2012年10月09日

わんわん思いやり教室

先日行われた厚岸町のネイパル厚岸のイベント「動物ふれあいまつり」で、数ヶ月前からしおんの会で準備や企画を考えていた動物愛護教室が、念願の第一回目として行われました。

その名も「わんわん思いやり教室」・・・。

午前、午後と2回開催しましたが、初めて行った午前の部の反省点や改善点を午後に活かせて、午後はとてもいい雰囲気の中で出来ました。
子供たちは真剣に、でも楽しそうに話を聞いてくれて、実際に犬に触れる時にしっかりとルールを守って触れ合っていました。

今後に向けてまだ改善すべきことはたくさんありますが、ようやく子供たちへの啓発活動がスタート地点に立てたように思います。
これからはもっと学校などにも出向くことが出来たらいいですし、バージョンアップも出来たらと思っています。

やることがいっぱいで・・・でもワクワクしています!


未来の大人たちが小さな命を愛せるように、これからも頑張っていきましょう♪



zion2007 at 01:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年09月25日

浜中町牧場祭

今年も恒例となった浜中町牧場祭に参加してきました

今回は譲渡探しの子犬がまだ小さいため、ポスターでの飼い主探しとなり、譲渡会自体はありませんでしたが、例年どおりフリーマーケットの開催と啓発用のパンフレット配布を行いました。

このようにイベントに参加すると、以前譲渡した犬たちが家族の方に連れられて、幸せな姿を見せてくれるので本当に嬉しいです
そして、イベントを手伝ってくれる子供たちがとても増えたこと

今回も小中学生がパンフレットの配布や、イベントに参加した犬たちのお世話を自発的に積極的に行ってくれました
人手が足りるということもありますが、それよりも犬の幸せのために子供たち自身が考えたり動いてくれて、これは未来にきっと繋がっていくのだろうなと確信しています


次のイベント参加は10月7日(日)・・・厚岸町のネイパル厚岸で行われる「動物ふれあいまつり」に参加します
是非みなさん遊びに来て下さいね


zion2007 at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月30日

改正動物愛護法成立へ

子犬、子猫の販売規制  改正動物愛護法成立へ

生後まもない犬と猫の販売規制と、インターネット上でペットを取引する際に対面での説明などを義務付ける動物愛護管理法の改正法案が28日、衆院本会議で可決された。29日の参院本会議で可決、成立する見込み。
親から早く引き離した犬や猫は人間をかむなどの問題行動が多くなるとの指摘があり、法改正の議論では引き離す時期が争点となっていた。改正案は、生後56日を経過しない子犬と子猫を、販売のためにペット店やオークション業者などに引き渡すことを禁止した。
ただし激変緩和措置として、施行から3年は45日、その後は49日と段階的に期間を長くすることで合意した。56日への変更は施行後5年以内とし、明確な時期は示していない。
ペットをインターネットなどで販売する際、対面での説明や現物確認も義務付けた。自治体は飼い主が持ち込んだ犬猫を引き取る義務が定められているが、業者から引き取りを求められた場合は理由がないと拒否できることも盛り込んだ(平成24年8月29日、北海道新聞より転載)。

やっと改正になりましたが、56日への道のりはまだ長そうです。
しおんの会でも子犬の引き渡しは生後2ヶ月を過ぎてからにしています。

もっと改正部分を多く出来なかったのか、と思うこともありますが、まずは1歩進んだことを良かったと思いたいですね。
動物たちの幸せのために、更にみんなで頑張っていきましょう(*^_^*)



zion2007 at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月10日

ザ・カリスマ・ドッグトレーナー

昨年浜中に来町し、講演して頂いた熊本の動物愛護センター所長(当時)、松崎正吉氏より、しおんの会宛てにお勧めの番組情報を知らせて下さいました。
連絡を頂いたその日が放映日だったので多くの方への広報が出来ませんでしたが、また放映されることがありましたら、この場でもお知らせしたいと思います。

