RIMG0862[1]
「新機動戦記 ガンダムW Endless Waltz」より登場、ROBOT魂 <SIDE MS> ウイングガンダムゼロ(EW版) レビュー
RIMG0827 (3)
RIMG0828 (3)
6月発売の商品。
定価3,990円


RIMG0829 (2)

RIMG0830 (2)RIMG0832 (2)
ご存知主役機、ウイングゼロのEW版。いつの間にか〜カスタムっていう名称じゃなくなってますね。
カトキさんデザインですが、ロボ魂は少しアレンジが入ってますね。
自立は難しいので付属の魂STAGEの使用をおすすめ。

RIMG0834 (3)
顔。スミ入れはそこまでですが細かい部分まで塗装されています。
RIMG0833 (2)
顎が微妙に出ているのがちょっと気になります・・・。

RIMG0837 (2)
胸部、腕部のセンサーはメタリックグリーンで塗装されています。

RIMG0838 (3)
脚部にはうっすらとスミイレが。
スタンドは付属物です。

RIMG0850 (2)
マシンキャノンのキャノピーは展開可能。
首は長めに設定されていますが少し窮屈気味。

RIMG0842RIMG0840 (3)
腕部は二重関節。ロール軸あり。
肩はBJ接続。上に引き出す事ができます。

RIMG0843 (2)
腰はロール可能。前方向に曲げられます。
脚部はBJ接続。ロール軸あり。二重関節。

RIMG0844 (2)
ちょっと足がちゃんと閉じないのは少しマイナスかな・・・・。

RIMG0846[1]
外翼のフレームの肉抜きが気になります・・・。
内翼にはサーベルラック。

RIMG0848[1]
バックパック、翼側にも可動軸あり。羽根1つ1つは軟質素材でできています。
BJ接続なのでグリグリ動いてくれます。

RIMG0901[1]RIMG0900 (2)
翼は二つのパーツで構成されていてBJで接続。写真のように可動。

RIMG0849 (2)
表情付けができて良いですねぇ。垂れ下がったりもしないのでいい感じ。

RIMG0897 (2)
バックパックに魂STAGE用のジョイント穴があるので専用パーツを使って取り付けます。

RIMG0899 (2)
バックパックのジョイント部分と翼のジョイント部分それぞれに可動軸があるのでここら辺の可動域はものすごいです。

RIMG0847[1]
翼も展開可能。

RIMG0852 (2)
手首パーツ。武器持ち手と平手が付属です。

RIMG0851 (2)
代名詞でもあるバスターライフルは二丁付属。
サーベル刃は一本だけ付属。色が・・・。

RIMG0894 (2)
印象的な飛翔ポーズもバッチリです。

RIMG0896 (2)
外翼で前面を覆うようにすれば大気圏突入時も再現可能。

RIMG0867[1]
続いてバスターライフル。

RIMG0870 (2)
バスターライフル。赤いケーブル部分は塗装で再現。

RIMG0888 (2)
大きいですが保持はいい感じ。

RIMG0872 (2)
グリップをたたむこともできます。

RIMG0873 (2)
合体してツインバスターライフルに。
上のやり方なら片手持ちもできますが保持は少し厳しいですね。肩が下がってきてしまいます。

RIMG0866[1]
ツインバスターライフルを両手持ち。
この際、片方のライフルのグリップをずらします。まっすぐ持たせるのはちょっとコツが必要。

RIMG0853[1]
ビームサーベル。残念なことに刃の色が濃い緑色。

RIMG0856 (2)
保持力は問題なし。

RIMG0882 (2)
RIMG0886 (2)
RIMG0874 (2)
戦闘レベル、効果最大確認。

RIMG0881 (2)
鬼マップ兵器。

RIMG0855 (2)
RIMG0889 (2)
「ゼロ・・・動けるか?」
RIMG0891 (2)
「いいだろう・・・これが最後の出撃だ」

RIMG0864[1]
「確認する。シェルターシールドは張っているな?」

RIMG0857 (2)
MGのパッケージみたいに。

RIMG0861[1]
RIMG0862[1]
以上です。

とにかく可動がすごいです。本当に動く動く。
大きい羽背負ってるおかげでポージングもすごく映えますし塗装も割と綺麗だったんでかなり満足度高いです。
細かい部分でツッコミ入れたいところはあるにはあるんですが、総合してみるとあまり気にならないかも・・・。
ソレを補えるだけの良さが十分あるように感じました。Wガンダムファンなら是非おすすめ。