→続き

マグロ本稿では、「スーパーで買える魚図鑑(日本文芸社刊)」を参考に、冬(12月~2月)に旬を迎える水産物の含有放射線量と、各水産物の生態を併せながらを見て行きたい。

尚、チェルノブイリのお膝元、ウクライナの魚に対する基準値は150Bq/kgであるので、150Bq/kgを超える分は太線で示す(幼児の食品は40Bq/kg)。また、阿侯鯛(アコウダイ)、甘鯛(アマダイ)、𩺊(アラ)は、厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」にデータなし。よって本稿では省略する。


アンコウ鮟鱇(アンコウ)

◆主産地:茨城県、福島県、山口県

◆地域名・別称:ナシ

◆生息域:500mまでの深海に生息する。

◆生態:産卵期は春、海底の砂に潜り、その突起の皮を水面で揺らし、これをエサだと思って寄ってきた魚を、丸呑みにして捕食する。主に小魚やプランクトンを捕食するが、種によっては小さなサメ、スルメイカ、カレイ、蟹、ウニ、貝。稀に海面付近でカモメやウミガラス等を捕食する。
尚、提灯鮟鱇と鮟鱇は別の種である。

アンコウの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素セシウム134セシウム137
4月4日茨城県(鉾田市沖)N.A.220BqNDND
4月7日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.2BqNDND
4月15日茨城県(北茨城市沖)N.A.9Bq7Bq7Bq
9月1日茨城県(日立市沖)農場等採取ND23Bq23Bq
9月24日茨城県(鉾田市沖)農場等採取ND50Bq50Bq
10月11日茨城県(北茨城市沖)非流通品3Bq未満3Bq7Bq
10月21日茨城県非流通品2.5Bq未満7Bq7Bq
11月9日茨城県(ひたちなか市沖)非流通品2Bq未満5Bq8Bq
厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」に基づき作成。


アンコウの含有放射線量は9月にピークを迎え、下降気味の様に見える。


キンメダイ金目鯛(キンメダイ) 24

◆主産地:千葉、静岡、高知

◆地域名:別称:キンメ、マキン、マキンメ(神奈川)

◆生息域:未成魚は大陸棚の水深100~250mでも見られるが成魚では沖合の岩礁域、海山周辺などの200~800mで見られ、大きな群れを形成する。

◆生態:産卵期は6~9月と推定される。肉食で中層遊泳性のハダカイワシ類などの魚類やイカ、エビ、アミ類などを捕食する。



キンメダイの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
3月23日千葉県(銚子市銚子漁港)漁船採取NDNDND
3月29日東京都(大島町)漁港採取N.A.NDND
4月5日千葉県(勝浦市勝浦漁港)N.A.NDNDND
4月6日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.NDNDND
4月8日千葉県(鴨川市天津漁港)流通品NDNDND
4月26日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.NDNDND
6月2日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.ND7.1Bq7.1Bq
6月22日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.ND5.6Bq5.6Bq
6月29日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.ND8.2Bq8.2Bq
7月27日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.ND5.5Bq5.5Bq
8月9日東京都(神津島村)水揚げNDNDND
8月12日高知県N.A.NDNDND
8月17日千葉県(銚子市)漁港採取ND6.4Bq6.4Bq
8月25日東京都流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
8月25日神奈川県流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
9月6日宮城県流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
9月19日東京都流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
9月26日東京都(神津島町神津島港)非流通品0.96Bq0.75Bq2.45Bq
9月28日宮城県流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
10月2日東京都(大島町波浮港)非流通品1.4Bq1.3Bq4Bq
10月5日神奈川県(三浦市三崎漁港)非流通品0.45Bq未満50Bq未満0.72Bq
10月11日千葉県(勝浦市)流通品0.52Bq未満1Bq1Bq
10月13日東京都(神津島沖)流通品6Bq未満6Bq未満6Bq未満
11月1日千葉県(銚子市)流通品0.66Bq未満10Bq10Bq

厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」に基づき作成。

キンメダイは、銚子市のデータ(6月、7月、8月、11月)を見る限りでは、セシウムは5.5~10Bqの中で推移しており、依然として注意が必要であると言える。


クロマグロ黒鮪(クロマグロ) 5+1
◆主産地:近海では北海道、千葉、和歌山。

◆地域名:別称:クロ(茨城、千葉、神奈川)、シビ(東北、静岡、富山、熊本、沖縄)、ヨコカワ(関西)

◆生息域:外洋の表層・中層に生息する。同じくらいの大きさの個体同士で群れをなし、高速で回遊する。

◆生態:食性は肉食で、海中を遊泳する他の魚や甲殻類、頭足類などを捕食する。太平洋のクロマグロの産卵場は日本の南西諸島からフィリピン東方にかけての海域、日本海で、産卵は主として5-7月に行われている。資源量が多い年には伊豆諸島周辺でも産卵している。