BS238 FOXで放映された「ザ・カリスマ・ドッグトレーナー」。
シーザー・ミラン氏というドッグトレーナーがさまざまな問題行動のある犬の所に訪問し、解決していくドキュメンタリーです。
この方は飼い主と犬の関係を群れとそのリーダーとして考え、犬の興奮や緊張などのエネルギーをリーダー(飼い主)がコントロールすることで信頼関係を築いていました。
飼い主がリーダーとして穏やかで毅然としたエネルギーで、犬への声のかけ方や態度などちょっと変えることで犬は驚くほどに変化していました。
飼い主側がイライラしたり、構えたり、怒っていることは犬に伝わり、その波長が犬の行動に繋がっているそうです。
「穏やかで毅然とした態度で」・・この言葉をミラン氏はよく言っていました。
まさに、リーダーとはそんな感じの人が多いですね。。。

ミラン氏が話していた言葉で私の心に残ったものは、
「人間が危険な犬を作る」
「人間の知識不足が犬の支配性を作ってしまうこともある」

すべてはやはり人なんですね・・・。

犬の幸せのために、私たち飼い主はもっと学ばなければいけないのだと痛感した番組でした。

zion2007 at 23:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年07月29日

動物愛護教室視察

1週間前の話しになってしまいましたが、日本愛玩動物協会北海道支部主催の動物愛護教室の視察に理事と運営委員数名で行ってきました。

しおんの会も今後、子供たち向けの啓発活動も積極的に行っていきたいため、その手法やプログラムをどのように学べばよいか考えていましたが、札幌方面で日本愛玩動物協会が活発に啓発活動をされているという情報を得て、これは一度視察に行かなくては!と、一路札幌へ・・・。

動物愛護教室は保育所や就学前の子供たちへの啓発活動を中心に行っているようで、今回も小さな子供たちがたくさん集まっていましたが、その保護者の方々も一緒に受けていたのがとてもいいなと思いました。
指導は愛玩動物飼養管理士の方がパネルやぬいぐるみを使って、動物とのふれあい方や注意することを子供たちにわかるような言葉使いでゆっくり優しく説明します。
そして、管理士の方が自宅で飼っている犬や猫を連れてきてもらって実際に触れてみます。
終了後はみんなで集まって反省会を行いました。

啓発活動と一口で言ってもイメージが湧かなかったのですが、今回見させて頂いたことで、しおんの会で行う愛護教室の映像が頭の中にくっきりと浮かび上がってきました。

これは、出来る!!

今年中にしおんの会の愛護教室を必ず行いますね。
動物たちの未来のために、未来の大人のために・・・また1歩進めそうです♪

zion2007 at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月19日

わんハート

月刊誌発行の財界さっぽろ(札幌)は愛犬家向け情報誌「わんハート」を創刊し、20日に道内の主要書店やコンビニエンスストアなどで発売する。犬と一緒に宿泊出来る道内のホテルや犬の霜焼け対策など、幅広い情報を発信する。
創刊号では、犬とのドライブ旅行の楽しみ方を特集し、同伴出来るレストランや犬を自由に遊ばすことができる広場「ドッグラン」などを紹介。愛犬家の座談会やインタビューなども掲載している。A4判変型で全100ページ。定価780円で発行部数は1万部。
第2号は9月20日に発売し、来年からは年4回発行の季刊誌にする予定。
財界さっぽろの担当者は「犬に関する道内ならではの情報を提供して、愛犬家には欠かせない情報誌に育てていきたい」と話している。
〜北海道新聞5月18日掲載〜

道内の犬に関する情報誌…そういえばないですね。早速購入してみたいと思います♪

zion2007 at 09:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年05月06日

イベント無事終了!

