ブログネタ
自分勝手な映画の話 に参加中!
ルナティックにて。

去る3月24日、シネマルナティックにて映画『かしこい狗は、吠えずに笑う』を観て来ました。

ツイッターで「ルナティックを守る会」さんをフォローしてるんですが、その尋常じゃない推しっぷりに「これは観なきゃ!」と馳せ参じた次第。いやはや、マジで、コレは観ておいて良かったです♪

これが自主制作、24歳の初監督、約150万という低予算、主演女優2人が初演技だなんて、到底信じられません。商業作品に匹敵するクオリティと娯楽性。恐るべき作品に出会ってしまいました。

◆『かしこい狗は、吠えずに笑う』公式サイト
http://kashikoi111.web.fc2.com/

◆NAVER - 映画『かしこい狗は、吠えずに笑う』感想まとめ (←私のツイートもまとめ入りしてました♪)
http://matome.naver.jp/odai/2136189736522430901



予告編に騙されたと前情報で聞いてたけど、なるほど、後半の展開は誰も予想できまいて( ̄∀ ̄)ニヤニヤ

地元での凱旋上映ということで特別に監督の舞台挨拶があったのですが、コレがまた良かった。監督の人柄と情熱と愛を感じられたし、会場からの発言にも感動。人と人との繋がりって、本当に素晴らしい♪

てか、ラストシーンに込めた監督の真意を聞いてビックリ。それってチョー驚愕の結末やん!!

残念ながらラストシーンには送り手と受け手の間に認識のズレが生じてしまっているようです。監督も失敗したと嘆いてました。でもこの事実を監督の口から聞けて良かった。詳細はネタバレになるから言えないんですがw

愛媛県の皆さんには、地元の恐るべき才能を

是非その目で確かめて頂きたい!!!!!!!



が、ルナティックでの上映は29日で終了してしまいました…

ブログにアップするの遅くなってごめんなさい(´;ω;`)




守る会さんは ↑ こうおっしゃってるので、松山での再上映を期待しましょう。その際はお見逃しなく!!!