主産卵場で発生した仔魚は7月後半に高知県沖で、8-9月に20-30cm(0.2-0.5kg)になって、南日本沿岸域に出現、このころ、相模湾でも漁獲され、クロメジとして魚屋に出回ることがある。日本沿岸域を夏、北上、冬、南下、九州西岸から南岸沖で越冬、翌年の4-6月に60-70cm(5-7kg)に成長する。

1-2年を日本沿岸域で南北移動を繰り返しながら過ごした後、彼ら1-2年魚(40-80cm)は北緯40°N付近の黒潮続流に乗って、北米沿岸、バハ・カルフォルニア沖に移動し、そこで3-4年滞留する。このバハ・カリフォルニア沖でも南北移動を行い、3-4過ごした後、彼の地を離れ、再び太平洋を横断し、産卵のため日本近海を含む北西太平洋に回遊し、数年過ごす。成熟(160cm以上、80kg、6-7才魚)に達すると、上記南西諸島からフィリピン東方にかけての主産卵場で産卵する。

「太平洋クロマグロ仔稚魚分布調査」の結果について(水産庁 平成23年11月1日)

クロマグロ(メジロマグロ)幼魚の含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
9月13日茨城県(北茨城市沖)農場等採取ND29Bq29Bq

クロマグロの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
9月24日青森県(大間町沖・大間漁港)非流通品20Bq未満25Bq未満20Bq未満
10月1日福島県(いわき市)N.A.ND12Bq12Bq
10月2日福島県(いわき市)N.A.ND20Bq21Bq
10月5日福島県(いわき市)N.A.ND15Bq17Bq
10月23日福島県(いわき市)非流通品ND12Bq16Bq
10月30日福島県(いわき市)非流通品6.3Bq未満10Bq16Bq
11月14日青森県(大間町沖・大間漁港)非流通品20Bq未満25Bq未満20Bq未満
11月14日青森県(大間町沖・大間漁港)非流通品20Bq未満25Bq未満20Bq未満

メジマグロ2+1

※メジマグロとは、関東地方で30~60cm位のマグロの幼魚を指す言葉。(広辞苑より)

メジマグロの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
10月12日茨城県(北茨城市沖)非流通品3Bq未満12Bq14Bq
10月19日茨城県(東海村沖)非流通品0.56Bq未満10Bq13Bq

メジマグロ(クロマグロ稚魚)の含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
10月4日茨城県(北茨城市沖)非流通品ND33Bq33Bq
厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」に基づき作成。

大間漁港は、9月11月は一貫して20~25Bq未満の間、いわき市は10月分だけでも10~21Bqを推移している。更に、9月に採取された稚魚は29Bq、10月のは33Bqと、成魚よりも高い数値を示しており、今後、クロマグロの体内の放射性物質含有量が高くなる可能性が懸念される。


キハダマグロ黄肌鮪(キハダマグロ) 6+1+1
◆主産地:静岡県、宮城県、和歌山県、高知県、宮崎県、鹿児島県

◆地域名:別称:キワダ(東京・和歌山)、ゲスナガ(静岡)、マシビ(大阪・高知)、イトシビ(高知)、キンヒレ

◆生息域:外洋域の主に表層を群泳する。マグロ属の中では本種とコシナガが最も高水温・表層に生息する。回遊経路は詳しくわかっていない。

◆生態:魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。産卵期は夏で、分離浮性卵を産卵する。マグロ類にしては成長が早く、1年で全長50cm、2年で全長1mに達し成熟する。


キハダマグロの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
7月28日千葉県流通品NDNDND
7月28日千葉県流通品NDNDND
9月15日宮城県(気仙沼市沖)非流通品20Bq未満25Bq未満20Bq未満
9月20日宮城県太平洋沖合北部(日本側)非流通品0.43Bq未満4.7Bq5.7Bq
11月2日宮城県太平洋沖合北部(日本側)非流通品0.44Bq未満3.4Bq3.5Bq
11月3日宮城県太平洋沖合北部(日本側)流非通品0.45Bq未満4.3Bq5.8Bq

キハダマグロ(内臓部)の含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
7月30日(結果判明日)千葉県(勝浦市勝浦漁港)流通品NDNDND

キハダマグロ(可食部)の含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
7月30日(結果判明日)千葉県(勝浦市勝浦漁港)流通品ND4.2Bq4.2Bq
厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」に基づき作成。

キハダマグロは、7月から3.4~5.8Bqの間で推移しており、内臓部からは放射性物質が検出されず、可食部に放射性物質が貯まり易い傾向がある様に見える。

メバチマグロ眼撥鮪(メバチマグロ) 3+1+1
◆主産地:静岡県、和歌山県、高知県、宮城県、鹿児島県、千葉県

◆地域名:別称:バチ(東北・関東)、メブト(九州)また、若魚は各地でダルマとも呼ばれる。

◆生息域:暖かい海域の中層に生息し、群れで回遊する。日中は他のマグロより深い層(100-150m)を泳ぎ、水深300mの深海にも達するが、夜は表層に現れる。

◆生態:

