RIMG0560 (2)
フィギュア通販サイト、豆魚雷さんにて限定販売される千値練製「デビルマン スカル」。
サンプル品のプレゼントキャンペーンに応募したところなんか当選してしまいました。

※サンプル品なので実際に発売する商品とは若干違う部分があるかもしれません。

RIMG0525 (2)RIMG0527
では早速。原型製作は「東誉之」氏。本商品は同士が製作したガレージキットを元に各所をブラッシュアップし製品化したもの。
通常販売されるアモンと違うのは全体のカラーリング及び、顔の造型。
あとはエフェクトも違うのですがサンプル品には付属しておらず。

RIMG0533 (3)RIMG0529 (3)
頭部。
「スカル」の名のとおり顔の造型が髑髏のような造型になっております。

RIMG0534 (2)RIMG0536
地獄耳なデビルイヤー、頭から生えている角など質感の再現もなかなかのもの。
グロテスクな造型はまさにクリーチャーって感じ。

RIMG0538 (2)
胸部、脇腹など筋肉がスミ入れなどによってより強調されています。
RIMG0541 (2)
結構手が混んでますね。

RIMG0537RIMG0542 (3)
背中の羽根。こちらは差し替えで広げた状態も再現できるはずなんですがサンプルには付属しておらず。
造型自体はよさげ。肘のとんがってる部分はチクチクして痛いです。

RIMG0544
足回り。もはや悪魔っていうか怪獣。

RIMG0546 (2)RIMG0545 (3)
尻尾はペンタブルなので自由に動かすことができます。

RIMG0547 (3)
RIMG0549 (3)
頭と首はBJになっているので可動範囲はかなり広め。

RIMG0550 (2)
肩はBJ接続。
RIMG0551 (3)
手首はダブルBJになっています。腕も二重関節。

RIMG0552 (2)
脚部は引き出し式のBJ。造型のおかげで足は思ったより上がらないですね。
腰のBJのおかげでそこら辺ごまかせますけど。

RIMG0553 (3)
膝立ちもこの通り。
足は可動軸があるので接地性は悪くなうのですが形状のせいか、立たせづらいですね。
まぁ製品には千値練さん製の特製台座が付属するのであまり気にしない。

RIMG0554 (2)
大きさはSICと同じくらい。スケールで言えばfigmaやS.H.フィギュアーツなんかのほうが近い気がします。

適当にポージング。

RIMG0560 (2)
RIMG0561 (2)
RIMG0564
RIMG0560 (2)
RIMG0558
RIMG0555 (2)
RIMG0557 (2)

以上です。
全体の造型や塗装の再現度など目を見張る部分がある上に可動範囲もなかなか広く動かすと映える映える。
サンプル品とのことでしたがポロリなども特になさそうな感じなのでサンプル品でここまでできていれば上出来のような気がする。
まあ付属品が付いてないので、ぶっちゃけ実際のところはなんとも言えない。
ただ交換用頭部や腕のエフェクト、背中の羽根、ビネット台座などプレイバリューはそれなりにありそうですね。
こちらのデビルマンスカルは豆魚雷さん限定なので、買い逃しの無いよう注意ですよー!
ちなみに色違いのアモンは他のホビーショップ等で注文可能。スカル同様、9月発売予定です。