厚岸少年自然の家(ネイパル厚岸)のイベントにしおんの会も参加して無事終了しました♪

HPのお知らせコーナーでも報告しましたが、たくさんの方々や犬達が遊びに来て下さり、楽しいイベントになりました♪

ボランティアの方、陰ながら支援してくださる方、ご協力心から感謝しております。
これからも宜しくお願い致します。

zion2007 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月02日

ネイパル厚岸の子供の日フェスティバル

5月5日の子供の日に、隣町厚岸町の厚岸少年自然の家(ネイパル厚岸)で子供の日のイベントとして子供フェスティバルが開催されます。

例年の事ですがしおんの会も参加して犬の譲渡会やフリマ、募金活動、そして今回は東日本大震災の動物達の写真展も行います。

譲渡会に出す犬はクロとチビタ、仔犬のポポです。新しい飼い主さんとめぐりあえるように祈っていて下さいね♪

10時から開催されます。
是非遊びに来て下さいね(*≧∀≦*)

zion2007 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月29日

仔犬たち〜頑張れポポちゃん!

4月に生後1カ月位で保護された7匹の仔犬たちは預かりボランティアさんのもとですくすくと成長し、それぞれの個性も出てきました。おとなしい仔、おっとりした仔、やんちゃな仔、甘えん坊な仔・・・そしてどの仔もみんな人懐こい可愛い仔犬です。今は兄弟そろって一緒に遊んだりケンカしたり・・・キャンキャンクンクン一日中賑やかに過ごしています。
この兄弟そろって過ごす時期は、犬たちが成長する中でとても大切な時間です。
遊びやケンカを通して犬社会のルールを体で覚え、「ここまでやると痛いんだな」「これくらいならやってもいいんだな」と身につけていくのです。早い時期に兄弟から離れてしまうと人に対しても他の犬に対しても欲求や攻撃の加減が分からず、無駄吠えや咬み癖など後に問題行動となってしまうこともあります。

この仔犬たちは5月に入ったら新しい飼い主さんのもとへ旅立っていきます。
ボランティアさんのもとで犬社会のルールを学び、今度は飼い主さんのもとで人間社会のルールを学びながら飼い犬として生きていきます。
学ぶことがいっぱいで大変そうですが、この時期の仔犬たちはたくさんのことをどんどん吸収出来るので、様々な体験を通して他の人間や動物にも接触させ、いろいろな状況にも適応できるようになるのが望ましいですね。もちろんその仔の性格もありますから、個々のペースで行うのが良いと思いますが・・・。

話しが逸れてしまいましたが、今回の仔犬7匹のうち、飼い主さんと巡り合えていない仔がまだいます。
黒い女の子、ポポちゃんです(HPの飼い主さん募集コーナーを参照下さい)。
ポポちゃんも他の仔同様、人懐こく笑顔の可愛い元気な仔です。
ポポちゃんを幸せにして下さる方を探していますので、家族の一員にして下さる方はしおんの会までご連絡下さい。

しおんの会TEL 090-9516-4746 

zion2007 at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月15日

フリマ出品の品物を集めています

しおんの会では年に数回のイベント時にフリーマーケットを出店して、その収益金を会の活動資金の一部にしています。
後日詳しくお知らせしますが、5月5日に隣町の厚岸町のネイパル厚岸で子供の日のイベントがあります。
しおんの会も参加を予定し、いろいろな催しのひとつとしてフリーマーケットを予定していますが、フリーマーケットに出品する品物を現在集めています。
それぞれのご家庭で使用していない、眠っているものなどありましたら、会に寄付して頂けると大変有難く思います。
品物はペット関連などにこだわらず、日用品や衣類、おもちゃ、何でも結構です。

寄付して頂ける方は、5月5日の当日に会場まで持参して頂くか、会まで送付して頂ければと思います。
詳しくはしおんの会までお問い合わせください。

しおんの会メールアドレス zion_hamanaka@docomo.ne.jp
しおんの会携帯電話 09095164746

zion2007 at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)