DSC_0501
あけましておめでとうございます。(今更)

新年早々からだこわしてこんな時期に初更新になるとは・・・・。
みなさんも食あたりとソシャゲーの課金には気をつけましょうね。

というわけで本題。
昨年末あたりからちょいちょい作ってたプラモが完成しましたよっ。
DSC_0433
2014年放送のTVアニメ「アルドノア・ゼロ」に登場する有人人兵器
造形は元キットの印象そのままで、目立つ箇所の合わせ目消しを行った程度です。
成型色があまり好みでなかったので、オレンジ以外の部分も含めて全塗装。
素組状態は以前のレビュー記事にてご覧ください。

DSC_0434
今回は塗装後のウェザリング(汚し)表現も念頭に置いてみました。
以前、同メーカーから発売のACVIホワイトグリントでも行った
チッピング表現に加えていろんなウェザリングを試してみようと思って
結構時間がかかりました。

DSC_0096
塗装直後の状態。

DSC_0139
デカール貼り付け後に少しだけウォッシングを行っています。
ここからしばらく放置してました・・・。
この状態から更にウェザリングを施したのが下のような状態です。

DSC_0438
マスク部分が一番マスキングで気を使った部分。
取説の指定によるとマスクはオレンジとグレーのツートンカラーなのですが
劇中の顔アップでは口周りが少々明るい印象だったのでメリハリ感を出すのも考慮して明るいグレーで塗装。

頭部の白いラインはキットに付属の水転写式デカールをそのまま使用して再現しています。
ラインが元からダメージ表現が施されているので貼るだけで劇中の印象を楽しめます。
とはいえ、ラインだけダメージ表現があって他の箇所にソレが見受けられないのは違和感があり
どうしてもデカールが”浮く”のでデカールをなじませるために茶色やグレー等の塗料でウォッシング。


DSC_0440
チッピング(剥げ)表現は劇中のCGをガン見しながら行いました。
基本的にはエッジ部分にデザインナイフを立てて表面の塗装を文字通り剥がしていくので
サフ→スーパーファインシルバー→本体色という順に塗装しています。
この方法だと下地ごと剥がれることもあるので
100円ショップのスポンジにエナメル塗料を染み込ませた物を
表面にポンポン押しつけく方法で仕上げました。

DSC_0441DSC_0442
肩アーマー、腿、胸の白いラインもデカールで再現。
前腕の白いラインは元々白い成型色のパーツになっているのですが
本体色のオレンジを塗った後にシリコンバリアーを筆塗り。
乾燥後に白を塗り、つまようじとデザインナイフで表面の塗膜を剥がし、ダメージ表現しました。
腿のデカールと見比べてみるといい感じに馴染んだんじゃないかと思います。
ナンバリングデカールは選択式なのですが、今回はTVシリーズ2期から登場する「00」を選択。
主人公・界塚伊奈帆の専用機として仕上げました。

DSC_0443
バックパックは劇中だとカートリッジやナイフなどを懸架することができるので
結構擦り傷が多いんじゃないかと思ってウォッシングとチッピング。
少々わざとらしいかもと思いましたが、あんまり見えない所なのでいいかな・・・とか。

DSC_0444
安定翼。
ここは低空で飛行する際に擦り傷とか汚れとか多いんじゃないかと思ってウォッシングとチッピング。

DSC_0448

DSC_0446
足回りは最も可動箇所が多く、接地する部分なので
擦り傷の他にも土埃やサビ?も演出してみました。
グレー部分のエッジにシルバーが入ると一気にシャキッとした印象になるので
ついつい盛ってしまう・・・・。

DSC_0469
もちろん可動機構はそのまま。
素組時にギチギチだったアーム部分は軸をヤスリがけしてテンションを調整。

DSC_0471
安定翼の合わせ目消しはちょっと大変そうだったので断念・・・・。
反対側にディテール入れるとかしても面白そうだなーって思いましたが又の機会に。

DSC_0472
よく見ると色味が違うところは破損して後から作り直した部分です・・・。
結構ピーキーなので渋み調整は必須。

DSC_0449
付属品も塗装しました。

DSC_0473
75ミリマシンガン。
合せ目消しを行って塗装。タミヤウェザリングマスターでエッジ部分を際立たせています。
銃身はガンメタリック、カートリッジはグレーで塗り分け。
スコープ部分はハイキューパーツのセンサー用メタリックシールをカットして貼り付けています。
このシールはツインアイと頭頂部センサーにも使ったほうが良かったかな・・・・?

DSC_0474
キットの可動域が優秀なので両手で構えるのもお安い御用。

DSC_0475
他の武器も立体化してほしいなぁ。

DSC_0477
グレネードランチャー。
こちらもウェザリングマスターを使用して質感を合わせてます。

DSC_0493
ハンドガン。
あまり目立ちませんが一応合せ目消し。

DSC_0495
ナイフ。ガンメタリックで塗装後にエナメルのシルバーを塗装。
溶剤を含んだ綿棒の先で塗料を落として刃の部分を表現しています。

DSC_0481
ホバー形態。

DSC_0482
コトブキヤのフライングベースもそのまま使えます。

DSC_0483

DSC_0484

DSC_0478

DSC_0487

DSC_0488

DSC_0497

DSC_0498

DSC_0501
スケールは合ってませんが、ライバル機のタルシスと。

DSC_0455

DSC_0452

DSC_0454

DSC_0461
■カラーレシピ(うろ覚え)
本体色オレンジ:黄橙色+オレンジ+レッド(少量)
グレー部分:ニュートラルグレー
ホワイト:ベースホワイト
ツインアイ、センサー部:シルバー→クリアグリーン

■ウェザリング
Mr.ウェザリングカラーグランドブラウン
タミヤカラー
エナメルシルバー、ニュートラルグレー、フラットブラック
ガンダムリアルタッチマーカー


以上。

久々にガッツリ後ハメ加工やら塗装やら行いました。
いろんな誘惑に負けてだいぶ時間がかかりましたが、最後まで楽しく作業出来ました。
ウェザリングは面白い!
次のワンフェスあたりで宇宙装備や他の機体の発表があったら嬉しいです。
(もちろん、ディオスクリア希望)