魚屋、スーパーなどで売られているマグロは本種であることが多い。

メバチマグロの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
8月19日宮城県(太平洋)N.A.ND2Bq2Bq
8月20日宮城県(宮城県沖太平洋)N.A.NDNDND
10月16日太平洋沖合北部(日本側)流通品1.8Bq未満3.9Bq6Bq

メバチマグロ(可食部)の含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
7月20日(結果判明日)千葉県(勝浦市勝浦漁港)流通品NDNDND

メバチマグロ(内臓部)の含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
7月20日(結果判明日)千葉県(勝浦市勝浦漁港)流通品NDNDND


ビンナガマグロ鬢長鮪(ビンナガマグロ) 19+1
◆主産地:静岡県、和歌山県、高知県、宮城県、鹿児島県、千葉県

◆地域名:別称:ビナガ(宮城)、カンタロウ、カンタ(三重)、トンボ、トンボシビ(関西・高知)

◆生息域:海洋の表層・中層に生息する。好む水温は16-20℃で、キハダ・メバチより低温、クロマグロ・ミナミマグロより高温を好む。短時間ならば水温9.5℃まで耐えられる。赤道から緯度10度以内では水面近くを避け、中層に生息する。また、大型個体も水温14-25℃ほどの中層を好む。日本では東北以南に分布

◆生態:産卵期は北太平洋では6-7月、南太平洋では1月中旬くらいである。約8年で全長1mくらいになる。エサは魚類、甲殻類、イカ、タコを食べる

ビンナガの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
5月17日宮城県
(東日本周辺海域
北緯34.07、東経142.21)
N.A.NDNDND
5月17日宮城県
(東日本周辺海域
北緯34.07、東経142.21)
N.A.ND4.7Bq±0.645.4Bq±0.88
5月17日宮城県
(東日本周辺海域
北緯34.07、東経142.21)
N.A.NDNDND
5月27日千葉県
(房総沖東350km
北緯34.00、東経145.00)
N.A.NDNDND
6月3日千葉県
(房総沖東南東450km
北緯33.50、東経144.50)
N.A.ND6.6Bq6.6Bq
6月10日千葉県
(房総沖東南東530km
北緯33.18、東経146.45)
N.A.ND4.6Bq4.6Bq
6月17日千葉県
(房総沖東530km
北緯35.30、東経143.50)
N.A.ND8.3Bq8.3Bq
6月24日千葉県
(房総沖東420km
北緯35.00、東経145.00)
N.A.NDNDND
6月30日千葉県
(房総沖東1150km
北緯35.00、東経152.50)
N.A.NDNDND
7月8日千葉県
(房総沖東南東750km
北緯33.00、東経148.00)
N.A.NDNDND
7月8日北部太平洋(公海
北緯35.56、東経160.57)
N.A.NDNDND
7月16日千葉県
(房総沖東1100km
北緯34.00、東経152.40)
N.A.ND4.5Bq4.5Bq
7月18日北部太平洋(公海
北緯40.51、東経165.55)
N.A.NDNDND
9月20日宮城県 太平洋沖合非流通品0.4Bq1.3Bq1.9Bq
10月中旬千葉県(銚子市)流通品0.57Bq未満3.2Bq3.2Bq
10月28日(結果判明日)千葉県(銚子市)流通品0.51Bq未満4.5Bq4.5Bq
11月2日宮城県(太平洋沖合北部)非流通品0.48Bq未満1.5Bq1.9Bq
11月4日宮城県 太平洋沖合非流通品0.31Bq未満0.67Bq1Bq
11月16日神奈川県(三浦市)流通品0.7Bq未満0.8Bq未満0.9Bq未満


ビンナガ(ビンチョウマグロ)の含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
9月20日宮城県(太平洋沖合北部)非流通品0.35Bq未満1.4Bq1.4Bq


マグロ全体の傾向として7、8月頃より放射性物質の蓄積が始まっていると言う事が分かる。然しながら、マグロは回遊魚であり、汚染状況は別途、注視する必要がある。


シシャモの一生柳葉魚(シシャモ) 8
◆主産地:北海道。近年はカナダ、アイスランドからカラフトシシャモが輸入されている。

◆地域名:別称:特になし

◆生息域:仔魚は、水深帯4〜8mに多く分布している。海域におけるシシャモは、遊楽部川から別寒辺牛川の沖、水深120m以浅に分布し、産卵期になると各河川の沿岸域に密集する。

◆生態:10中旬-11月上旬にかけて川を遡上、下流域で産卵する。

シシャモ大辞典(釧路市漁業協同組合)

