ブログネタ
◆愛媛県グルメ情報◆ に参加中!
牛さんがいますよ♡

久しぶりのブログ更新です。皆さま、お元気ですか? 私は元気でえっす♪ ヽ(*´∀`)ノ

6月某日、四国カルストの西端、大野ヶ原にドライブして来ました。姫鶴平は行ったコトあるけど、大野ヶ原は初めてです。雲はチョイ多かったけど天候に恵まれて良かった。

この日の下界は夏のような猛暑だったそう。でも大野ヶ原は涼やかな風がと〜っても気持ちいい!

まるで北海道?

のどかな風景が広がります。なだらかな丘陵。草原の緑。草を食む牛たち。点在するサイロや牛舎。縫うように伸びる道。まるで北海道に来たみた〜い!うほほ〜ヽ(・∀・)ノ

景観こそのどかですが、そこには自然の厳しさ、開拓の歴史、人々の想いが隠されています。いや、隠してはないんだろうけど(^-^; それらを知ってこそこの景色の重さ、素晴らしさを感じられるのではないかと思います。

大野ヶ原について知るにはじゅんさんのブログ記事をご覧になって頂くのが一番かと思うので、以下にリンクを貼っておきます。勝手&手抜きゴメンなさいm(_ _)m

・'12年8月 - 「大野ヶ原から石鎚山を」
・'13年1月 - 「新年 大野ヶ原から」シリーズ

カルストを象徴する石灰岩

大野ヶ原は四国カルストの中ではちとマイナーな存在かな、と思います。姫鶴平とか天狗岳のほうが観光地としてキッチリ整備されてますからねー。

でも、大野ヶ原には実際に人が住んでいて、酪農を基盤とした生活があって、“居住地としての四国カルスト”という特色があります。

『ミルク園』のお母さんが「うちはまだストーブ使ってるんですよ〜」と笑いながら話してました。ストーブてて!www 所変わればだなぁー。

龍王神社

ででん!と急に写真が大きくなりましたが、特に意味はありません。単に縦撮り画像なだけ(^_^;)

大野ヶ原の中心部(?)にある『龍王神社』。小さな小さな社です。

「その昔、土佐の米商人の娘・小松が、父が財産を増やすために不正を行っていることを知り、悲しみのあまり池に身を投じた。その後、小松は龍となり、池の主となった」という伝説が残り、水を司る竜の神様として信仰を集めています。海とは無縁の高地の神様であるのに、漁業・商売などの神であり、海難・干ばつ除けのご利益がある、とても珍しい神社です。 《せいよ観光物産サイトより引用。》

小松ヶ池

で、その裏にある『小松ヶ池』。すっげ雰囲気ある〜((((;゚Д゚))))

四国カルスト大野ヶ原地域の龍王神社裏にあるドリーネ(石灰岩地域特有のすり鉢状の窪地)に水が溜まってできた世界的にも珍しい池。昔、強欲な両親に落胆して身を投げた娘が龍神へと姿を変え、この池の主となったという伝説を持ち、古くから雨乞い祈祷の場とされてきた。水量は常に一定を保っており、ジュンサイが自生する水面の中央には見る度に位置が変わるという浮島が浮かび、厳粛な空気が漂う神秘的なスポットとなっている。 《いよ観ネットより引用。》

鳥居越しに

鳥居の向こうに広がる小振りな池。スイレンの葉が水面を埋め尽くしています。ここだけ厳かな空気が流れているよう。

奥に見えるのが浮島

龍の形をした手水。その向こうに見えるのが、葦でできた浮島だそう。池はそんな大きくないのに、浮島は割と大きくてビックリ。コレ動くんだ〜。スゲエな!

このあと『ペンション もみの木』や『ミルク園』に立ち寄ったんですが、それはまた別記事にまとめるとして…

羅漢穴への道…

くねくねと山道を走り抜け、『羅漢穴』に来ました。ここも初めての訪問でーす♪

写真には写ってませんが、この白い棒っきれの裏側に案内が書いてあります。この山道をずずいと降りて行くそうな。めっちゃワイルドな山道ですた…

羅漢穴の入口

転げ落ちないよう慎重に降りていくと、『羅漢穴』の入口に到着。写真ブレててゴメンなさいm(_ _)m

奥からスッゲ冷気が!

『羅漢穴』の入口。真っ暗な洞内からスッゲー冷気が!中でアイスクリーム作れんじゃねえのってくらい、マジ冷や冷や!気持ちイイ〜♪

羅漢穴そばの案内

天然記念物に指定されている「羅漢穴」は、全長388mもある四国最大級の石灰洞穴です。内部は一切電気もありませんし、雨が降った日には水が溜まっている可能性もあり危険です。
*危険を伴いますので、素人だけでの潜入はおすすめしません。 《せいよ観光物産サイトより引用。》
てコトで、今回はなんの装備も準備しとらんし、鍾乳洞とか全くのド素人なんで、中には入っとりません。ちょこっとだけ覗いてみたけどマジ真っ暗やし、これは度胸要るわ。へっぽこでスイマセン(´Д`;)

せいよ徒然日記 - 「羅漢穴潜入!」

↑の記事を見てみると、中は意外に広いんですね〜。ビックリやわΣ(゚д゚lll)

清らかな湧水の隣には…

で、だーいぶ山を下って「男水自然公園」へ。

坂本龍馬も飲んだとされる「男水」はかなり硬度高め。そして愛嬌たっぷりのからくり人形たちに癒されました〜♪ 水止めてるので動かないけどwww