2011年04月22日

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 永島信幸   2013年02月25日 11:45
お疲れ様です。
 ご存知のように東京ストアー野町店閉鎖による独居老人(70歳前後)の近場の買物場所がまた減少しました。
 当町会にも上記の該当者が7名おられ、アピタとかに車や自転車で買物に行けるのは2名だけです。残りは徒歩で、行きは良いが帰りが大変です。沼田町にある店はスーパーとしては格下で新鮮な物の取扱いも少ないとの事です。たとえ一人暮らしであろうとも買う品物は自身の目で新鮮な物や良い物は確認したい・・・ 買物の代行で近所の人に迷惑は掛けられないから宅配にでも頼もうかなぁ・・・っと。
 年の3割以上は傘が必要で天候も悪いし、どっちに行くにしても坂もあります。
 南大通りを中心とした町会の方々の中にも同意見の方がおられると思います。この事例については、他の校下にもある、ここ近年の街中の問題の一つでもあると思います。
 一食品スーパーの倒産は行政には直接関係ないですし、喜多君にこの様な話をしても井戸端会議程度かも・・・ ただ、同じ校下に住む者として何か手立てや対応策等はないでしょうか。

 勝手放題、事実関係も定かではないですが、書かせていただきました。
 申し訳ないです。





2. Posted by 新本   2014年01月21日 22:22
5 私は喜多浩一を支持しています。
あのひたむきに努力する姿を見て、喜多浩一が一番信頼できるからです。これからも辛いこと・苦しいことを乗り越え、頑張ってください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字