シシャモの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
10月1日北海道(むかわ町沖)流通品0.4Bq未満0.58Bq未満0.52Bq未満
10月3日北海道(大樹町沖)流通品0.39Bq未満0.47Bq未満0.46Bq未満
10月7日北海道(むかわ町沖)流通品0.48Bq未満0.57Bq未満0.53Bq未満
10月11日北海道(大樹町沖)流通品0.44Bq未満0.51Bq未満0.46Bq未満
10月22日北海道(大樹町沖)流通品0.38Bq未満0.58Bq未満0.41Bq未満
10月26日北海道流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
10月30日北海道(釧路市沖)流通品0.54Bq未満0.58Bq未満0.63Bq未満
11月7日北海道(豊頃町沖)流通品0.42Bq未満0.33Bq未満0.52Bq未満

厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」に基づき作成。

シシャモは10~11月の一ヶ月分のデータしかないものの大樹町とむかわ町のデータを見る限り、数値に対した変動は見られず、今後も要監察であると言えよう。

トラフグ虎河豚(トラフグ)
◆主産地:山口、愛知、福岡、静岡。近年は韓国からの輸入が増加。

◆地域名:別称:テッポウ(大阪)、マフグ(兵庫、広島、山口)、オオフグ(香川)、キタマクラ(高知)、クロモンフグ(大分)、ゲンカイフグ(大分、壱岐)

◆生息域:北海道室蘭付近が北限。湾内などに多く、成長するまでは河口の汽水域にもいる。やや沖合に多い種であるが、幼魚のうちは沿岸域にも多い。

◆生態:産卵は3-7月。肉食性。甲殻類、小魚、貝類などを食べる。

 
トラフグの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
11月16日兵庫県(南あわじ市)非流通品5Bq未満5Bq未満5Bq未満

フグの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
10月26日千葉県(銚子市沖)流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満

厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」に基づき作成。


マフグ真河豚(マフグ) 9
◆主産地:山口、愛知、福岡、静岡。

◆地域名:別称:ナラメフグ、メアカ

◆生息域:沿岸域から大陸棚縁辺に生息するが水深200m以浅の砂泥域。

◆生態:産卵期は3-4月。肉食性で甲殻類や軟体動物を捕食する。小魚も食べる。

安いフグは本種である場合が多い。

マフグの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
4月25日茨城県(鉾田市沖)N.A.NDNDND
9月24日福島県(南相馬市)N.A.ND22Bq38Bq
9月24日福島県(南相馬市)N.A.ND24Bq32Bq
9月29日茨城県(ひたちなか市沖)非流通品ND49Bq49Bq
10月6日福島県(南相馬市)N.A.ND51Bq50Bq
10月17日福島県(南相馬市)非流通品ND20Bq34Bq
10月17日福島県(広野町)非流通品ND41Bq53Bq
10月24日福島県(南相馬市)非流通品ND35Bq35Bq
10月24日福島県(いわき市)非流通品ND59Bq69Bq

厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」に基づき作成。

フグとトラフグはサンプルが一つしかない為、判断が不可能であるが、マフグを見ると、9月24日分と10月24日分の平均を出して比較すると、
9月24日:セシウム134が23Bq、同137が35Bq
10月17日セシウム134が30.5Bq、同137が43.5Bq
10月24日:セシウム134が47Bq、同137が52Bq
―――と、上昇傾向にある事が分かる。

ハタハタ鰰・鱩(ハタハタ) 3
◆主産地:北海道、秋田、山形、兵庫。韓国からも輸入されている。

◆地域名:別称:オキアジ(京都、山陰)、カミナリウオ(東北)、カタハ・カハタ・ハタ(鳥取)

◆生息域:水深0~約550mまでの泥や砂の海底に生息する。

◆生態:産卵期は初冬。稚魚は主に動物プランクトンを捕食する。成魚では、ヨコエビ類などの節足動物や、小魚を捕食するようになる。

ハタハタの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
10月4日山形県(鶴岡市・日本海)非流通品NDNDND
10月12日北海道(白老町白老港)流通品2.2Bq未満2.8Bq未満2.8Bq未満
10月19日北海道(室蘭市沖)流通品0.39Bq未満0.44Bq未満0.44Bq未満

厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」に基づき作成。

ハタハタに関しては、サンプルが3つしかなく、採取場所もバラバラであるので、判断は保留する。

ヒラメ鮃(ヒラメ) 235+6+6
◆主産地:北海道、青森、福島、茨城、千葉

◆地域名:別称:テックイ(北海道)、ミビキ・メビキ(富山)、オオグチカレイ(東北、関西)

