アニメ(主に深夜帯の萌えからロボットまで幅広く)ライトノベル(やっぱり電撃文庫の比率が高いかな)の感想など扱ってます。

2009年08月21日

妄想癖少女がヒロインののほほんファンタジー第二弾

シリーズものなので細かい設定は割愛しといて
読み終わってまず感じたのはちょっと起伏に乏しすぎないか?と
知り合いの城に赴いて軽く絡んで、最後にちょっと一騒動あるという展開なんだが
はっきりいってしまえば短編の一つとして消化できてしまう内容なんだよね
(かなりフラグ立てな意味合いも強く読んだ後の切れ味もイマイチだし)

さて展開についてさておき
当作品の肝となる不機嫌魔法使いと天然娘の行く末だが…
こっちも二人の距離感にあまり進展が感じられず
まあ、あっちがダメでもこの辺の地力でどうにかしてくれれば良かったのがそれも叶わず

どうなんだろ
続編を出すにあたってのプロットの練りが不十分すぎたのかな…

アニスと不機嫌な魔法使い2 (HJ文庫)アニスと不機嫌な魔法使い2 (HJ文庫)
著者:花房 牧生
販売元:ホビージャパン
発売日:2008-11-29
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

評価:★★☆
お気に入り度:★★★
イラスト:★★★☆



zikuukkk at 20:00コメント(1)トラックバック(0) 
ライトノベル | HJ文庫

2009年08月20日

ヒーローごっこを繰り広げるハーレムコメディ
MPというのはマッチポンプ(自作自演)の意味
まあこれから察することが出来るものと実際作中で描かれる内容に大きな差異は無いんじゃないかなw

そうなるとつまらない事必至の状況になるが、ここで他にどれだけ魅力ある付加要素が彩られているかになる
ハーレムものなので一番期待したい女子キャラ
はい薄っぺらすぎます…orz
ほんとただハーレムにしてみました的な構図にしてるだけで、各キャラの見せ場はもちろん魅力もなし

キャラの掛け合いにしても独自のセンスがある訳でもなく
ストーリーなんか語るまでもないし…
良い点を探すほうが難しい作品だな〜

プロジェクトMP (集英社スーパーダッシュ文庫)プロジェクトMP (集英社スーパーダッシュ文庫)
著者:番棚 葵
販売元:集英社
発売日:2008-02
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

評価:★★
お気に入り度:★
イラスト:★★

zikuukkk at 20:12コメント(0)トラックバック(0) 
ライトノベル | スーパーダッシュ文庫

2009年08月19日

数字を透視できちゃう悪魔のダイスの物語
数字いうてもデジタルが数字で成り立っているように応用しだいでは何でも透視できる超アイテム

いわゆるデスノートのパクリみたいな作品ですなw
才という天才主人公がこの悪魔のダイスを使って復讐なり完全犯罪を積み重ねていくというパターン

設定だけでみる面白というのは十分にあるのは事実
問題として挙げられるのは、天才の華麗な立ち回りを描いている作品なのにあまりに粗が多すぎる点w
ちょっと完全犯罪なんていうのがおこがましく、ツッコミ所が満載すぎる
いくら透視によって様々の情報を得ても自分の手で殺人とかして、しかもアリバイ公作も無しだし…
ミステリーに疎い人でも「これはどうなの?」と思うんじゃないかな〜
あと個人的に気になったものは、未来透視をするのはいいがそれに干渉する行動をしても透視が100パーセントで成立している事?
普通なら干渉しちゃえば運命がズレてまた違った結果が出るとかいうパターンがこの手の設定では定石のような気がするのだが…

まあ、比較対照がどうしてもデスノートとかになってしまうと
どうにもショボく感じてしまうのは否めない
やっぱり超天才を描くにはそれに負けないくらいのセンスが著者にも求められると思うんだよ
そういう意味でちょっと題材的に無理あったと考えるしかないかな〜

デビルズ・ダイス―1の目 神はサイコロを振らない (角川スニーカー文庫)デビルズ・ダイス―1の目 神はサイコロを振らない (角川スニーカー文庫)
著者:いとう のぶき
販売元:角川書店
発売日:2008-02-01
おすすめ度:3.0
クチコミを見る

評価:★★☆
お気に入り度:★★
イラスト:★★★


zikuukkk at 21:10コメント(0)トラックバック(0) 
ライトノベル | 角川スニーカー文庫
ラノベでは王道的な主人公の奮闘劇
携帯に妖怪が憑いてしまうアクシデントが発端となり、妖怪退治を手伝う事に
といっても妖怪達が味方陣営にもいるのでちょっとした警察ごっこ的なゆるさがあるよね
まあライトノベルならこれでも構わないけど

