【エヒメン】愛媛県男子の諸々

男子つーかオッサンですが。 松山を中心に独断と偏見に満ちたグルメ記事、街ネタ、好きな音楽ネタなど、諸々書き綴ってます。

道後温泉☆彡 いものこ初朝湯

前回記事の続きです。元旦早朝、せっかく夜が明ける前から乗り込んだのだからと、道後をしばし散策♪

伊佐爾波神社伊佐爾波神社

まず向かったのは『伊佐爾波神社』。相変わらず迫力満点の石段ですが、頑張って登れば正月恒例“無料ぜんざい”を配ってるはずですよーん♡

…って、こんな早朝から配ってるワケねえだろ!!!( ̄□ ̄;)

準備中でしたorz

湯神社

んで、『湯神社』3回目の初詣(←変な日本語)。こちらも人の気配無し。誰っちゃいません。巫女さんもいません。まぁ、そりゃそーだわなぁ(^_^;)


ところがどっこい!


開館前の道後温泉

『道後温泉本館』前では、朝6時の開館を待つ人々が行列を作ってました!!

なかにはダッシュしてきて行列に加わる方も。皆さん今年の初朝湯を狙ってるんですね。スゲェなー。道後温泉本館の力と入浴客の熱意にしばし呆然…

やっぱり湯玉

つーか、この表玄関が閉まってるの初めて見たかも。引き戸にもやっぱり湯玉マークなんですねぇ。

入浴客を誘導するスタッフさん。玄関脇には華やかな門松。そしてマスクのばあちゃんカワイイwww

白鷺と湯玉

で、私も道後温泉本館で朝湯を楽しんで来ましたよ。「霊の湯二階席」。料金は大人1,200円。霊の湯はなんとも言えない密室感がええんですよねー♪(´∀`*) …と言いたかったけど、

混み過ぎ! 洗い場空かんし! 芋の子やし!

でもそりゃそーですよね。行列が一気に流れ込んだんやもん。激混みで当然。ホントはゆっくり湯を楽しみたかったけど、それどころじゃナッシング。失敗したわ〜(´・_・`)

「霊の湯二階席」のお茶菓子初見の温泉煎餅

後悔だらけの初朝湯のあとは、二階席でお茶とお菓子のサービスを受けます。ここではゆったり過ごせましたよ。みかんもサービスでもらっちゃいました。ありがとうございます♡

てか、何でしょこの温泉煎餅的なお菓子? まぁ、温泉煎餅なんでしょうけど、初めて見ました。袋には清水町『(有)観光堂』とありますが?? 

ググッてみたところこちらの記事に行き当たりました。勝手にリンクすんませッm(_ _)m

へぇ〜、有名なとこなんですね。煎餅にはいまひとつ興味を持てなくて、私が不勉強でした。この日はいろんな初めてに出会えて、生粋の松山人なのに知らないことがまだまだ沢山あるなぁーと、新年早々に痛感。

もっと地元のことを勉強して、松山の、愛媛の魅力を知らなきゃ…

そう思いながら、7時20分からの初仕事に直行した私でした。しんどい元日やったわー!!(´;Д;`)

石手寺 平和万灯会 2013⇒2014

ブログネタ
◆愛媛県タウン情報◆ に参加中!
平和万灯会 2013

タイムリーな記事じゃなくて申し訳無いんですが、五十一番札所『石手寺』で毎年恒例の「平和万灯会」へ行って来ました。「まんとうかい」とじゃないですよ。「まんとうえ」って読むんですよー。

万灯会ってなんぜぇ!?という方は、『石手寺』公式サイトか、『瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクト』さんの記事をご覧いただくとして話しを進めます(手抜き)。

平和万灯会は毎年大晦日の夜、午後9時から行われています。「じゃあ大晦日にこの幻想的な光景に出会えるのね〜♡」と思ったら大間違い!!

大晦日の午後9時きっかり、勇んで石手寺に乗り込んだ私ですが、境内は真っ暗!キャンドルなんて1個も並べられて無ぁ〜い!