◆生息域:沿岸砂底に生息する。水深90m以浅に多い。また、産卵期には水深20cmぐらいの浅瀬にうつる。

◆生態:産卵期は地域によってことなり、九州西方では12-4月、東北では5-6月と、南ほど早く産卵期を迎える。肉食性。小魚、甲殻類、イカなどを捕食する。

ヒラメ(可食部)の含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
7月8日(結果判明日)宮城県(女川町・女川漁港)流通品ND5.45.4
8月3日(結果判明日)新潟県(新潟市新潟港)流通品NDNDND
8月5日千葉県流通品NDNDND
9月27日新潟県(新潟市新潟港)流通品NDNDND
10月25日青森県(八戸市八戸漁港)流通品5Bq未満5Bq未満5Bq未満
11月10日岩手県(普代村)流通品5Bq未満5Bq未満5Bq未満


ヒラメ(内臓部)の含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
7月8日(結果判明日)宮城県(女川町・女川漁港)流通品ND38Bq38Bq
8月3日(結果判明日)新潟県(新潟市新潟港)流通品NDNDND
8月5日千葉県流通品NDNDND
9月27日新潟県(新潟市新潟港)流通品NDNDND
10月25日青森県(八戸市八戸漁港)流通品5Bq未満5Bq未満5Bq未満
11月10日岩手県(普代村)流通品5Bq未満5Bq未満5Bq未満



