BlogPaint
「IRONMAN(原作コミック版)」より登場、 RE:EDIT IRON MAN #01 Bleeding Edge Armor レビュー
DSC_0193_842
2015年1月発売商品
18900円

DSC_0198_840DSC_0199_839
コミック版に登場するアイアンマンスーツをケミカルアタックがアレンジ・設計を手がける新シリーズ「RE:EDIT」。
その第1弾として「ヒロイック・エイジ」に登場するアイアンマンスーツ
Bleeding Edge Armor(ブリーディングエッジアーマー)が登場!

DSC_0201_834
全長およそ18cmとアクションフィギュアとしては大きめなサイズ。
横に並べたS.I.C.よりちょっと大きいくらいでした。

DSC_0203_838DSC_0205_836
両目にはLEDを内蔵しクリアパーツ。
色鮮やかなメタリックレッドで彩色されています。

DSC_0204_837DSC_0206_835
写真では伝わりづらいですが、両耳やおでこのあたりは艶のないメタレッドで彩色。
マスク部と顎部分で色味が異なるゴールドとなっており、かなり凝った作り。

DSC_0208_833
胸部中央のアークリアクターはクリアパーツ。内部にLEDが内蔵されています。
周囲の丸い点はそれぞれ彩色されています。
本体は外装パーツのほとんどがABS素材で構成されているので見た目に反して少々軽いですが
妥協感の一切ないシャープなパーツ成形は見事。

DSC_0211_832
背面にもメカディテールがびっしり。ぱっと見同じに見える部分も
よく見ると質感が異なっていてディテール感を損なわず引き締まった印象に見せています。
腰裏の電池カバーのネジ穴がちょっと安っぽいのだけ残念。

DSC_0212_831DSC_0213_830
撫で肩気味でゴツゴツしていないスマートなシルエットが特徴的。
ハンドパーツはPVC。

DSC_0215_829DSC_0216_828
太ももはメカメカしく美しい三次曲線を描きつつ、脛とふくらはぎに合流するまでのライン取りが非常に綺麗。
立ちポーズもバッチリ決まります。

DSC_0200_864
足裏のソールパターンも抜かりなし。

DSC_0217_827DSC_0218_826
頭:上下スイング。
飛行ポーズの際は写真のように顎を上げることで綺麗なポージングが可能。
後頭部のパーツが覆いかぶさるようにスライドします。

DSC_0219_825
頭部:ボールジョイント
首:ボールジョイント
首と胴体はLEDの電飾ケーブルが通ってるので動かす際は慎重になります。

DSC_0223_822
肩付け根:前後スイング+ボールジョイント
肩関節は写真のように前に引き出す事が可能。
この際、胸部のゴールドのパーツが内部にスライド。
引き出されたゴールドのパーツがジョイントカバーとなりジョイントパーツの露出を防ぎます。

DSC_0220_824DSC_0222_823
肩アーマー:ボールジョイント
肩アーマー上部:上下スイング
肩:上下スイング
肩アーマーは可動ギミックによって腕部の動きにしっかり追従し一定のラインを保持します。

DSC_0224_821
上腕:軸ロール
肘:二重スイング
手首:軸ロール+スイング+ボールジョイント
腕部の可動は比較的オーソドックス。
個人的にはガントレットのロール可動が欲しかったです。

DSC_0228_818
胸部:ボールジョイント(?)
腰部:ボールジョイント
胸に電飾ユニットがある為、取り外さないよう取説で注意ありました。

DSC_0227_819DSC_0226_820
腹部:前後スイング
腰部のボール可動に加えて前後可動あり。
これにより前屈がかなり出来るようになっています。(前屈の際に腹部カバーが内部にスライド)
また、胸部と腹部の下にはジョイントを覆うカバーを設けられています。
もちろんディテールがびっしり。

DSC_0229_817
股関節:軸ロール+スイング+軸ロール
腿:軸ロール
腰部の両サイドを覆う部分は接着されていないので、干渉に気をつけながらですが
足全体をここまで上げることが出来ます。

DSC_0231_815
膝をある程度まで曲げるとふくらはぎパーツが内部に収納。

DSC_0232_814
ここまで脚を曲げることが可能。

DSC_0233_813
腰部両サイドのアーマーは二重スイング可動。
アーマーの下にもディテールがしっかり入っています。

DSC_0234_812DSC_0235_811
股関節を中心に脚を外に開くと内股部分の赤いパーツがスライド。
ジョイントの露出を抑え、脚部の一定のラインを保持します。
ふくらはぎも大概でしたが、
ここまでくると本当に気持ち悪い。(褒め言葉)

DSC_0236_810
膝:二重関節
膝アーマーは膝ジョイントの可動と連動。
足首:ダブルボールジョイント
爪先:上下スイング
足首は一見単純な組み合わせに見えますが、パーツ数も少なく済む上に広い可動域を実現しています。

DSC_0238_809DSC_0240_808
上記の可動部を利用すればアイアンマンのお約束である床着地ポーズも綺麗に決まります。
この美しいシルエットが本当にたまらない・・・・。

DSC_0241_807
背面の背骨型のカバーを外してスイッチをON。

DSC_0247_805DSC_0201_863
両目と胸のアークリアクター、後頭部が発光。
テスト用ボタン電池が最初から入っているので開封してすぐに発光ギミックを楽しむことができます。
もちろん、この状態でアクションさせて遊ぶことが可能!!

