2006年03月02日

世界警察とは

 世界警察の定義

「国際法の実効力」。人間の安全保障に基づき、殺人(戦争、虐殺)、略奪(経済的搾取、環境破壊)などの行為を違法とし抑止する警察機関。

 他の国際機関との違い

 国際司法裁判所(ICJ)当事国の同意により国家間の紛争を裁き、解決に導く事を目的とした機関。開廷には当事国双方の同意が必要であり、判決の強制力が不十分なため、大国に対する実効力は無い。

 国際刑事裁判所(ICC) 批准国は100ヶ国、署名は139ヶ国だが、アメリカ、日本、中国、ロシアなどが批准していないため、法の実効力が無い。

 国連軍、国連平和維持軍(UNPKO) 紛争地などに派遣される多国籍軍であるが、あくまで国の協力体制なので、大国による国際法違反を罰する力は無い。

  国際刑事警察機構(ICPO) 国際犯罪及び国際犯罪者に関する情報の収集、交換、国際会議の開催、逃亡犯罪人の所在発見と国際手配書の発行等が主な活動。しかし、犯罪者の身柄拘束を行なえるのは国家主権上の問題からあくまで地元警察。国際法違反国を罰する事は不可能。

 世界警察はこれらの機関と違い「国際法の実効力」として創設すべき。

 世界警察の目的

 ほとんどの国が殺人や略奪を違法化しているように、国家間の戦争、経済搾取、環境破壊などを取り締まり、抑止することを目的とする。警察の無い法治国家が存在しないように、警察なき世界は混沌状態に近い。「殺人は違法」という基本的な法を国際間でも実効化させることが世界警察の最大の目的。  

Posted by zinmo at 02:25Comments(2)TrackBack(0)

2006年01月20日

研究プラン

これからの研究プランを立てました。このプランに沿ってこれから書いていこうと思います。

\こΨ抻,箸蓮(定義 他の国際機関との違い。目的)

何故国家主権の協力体制では限界があるのか?(国連の限界 Global Governance)

9堝鞍楼呂慮堕蝓平略の定義 人道的介入 テロ 環境破壊 経済的搾取)

じ⇔呂陵用防止(世界警察支部の分散 独裁者出現防止)

ス餾殍 々餾飮碧〆枷十蝓弊鐐菠響茲陵ダ莉膂漫|を裁くか?)

Φヾ悗旅柔図(運営費 人員調達)

Ц充妥手法(安保理の拒否権をいかに失くすか。経済効果 意識改革)

┠誅

といったプランで議論していこうと思います。僕自身まだまだ研究不足ですし、欠陥も多々あると思いますので、批判、助言、感想などありましたらぜひお願いします。  

Posted by zinmo at 22:57Comments(0)TrackBack(0)研究プラン 

2006年01月16日

研究所の主旨5

 世界警察研究所創設の主旨

 よく子供は「どうして人を殺してはいけないの?」という基本的な質問をする時があります。現在どこの主権国家内でも「殺人」は違法とされています。なのに、どうして戦争では「殺人」が許されるのでしょうか?しかも、戦場では罪のない子供や女性が沢山死にます。国内では違法なのに、国家間の戦争なら許される「殺人」。子供が不思議がるのも当然だと思います。

 この基本的な矛盾を解決するために世界警察の必要性を提案したいと思います。アメリカのイラク戦争を国連は止める事ができませんでした。国際法や平和条約は沢山あります。しかし、そのほとんどが実効力を持っていません。なぜなら、法律は警察がいてこそ成り立つからです。法律に実効力が無ければそれはただの紙であり、強い者は破ってもよいルールでしかなくなります。
 
 日本は戦国時代、群雄割拠してお互い絶え間無い戦争を繰り返していました。ところが現在の日本はどうでしょう?県同士で戦争を始めることなどもはや信じられないと思います。しかし、戦国武将達にとっては今の日本が夢のように思われるでしょう。中国、イギリスなどほとんどの国家は昔分裂しており、統一されて現在の国家となっています。エメリーリーブスが『平和の解剖』で述べたように、「争いは主権と主権が無制限の力を行使した時」に発生すると思います。争いを止めるには第三機関(世界警察)による抑止力が必要です。

 殺人がこの世から無くならないように、戦争を完全に失くすことは不可能だと思います。ただ、自分の住んでいるところから警察を取り除いて、法律だけの社会にしたらどうなるか想像してみて下さい。世界は似たような無秩序状態にあります。強大な軍事力を保持するアメリカによって世界は一定の安定を保てていますが、それもいずれ変遷する時が来るでしょう。中国がもしアメリカより強大になれば、国家間の摩擦はより高まっていくと思います。巨大な力が崩壊する時、世界のバランスオブパワーが崩れるのは歴史を見ても分かります。

 戦争を違法とする国際法の実効力として、世界警察の可能性を研究し、現実的手法で世界平和を目指して行く事をこの研究所創設の主旨にしたく思います。空を飛ぶこと、宇宙に行くこと、ほとんどの人が不可能だと思っていた事を人類は可能にしてきました。人類の無限の可能性を信じ、世界平和を研究していこうと思います。

 意見、コメントがありましたらいつでも御気軽にお願いします。
   

Posted by zinmo at 05:00Comments(11)TrackBack(0)研究所の主旨 

2006年01月15日

研究所発足5

国家間の侵略、殺人、経済的搾取、環境破壊などを違法とし、国際法の実効力としての世界警察の可能性を議論する場を創りました。ここから世界平和への情報発信、現実的な政策を立案できればと思います。気軽に遊びに来て下さい!  

Posted by zinmo at 19:06Comments(1)TrackBack(0)