上司の心得

リーダー、管理者は、明確なビジョンを示して、メンバーのモチベーションを高め、チームが目的を達成できるように導かなければなりません。 大切なのは、まず上司自らが自己を変革し、マネジメントスキルを習得して、リーダーシップを発揮すること。 そのために必要なノウハウを少しずつ蓄えていきたいと思います。

創造力を形にするIDEAサイクル

創造とは、
2つ以上の意外なものを組み合せたり、アレンジし直したりして、
何か新しいものをつくったり、役に立つ形にすること。

創造性とは才能ではなく、使い方を知っているかどうかである。

何かを創造しようとするとき、役立つ体系的なシステムがある。
それは「IDEAサイクル」である。

1.Imagine:想像する

想像力は誰にでもある。 
創造的な活動するときは、自分がうまくできるものに焦点を絞る。
焦点を絞れば絞るほど、それについて早く学べるようになる。

毎日、少しづつ創造を繰り返す。
そうすることで、自分の人生に大きな変化をもたらすことができる。

2.Design:設定する

夢を実現するための戦略を設計することが大切である。
創造的な活動をする習慣をつくって、それを続けていく。

そのためには、創造的な活動のスケジュールを決めるのがよい。
決め方に正解はないので、自分が目指すものに応じて設定する。

少しの時間でもいいから、毎日何かを想像する時間をとる。
手を動かしてるときに、インスピレーションが降りてくることもよくある。
最も集中力を必要としそうなことを、最も集中力がありそうな時間に持ってくる。

3.Execute:実行する

計画を実行し障壁を乗り越える段階である。

創造的なものを生み出すには、常に学ぶことが必要である。 
繰り返し行うことのできる学びのプロセスをつくることで、
無限に成長できる可能性が広がる。

学びには3つのプロセスがある。

⑴個人における学び

この段階では、
自分の欲求、ニーズ、強み、モチベーションに気づいていく。

✓好奇心の湧くものに取り組む
✓とにかくやってみて楽しむ
✓インスピレーションを大切にする

思いつきや遊び心で試していれば、小さな発見がたくさんあるはず。

⑵社会における学び

個人で学んでいるときに抱いた疑問の答えを得るために、
外部から学ぶ段階である。

コミュニティとつながり、同じスキルを学んでいる人を探してみる。
できれば、インストラクターを探すのがよい。
そうすれば、自分自身も教える立場に近づくことができる。

⑶実践しながらの学び

この段階では、何度も繰り返しやることでスキルを磨いていく。

学ぶことによるメリットは、
自分が想像していなかったペースで成長できる可能性が持てることである。

4.Amplify:ふくらませる

ビジョンをふくらませて、インパクトのあるものをつくる段階。

コミュニティにも参加し、自分にふさわしい仲間を見つける。
創造的な活動するときには、コミュニティをとても役に立つ。
コミュニティとつながってれば、さらに高いレベルでの活動ができる。


すべての人には、生まれながらにして創造性が備わっている。
それを自覚して、意識して形にすることで、
自分で、自分の人生を切り開いていけるようになるのである。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
イントランスHRMソリューションズ株式会社のウェブサイトはこちら
↓ ↓ ↓
社員研修・人事制度ならイントランス
https://www.t-intrance.com/

成功と失敗を振り返ることで成長する

ビジネスの現場での最高の学習は現場での体験であり、
特に大切なのは、成功体験と失敗体験である。

成功体験を振り返ることで、
再現性を高めるために有効な4つのステップがある。

1.経緯を書き出す

その仕事に取り掛かったときから結果が出たときまで、
起きたことを時系列に書き出す。

くわしい日時などは不要で、主なできごとを起きた順番に並べる。

2.成功要因を洗い出す

書き出した経緯を見ながら、成功要因だと思うことを書き出す。

3.行動とヒモ付ける

成功要因を自分が起こした行動と関連づける。

4.言葉でまとめる

成功を再現させるために、
自分にとって大切だと思う「行動」は何かをまとめる。

自分自身の成功体験を、4ステップで振り返ることにより、
成功のための再現性のある行動を言葉にしていくのである。

部下を指導する場合にも、一方的に教えるのではなく、
仕事を振り返りながら、本人に成功要因を行動レベルで言語化することで、
再現力を高めることができる。

失敗体験も、成功体験と同様に貴重な体験である。
失敗体験から学ぶためには、成功体験における学習のステップ同様に、
体験を振り返って、改善に必要な行動を言葉にするステップが有効である。