DSC_0328_753
付属品。

DSC_0196_859DSC_0197_867
ハンドパーツは形状の異なる平手パーツが複数付属。

DSC_0199_865DSC_0198_866
特にこれといった決まりはないのでポーズとの相性や好みに応じて使い分けできます。

DSC_0349_764
レーザーブレード。
ガントレットのカバーがを開き、手首とハンドパーツとの間に専用の接続パーツをかませて
クリア素材のブレードパーツを取り付けます。

DSC_0339_755DSC_0338_754
ホールオブアーマー。
付属の専用台座にクリア素材のウォールパーツを取り付けて完成。
台座中央にアイアンマンを置けば、トニー・スタークのラボをイメージしたディスプレイが可能です。

DSC_0340_756
台座には連結ギミックあり。
今後展開予定のRE:EDITシリーズの台座とつなげてディスプレイすることが可能です。

DSC_0341_757
付属の金属製支柱パーツを取り付けることでアクション用台座として使用可能。

DSC_0342_758
クリップパーツはスプリングを内蔵し、アイアンマン本体をしっかり挟むことが出来ます。
またクリップ部分の内側にラバーパーツが貼り付けられており
すべり止めや本体との干渉を最小限に抑えるという気配りがなされています。

DSC_0343_759
クリップ基部は上下に可動し角度調整・・・できるのですが、ネジ止めできつくすることが出来ないので
アイアンマン本体をクリップで挟むと重心によっては自重で下がって行きます。
これは残念。

DSC_0346_760

DSC_0345_761
打開案としてはこのように指せばアームが上下せずにディスプレイ可能。
ただし、アームの高さ調節ができなくなるので一長一短。
今後の改善に期待したいところ・・・。

DSC_0347_763DSC_0348_762
台座中央は回転可能。

DSC_0405_769

DSC_0195_857

DSC_0387_775

DSC_0389_774

DSC_0391_772

DSC_0392_771

DSC_0390_773

DSC_0193_858

DSC_0380_777

DSC_0379_778

DSC_0375_779

DSC_0365_767

DSC_0372_780

DSC_0373_781

DSC_0366_782

DSC_0362_784

DSC_0367_766

DSC_0368_783

DSC_0361_785

DSC_0402_770

DSC_0350_787

DSC_0360_765

DSC_0352_789

DSC_0355_786

DSC_0351_843

DSC_0357_790

DSC_0400_791

DSC_0232_854

DSC_0213_851

DSC_0231_852

DSC_0422_792

DSC_0447_749

DSC_0437_794

DSC_0407_856

DSC_0417_768

DSC_0467_798

DSC_0458_796

DSC_0264_803

DSC_0299_801

DSC_0450_844

DSC_020400_841

DSC_02060000_750

DSC_0204_861

DSC_0206_862

BlogPaint

以上!

千値練とケミカルアタックの最高タッグでついにアイアンマンシリーズのリリースがスタート!
日本でもメジャーな映画版のスーツではなく、あえてコミック版をチョイスするあたりが
なんともかっこいいじゃありませんか!おかげでアメコミに疎い自分には何が何やらわかりませんがそれはそれで・・・。

体型は撫で肩でスマートという映画版では見られない特徴を持っており
そのクセの強さとケミカルアタックならではの立体映えを意識したディテールアップアレンジが加わり
まさに誰も見たことのないアイアンマンがここに誕生。
そもそも日本人にそこまで馴染みのないスーツなので何も知らないで見ると
千値練オリジナルデザインのアイアンマンかと思うほどアレンジがハマっています。

メタレッドとゴールドという王道的な組み合わせは映画版スーツにも見受けられる特徴なので
元デザインを知らずともすんなり受け入れる事ができます。
そしてよく見ることで初めて分かる各部の細かい塗り分け。
正直「ここまでやるか!?」という気分にさせられますが、この突き抜けっぷりこそ千値練!
非常に綺麗な仕上がりとなっています。特に艶消しのメタレッドで彩色された部分なんかむちゃくちゃ洒落ていると思います。
ゴールドも高級感のある感じの彩色。こちらも異なる色を使い分けることで全体の密度感を上げて引き締まった印象に見せています。

そしてケミカルアタックといえばやはり可動ですが、着地ポーズを見れば一発で伝わるであろうこの恐ろしい可動スペック。
アイアンマンのフィギュアはあまり集めていませんが
ここまで着地ポーズがバッチリ決まるアイアンマンのアクションフィギュアは早々ないはず。
もはやお家芸と言っても過言ではありませんが、今回もかなりより変態的で気持ち悪い仕上がりになっています。
頭から爪先に至るまで仕組まれた可動ギミックの数々にはその全てにしっかりと意味があり
無駄がなく、着地ポーズを始めとした様々なポージングに影響を与えています。
思いつきでやった正拳突きのシルエットがこんなに綺麗に決まるとは思いませんでした・・・。
肩を大きく引き出すポーズが特にお気に入り。もちろんアイアンマンならではのリパルサーレイのポーズもバッチリです。
各部の妥協感ゼロのメカメカしいディテール。そしてそれを損なわない可動時のスライドギミックとその可動域。動かせば動かすほど楽しいあの変態的な可動を、あの「アイアンマン」で存分に堪能出来ます。

ここまで動くだけでもテンション上がるのに両目とアークリアクターが発光するなんて楽しくないはずがない・・・!
胸部はともかくとして、このサイズで両目も発光するというのはかなり熱いのではないでしょうか。
おかげで扱いは慎重にはなりますが、撮影がまったく終わらないのなんの・・・。全くもって素晴らしい。
レーザーブレードもオプションとしては非常にナイスなチョイスでした!
簡易的ではありますが、ホールオブアーマーの再現もできるという点もプレイバリュー豊かでGOOD。
ただし、アクション用としてはイマイチ。ココらへんは今後のシリーズで改善して欲しいところです。

2015年初っ端からとんでもないフィギュアが出てしまったといった感じ。
これからのアイアンマントイを語る上で欠かすことが出来ない商品になりそうです。