アーカイブ

2016年01月

カテゴリ:
先日、コン○ジット社製クワガタ用ワインクーラーが到着したのでセッティングする事にしました。
先ずは外観チェックて事で、あんな所やこんな所までチェックチェックしました。
一番気にしていたのは結露水の行き先。理由は我が家の床は無垢の為、水分を吸い込みます。ワインクーラーの結露水が染みになった日には我が昆虫館存亡の危機に直面するからです。1号機の三○星貿易MB- 6110Cは背面下部に受け皿があり一定量を越えるとオーバーフローします。(床に溢れます)メーカー曰く通常はコンプレッサーモーターの稼働熱で蒸発しちゃうので【安心して下さい。溢れませんよ】と何処かで聞いたようなコメントを頂きましたが結果は違いました。理由は簡単です。本来ワインクーラーは常時稼働させているものでモーターの稼働熱は結構なものになるのですが、我が昆虫館ではサーモスタット管理しているのでほとんどワインクーラーは止まった状態です。この為、圧倒的に熱量が少なく蒸発効果がほとんど見込めないんです。
従って本機では夏場は定期的に背面皿の隙間に注射器(ダ○ソーの化粧品売り場で売ってました)を差し込み吸い出す必要があります。今回購入したワインクーラーには受け皿は無さそうです。夏場の稼働時には注意深く観察する必要が有りそうです 続く


昆虫ランキングへ

カテゴリ:
現在、我が昆虫館ではクワガタ全般を一つのワインセラーで管理しています。(飼育温度20℃)
しかしオオクワガタ等の25℃前後の飼育種と赤ドンキ、ボーリン等の20℃前後の低温種をソロソロ分ける必要があります。(オオクワガタさんにソロソロ春を感じて貰うために加温に入りたい)
この為、新ワインセラー(正確にはクーラー)の導入を検討しました。
現機種は三○星貿易さんのMB - 6110C(110L)です。
去年より使用していますが収納面積が広くて夏場の冷却能力はとても安定して管理ができます。但し、中々のお値段なのと一番の懸念事項として【重い】(2階にもって上がるのに嫁さんとヒィヒィ言いながら上がりました。。。)この二点より今回の候補からは外しました。今回のポイントは広くて、軽くて、安いと言った我が儘三昧な条件としました。検討された方なら容易に予想はつくと思います。そうです、コン○ジット社製のワインクーラー78リットルタイプです。重さは25Kg前機種の半分位です
この商品はワンボックスタイプと上下二段に別れたツーボックスタイプがありますが、よく仕様を見ると両タイプ共に78リットルなのでツーボックスは仕切り板分の容量をカバーするために若干内寸法の幅と高さが広い仕様(幅13mm高さ20mm)になっています。逆に奥行きは5mm狭いですが,仕切り板が取り外せた場合には総量として広いでしょう。画像に目を凝らすと仕切り板は取れる様な感じがプンプンしますのでメーカーに問い合わせました結果、「取れません」との解答を頂きましたが、やはり幅方向に広いのは魅力的だったのと冬場の温度管理で雄雌別に温度管理出来る融通性からツーボックスタイプに決定しました。因みにヤフーショッピングでワンボックス2万、ツーボックス2万2千円程度でした。能力の関係上、MB- 6110C(コンプレッサー方式)は低温種管理用、今回購入するコン○ジット社製(ペルチェ方式)はオオクワガタ等の管理用になりそうです

昆虫ランキングへ

すごい人もいたもんだ。

カテゴリ:
先日、またまたお酒の力をお借りしてポチッたタランドゥスWW幼虫(3頭)が我が昆虫館へ。
買った後からWW (眼が白い個体)の事を詳しく調べました
何でもメンデルの遺伝法則がクワガタにもあてはめれるとの事
早速、Wikipediaで勉強。(カブクワ飼育はこういう事も含めて楽しめちゃいます)
何となくですが理解できました
となれば、次世代で実験と参りましょう。ね、グレゴール_ヨハン_メンデルさん
CAM02165


昆虫ランキングへ

バカであっても後先考えるべき

カテゴリ:
我が昆虫館は未だ本格的に使用していない寝室を有効活用し、ひっそりと運営しております。
今日現在の飼育環境は国産カブトムシは室内常温管理、ヘラクレスは発泡スチロール製温室、クワガタ関係はワインセラー恒温室となっています。
ワインセラーでは現在、オオクワガタの幼虫達に冬を感じさせる為に室内は20℃で低温管理中です。
ここからが問題なのですが低温管理中と言うことで後先を考えずに低温管理種を増種してしまいました。(何時ものオークションでポチりました。)
てな訳で近い将来、低温管理用のセラーが必要になりますよね?ビール飲みながらオークション見るのやめなきゃ
CAM01758

CAM02112


昆虫ランキングへ

カテゴリ:
37歳にしてカブト虫飼育を始めました。
38歳にしてクワガタ虫飼育を始めました。
39歳にしてブログを始めてみる事にしました。
飼育などに関わる独り言を綴って行きたいと思います。宜しくお願いします。

昆虫ランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×