DSC_0154
「ウルトラ怪獣擬人化計画」より登場。
ウルトラ怪獣擬人化計画 ガッツ星人 レビュー
DSC_0098DSC_0102
9月発売商品
価格13824


「いかなる戦いにも負けたことのない無敵のガッツ星人」を自称する
分身怪獣・ガッツ星人が
円谷プロ公認の企画「ウルトラ怪獣擬人化計画」の一環として
まさかまさかの擬人化。
猫缶まっしぐら(Nitroplus)氏によってイラスト化され
サプライズネクストが立体化。
同社での擬人化ウルトラ怪獣の立体化はゴモラに続き、今回のガッツ星人が第2弾となります。
高さは約21センチでノンスケールでの立体化。

原型製作:サプライズネクスト
材質はPVC、ABS製

「いや、これただ女の子がガッツ星人っぽいコスプレしただけでしょ〜?」っていう考えが
一瞬脳裏をよぎるかと思いますが見れば見るほど、しっかり「ガッツ星人」になっています。


DSC_0107
お顔アップ。
アイプリントの印象はドットが荒いのが気になるぐらいで、殆ど違和感ない出来栄え。
頬のチークはデコマスからなくなってしまい、ちょっと残念。
前髪のグラデーション彩色はデコマスよりも濃くなっていますが
元イラストにはだいぶ近づいています。好みが分かれそう。

ちなみにこの前髪部分ですが、原典のガッツ星人と見比べると
クチバシ部分が元ネタになっているのがわかります。
おもしろい。

DSC_0109
公式ではゆるふわ系お姉さんという設定らしく、ちょろんと飛び出たアホ毛がキュートです。

口元の造形はイラストやデコマス通り、◯穴になっています。
への字のタンポプリントされていて
見方によっては丸穴の輪郭にも見えるし、への字口にも見えるという。
ただ単にタンポが欠けてるのか意図的にへの字口にしてるのかは読み取りにくいですが
個人的にはデコマスより可愛く見えます。

DSC_0111
他のアングルからでもあまり違和感ありません。
元のガッツ星人のように(?)目がくりくりしてて大変かわいらしい。
前髪はもう少しエッジが立っていたほうが理想的かな。
髪はグロス彩色でツヤツヤな仕上がり。
手持ちの美少女フィギュアだとつや消し処理されているものが多いので
光沢感で異物感を出しているのか・・・・な・・・・?

DSC_0113DSC_0112
ちなみに、原作のガッツ星人の目にあたる部分は髪飾りの意匠にアレンジされています。
首から下のぴっちりスーツ感を見てて思うのですが
なんだかエヴァのプラグスーツみたいに見えてきました。

DSC_0114
イエローの2本線はガッツ星人の頭部分ですね。後ろ髪のふんわりとした広がりや
ライトブルーの色合いも綺麗です。
ここはイラストでは分からない部分なので、見ていて新鮮味があります。

DSC_0115
ちょっとグロテスクな首元の赤い部分は赤いマフラーにアレンジ。

DSC_0116DSC_0117
半光沢に近い印象でした。
塗料に紛れてゴミがめっちゃ付着しているのが勿体無い。

DSC_0135
よく見るとマフラーの端っこに星のプリントやグラデーションが。
公開されているイラストからはわからないし
フィギュアでも殆ど見えない所なのに割と凝っています。好印象。


DSC_0122
どーーーーーーーーーーーーーーん!!
この無敵のガッツ星人、擬人化に伴ってやたらグラマーにデザインされちゃってます。
もちろん、立体物においてもそのグラマーさは健在です。
ありがとうございます。


DSC_0121
横から。水風船かな?ってぐらいたっぷんたっぷんしてます。
ピッチリスーツ風にアレンジされてる関係か
全体的に光沢感があるので丸みが強調されています。
ありがとうございます。

DSC_0119
ちょっと影を強めて。
正面から見ると上腕がお胸で埋まっちゃってます。
グラビアのポーズなどでも王道な
前かがみの姿勢で両腕で胸を挟むこんで大きさを強調するあのポーズ!
これが嫌いな男の子がいるもんか!

DSC_0120
全身のギザギザした柄はモールドが入ってより立体映えのする造形になっています。
パール彩色でしょうかね。ここでもゴミの巻き込みが気になりますが
ムチムチ具合が気になってそれどころじゃないです。

DSC_0123
お胸はこれぐらいにして・・・・。
両手は両太ももの間で挟むような感じに置いてます。あざとい。さすが狡猾なガッツ星人。あざとい。


さて

劇中ではその狡猾さでウルトラセブンを窮地にまで追い詰めたほどの無敵っぷりでしたが
このガッツ星人は一体何が無敵かというと・・・・・。





DSC_0126
後ろもすごいんです。

DSC_0127
やや上から。
なんつー尻だ・・・・。
お胸に退けを取らない圧倒的ムチムチっぷり。
ぷり。
プリケツ。

DSC_0125DSC_0128
こちらも光沢感の強い彩色。
黒と暗いブルーの色合いがまた光沢で映える映える。
唯一残念といえば、やはり塗料のゴミ・・・。うーん。



DSC_0124
とはいえ
とはいえです。
このお尻を様々な角度から堪能できるのって
改めて、フィギュアってすごいな!!て思っちゃうのでした。

DSC_0130
さらにローアングルから。
おまたのアレな造形は特になかったりします。

DSC_0131
お尻だけ見てすっかり思考停止してますが、こうしてみるとフトモモもボリューミーですね。

DSC_0133DSC_0134
ブーツは足全体を覆うようなデザん。
関節部にできる皺には薄っすらとシャドーが吹かれています。

DSC_0138

DSC_0143_2

DSC_0145

DSC_0146

DSC_0148

DSC_0149

DSC_0151

DSC_0153

DSC_0155

DSC_0158

DSC_0160

DSC_0154

以上!

予約案内開始時に公式サイトの写真(のバックショット)を見て
「これは買わねば・・・・」と強く思い、購入をケツ意。
いやぁ・・・・買ってよかった。

メーカー自体もリリースしてる商品はまだまだ少ない方であり
色々不安でしたが、実際の商品を見た感じでは
新興メーカーとしても結構いい感じなんじゃないでしょうか。
デコマスから変わった点は多々あれど、明らかに劣化してる部分はそれほどなく
実に良く出来てると思います。
ネタ的にもニッチで、どっちかというとプライズみたいな一発ネタ的な感じで終わりそうなのに
ここまでやってくれるのは実に好印象です。
直販限定で2体(分身)セットを販売するという試みも面白い。

猫缶まっしぐら氏によるデザインアレンジの妙も立体化でさらに魅力的になっています。
また、イラストだけだとわかりにくい部分も立体になってはじめてわかるという
フィギュアならではの良さがこのシリーズの見所なんじゃないでしょうか。
別にアニメやゲームキャラの立体化でもないので
この辺はなおさらだと思います。(コミックにはなってるようですが)

値段に関しては生産してるあっちの国の事情とか
そもそもニッチなネタを扱ってるのもあって色々仕方ないと思いますが
見合っている出来栄えとは少々言いがたい印象があります。
特に彩色面は今後の課題にして頂きたいですね。
光沢感で演出するキャラというのもあり、ゴミはやはり目立ちます。

とはいえ、とはいえです。
そもそも、ピッチリスーツのムチムチお姉さんを嫌いになる男子がいるわけがないので
やはりこの無敵プロポーションに屈服せざるをないというのが正直なところです。
ガッツ星人・・・・なんて恐ろしい”尻”なんだ・・・・!