livedoorブログだと歌詞を書いてもJAS●ACに怒られないそうなので


歌詞考察ブログを書こう書いてから他界しよう(まだたぶんしないけど)


何の歌詞考察かというと
BOYS AMD MEN『威風堂々~B.M.C.A~』に収録されている、
田村侑久さん初のソロ曲『シアワセアンテナ』についてです。

ほんと推しのソロ曲、しかも本人が作詞…本人が考えたフレーズを作詞家さんにまとめてもらった(←多分そうなんですけどソースを忘れてしまいました)という…。田村(敬称略)曰くボイメンに入る前と入ってからをストーリー仕立てにしたそうな…。ソロ曲が作られます!というおたくへの発表が10月17日(田村BDイベ)で、その翌々日の19日が恐らくレコーディングだったと思うのですけど、どれほど心待ちにしていたか!!前回のアルバムは視聴があったのに今回のアルバムは視聴が前日まで一切なくて、発売日前日くらいの栄第七(ボイメンのラジオ番組)でよおおおおおおおおおおおおおおうやくようやくやっと曲が解禁されてもう、なんか一周回って汗が止まりませんでしたよね。


その時のラジオの書き起こし↓
水「次はですね、ボ~イズアンドメンの田村君の」
全員「おおお~っと!」
平「これ実はみんなたぶん一番気になってると思うんですよね」
水「田村君歌が下手っていうね」
平「そう、」
土「イメージがあるよね」
水「けどこれ、聞いたときに、あの~なんていうんですかね、こう
槇原さん…」
平「んふふふ~www」
土「あぁ~~~~」
水「マッキーさんのような、包み込むやさしさ?」
平「やさしいんですよぉ」
水「メロディがね、ほんとにもう、やさしいよね」
平「うん」
土「そうだね、ほんとに」
水「ほんとに、田村君ってベ~~~ッwwwって感じですけど、ブログはさわやかじゃないですか」
土「爽やか爽やかwww!!」
水「そういう爽やかさが~」
全員「wwwwww」
土「曲の中にねww!」
水「思いますけれども、またタムタムの新たな一面がね!楽しめる曲なんでこれもアルバムの中ではすごくいい曲なんで~」
田「いや、いい歌ですよこれ~」

水「じゃ、これもみんなで、曲フリしたいなとおもいます、」
水「初解禁いきますよじゃぁ!」
水「ボ~イズアンドメンで、あ、BOYS AND MEN田村君で~」
全員「シアワセアンテナ」



 
消せないホントの気持ちをしまったままで
自分以外の誰もが眩しく見えて苦しくて

そんな自分のことなど
好きになれやしなくて
果たせない 言い訳ばかり 
いつだって探してた

願った未来を 手にすることって 
他人事と 思い込んで 逃げていたけれど



→前述のストーリー性があるという話の通りボイメンに入る前の事と推測できますね。
田村はサラリーマンとして一度働き、当時見たボイメンのミュージカルに心奪われ、脱サラしてメンバー入りしたという異例の経歴があります。サラリーマンとしては三年程働いていたようなのですが、父親の勧めで入った会社の為、辞めるとなると紹介してくれた父に泥を塗ってしまいとても合わせる顔がなく、”ちゃんとした”人生を歩む事を望んでいた父親だったので、一昨年まで芸能活動を隠していたんですね~!本当は芸能活動がしたかったそうだが、父親の敷いたレールの上にいる自分のモヤモヤした葛藤とか、そんな時に出会ったボイメンが余計眩しく見えたのだろうなぁと思いました。




こんな僕を変えてくれた 奇跡に巡り合ったから
一歩目を踏み出せると 信じることが出来たから

この勇気が また誰かの
その背中を押せるように



→奇跡(ボイメンとせいじ)?
※せいじ 所属事務所の社長 谷口誠治
これは田村だけじゃなくてボイメンに言えることなんですけど、今まで「俺たちを応援してください!」だったのが、徐々に夢舞台に近づき続けることによって「みんなのことを応援します!」っていうスタンスに成りつつあるのがいいなという。この所属事務所の標語かつボイメンのマニュフェストみたいなのが「夢は諦めなければ必ず叶う」だから余計なのか、本人たちが夢を叶えることによって夢という儚いものへ確実性が生まれてる気がするのはとてもエンターテイメントとして美しいと思います。




僕はボクのできることを全部
やってみようと思うよ



→田村二次創作(わたしが作り上げている田村の虚像)において一番大事なワードきたよ~~~~~?
わたしの歌詞予測ダービーでも唯一これは当たってたね!田村の行動理念において自分に「できること」を中心に回っているのだと思いました。チラシ配りはじめとしピアノとか。
 
すまないが信者贔屓目色眼鏡的には元々のポテンシャルが高いから器用貧乏なのかな?と思っているよ!!


最近思うのが、私は田村の演技をもっと見たいんですけど多分それは田村の「できること」に入っていないのカナ~という…「できること」と周囲から「求められて」いるものが違うと理解しているのですが、今年は「求められて」いるものと田村の「できること」が合致して何かいいご縁に恵まれればよいなぁと陰ながら応援するばかりです…………




人はゆくたびにきっと
壁を見つけて
何もできない自分 
責めてしまう日もあるけど

必ず乗り越える力
誰もが持ってるから
「大丈夫、心配ないよ
君をあきらめないで」



→この「みんなのことを応援します!」という存在に昇華しつつある田村の応援が優しすぎて死ぬ




寄り添って支えて
くれた君が居て 僕はここで歌えるから 
伝えてゆきたい



→この「僕はここで歌えるから」の初音ミク感ヤバイでしょ!?????




君の夢が 叶うように 
いつだって祈ってるから
そうやってどんな僕も
励ましてくれていたよね

その勇気が また誰かの
背中を押せたならいいな


→祈ってウウウウウウウウウウウウウウウアアアアアアア‥‥‥‥
これだよこれ「みんなのことを応援します!」ってこれなんだけどなにこの優しさ…?布団か?




そんなことをその手握りながら
ずっと思っていたよ



→誰の手だよ問題発生
りあこぼく「わたしの手です」
モブおじさんぼく「これはファンの総意のメタファー」




立派な大人には ほど遠いけれど
このセカイのみんなが
シアワセであるために
まず僕が笑おう



→ここ~~~~~~~~~~~~~ここが一番言いたかったんだって!!!
ア~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




願い続け 動き続け
泣き続けてここまで来た
何度だって届くように
かけがえない人たちへ
ココロのまま ありのままに
想いをちゃんとのせたなら
“ありがとう”は魔法になる それが
僕の感謝のシルシ

Lalalalalala…



→もう無理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すき・・・・・・・・・・・
言葉なんていらない・・・・・・・・すきだ・・・・・・・