2004年10月02日

SM 2  裾野の女性の年齢嗜好

2487d4ed.JPG前回の「SM /野というとらえ方」というプログで、
ネット上の出会いサイトの中で、年齢だけで足きりされないのは、SMサイトであると書いた。
これは参戦しやすいという意味で、実際にどなたかと出会いかつ、親密なおつきあいが保証されているわけではない。
正確を期すると、年齢制限がないということではなく、あくまで門前払いの壁が低いということである。
サイトを覗いてみると、「希望のお相手の年齢」を記す項目に、同年代、年下、年上、凄く年上、そして年齢不問という5つのカテゴリーがあるのが判る。。

「50男が妙齢の女性と・・」という趣旨からすれば、この中で同年代・年下は論外。「年上希望」は当然ながら募集している女性
の年齢が基準となるわけで、これは例えば40代の女性が募集していれば、50代男性がそれに該当するということだろう。
ただこのケースでも、40代女性にとって年上の上限が49歳までということがあるから手放しでは喜べない。
SMサイトでの狙い目は、そうすると「凄く年上希望」、「希望年齢不問」という2つのカテゴリーになり、それがSMサイトの
特徴といえる。 

これをひとつ分析しておこう。
先ず「希望年齢不問」であるが、これは2つに分かれる。 1.文字通り、年齢を選択基準においていません、というケース。   
2.年齢のことなど考えられる余裕はありません、というケース。
後者の場合は、決死の覚悟でSMサイトに投稿した女性で、自分の思いが通ずるのか被虐願望が満たされるのかが頭を占めていて、
とても相手のイメージが「ご主人さま」という抽象的な存在でしかイメージできていない。
この場合は、男性からのメッセージの中身に反応していくが、何度もメールを通わせるうちに、次第に会うというリアリティが
直前に迫ってくると、もう一度年齢のことが顔を出す場合がある。
最後の「凄く年上希望」であるが、これこそはイメージの確信犯で、自分の役回りや相手のスタンスまで思い定めている。
曰く、近親相姦のごとく父(親役)にお仕置きされたい。お尻をスパンキングされたい。あるいは、幼児のように甘えて淫らに
可愛がられたい。あるいは、初老の人に性的アピールを感じてしまい、その性癖を持て余している、といったケース。

基本的言えることだが、Mの女性は自分より圧倒的な強者によって、精神的にも肉体的にも拘束・服従させられるというカタチでの
保護を求めているのだ。
その強者あるいは敬服すべき相手が、自分より年上であり、父親の近い年齢であるというのは、理解しやすい。

さてこれまで述べてきたのは、女性の募集掲示に対して男性が応募する場合であるが、SMにおける女性の年齢への思いという
ことでは参考になると思う。ただ、やはり、私の経験値でいえば、相手の募集に応募する方式は、やはり分が悪い。
100人余の応募者の中からの選択に委ねられたりするからだ。好条件かつ文章力のあるものでも、何とか予選は勝ち抜くが、
めったにファイナルまでは行かないものだ。神の気まぐれか、予測不能の出会い頭でもない限り。私は1勝何十敗である。
このエントリー部門での、私の唯一の例外は中国から帰化した女性だった。
2度目くらいのメールで、男性の年収をプロフィールと共に求めてきたのだ。彼女曰く、「婚外の女性とつきあうのは甲斐性が
必要だから、聞いたのよ」とのこと。これは国民性の違いだろう。彼女が中国から帰化女性というのは出逢ってから知ったことで、
当初はみんな面食らって一気に脱落したとのこと。私は、平気で年収を書いたから当選した。
余談になったが、応募する方式は勝算が立たない。

定置網を敷いてじっくり待っているというのが、SMサイトで50男が若い女性に対して採るべき唯一の戦略であると思う。
戦略と位置づけるなら、「私は、どのような女性に対して、何を提供できると公約するのか」ということがすべて。
次回、ターゲット・インサイト(心の内)の分析と、どのタイプのインサイトを選ぶかを書いてみたい。

ここで前提として断っておくが、私が提唱(?)するのは、あくまで「草SM」である。
SM道を極めようとなさっている方や、真性というカテゴリーを守っていらっしゃる方には、もしかすればヒンシュクものかもしれない。
SMの裾野に花開いてきたのが、肩肘張らずに明るく・愉しく・美しく、性交と射精を大事にする<新しいスタイル>
抑圧されたものだけがパスポートを有しているわけではない。Sの資質・Mの資質は、誰もが秘めているのだから。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/zex57/7504672
この記事へのトラックバック
<「SMってSEXはしないんですか」>  なぜ、”その2”としたかと言えば以前 <a href="http://smdream.dtiblog.com/blog-entry-48.html">「SMとSEX」</a>  というテーマで所見を述べたことがあるからである。  そしてなぜ同じテーマで書こうと思ったか
「SMとSEX その2」【SMdream】at 2012年07月12日 18:18
「SMとSEX その2」 <「SMってSEXはしないんですか」>  なぜ、”その2”としたかと言えば以前 「SMとSEX」  というテーマで所見を述べたことがあるから ...
「SMってSEXはしないんですか」【MドリームのBlog】at 2012年07月12日 18:32
この記事へのコメント
「草SM」賛成です(笑)
それぞれにそれぞれのカタチがあっていいと思います^^
Posted by 紫苑 at 2004年10月05日 14:54
ありがとう、紫苑さん。草野球の自由さを、キャッチボールの愉しさを大事にしましょう。
Posted by zex57 at 2004年10月05日 18:25