カテゴリ

カテゴリ:エレファスゾウカブトムシ

毛並みの揃ったア.イ.ツ  06

カテゴリ:
2016.1孵化の固体を購入し、今夏活動を目指してきた当昆虫館のエレファスゾウカブトムシですが、そろそろの筈なんですが詐欺を繰り返し、メスは8月下旬、オスに至っては10月上旬に羽化に至りました。

事前のリサーチでは本種の羽化までの期間は一年強との事であった為、丁度今夏活動が出来ると判断し、育ててきましたが、結果的にオスで21ヶ月、メスで20ヶ月の期間を要しました。

[個体1] 
 ①2016.01 孵化
 ②2010.07.24 69㌘ オス
 ③2016.09.18 99㌘
 ④2016.10.30 103㌘
 ⑤2016.12.11 113㌘
 ⑥2017.01.29 115㌘
 ⑦記録紛失
 ⑧2017.10.02 羽化確認 109mm

[個体2] 
 ①2010.07.24 50㌘ メス
 ②2016.09.18 70㌘
 ③記録紛失
 ④2017.09.15 掘り出し 約70mm

[個体3] 
 ①2010.07.24 58㌘ メス
 ②2016.09.18 72㌘
 ③記録紛失
 ④2017.09.15 掘り出し 約70mm

[個体4] 
 ①2010.07.24 53㌘ メス
 ②2016.09.18 67㌘
 ③記録紛失
 ④2017.09.15 掘り出し 約70mm

体長ですが、本種はかなり凶暴につき概算測定しかしていません。

爪が鋭く、一つ間違えると血だらけになりそうなので割愛させて頂きたく。

今後の計画については当昆虫館の飼育スペース上、ブリードは難しい状況下ではありますが、頃合を見つつ結論を出したいと思います。

IMG_20171029_112447

IMG_20171105_131409




昆虫ランキング

毛並みの揃ったア.イ.ツ  05

カテゴリ:
そろそろの筈なんですが。

中々、前蛹の兆しを見せないエレファスゾウカブト。

5頭の内、唯一のこのオスを注視してから、はや3ヶ月。

またまだ先は長いのでしょうか。

[個体1] 
 ①2016.01 孵化
 ②2010.07.24 69㌘ オス
 ③2016.09.18 99㌘
 ④2016.10.30 103㌘
 ⑤2016.12.11 113㌘
 ⑥2017.01.29 115㌘

IMG_20170217_191214

IMG_20170217_191234

今夏の主活動を狙ってるんですけどね。



昆虫ランキングへ

毛並みの揃ったア.イ.ツ  04

カテゴリ:
そろそろ期待のオスは蛹化してると思っていた我が家のエファスゾウカブト。

ところが期待に反し、メス達も含めまだまだマットをモリモリ食しているようなのでマット交換に踏み切りました。

[個体1] 
 ①2010.07.24 69㌘ オス
 ②2016.09.18 99㌘
 ③2016.10.30 103㌘
 ④2016.12.11 113㌘

IMG_20161211_061014
 
[個体2] 
 ①2010.07.24 53㌘ メス
 ②2016.09.18 69㌘
 ③2016.12.11 82㌘

IMG_20161211_062716

[個体3] 
 ①2010.07.24 58㌘ メス
 ②2016.09.18 72㌘
 ③2016.12.11 81㌘

IMG_20161211_063328

[個体4] 
 ①2010.07.24 50㌘ メス
 ②2016.09.18 70㌘
 ③2016.12.11 77㌘

IMG_20161211_064202

この個体たちは孵化後11ヶ月ほど経過している事、また成熟度の指標である色付き具合からも蛹化が近い事を期待させます。

前回も同じコメントを書いたような気もしますが(笑)

来年度の当昆虫館はカブト達も賑やかになりそうです。



昆虫ランキングへ

毛並みの揃ったア.イ.ツ  part3

カテゴリ:
前回のマット交換からまだ1.5月程度しか経過していませんがオス判定の個体のみ糞が目立って来ましたのでヘラクレスのマット交換に併せて実施する事に。

[個体1] 
 ①2010.07.24 69㌘ オス
 ②2016.09.18 99㌘
 ③2016.10.30 103㌘

IMG_20161105_112623

結果、微増ですが当昆虫館初の100㌘越えとなりました。

この個体は孵化後、10ヶ月が経過した個体となり、また色合いからも熟成が進んでおり、ソロソロ蛹化の気配を感じます。

次のマット交換は同様に1.5ヶ月後を予定しますが蛹になってそうですね。



昆虫ランキングへ

毛並みの揃ったア.イ.ツ  part2

カテゴリ:
2ヶ月前に何時ものオークションで購入し2,300ccボトルへと移動したエレファスゾウカブトの3令幼虫ですが、その内1頭(恐らく唯一のオス)の食い上げが想像以上に早くマット容積がボトルの半分位まで下がって来ましたのでマット交換を行う事に。

当昆虫館では、その都度ガス抜きを実施しており、作業の二度手間を減らしたく、他の3令幼虫も併せてマット交換をする事にしました。

それでは行ってみましょう。

因みにこの個体達は2016.01孵化なので孵化後8~9ヶ月経過しています。

[個体1] 
 ①2010.07.24 69㌘ オス
 ②2016.09.18 99㌘

IMG_20160918_063722

[個体2] 
 ①2010.07.24 50㌘ メス
 ②2016.09.18 70㌘

IMG_20160918_070101

[個体3] 
 ①2010.07.24 58㌘ メス
 ②2016.09.18 72㌘

IMG_20160919_135230

[個体4] 
 ①2010.07.24 53㌘ メス
 ②2016.09.18 67㌘

IMG_20160918_064537

このエレファスゾウカブトは温厚と言われており幼虫時代にもその傾向が顕著に現れています。

ヘラクレスの幼虫等はかなり威嚇してきますが、エレファスは摘んでも、つついても全く動じる事もなく威嚇など皆無でした。

摘むと言っても専用のトングなんですけどね。(噛まれたくないから。。。)

またエレファスゾウカブトは他のゾウカブトに比べて羽化までの期間が早く、孵化から1.2~1.6年位との事、また今回、個体の色合いも熟成を感じられたので来年の初夏には活動してくれればと期待が大きく、大きく脹らみます。



昆虫ランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×