活を送っており、ヌードグラビアまで撮影していることが明らかとなる。

    世間を賑わせた、誰もが知る“アノ天才の今”を徹底追跡する同番組。大いに話題となった後の知られざる人生を振り返り、気になる今の活躍に迫る。今回、村主のほか、ゴーストライター騒動の“新垣隆”の現在を調査。1年前から姿を消した新垣だったが、今はアイドルと(秘)関係になっていた……。

    プロデューサーの三宅優樹は、「僕がこの番組を制作していて、まず感じたことは“天才は変わっている”ということ。我々一般人には到底考えつかない生き方や発想で人生を生きている天才の皆さん。彼らの知られざる苦悩や決断など、その半生をお楽しみください」とコメントを寄せている。

    ソース
    http://news.mynavi.jp/news/2016/12/05/201/
    no title

    【【画像】元フィギュア・村主章枝の現在。。。ヌードグラビア撮影&バイセクシャル、極貧生活を告白・・・】の続きを読む

    1: 2016/12/05(月) 02:47:17.29 ID:CAP_USER9
    リオ五輪でのメダルラッシュや日本一を競って白熱したプロ野球、そして数々の記録の樹立・・・2016年はスポーツ選手の活躍が大きな話題となりました。

    そこで今回は「2016年最も印象に残った日本人スポーツ選手」を調査・ランキングにしてみました。

    今年最も印象に残った人は、一体誰だったのでしょうか?男女別にランキングにしてみましたので、ぜひご覧ください。


    1位 「内村航平選手」「吉田沙保里選手」!

    リオ五輪で体操団体・個人総合ともに金メダルの内村選手と、レスリングフリースタイル53kg級銀メダルの吉田選手が堂々の1位に!

    残念ながら吉田選手は五輪4連覇とはなりませんでしたが、現役選手でありながら日本代表コーチに就任。彼女が育てる選手の今後にも期待したいですね。


    2位 「大谷翔平選手」「福原愛選手」!

    2位には北海道日本ハムファイターズを優勝に導いた大谷選手と、リオ五輪で卓球団体銅メダルの福原選手が選ばれました。

    数々の賞に輝いた大谷選手は、なんとクライマックスシリーズファイナルステージ中に自身が持つ球速記録を更新しています。

    今年9月に卓球選手との結婚が報じられた福原選手。メダルだけでなくおめでたい話題でも日本中を驚かせました。


    3位 「錦織圭選手」「伊調馨選手」

    リオ五輪でテニスシングルス銅メダルの錦織選手と、レスリングフリースタイル58kg級金メダルの伊調選手が3位となりました。

    錦織選手は、五輪後に行われた試合でも優勝するなど大活躍。伊調選手も国民栄誉賞を受賞しています。

    お二人とも日本人初の輝かしい記録を持っており、今後の活躍が期待される選手です。

    このように2016年を代表する選手が多数ランク・インしています。男性選手ランキング、女性選手ランキング合わせてご覧ください。

    男子

    1位 内村航平
    リオ五輪:体操団体・個人総合ともに金メダル
    102票

    2位 大谷翔平
    プロ野球・北海道日本ハムファイターズ
    99票

    3位 錦織圭
    メンフィス・オープン4連覇/リオ五輪:テニスシングルス銅メダル
    98票

    4位 水谷隼
    リオ五輪:卓球団体銀メダル・個人銅メダル
    69票

    5位 黒田博樹
    プロ野球・広島東洋カープ
    67票

    6位 ケンブリッジ飛鳥
    リオ五輪:陸上4×100mリレー銀メダル
    65票

    7位 羽生結弦
    フィギュアスケート
    60票

    8位 イチロー
    マイアミ・マーリンズ
    57票

    9位
    白井健三 リオ五輪:体操団体金メダル・種目別跳馬銅メダル
    48票

    10位 ベイカー茉秋
    リオ五輪:柔道90kg級金メダル
    43票

    >>2以降に続きます

    2016.12.04
    http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/gooranking/news/20161204/gor1612041124002-n1.htm
    no title

    【【ランキング】2016年最も印象に残った「スポーツ選手」ランキングがこちらwww【画像】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング