日本に存在する宗教法人を紹介します!

一番身近な宗教を思い浮かべると、私の場合は「仏教」です。仏教一つとっても宗派が数多くあり、古くからあるものや、新しい宗教まで様々です。ここでは色々ある宗教法人について紹介していければと思います。

玄妙な美と生命力に溢れ、まさに幻想的とも言える荘厳さでも名高い佛教之王堂は、源義経に縁のある土地としても知られる兵庫県の三草山に位置する念仏宗の総本山となる寺院です。仏教文化の集大成とも言える佛教之王堂は、誰もが一度は訪れたい寺院のひとつ。そんな佛教之王堂の概要、佛教之王堂へのアクセス方法、参拝方法などについて、ご案内させていただきます。


佛教之王堂の概要(伽藍など)

1661年に建立された黄檗宗萬福寺から347年後の2008年に創建されることとなった佛教之王堂は、まだ記憶に新しい全世界仏教サミットによって建立が決定された念佛宗の総本山となる寺院です。本尊を阿弥陀三尊とし、45万坪にもなる敷地内には、およそ350人と約7年間にも及ぶ建設期間を経て完成した、本堂・本堂宮殿・山門・釈迦堂・観音堂・鐘楼・五重塔などから成る総伽藍を擁しています。 中でも、世界最大級と称される鐘楼や仁王像、鬼瓦づくり職人の梶川亮治が手がけた本堂の鬼瓦、大韓民国の人間国宝でもある李萬奉と直弟子の洪昌源による五重塔などは、長く尊い歴史を持つ念佛宗にふさわしい荘厳な美をたたえています。 また、日本や各国の美と叡智が凝縮された印象的な庭園部には、樹齢500年と言われる杉や樹齢800年とも言われる槙をはじめとした多くの樹木と花が羅漢とともに佇んでおり、四季折々がもたらす華やかで慈愛に満ちた美で私たちを迎えてくれます。


念佛宗三寶山無量壽寺総本山に行くまでの道順

念佛宗の総本山であると同時に仏教徒の聖地でもある佛教之王堂は、兵庫県加東市上三草1136にあります。公共交通機関をご利用の方は、JR西日本・福知山線の新三田駅までの電車でお越しいただき、その後タクシーを利用していただく方法が便利なアクセス方法となっております。 なお、新三田駅から佛教之王堂へのタクシーでは、30分から40分を見ていただいております。遠方からお越しの方などは、十八羅漢・兵庫県加東市畑640-2を所在地とする駐車場もありますので、お車でお越しいただくことも可能です。中国自動車道をご利用の際は、兵庫東条インターチェンジから出ていただき、15分ほどで佛教之王堂へお越しいただけます。途中道幅が狭い箇所もございますので、運転には十分ご注意下さい。


参詣するための注意点

拝観は無料となっておりどなたでも参詣が可能ですが、一般の方・宗教関係者の方ともに、佛教之王堂への参拝を希望する場合は、参詣申込用紙事前の参拝申し込みが必要となります。参詣の申し込み方法については、オンラインの公式サイトから参詣入力フォームを利用してのお申し込み、同じく公式サイトで入手可能な参詣申込用紙を利用してのFAXでのお申し込みが可能になっています。 また、車椅子を利用される方や介助を必要とされる方についても同様に、事前の連絡が必要になります。佛教之王堂内では、境内の環境保全や建造物維持のため、飲食物の持ち込み・喫煙・撮影などの行為は禁止されており、飲酒をされている方の参詣も認められていませんので、注意が必要です。佛教之王堂の敷地内には石畳や石段なども多くございますので、ぜひ歩きやすいお履き物などをご用意の上、参詣していただければと思います。