基本的に無力ながらも泥臭く綱渡りする主人公という構図
そこまで熱血ものでもないし、ウザ系でもないので特に気にする事はない
んで、上司が同年代の高圧的少女という訳ですよ
この二人の関係だけでもニヤニヤものというもんでしょう

そのせいか、正?ヒロインの携帯に取り付いた妖怪ちゃんの見せ場が少ないぞ〜おいw
主人公に嫉妬しての三関係をするにしてもちょっと役者不足なのが否めないというか
まあまだ明かされていない主人公との隠し設定とか秘めてはいそうな予感がしなくもないが
この巻だけではちょい微妙(続編にしても上司少女がデレる方向で来られたら結局太刀打ちできないと思うけどw)

前述で警察ごっこ的な言うたが、後半はけっこうシビアな展開
いわゆるちょっと背伸びしたガキが痛い目見ちゃった的な感じで
これはこれで何でもスーパーな主人公ではない、初めてのバイトをした普通の少年という意味で感情移入しやすいんじゃないかな
個人的にはプラスと捉えたい

公募の新人賞だが奨励賞という微妙な位置とは裏腹に安心できる作品だと思う

耳鳴坂妖異日誌  手のひらに物の怪 (角川スニーカー文庫)耳鳴坂妖異日誌 手のひらに物の怪 (角川スニーカー文庫)
著者:湖山 真
販売元:角川グループパブリッシング
発売日:2009-05-01
おすすめ度:2.5
クチコミを見る

評価:★★★☆
お気に入り度:★★★
イラスト:★★★★



zikuukkk at 20:57コメント(0)トラックバック(0) 
ライトノベル | 角川スニーカー文庫
いわゆる特撮戦隊のヤラレ役怪人が集う異能学園ものw
この手のネタとしては安っぽさを全面に出した作風じゃないく、普通に見れる点は安心だね

序盤は異能設定をなるべく伏せる形で学園転入からスタート
超人能力を活かした授業とかぶったまげる要素も上手く組み込みながらも、ティーンエージャーならではの学園描写はなかなか
ヤラレ怪人とヒーローという微妙な立場を背負う主人公もちょっぴりヘタレなヒロインとの相性もいいし
まあ終盤はお約束てきなご都合流れになっちゃっているが、突き進むパワーというより程よい爽やかな見せ方がよく演出してくれているんじゃないかな

織田兄弟いうと「ハカナさんがきた」とかしか読んでなかったが、このEX!は人気作だけあってやっぱり面白いね

EX! (GA文庫)EX! (GA文庫)
著者:織田 兄第
販売元:ソフトバンク クリエイティブ
発売日:2007-02-14
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


評価:★★★★
お気に入り度:★★★☆
イラスト:★★★★


zikuukkk at 20:43コメント(0)トラックバック(0) 
ライトノベル | GA文庫
ブログ紹介

管理人:時空階段

ライトノベル
07年2月に電撃小説大賞の「扉の外」に出会ったのがきっかけ
それまで特にラノベに興味はなかったんだけどなんのきなしに書店で購入し読んでみて驚嘆したという訳だ
最初が「扉の外」じゃなかったら以降ラノベを読もうなんて気も起きなかったと思うし、そういう意味では特別な作品
だいたい月10冊、年120冊ぐらいのペースでライトノベルを読みふけっております
ちなみに苦手なジャンルはギャグ系ラブコメw とまあラノベ読みのくせにストライクゾーンがおかしい事になっているのはご愛嬌とw

好きなラノベ作家
土橋真二郎
森田季節
西村悠

好きな絵師(イラストレーター)
植田亮
QP:flapper
文倉十

YAHOO!ブログで三年ほど運営してきましたがこの春こちらに移転。
ライトノベルを独断と偏見による辛口レビューがメインとなっております
これでも以前と比べれば幾分丸くなってきたと自負してるつもり…

相互リンク随時募集中
何かありましたらお手数ですがメールアドレスの方までご連絡ください
mail
(スパム対策で手入力となりますのでご容赦ください)



管理人の選ぶアニメ10選
・シムーン
・妄想代理人
・ストライクウィッチーズ
・ARIAシリーズ
・紅
・ケメコデラックス
・攻殻機動隊SAC
・忘却の旋律
・武装錬金
・ときめきメモリアル〜Only Love〜

管理人の選ぶラノベ10選
・扉の外
・ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート
・二四〇九階の彼女
・under
・葉桜が来た夏
・マージナル
・境界線上のホライゾン
・世界平和は一家団欒のあとに
・アクセル・ワールド
・シゴフミ

ブログ内検索
アニメ公式HP リンク
麻雀アニメ
ストパンの名残を感じさせますw
「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト


堀口悠紀子のキャラではよいね 〜
京アニの安心クオリティ