カテゴリ

カテゴリ:飼育環境

成虫管理のカ.ナ.メ. part4

カテゴリ:
先日、廃棄ロス、資源の枯渇の特集をテレビで拝見し、当昆虫館でも強く意識しなくてはと反省しました。

と言うのも現在、当昆虫館では成虫管理用のマットは使い捨てのペレットで運用しています。

この使い捨てという考え方を見直すべく試験的に一部のマットを捨てずに乾燥(放置)させ、リサイクル可能か確認しました。

結果、十分可能の様です。

交換時にあった排尿、ゼリー臭等は気にならないレベルに。

IMG_20160625_071610

IMG_20160625_071748

この結果より、今後の当昆虫館ではカブトムシ系のマット汚しが酷い種には新品のペレットを使用し、そのリサイクル品を食い散らかしが少ない小型系クワガタ系へリサイクルする事に。

まさか廃棄ロス、資源の枯渇等の視点で当昆虫館の運営を考える事になるとわ。

今年はいび森林資源活用センターいびペレ(ペレット)を40㍑買い込み三ヶ月経過しましたが、リサイクルする事でまだ10㍑も消費していません。

因みに、この製品は本来は使い捨て感覚で使える事もメリットとして挙げましたが目的は衛生面の管理なので全く問題ありませんよね。

反面、コスト面でも大助かりに。

今回の件では当たり前となった作業を見直す大切さに気付かされた様に感じました。

これからも種々の改善に取り組んでいければと。



昆虫ランキングへ

成虫管理のカ.ナ.メ  part3

カテゴリ:
さてさて使用開始後、一ヶ月弱経過したケースにおいて効力が見えてきましたのでレビューをば。

(1)アトラスオオカブト
①セット直後

IMG_20160601_191830

IMG_20160601_191947

②一ヶ月後
そこそこ暴れてくれてます。
※時々メス同居
IMG_20160601_190302

IMG_20160601_190309


まだ、しっとり程度の湿りです。
IMG_20160601_190451

まだまだサラサラ感があり、頑張れば後数週間は行けそうな感じです。

勿論、コバエ、ダニも皆無です。

IMG_20160601_190623

(2)レギウスオオツヤクワガタ
①セット後3週間程度
ひっちゃかめっちゃかに食い散らかしてます。

IMG_20160601_202407

IMG_20160601_202323

見た目はかなりベタついている様に見えますが、取出してもみると。。。

IMG_20160601_192815

以外にまだサラついていたりします。

もう辞められないかも。

因みにいびチップBigですが、こんな感じです。

IMG_20160601_191814

カブトの転倒木にも出来、また容易に任意の大きさに割れるので使い勝手が良いですね。

IMG_20160608_210354


清潔感は当昆虫館のカナメなので重宝します。



昆虫ランキングへ

成虫管理のカ.ナ.メ  part2

カテゴリ:
前回、仕分けしたペレットですが試しに水分を与えてみてどんな状態に変化していくのか観察してみました。

IMG_20160423_065330

ミルミル水分を吸収し、体積が大きくなりつつ分離を始めています。

IMG_20160423_070031

最終的にはこの様に粒子状になりました。(水を加水し過ぎました。)

IMG_20160510_201211


ペレットの状態では虫達は少し歩き辛そうに見えましたが、ここまで来るとマットと代わりありませんので大丈夫そうです。

従ってこのペレットは通常のヒノキマットに比べてペレット⇒微粒子までの間分、保ちが良い事になります。

使用感は虫種レギウスで上段が通常のヒノキマットで一週間経過したもの、下段はいびペレへ投入したばかりのもの。その下の写真がいびペレ使用開始後、一週間経過したものになります。

IMG_20160502_062853

IMG_20160514_061942

※右のレギウスは諸事情により4,5日で移動した為、除外して下さい。

ヒノキマットは一週間もするとベチャベチャになってしまいますが、ペレットであればサラサラ感が持続し、ヒノキの匂いも続く様に感じがします。

IMG_20160514_062251

上部の崩れ掛けたペレットの下はこんな感じです。

まだまだカラッからです。

IMG_20160514_192926

今現在の我が家の活動成虫はレギウス、オオクワガタ、ヤエヤマコクワ等ですが、特に食い散らかしの傾向が強いレギウスに早速使用しています。

カブトムシ等の暴君逹には絶大な効力が見られそうですね。



昆虫ランキングへ

成虫管理のカ.ナ.メ

カテゴリ:
そろそろ国産組の羽化を控え成虫管理マットを手配しました。

当昆虫館では以下を考慮し、針葉樹マットを選定しています。

 ①コバエ,ダニが繁殖出来ない。

 ②成虫に寄生してしまったダニを死滅させる。

 ③香りが良い感じ。

 ④生体が映える。

特に①は当昆虫館の存亡の危機を迎えかねませんので重要です。

この針葉樹マットは各社から防臭、防ダニを目的に販売されていますがなかなかお値打ち物が多いです。

そんな中、値段、効果、実績共に優れものを去年発見しました。

本当は猫砂が本来の使用用途みたいですが昆虫用としても推奨しており、沢山のブリーダーさんも愛用されているとの事。

そのメーカーは、いび森林資源活用センターさんです。

このメーカーさんはブログやSNSで紹介する事を約束すると、特典でサンプル商品を送料無料で支給してくれます。
※期間限定イベント

去年は費用圧縮を目的とし、クワガタのお布団(ひのき粉砕マット)といびぺれ(ペレット)を混合して使用しましたが今年は国産カブトムシやレギウス、タランドゥス等の撒き散らしを考慮し、吸水性に優れたいびペレで統一する事にしました。

また転倒防止剤として良さげな、いびチップ(大小二種)もお試しで購入する事に。

[購入内容、及び費用]
 ①いびペレ(40.0ℓ) ¥2,500
 ②いびチップ Big(10ℓ)¥300
 ③いびチップ M(10ℓ)¥300
 ④送料¥850
 合計¥3,950

この商品に出会ってからは使い捨て感覚で使えるので清潔度をUP出来ますよ。

因みにこの商品、米俵で着ます。
IMG_20160423_064822

早速、仕分けました。
IMG_20160423_070853

A3パックに6袋。

一年弱は持つと思います。

お試しのチップはこんな感じ。
IMG_20160423_073344


近々、レビューをば



昆虫ランキングへ

見えないチ.カ.ラ  part3

カテゴリ:
熟成バクテリアマットに産卵木を漬け込んで約1ヶ月が経過した為、そろそろ頃合いと判断し割り出しを行いました。

IMG_20160503_070844

バクテリアによって不朽が進みすぎ、産卵木がボロボロになっていないか不安でしたが杞憂に終わった様です。
IMG_20160503_062603

IMG_20160503_062901

切断面を見る限りバクテリアがよくシュンでいそうです。

産卵木の硬さは漬け込む前に比べ、ある程度柔らかくなっていますが少し芯も残っており、良い塩梅にではないかと思います。(柔らかくなっているのは冷凍した効果の方が影響しているかもですが)

IMG_20160503_062401

早速、使用したい所ですが対象の親虫が別の産卵セット中の為、もう暫くお預けになります。

したがってそれまでの間は密封し物置小屋の暗所で再度寝かせます。

IMG_20160503_063645

IMG_20160503_063838


早くその効果で驚かせて欲しいものです。


昆虫ランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×