まとめ

念仏宗の総本山となる佛教之王堂は、カンボジア王国の故国王陛下やタイ法王猊下の御聖骨がお祀りされていることでも広く知られています。 佛教之王堂では、初詣・大涅槃会・観音祭・降誕祭・地蔵盆・成道会などの六大祭事、自然の中で仏の教えと人として大切な心を学ぶことのできる林間学校、礼儀や知恵を学ぶことのできる日曜学校などの催しも開催しておりますので、参詣はもちろん、機会がありましたらこのような催しの時期にも訪れてみるのも良いかと思います。

インドは仏教発祥の地としても有名で、インドにはお釈迦さまが教えを説いて回った場所や入滅した場所、涅槃に入った場所など数々の聖地があります。中でも悟りを開いたとされる場所は特に有名で、今でも当時の菩提樹の木の直系の木が植えられています。これらの聖地には、毎日多くの観光客が訪れますが、これ以外にも有名な世界遺産となっていて、現代でも仏教を志す多くの人が訪れるナーランダ僧院について紹介します。


ナーランダ僧院とは?

ナーランダ僧院は、5世紀頃にインド北部に建てられた施設で、ナーランダ大学とも呼ばれます。仏教を中心に数多くの学生が学び、一時は1000人もの学生がいたと言われます。教えられていた学問は仏教以外にも、哲学やバラモン教、医学、音楽、ヴェダー学、冶金学、数学など12の学部からなるいわば総合大学で、12世紀末にイスラム勢力に侵攻されるまで約800年もの長い間、多くの学僧が学びました。 現在は世界遺産として、観光地であり仏教徒の巡礼地となっていて、遺跡発掘作業により当時の様子が分かってきています。内部には5つの寺院と10の僧院があり、建物はすべてレンガ造りです。他にも礼拝所や学僧たちの生活する寮があることも分かっていて、当時の学僧たちが高大な教室で講義を聞き、寝食を共にしていた様子が想像できます。 現在も未発掘の場所が多くある一方で、イスラム勢力により破壊された部分も多くあります。


ナーランダと関連がある宗教

仏教は古代のインドで生まれた宗教ですが、ひとことで仏教と言っても様々な宗派や考え方が広まり、日本や中国などの外国へと持ち込まれました。そもそも仏教はバラモン教から派生したとされ、バラモン教のカースト制度の否定や物事への執着への考え方の相違などから、進化を遂げました。同じように、古代インドのナーランダの時代にもインド仏教からいくつかの仏教の形へと派生していったものがあります。 チベット仏教や大乗仏教、上座部仏教などがあります。チベットに仏教が伝来したのは、8世紀頃ナーランダ寺の長老の助言で建てられたサムイェー寺で誕生したチベット人出家僧侶が起源とされています。 また大乗仏教や上座部仏教もナーランダに起源を持ち、大乗仏教は日本や中国、韓国やベトナムなどへ、また上座部仏教はミャンマーやタイ、スリランカ、カンボジアなどへ広まりました。


ナーランダ僧院と念仏宗の関係

古代インドの北部にあったナーランダ僧院はインド最古の仏教総合大学として長く栄え、学僧の中には西遊記に登場する三蔵法師で有名な玄奘三蔵もいます。しかしイスラム教徒の侵攻に遭って以降は衰退の一途を辿り、現在は観光施設となり、発掘作業によって耳や鼻の取れてしまった仏像が日々発見されています。 この現実に念仏宗をはじめ多くの仏教徒が心を痛めています。現代に伝えられる仏教の礎となったナーランダ僧院の再興はすべての仏教徒の切なる願いである一方で、これまで誰も実現することのできなかった偉業です。念仏宗はお釈迦様の理想の世界を甦らせるため、ナーランダ僧院の建立に乗り出しました。 ナーランダを再興させることで優秀な人材を輩出し、すべての人の幸せと安寧を祈る壮大な計画です。起工式や地鎮祭には、世界の仏教最高指導者や関係国の国王が来賓に招かれました。