午後9時からはアマチュアバンドによるコンサートが境内で開始。キャンドルが灯されるのはずっと後のようです。このためだけに石手寺まで来たのにィィィorz

あんまり悔しいから、年が明けて元旦、早朝5時に再度石手寺へ乗り込みました。写真はその時に撮影したものです。2年越しの取材ですよー。だから記事タイトルは「2013⇒2014」笑

平和万灯会 2013平和万灯会 2013

でも来て良かった。真っ暗な境内に揺れる、あたたかな光。心が洗われるよう♪

平和万灯会 2013

このキャンドルひとつひとつに人々の願いが込められています。元旦の夜明け前はかなり風が強くて、一部火が消えてしまってたんですけど、想いの強さでしょうか。風に負けることなく、これだけの炎が静かに待ってくれていました。

平和万灯会 2013平和万灯会 2013

つーか、ちょっと規模縮小? いつぞやのキャンドルはこの倍はあって境内を埋め尽くしてたんですけどね。まぁ、細かいことは気にしないでおきましょう。

今年の文字は「再生」。Re:Birthですよ。う〜ん、色々考えさせられるなぁー。

平和万灯会 2013

あけまして本厄スイーツ

みきゃんのみかん

大変遅くなりましたが、皆さま、新年あけましておめでとうございます。

旧年中は更新滞りまくりで、へっぽこプログが更なるへっぽこの高みへ躍進しましたが(笑)、今年こそはちいとずつでも記事アップしなくちゃなぁ〜!

そして、愛媛みかんのように!

みきゃん@ひめぎんホール

愛媛県のみきゃんのように!

バリィさん@広島駅前

今治のバリィさんのように!

にゃんよ@大街道

南予のにゃんよのように!


…皆さまに愛される存在になりたい♡(〃ω〃)


そんな風に思いますが、思うだけで行動が伴わないダメダメなオッサンなので、まぁ今年も相変わらずダメダメでしょうなぁー。皆さまも過度の期待をせず、ぬるーい目で見守ってやって下さいませ。よろしくお願いしますm(_ _)m


…と事前の言い訳が終わったところで。←


御札with角守り&肌守り

私、めでたく“本厄”を迎えてしまいまして、一昨日やくよけ大師として有名な菊間町『遍照院』で厄払いを済ませて参りました。

あ。断っておきますが、数えで42歳ですけど実際はまだ誕生日来てないからまだ40歳なんですよ!!

…って、それ全く要らん情報やし。まだ40てて。言ってる自分も悲しいわ( ̄◇ ̄;)

厄除けについて
厄年は、古代中国の陰陽道に由来します。年齢的に、働き盛りであったり、出産や育児を経験したり、体調が変わりやすく、崩しやすい、などといった、精神的にも、肉体的にも、又、対外的にも、内面的にも変革の時期にあたり、人の一生の「生まれ、成長し、成人の後、老化を辿る・・・。」その節目、節目の事です。そして、この時期にさしかかった人に対して、無理をしないように注意を促し、自分自身に改めて気遣う機会を与えています。そして、厄年の方は、厄除けをすることによって、一年の安全、無事を祈願する風習が古くからあります。
当山では、厄年の方と、御祈願を希望する方々に対して、厄除護摩祈祷をおこなっております。御祈祷では受付にて皆様に書いていただいた護摩木を、本堂の護摩壇でそれぞれのお名前を読みあげながらお焚き上げし、皆様の「厄除」、「家内安全」、「諸願成就」等を御祈念いたします。

厄年は科学的な根拠が不確かで、起源も曖昧。ただの迷信と笑い飛ばす方も沢山いらっしゃいます。私も数え25歳ん時は笑い飛ばしてましたが、なんかこの年になると色々考えちゃいましてねー。いっちょヤッときますかー的な。

ちなみに御祈祷料は5千円。前厄、後厄を含めると全3回で1万5千円ですよ〜。高いと思うか、安いと思うかは人それぞれかでしょうか( ̄▽ ̄;)

やくよけ饅頭/8個入(500円)

で、遍照院境内で販売していた、菊間町の老舗菓子舗『タバタヤ本舗』「やくよけ饅頭/8個入(500円)」を今年も購入。“福はうち、鬼もうち”ということで、お多福と邪鬼の焼印が(ちょっと分かりづらい?)。よく見ると米粒の形をしてます。お米は古来から神聖な食べ物とされ、あらゆる悪霊を追い払うと言いますからね。

保存料や着色料の類は不使用。米粉と山芋を使用した薄皮は、かすかにふっくらフンワリ。こし餡は適度な甘さと水分量で、素朴な味わいがなんとも言えません。誰もがペロリと行けそうな食べやすさ♪

現に、ひとりで8個ペロリと行っちゃった私ですwww

鬼瓦もなか/5個入(1,000円)開封。

こちらは今年初挑戦の品。菊間名物とされる「鬼瓦もなか/8個入(1,000円)」です。鬼瓦の力強さを見事までに再現しており、思わず見入ってしまう造形美。すんごい立体的やし!スゲェなコレ!