ヒラメの含有の放射能量
採取日採取場所採取区分ヨウ素131セシウム134セシウム137
3月24日千葉県(銚子市銚子漁港)漁船採取2.5BqNDND
3月31日茨城県N.A.13BqNDND
4月2日発表茨城県(神栖市沖)N.A.N.A.NDND
4月4日茨城県(鉾田市沖)N.A.250Bq4Bq4Bq
4月7日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.2Bq2Bq2Bq
4月10日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.NDNDND
4月11日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.2Bq2Bq2Bq
4月11日茨城県(鹿島市沖)N.A.NDNDND
4月15日茨城県(北茨城市沖)N.A.ND19Bq19Bq
4月18日茨城県(鹿島市沖)N.A.NDNDND
4月19日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.ND4.4Bq4.4Bq
4月21日茨城県(日立市沖)N.A.ND23Bq23Bq
4月22日福島県(いわき市)N.A.9.2Bq44Bq38Bq
4月22日福島県(いわき市)N.A.ND7Bq7Bq
4月26日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.8.4Bq58Bq58Bq
4月26日福島県(いわき市)N.A.ND72Bq62Bq
4月29日茨城県(鹿島市沖)N.A.ND16Bq16Bq
4月29日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.ND10Bq10Bq
5月6日茨城県(鹿島市沖)N.A.ND7Bq7Bq
5月6日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.ND26Bq26Bq
5月6日茨城県(日立市沖)N.A.ND15Bq15Bq
5月6日千葉県(銚子市)N.A.ND1.7Bq1.7Bq
5月9日福島県(いわき市C)N.A.ND170Bq180Bq
5月9日福島県(いわき市D)N.A.ND97Bq100Bq
5月9日福島県(いわき市E)N.A.ND100Bq97Bq
5月16日福島県(いわき市)N.A.ND140Bq160Bq
5月16日茨城県(鹿島市沖)N.A.ND12Bq12Bq
5月16日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.ND57Bq57Bq
5月16日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.ND16Bq16Bq
5月16日茨城県(日立市沖)N.A.2Bq69Bq36Bq
5月16日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.ND7.1Bq7.1Bq
5月18日茨城県(日立市沖)N.A.ND90Bq90Bq
5月23日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.ND17Bq17Bq
5月23日福島県(いわき市)N.A.ND23Bq32Bq
5月23日茨城県(鹿島市沖)N.A.ND8Bq8Bq
5月24日福島県(いわき市)N.A.ND61Bq68Bq
5月25日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.ND17Bq17Bq
5月25日(結果判明)宮城県(仙台湾)N.A.NDNDND
5月26日千葉県(銚子市銚子漁港)N.A.ND5.9Bq5.9Bq
5月26日茨城県(北茨城市沖)N.A.ND21Bq21Bq
6月6日福島県(いわき市)N.A.ND110Bq130Bq
6月6日福島県(いわき市)N.A.ND110Bq120Bq
6月6日福島県(いわき市)N.A.ND100Bq120Bq
6月6日福島県(いわき市)N.A.ND29Bq37Bq
6月7日茨城県流通品暫定規制値以下暫定規制値以下暫定規制値以下
6月9日茨城県(鹿島市沖)N.A.ND31Bq31Bq
6月10日茨城県(日立市沖)N.A.ND18Bq18Bq
6月13日福島県(相馬市)N.A.ND42Bq47Bq
6月13日福島県(いわき市)N.A.ND13Bq15Bq
6月16日茨城県(鉾田市沖)N.A.ND30Bq30Bq
6月16日福島県(相馬市)N.A.ND43Bq42Bq
6月20日福島県(いわき市)N.A.ND60Bq65Bq
6月20日福島県(相馬市)N.A.ND20Bq27Bq
6月26日福島県(相馬市)N.A.ND36Bq53Bq
6月27日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.ND31Bq31Bq
6月27日茨城県(鹿島市沖)N.A.ND35Bq35Bq
6月27日茨城県(鹿島市沖)N.A.ND17Bq17Bq
6月27日福島県(相馬市)N.A.ND24Bq31Bq
6月27日福島県(いわき市)N.A.ND43Bq46Bq
6月27日福島県(いわき市)N.A.ND9.6Bq13Bq
6月28日茨城県(ひたちなか市沖)N.A.ND49Bq49Bq
7月4日福島県(新地町)N.A.ND23Bq35Bq
7月4日福島県(いわき市)N.A.ND39Bq39Bq
7月4日福島県(いわき市)N.A.ND84Bq110Bq
7月4日茨城県(鹿島市沖)N.A.ND61Bq61Bq
7月5日福島県(いわき市)N.A.ND33Bq41Bq
7月5日福島県(いわき市)N.A.ND110Bq120Bq
7月7日福島県(相馬市)N.A.ND38Bq50Bq
7月7日宮城県(仙台湾)N.A.NDNDND
7月11日福島県(南相馬市)N.A.ND12Bq22Bq
7月11日福島県(いわき市)N.A.ND51Bq62Bq
7月11日福島県(いわき市)N.A.ND19Bq22Bq
7月11日福島県(いわき市)N.A.ND360Bq400Bq
7月11日茨城県(神栖市沖)N.A.ND26Bq26Bq
