カテゴリ:
前回紹介したセット①ですが、メスを隔離後、1か月が経過しました。

既に2令もちらほらと確認できた事に加え菌床の劣化も急激に進んできた為、割り出しを行う事にしました。

20190406_081211

20190406_081316

結果は7頭と渋め。

そして懸念していた通り、個体差が激しすぎる。

20190226_183633

この為、まだ卵や、孵化直下の個体を見逃している可能性が高い為、崩した菌床をケースへ戻し、様子を伺う事に。

因みに他のケースですが、黒ドンキも含め進捗は見受けられず、不安は募るばかりです。



昆虫ランキング