東京証券取引所二部上場の投資会社プリヴェチューリッヒ企業再生グループが、阪急電鉄や東宝、宝塚歌劇団などを傘下に持つ阪急ホールディングス(HD)の発行済み株式の5.01%を取得し、筆頭株主となったことが10日、分かった。また既に筆頭株主だった京成電鉄株も買い増し、保有比率は実質8.68%に上がった。人気blogランキング デイトレの秘訣



プリヴェは阪急HDに対し、宝塚歌劇団の株式上場や、東宝といったグループ会社の再編などを求めることを視野に入れているとみられる。カブログ 【ストップ高教えます】

任天堂 DS 〜Nintendo DS〜任天堂 DS 〜Nintendo DS〜
プリヴェが関東財務局に10日提出した株の大量保有報告書で分かった。これまでに5227万株を約341億円で取得し、昨年9月末時点で4.28%を保有して筆頭株主だった日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)を抜いた。ブログランキングranQ 懸賞インフォメーション

【予約】 ハリー・ポッターと謎のプリンス【予約】 ハリー・ポッターと謎のプリンス
プリヴェは阪急HD株の取得目的を「純粋な投資」と説明しているが、歌劇団上場は選択肢の一つ、とも示唆している。プリヴェは、阪急グループの不動産の有効活用も考えているようだ。パートナーズFX



また京成電鉄株に関する大量報告書によると、保有比率は7月時点の7.0%から13.25%に上昇したが、プリヴェは「グループ内の株の貸し借りがあり、実質的な保有比率は8.68%だ」と説明している。交通違反の反則金保険 全日本交通相互保障協会1stライセンス保険

関西の私鉄では、村上世彰氏率いる投資ファンド(村上ファンド)が阪神電気鉄道の筆頭株主になっている。このブログに一票を! 究極のデイトレード連勝法「ハイパートレーダー」