RAH DX_KR JOKER-11
「仮面ライダーW」より登場。
メディコム・トイ RAH DX 仮面ライダージョーカー Ver.2.0 レビュー
RAH DX_KR JOKER-3-3
メディコム・トイ プレミアムクラブ限定商品
2015年7月発送商品
価格22,680円

RAH DX_KR JOKER-1-4RAH DX_KR JOKER-2-4
左翔太郎がジョーカーメモリとロストドライバーで変身した姿。

原型製作 小熊しもん & PERFECT-STUDIO
衣装製作 秋元みえこ

メディコム・トイでは「PBM!」ですでに商品化済みですが
サイクロンジョーカーにつづいてこちらもver.2.0としてRAH化。

RAH DX_KR JOKER-5-3RAH DX_KR JOKER-7-3
造形はほぼ同じで、見た目の変化はカラーリングのみ。
両目はクリア成型。内部モールドもサイクロンジョーカーと同じです。
セントラルパーテーションは黒く塗りつぶされています。

RAH DX_KR JOKER-8-3RAH DX_KR JOKER-9-3
表面はマット彩色で艶感のないシックな質感となっています。
アンテナも非常にシャープ。ABS素材なので扱いは慎重になります。

RAH DX_KR JOKER-10-3
ソフビ製の胸部アーマー。
胸のモールドやカラーリングは左右対称になっているのでココに関しては新規造形と言えます。
メタリックパープルも綺麗に彩色されています。

RAH DX_KR JOKER-11-3
背中側はマフラーの取り付け穴がなくなりました。

RAH DX_KR JOKER-12-3RAH DX_KR JOKER-13-2
サイクロンジョーカーと同じく、
上腕、前腕にインジェクションパーツ(ソフビ)を取り付けることで
劇中スーツに近い構造を再現しています。
関節部分の細かいモールドは立体プリントで再現しています。

RAH DX_KR JOKER-16
ロストドライバー。
金型自体はPBM!スカルなどの流用。
ジョーカーメモリが収まっています。
下部の発光箇所は裏側からメタリックパープルで彩色。


RAH DX_KR JOKER-17RAH DX_KR JOKER-18
可動やメモリの着脱ギミックも盛り込まれています。
メモリがめっちゃ取れやすいのが難点・・・・。

RAH DX_KR JOKER-19
マキシマムスロット。
ここにもメモリを挿入することが可能。
ただし、こっちは渋みがきついので一度メモリを入れると外すのが大変。

RAH DX_KR JOKER-20
後ろ側。
ベルトは接着されているので簡単には外せない感じになっていました。

RAH DX_KR JOKER-14RAH DX_KR JOKER-15
両足にもインジェクションパーツ。
動かす際にちょっとずらすなんてことも可能です。
スーツの質感はサイクロンジョーカーと同じ印象なので、可動感もだいたい同じ。

RAH DX_KR JOKER-21
足裏。
可動域については「」の記事を参照ください。

RAH DX_KR JOKER-22
付属ハンドパーツ。
造形や種類はサイクロンジョーカーと同じですが
右手用の決めポーズ用ハンドパーツが新たに付属します。
付属のジョーカーメモリは端子が金なのでノーマルメモリ。どうせならT2メモリもつけてくれても・・・・。
写真はありませんが、可動タイプの台座が付属します。

RAH DX_KR JOKER-1-3

RAH DX_KR JOKER-2-3

RAH DX_KR JOKER-1-2

RAH DX_KR JOKER-2-2

RAH DX_KR JOKER-4-2

RAH DX_KR JOKER-11-2

RAH DX_KR JOKER-5-2

RAH DX_KR JOKER-6-2

RAH DX_KR JOKER-2

RAH DX_KR JOKER-8-2

RAH DX_KR JOKER-9-2

RAH DX_KR JOKER-13

RAH DX_KR JOKER-10-2

RAH DX_KR JOKER-12-2

RAH DX_KR JOKER-12

RAH DX_KR JOKER-9

RAH DX_KR JOKER-8

RAH DX_KR JOKER-4

RAH DX_KR JOKER-5

RAH DX_KR JOKER-6

RAH DX_KR JOKER-10

RAH DX_KR JOKER-11

以上。

サイクロンジョーカーにつづいてジョーカーもリニューアル!
「PBM!版」は「PBM!仮面ライダースカル」の初回版に付属するチケットがないと購入できないという
ややハードルの高い販売方法だったのでまさに「プレミアムクラブ」さまさまといった印象。

造形面でのクオリティの高さはサイクロンジョーカーで実証済みなのでもはや言うまでもないと思います。
彩色面ではサイクロンジョーカーとは違いこっちはほぼ黒一色なので
結果的にサイクロンジョーカーよりも劇中の印象に限りなく近い出来栄えになっているのが見所!
このシックな感じが猛烈にかっこいい!
ただ立たせてお決まりの手首スナップのポーズを取らせてるだけでも絵になります。
サイクロンジョーカーのリニューアルも
ジョーカーのリニューアルの為にあったんだよ!と言っても過言ではないほどです。
これぞ決定版!

インジェクションパーツで全身ガチガチな分動かしにくい感じはありますが
慣れてくるとこれがなかなか良く動いてくれます。
構図で少しごまかしが入ってますが、記事後半に載せたかがみポーズとかもできちゃいますし
可動台座との相性も抜群です。ただし、動かす際は慎重に。

シンプルなキャラクターなので仕方ないですが付属品の少なさはちょっと気になります。
あまりこれといった欲しいオプションが思いつきませんがこれ以上つけるとしたら
エフェクトパーツとかでしょうか?せめてT2メモリぐらい付けてくれても・・・と思うのですが・・・。