7月15日福島県(相馬市)N.A.ND66Bq72Bq
7月15日福島県(いわき市)N.A.ND20Bq16Bq
7月15日福島県(いわき市)N.A.ND17Bq19Bq
7月25日福島県(相馬市)N.A.ND26Bq29Bq
7月25日福島県(いわき市)N.A.ND28Bq36Bq
7月26日福島県(いわき市)N.A.ND280Bq310Bq
7月26日福島県(いわき市)N.A.ND200Bq240Bq
7月26日茨城県(鹿島市沖)N.A.ND43Bq43Bq
8月1日福島県(南相馬市)N.A.ND46Bq60Bq
8月1日福島県(いわき市)N.A.ND21Bq23Bq
8月1日福島県(いわき市)N.A.NDNDND
8月1日福島県(いわき市)N.A.ND68Bq69Bq
8月8日青森県(東通村尻労沖・尻労漁港)非流通品20Bq未満25Bq未満20Bq未満
8月8日福島県(南相馬市)N.A.ND64Bq70Bq
8月8日福島県(いわき市)N.A.ND18Bq21Bq
8月8日福島県(いわき市)N.A.ND26Bq32Bq
8月11日茨城県(茨木沖)流通品ND19Bq24Bq
8月11日福島県(いわき市)N.A.ND100Bq110Bq
8月11日福島県(いわき市)N.A.ND61Bq66Bq
8月11日福島県(いわき市)N.A.ND220Bq250Bq
8月12日茨城県(日立市沖)N.A.ND171Bq171Bq
8月12日茨城県(北茨木市沖)N.A.ND116Bq116Bq
8月19日千葉県流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
8月19日青森県(外ヶ浜町三厩漁港)非流通品20Bq未満25Bq未満20Bq未満
8月21日青森県(むつ市脇野沢漁港)非流通品20Bq未満25Bq未満20Bq未満
8月22日福島県(南相馬市)N.A.ND73Bq95Bq
8月22日福島県(新地町)N.A.ND38Bq40Bq
8月29日福島県(南相馬市)N.A.ND42Bq57Bq
8月29日福島県(いわき市)N.A.ND62Bq73Bq
9月5日福島県(新地町)N.A.ND33Bq50Bq
9月5日福島県(いわき市)N.A.ND130Bq160Bq
9月5日福島県(いわき市)N.A.ND75Bq88Bq
9月5日茨城県(東海村~大洗町沖)N.A.ND47Bq47Bq
9月6日茨城県(鉾田市沖)N.A.ND39Bq39Bq
9月7日千葉県(銚子市)漁港採取ND35Bq35Bq
9月7日福島県(相馬市)N.A.ND56Bq71Bq
9月8日福島県(いわき市)N.A.ND130Bq150Bq
9月8日福島県(いわき市)N.A.ND82Bq90Bq
9月8日福島県(いわき市)N.A.ND32Bq43Bq
9月9日茨城県(ひたちなか市~大洗町沖)N.A.ND29Bq29Bq
9月10日茨城県(日立市沖)N.A.ND59Bq59Bq
9月10日福島県(南相馬市)N.A.ND730Bq880Bq
9月10日福島県(南相馬市)N.A.ND84Bq96Bq
9月10日福島県(相馬市)N.A.ND65Bq66Bq
9月12日三重県流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
9月13日宮城県流通品50Bq未満86Bq86Bq
9月14日千葉県(銚子市)漁港採取ND27Bq27Bq
9月14日茨城県(北茨城市沖)農場等採取ND150Bq150Bq
9月15日宮城県流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
9月15日福島県(相馬市)N.A.ND43Bq54Bq
9月15日福島県(相馬市)N.A.ND70Bq89Bq
9月15日福島県(いわき市)N.A.ND88Bq91Bq
9月15日福島県(いわき市)N.A.ND77Bq97Bq
9月20日青森県(三沢市沖)非流通品ND2.8Bq2.5Bq
9月24日福島県(南相馬市)N.A.ND57Bq68Bq
9月24日福島県(南相馬市)N.A.ND100Bq120Bq
9月25日福島県(いわき市)N.A.ND97Bq110Bq
9月26日福島県(いわき市)N.A.ND120Bq140Bq
9月26日福島県(相馬市)N.A.ND85Bq96Bq
9月26日福島県(新地町)N.A.ND43Bq62Bq
9月27日宮城県(女川町沖)非流通品0.62Bq未満8.37Bq9.1Bq
9月27日岩手県(久慈市沖)N.A.ND2.2Bq2.5Bq
9月27日青森県(外ヶ浜町三厩沖)非流通品ND78Bq110Bq
9月28日福島県(広野町)N.A.0.45Bq未満1.5Bq2.3Bq
9月30日福島県(南相馬市)非流通品ND72Bq89Bq
9月30日茨城県(北茨城市沖)非流通品ND39Bq39Bq
10月1日福島県(南相馬市)N.A.ND14Bq21Bq
10月1日福島県(相馬市)N.A.ND13Bq37Bq
10月2日茨城県(北茨城市沖非流通品ND90Bq90Bq
10月3日福島県(いわき市)N.A.ND62Bq85Bq
10月3日福島県(いわき市)N.A.ND44Bq54Bq
10月3日茨城県(日立市沖)非流通品ND60Bq60Bq
10月3日福島県(南相馬市)N.A.ND71Bq86Bq
10月3日福島県(相馬市)N.A.ND88Bq110Bq
10月4日宮城県(気仙沼湾)非流通品0.85Bq未満0.81Bq未満0.75Bq未満
10月5日宮城県(宮城県沖)非流通品1.4Bq未満2.1Bq未満1.7Bq未満
10月6日福島県(南相馬市)N.A.ND100Bq150Bq
10月6日福島県(南相馬市)N.A.ND18Bq16Bq
10月6日福島県(新地町)N.A.ND73Bq95Bq
10月7日福島県(いわき市)N.A.ND30Bq31Bq
10月7日福島県(相馬市)N.A.ND51Bq66Bq
10月8日茨城県(ひたちなか市沖)非流通品0.76Bq未満19Bq20Bq
10月11日茨城県(日立市沖)非流通品3Bq未満28Bq34Bq
10月11日茨城県(北茨城市沖)非流通品3Bq未満35Bq40Bq
10月12日茨城県(鹿島市沖)非流通品3Bq未満14Bq16Bq
10月12日青森県(東通村白糠沖)非流通品0.45Bq未満1.7Bq2.4Bq