里山里海グルメ発見伝 - 「愛情こめたものが歴史として続いていく」

詳細は↑上記リンク先でご確認いただくとして(手抜き)、やはりストレートで素朴な味わい。ややネッチリな粒餡は甘さ強めですが、ゆずを用いるという小技が効いていて味の起伏が面白いです。

いつかお店も訪問しなきゃですねぇ♪(*´∀`*)

今年出会った美味しいもの 2013

ブログネタ
◆愛媛県グルメ情報◆ に参加中!
なんとまあ、6月に記事更新したっきりガン放置キメ込んでますが、皆さまお元気でしょうか?私は元気です。あーそうですか。Twitter食べラにある通り、相変わらず食べまくってますよ。あーそうですか。

つーか、ライブドアって半年近く放置しても、「〇ヶ月以上の更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書く事で消せます」とかいう強制広告が出たりせんのですね。絶対出ると思って期待してたのにな(´・ω・`) ←?

で、こんな年末も差し迫った時期に「今更だけどこれじゃアカンな」といそいそパソに向かってる私。

年末だし、ブログにまとめてないネタ山ほどあるし、yoshi1714さんの記事みたく「勝手にマイ★ベストレストラン2013発表〜!」てな記事アップしたらカッコイイなと思ったんだけど、そんな時間もヤル気もねえし。←せめてヤル気は出せ

ま、ゆる〜く「今年出会った美味しいもの」をダラ書きしますね〜ヽ(・∀・)ノ

『yakigashi KANJIRUSHI』

“カフェ”で言ったら、今年1月に初訪問した湊町『yakigashi KANJIRUSHI』は衝撃的でした。ここのオーガニック焼き菓子たちは本当に美味しい。居ても立ってもいられず、初訪問した翌日に再訪したもんなァ〜(*´∀`*)

商品はマフィンやスコーンをメインに、素朴な焼き菓子とドリンク類のみ。厳選した素材を用い丁寧に丁寧に手作りされているので、大量販売は出来ません。食べると味わいの豊かさに驚かされ、感謝の気持ちが自然と湧いてきます。真に美味しいものは心まで解きほぐすのですね。

メディアへの露出をあんま見ないけど取材拒否の店なんかな? でも個人が写真撮影するのはどーぞどーぞのダチョウ倶楽部状態だったり。落ち着いた静かな店であり続けて欲しいので、実はあまり紹介したくない店ですww

『エスプリ』

“スイーツ”で言えば、『エスプリ』は私にとって絶対的存在。二番町に店を開いた時は「手を広げた結果ダメになってしまう店が多いのにどーなるんやろォォォ(´;ω;`)」と心配してましたが、結局清水町に移転統合されましたね。居抜き店舗ではありますが、黒を基調にした内装は今まで通りのイメージ。イートインスペースが広くなったので今まで以上に通わなければと思ってるんですが、来客数が増えたのか、いつ行っても商品少ない気が…( ̄◇ ̄;)

写真は店の代表作「エスプリ」と、期間限定「メロンのショート」♪

『オーボンヴュータン 尾山台店』『オーボンヴュータン 尾山台店』

今年出会ったスイーツと言えば、東京都世田谷区『オーボンヴュータン 尾山台店』を初訪問できたのは私にとっての大ニュース。日本国内のフランス菓子界における重鎮、河田勝彦シェフの店。あまりにも有名な店なので、私が語れるものは何もありません。とりあえず、絶対また行きたい!!!とだけ書いておきましょう(^_^;)

『田中戸』

“かき氷”で言えば美味しい店が愛媛には沢山あるから迷うところですが、今年初訪問した三津『田中戸』は良かったなァ。気になってた店だからもっと早く行けば良かったんですが、モタモタしてたから桃と生姜しか蜜が残ってませんでした…

でも、桃も生姜もバリうま!素材は地元産にこだわり、甘味は甜菜糖やきび砂糖など天然由来のもののみを使用。手回しの機械で削られた氷もなかなか♪

写真は「生姜+はちみつ+金時」。ビジュアルインパクトもスゲェ!「桃+練乳」も良かったですよー♡

『まちの駅 Nanze』

そして、今年のかき氷シーンで忘れてならないのが内子『まちの駅 Nanze』の存在。内子産の美味しいフルーツと大洲の氷番長ががっつりタッグを組んで生まれたのが、Nanzeのかき氷です。

FBを見ても分かるように、内子という町を盛り上げようと精力的に取り組んでらっしゃる店長さん。素材は高品質かつ高級な果実を惜しみなく使用しているため、ほとんど儲けは無いとの事。でもだからこそ出来た美味しいかき氷で内子を牽引したい!いや、内子には美味しい素材が他に沢山あるのだから、なんなら内子をかき氷の町にしたい!同じ品種でも農園によって味が違う⇒各農園にそこだけのかき氷蜜が出来るはず!⇒かき氷を求めて各農園を巡る客が増える⇒内子の果実シーン活性化!!