1.経緯を書き出す

成功体験の振り返りと同じように、
その仕事に取り掛かったときから結果が出たときまで、
起きたことを時系列に書き出す。

詳しい日時などは不要で、主要なできごとが起きた順番に並んでいればよい。

2.失敗要因を洗い出す

書き出した経緯を見ながら、失敗要因だと思うことを箇条書きで書き出す。

3.行動とヒモ付ける

失敗要因を自分が起こした行動と関連づける。

失敗要因に外部環境や他人の行動がある場合でも、
その原因となった「自分の行動」がないかを考えることが大切である。

4.「もう一度やるとしたら」を言葉でまとめる

同じことをもう一度やるとしたら、
どのように行動すればうまくいくかを言葉でまとめる。

失敗から学ぶためには、「自分の改善行動」に結びつける必要がある。


成功体験の振り返りよりも、失敗体験の振り返りのほうが得るものは大きい。
しかし、成功体験の振り返りは気分がいいが、
失敗体験の振り返りは自分の至らなさに向き合うので、精神的にはきつい。

上司として、部下の振り返りをサポートする場合には、
決して部下の責任追及や能力の否定にならないように配慮し、
あくまでも「成長の機会」としてとらえるように伝えることが大切である。

成功や失敗の体験を自分でも正しく振り返り、
成功要因や改善要因を行動としての言葉にすることが能動学習である。

人から一方的に言われたことと比較すると、
より深い気づきと学びが得られ、応用力を発揮することができる。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
イントランスHRMソリューションズ株式会社のウェブサイトはこちら
↓ ↓ ↓
社員研修・人事制度ならイントランス
https://www.t-intrance.com/

うまく習慣化をするコツ

習慣化とは、歯磨きのように、
意志の力を使わず、無意識に繰り返し行動している状態のことである。

ある行動を無意識にできるようになるまでには、一定の期間が必要である。
特定の行動を新たな習慣として定着させるまでに必要な期間は以下の通り。

【行動習慣】:1ヶ月

日々の日課に関する習慣で、片付けや掃除、勉強、日記など。

【身体習慣】:3ヶ月

身体の動きや生活リズムに関わることで、運動、早起き、ダイエットなど。

【思考習慣】:6ヶ月

ポジティブ思考や論理的思考など、自分の考え方や性格に関係のある習慣。

ある行動を習慣化するための5つのコツをご紹介する。

1.目標を設定する

ある行動を習慣化することで、達成したい目標を設定する。

例えば、

1年後に資格を取るために、早起きして勉強をする…
海外旅行に行くためのお金を貯めるために、毎日お弁当をつくる…
10kg痩せるために、自転車通勤する…

など、その行動を習慣にしたいと思った背景には何か理由があるはず。
その上で、いつまでに何を達成するためにどうするのか、を明確にする。

2.小さな目標から始める

目標は、達成が現実的で簡単な小さなものから始めるのがよい。

短期間で結果が出やすい目標から始めて、
それを達成していくことでモチベーションが維持できる。
また、その習慣に意味があるのかを見極めることができる。

まずは、小さい目標をクリアして成功体験を積み重ねていこう。

3.行動の引き金を設定する

習慣化したいことについて、
時間・場所・行動を具体的に決め、手帳などに書き出しておく。

例えば、

朝起きたら顔を洗う→机で30分間英語の勉強→朝食を食べる

など。

いつ、どこで、何をするかが決まっていると、悩まずに行動できる。
その行動をパターンとして脳に覚えさせることができるのである。

4.使用する道具を用意する

習慣化のために必要な道具は、あらかじめ用意しておく。

例えば、

自転車通勤を始める前に自転車を準備する…

など、ある程度資金を投資して準備を整えることで、
モチベーションが上がり、「やらなければ」という気持ちがが高まる。

5.仲間をつくる

仲間と一緒に取り組むのも、習慣化を成功させるには有効である。

同じ習慣に取り組んでいる人がいたら、
成果を報告し合ってモチベーションを高めるのがよい。

習慣化のコツを知って、目標に合わせて実践してみよう。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
イントランスHRMソリューションズ株式会社のウェブサイトはこちら
↓ ↓ ↓
社員研修・人事制度ならイントランス
https://www.t-intrance.com/
プロフィール

TAKEMURA

奈良県生まれ。
中小企業診断士、キャリアコンサルタント、アンガーマネジメント ファシリテーター。
大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。
現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。
著書は、
「部下をたちまちやる気にさせるモチベーション・マネジメント入門」(中経出版)
「部下をやる気にさせるモチベーション・マネジメントの技術」(中経出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