10月14日青森県(佐井村牛滝沖)非流通品0.39Bq未満1.5Bq2Bq
10月14日福島県(南相馬市)非流通品ND49Bq68Bq
10月14日福島県(相馬市)非流通品ND72Bq90Bq
10月15日福島県(相馬市)非流通品ND100Bq140Bq
10月16日岩手県流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
10月17日福島県(南相馬市)非流通品ND90Bq120Bq
10月17日福島県(広野町)非流通品ND33Bq39Bq
10月17日福島県(広野町)非流通品ND220Bq270Bq
10月17日福島県(広野町)非流通品ND21Bq27Bq
10月17日福島県(相馬市)非流通品ND27Bq40Bq
10月17日宮城県(仙台湾)非流通品1Bq未満4Bq6Bq
10月18日福島県(いわき市)非流通品ND58Bq77Bq
10月18日福島県(いわき市)非流通品ND41Bq47Bq
10月18日茨城県(鹿島市沖)非流通品0.66Bq未満15Bq16Bq
10月18日茨城県(日立市沖)非流通品3Bq未満30Bq43Bq
10月19日茨城県(北茨城市沖)非流通品3Bq未満38Bq49Bq
10月19日福島県(南相馬市)非流通品ND29Bq30Bq
10月20日福島県(南相馬市)非流通品ND37Bq39Bq
10月20日福島県(相馬市)非流通品ND39Bq47Bq
10月20日福島県(相馬市)非流通品ND50Bq68Bq
10月23日茨城県非流通品0.61Bq未満16Bq20Bq
10月24日福島県(南相馬市)非流通品ND28Bq31Bq
10月24日福島県(南相馬市)非流通品ND120Bq140Bq
10月24日福島県(いわき市)非流通品6.4Bq未満59Bq81Bq
10月24日宮城県(宮城県沖)非流通品0.84Bq未満40Bq47Bq
10月24日青森県(外ヶ浜町竜飛沖)非流通品0.5Bq未満0.81Bq1.6Bq
10月24日福島県(いわき市)非流通品ND50Bq61Bq
10月24日茨城県非流通品3Bq未満18Bq25Bq
10月25日茨城県非流通品3Bq未満32Bq34Bq
10月25日岩手県(久慈市沖)非流通品0.55Bq未満1.4Bq1.4Bq
10月25日福島県(いわき市)非流通品9.2Bq未満56Bq86Bq
10月25日福島県(いわき市)非流通品9.2Bq未満50Bq68Bq
10月25日福島県(いわき市)非流通品8Bq未満32Bq41Bq
10月26日青森県(三沢市沖)非流通品0.47Bq未満0.91Bq1.4Bq
10月27日青森県(北海道・青森沖)非流通品5Bq未満7Bq未満6Bq未満
10月29日青森県流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
10月29日福島県(相馬市)非流通品7Bq未満57Bq65Bq
10月29日福島県(浪江町)非流通品8.4Bq未満20Bq27Bq
10月29日福島県(南相馬市)非流通品9.2Bq未満58Bq66Bq
10月31日福島県(いわき市)非流通品7Bq未満15Bq22Bq
10月31日福島県(いわき市)非流通品8.4Bq未満26Bq24Bq
10月31日福島県(いわき市)非流通品11Bq未満270Bq340Bq
11月1日宮城県(宮城県沖)非流通品2Bq未満3.2Bq未満3.3Bq
11月1日茨城県(日立市沖)非流通品2Bq未満21Bq27Bq
11月1日茨城県(北茨城市沖)非流通品3Bq未満24Bq30Bq
11月4日岩手県非流通品50Bq未満50Bq未満50Bq未満
11月4日福島県(いわき市)非流通品8.8Bq未満50Bq64Bq
11月4日福島県(いわき市)非流通品9.2Bq未満37Bq40Bq
11月4日福島県(いわき市)非流通品7.9Bq未満71Bq87Bq
11月5日福島県(相馬市)非流通品6.4Bq未満30Bq40Bq
11月5日福島県(南相馬市)非流通品6.8Bq未満87Bq110Bq
11月6日福島県(いわき市)非流通品8.4Bq未満21Bq34Bq
11月7日青森県(三沢市沖)非流通品0.45Bq未満0.7Bq0.96Bq
11月7日茨城県(北茨城市沖)非流通品4Bq未満49Bq64Bq
11月7日福島県(広野町)非流通品10Bq未満130Bq170Bq
11月8日福島県(広野町)非流通品8.6Bq未満94Bq130Bq
11月8日千葉県(銚子市)流通品0.72Bq未満21Bq21Bq
11月9日茨城県(日立市沖)非流通品3Bq未満15Bq23Bq
11月9日茨城県(ひたちなか市沖)非流通品2Bq未満18Bq21Bq
11月9日宮城県(宮城県沖)非流通品1.6Bq未満16Bq21Bq
11月10日福島県(いわき市)非流通品6.3Bq未満23Bq22Bq
11月10日福島県(南相馬市)非流通品9.3Bq未満95Bq110Bq
11月10日福島県(相馬市)非流通品9.6Bq未満60Bq85Bq
11月11日福島県(新地町)非流通品9.1Bq未満34Bq44Bq
11月12日福島県(双葉町)非流通品12Bq未満140Bq160Bq
11月12日福島県(新地町)非流通品7Bq未満82Bq85Bq
11月13日福島県(いわき市)非流通品11Bq未満190Bq240Bq
11月13日福島県(いわき市)非流通品9.7Bq未満25Bq31Bq
11月14日福島県(いわき市)非流通品6.5Bq未満16Bq19Bq
11月14日福島県(いわき市)非流通品23Bq未満2000Bq2500Bq
11月14日福島県(広野町非流通品8.9Bq未満90Bq110Bq
11月15日茨城県(東海村沖)非流通品3Bq未満12Bq23Bq
11月16日茨城県(北茨城市沖)非流通品4Bq未満59Bq70Bq
月日県(市)非流通品BqBqBq
 
厚生労働省発表「食品中の放射性物質に関する情報」に基づき作成。


ヒラメは産卵期に水深20mの浅瀬に移動すると言うが、4月頃から汚染が目立つようになる。これは、前項でも触れた浅瀬に生息する水産物に共通して言える点と、同様の事がヒラメにも言えるのではないだろうか。相対的に見て現在でも高い汚染数値が計測される点を見ると、当面は倦厭する方が賢明な判断かもしれない。

(本稿は続きます)