店長さんはそのように熱く語っていらっしゃいました。11月までかき氷を提供するという決意にもただならぬ闘志を感じましたが、…あんま援護訪問できなくてごめんなさいでした。トホホな私(´;ω;`)

『ファームかふぇ Mogitate』

あ!西条市丹原町『ファームかふぇ Mogitate』でも感動的なかき氷に今年出会えました!写真は「いちご家のかき氷 極+練乳+ソフトクリーム」。すんげえボリューミーで、いちご蜜が至極の出来!美味しかった〜。また来年行かなきゃ〜♪

『branch coffee』『branch coffee』

“コーヒー”で言うなら、今年初訪問できた西条『branch coffee』はホント良かった。こんなイイ店なら早く訪問すべきだったと後悔しましたよ。って、これまた有名店なので私が語るコトなーんも無いですが♪

『ユロ』

“パン”で言えば断然!石風呂町『ユロ』ですね〜。どれを食べてもハズレ無しですが、特にバゲットはたまらない美味しさ。なーんも付けずにバクバク食べられますよ!

西条のファンの方にはホント申し訳無いけど、松山来てくれてマジ良かったわぁ〜♡♡♡(*´∀`人)

『麺屋 藤』

“ラーメン”で言えば『のっぴんらー麺』が私にとっての不動のNo.1なんですが、今年出会った味で言えば徳島県那賀郡『麺屋 藤』になるでしょうか。こんな事言っちゃ失礼ですが、こんな山奥にこんな美味しいラーメン屋があってイイのぉ〜?て感じの立地ですww

写真は「鶏白湯麺(780円)」。1日限定20食。鶏ガラを12時間煮込んだというスープはマイルドな口当たり。スッキリしていながら、野菜や魚介の奥行きがある味わい。多様な旨味を整然と美しくまとめあげており、技術の高さにビックリ! 

連れが食べた東京wスープ(鶏がら+魚介)の醤油ラーメンも味見させてもらいましたが、これまた恐るべき洗練度合い!!

愛媛県内で言ったらどこが対抗できるだろう。『春光亭』か、四国中央『ひかり食堂』くらい…かな?どうかな?

『なかまる』

“うどん”で言えば『踊るうどん』が断トツかと思うんですが、ここでは今年初訪問した砥部『なかまる』を紹介しましょうか。麺は程良い艶と小気味良い張りを兼ね備え、利尻昆布や灘のイリコを用いた出汁は穏やかだけど広がりのある風合い♪

写真はいわゆる全部乗せぶっかけ。ランパスメニューなんですが、そう言えば今年はランパスに松山の飲食界が揺れましたねぇ。私自身ランパスにかなりお世話になってるので偉そうな事は言えないんですが、う〜ん、これでイイのかなぁーと不安になります( ̄▽ ̄;)

『リストランテ バル ヴァリオ』『潮香る内湯のお宿 かめや』

あと“旅の思い出”で言えば、大阪で食べたイタリアン『リストランテ バル ヴァリオ』の革新的経営モデルとか、香住温泉郷『潮香る内湯のお宿 かめや』で食べた蟹尽くしがバリバリ美味しかったこととか。印象に残ってるなァ♪

ソムタム(タイ風サラダ)中央の焼き菓子が美味しかったホテルの朝食。

なんとかっていう川魚。連れは苦手だったようだけど美味♪

それから今年は、タイへ初めての海外旅行に行ったのも私的大ニュース。どれが何って全く説明できないんですが、とりあえず美味しいものにはあり付けました(笑)

“グルメ催事”で言えば北海道江別市『町村農場』との出会いが良かったなァ。また来て欲しいな♪(すんません、画像がどっかにあるはずなんですが見付からない…泣)

てな具合にヤッツケ仕事で1年を振り返ってみましたが、皆さまは今年どのような1年でしたか?

私は、新年こそブロガーらしく記事更新しなきゃ!と思っとりますが、はてさて、どうなることやらwww

それでは皆さま、良いお年をお迎え下さいませ。来年もどうかヨロシクお願いいたしますm(_ _)m 
プロフィールぞなもし。
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
あるか無いか分からんけど。
Twitter
オススメblog 最新エントリ

ランキング参加してます。
参考になりましたら、
ポチっと応援お願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ

食べログ グルメブログランキング

blogram投票ボタン

Subscribe with livedoor Reader

  • ライブドアブログ