まとめ

念仏宗は仏教の教えやお釈迦さまの教えを通して、仏教を広く浸透させたいと願っています。お釈迦さまの教えを実践することで、他を思いやり己を見つめ、幸せを得ることに通じます。しかし現代においては、お釈迦さまが実際に生きた時代と比べ、仏教が衰退していることを危惧していて、お釈迦さまの理想の社会を再び作ることが、仏教を再び盛り返す道であると考えています。 その一環としてナーランダ僧院の再興に着手し、優秀な仏教関係者を育成することで、すべての人の平和と安寧を祈っています。

仏教には輪廻転生という死生観があります。最終的には悟りを開き涅槃に入ることを信仰の目的としていて、僧侶たちはお釈迦様の教えを実践します。上座仏教においては修行僧はお釈迦さまの教えを実践するのみなので、自ら悟りを開いたお釈迦さまと同じ仏陀となることはできません。そのため「尊敬に値する者」という意味のある阿羅漢になることを目的に修行を行いますが、それはどのような状態を指すのでしょうか。念仏宗における羅漢について紹介していきます。


阿羅漢とは?

仏教の教えには、すべての生き物は死後に生まれ変わり、輪廻転生を繰り返していくという死生観があります。仏教では修行によって輪廻転生のループから脱し、涅槃に入ることを最終的な目的としています。そして、この悟りを開き涅槃に入った状態の聖者のことを阿羅漢と呼び、羅漢と略されることもあります。涅槃に入ることは、すべての苦しみや迷いから解放されることを意味しています。 スリランカなどで信仰される上座部仏教では、阿羅漢は修行によって到達できる最高の地位で、修行僧たちはそこに到達するために厳しい修行を行います。日本で多く信仰されている大乗仏教が仏陀となることを目指しているのに対し、上座部仏教では仏陀になることができるのはお釈迦様のみとされています。


阿羅漢の例

羅漢とは修行を積んだ結果、煩悩を捨て去り涅槃に入ることのできた最高位の僧侶たちです。寺院などには、その像があるところも多くありますが、その種類はいくつかに分けられます。ではどんな種類があるのか見ていきましょう。まず紹介するのは十六羅漢。こちらはお釈迦様の教えを直に受けた弟子たちであり、お釈迦様の死後、衆生たちを正しい道へ導くようにとの遺言を受けた16人の僧侶をさしています。 ここにさらに別の2人を加え、十八羅漢とする例もあります。続いて紹介する五百羅漢はお釈迦様の入滅後、初めての仏典編纂のために集まったとされる仏弟子です。いずれにも世に仏教を伝える役割があります。日本や中国ではお釈迦さまだけでなく、五百羅漢に対する信仰も起こり、その画幅などで有名な寺院もあります。


念仏宗における羅漢

日本で信仰される大乗仏教は、悟りを開き仏陀となることを目的としています。一方、スリランカなどで信仰される上座部仏教では仏陀となれるのは自ら悟りの境地に達したお釈迦様だけとされます。同じ仏教でも上座部仏教と大乗仏教では目指すところが異なります。念仏宗は仏教徒をはじめ、全ての人の幸せを願っています。 そのため宗派の垣根を超えて全世界の約5億2千万人もの仏教徒の心の拠り所となる佛教之王堂を建立しました。そして念仏宗の無量壽寺には五百羅漢公園があります。在りし日のお釈迦さまの姿に思いを馳せたり、物憂げな表情でお釈迦さまの教えを実践したり、また楽器を奏でたりと、お釈迦さまの入滅後に駆け付けた当時の500人の仏弟子たちの様子を彷彿とさせます。


まとめ

日本で信仰される仏教では、仏陀となることを目指します。悟りの境地に至り、すべての迷いや煩悩から解放された状態でお釈迦さまと同じ境地に至ります。一方で上座部仏教では、いくら修行を積んでも自ら悟りに至ったのではないため阿羅漢が修行によって到達できる最高位とされます。念仏宗の総宝山には、ほぼ等身大の羅漢を500体も配置した公園があることからもわかるように、宗派や考えの違いを超え全ての人の幸せと安寧のために日々祈り続けています。

↑このページのトップヘ