アーカイブ

2018年07月

ヨツボシヒナカブト 13

カテゴリ:
採卵後、2~3日で全ての卵に異変を感じました。

黒く変色しています。

20180714_191028

20180714_191036

それも1系統、2系統、3系統ほぼ全ての卵で。。。

数個は今現在では変色は見られませんが、同じ道を辿るのでしょう。

推測するに親虫の生殖機能の欠落か、はたまた乾燥コケの影響か。

何れにせよ次の採卵結果を見てからになりますが何がしかの対策は必要になりそうです。



昆虫ランキング

ヤエヤマコクワガタ 17

カテゴリ:
昨年羽化した固体の内、2系統でペアリングを行い産卵ケースへセットしましたが実績を上げる事が出来ず、次年度まで成熟を待つ事にしていました珍品では無くなりつつあるヤエヤマコクワガタですが。

冬季から床下で休眠、及び成熟を図っていましたが、うっかり存在を忘れていました。。

20180716_143744

ので、改めてブリードを再開する事にします。

[1系] ♂36mm ♀32mm , 29mm , 27mm

20180716_144333

[2系] ♂34mm ♀28mm , 26mm , 25mm

20180716_144700

先ずは[1系]♂36mm*♀32mm、[2系]♂34mm*♀28mmのペアリングを1週間経てカワラ系ボトル、又はケースへセットしたいと思います。

本種は小ペース、及び常温飼育が可能な為、バシバシいきたいと思います。



昆虫ランキング

ラティオキナティブスオオクワガタ

カテゴリ:
以前より、興味はあったものの、余りにも高額な為、購入対象となり得なかったラティオキナティブスオオクワガタですが。

何時ものオークションにて本種の3令ペアがMANDIBRES様より出品されているのを確認し、ポチポチとジャブ入札を繰り返す事。

3回。

なんと!? 【入札】 へと至りました。

20180715_100518

20180715_101320

[虫情報]

 (1) 学 名  Dorcus ratiocinativus

 (2) 産 地  ネパール メチ県イラム産

 (3) 種 親  ♂35ミリ♀25ミリ(CBF1)♂♀別血統

 (4) 累 代 CBF2

 (5) 孵 化 2017年8月

先日、UPしたモンパオオクワガタ(所有済みの♀)もMANDIBRES様から購入したものですが、オスが蛹中に★になるアクシデントにみまわれました。

結果、追加でペアの成虫を購入した訳ですが、本種には是非無事に羽化して貰いたいもんです。

いや、お願いします。。。

20180716_163536


昆虫ランキング

ヨツボシヒナカブト 12

カテゴリ:
2週間が経過し、割り出しを行いましたが2卵という結果に。。。

20180628_205616

20180609_061641

これを受け、再度ペアリングを行い、セットしました。

併せて活動の浅かった固体も活発に活動し始めた為、予定通り2系統をペアリング→セットを行いました。

但し、飼育スペス上、1セット目の経験からセット②、セット③は試験産卵とし、デジケース(小ケース)で様子を伺う事にしました。

その1週間後、早速割り出しを行い状況を確認しましたが、

結果、固体① 0卵。。。 固体②(試験セット) 8卵  固体③(試験セット) 12卵

20180616_172312

上記の結果により、固体①は追いペアリング→試験セットへ、固体②③は本セット(4㍑タッパー)へと再セットしました。

固体①は駄目かもしれませんが、固体②&③への期待は計り知れません。



昆虫ランキング

マルガリータヒナカブト 10

カテゴリ:
4週間程、悩みに悩みましたが以下の理由を無理やり付け、採卵を行う事にしました。

20180604_084214

①最近メスが餌を摂取した形跡が無い為、★になっていいる可能性がある。

②爆産しており、その中をメスが徘徊するので卵を潰し続けている可能性がある。

とういう訳で、さぁ行ってみましょう。

先ずはひっくり返し、早速1卵発見!

20180604_084331

20180604_084338

マットを2分割にし、1卵発見!

20180604_084741

ここからは繊細に押し固められたマットを探しつつ、1卵発見。

20180604_084734

また1卵。 卵卵卵。。。

これを繰り返す事、40分。

20180604_094440

計43個という結果に! 前回が13卵なので 合計56卵と中々の数値を叩き出してくれました。

但し、先の13卵同様に怪しい卵が半数程度確認出来ます。。

そもそも孵化率が悪いのでしょうか。

親メスはというと未だ元気ではありますが符節(足の先)が取れている足もあり、寿命を感じさせます。

次セットが山場となりそうです。



昆虫ランキング

このページのトップヘ

見出し画像
×