横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

お金大好きS.B.と車大好きTOYOTAとの提携

先週はびっくりした話じゃったが、そのびっくりを超える出来事があったぞぇ。
それは、10/4(木)に発表された
ソフトバンクGとトヨタ自動車が提携しおった事なんじゃよ。
これって、日本を代表する製造業の雄、トヨタ自動車が
得体の知れない「IoT」・「AI」・「Ridesharing」等の外国企業の株を所有するソフトバンクG
に関わらざるを得ない時代になってしもうたって事なんじゃ。
爺やの言葉を使うと
「ブローカーに職人が頭を下げた」って事。
頑固一徹の職人さんが頭を下げるのは基本的に絆された女性に対してだけなんじゃ。
たかが一介のブローカに頭(こうべ)を垂れなくては生き残れない状況に陥ったって事。
その昔、
現社長の豊田章男が若かりし頃、ソフトを売り込みに来た孫正義を袖にしたそうな。
そして、時代は流れてドンブラコ。
お金大好きS.B.と車大好きTOYOTAとの相性は・・・・・。

シャネル マツリ (CHANEL MATSURI) in 六本木天祖神社

爺さんはもういい歳じゃから今時のファッション・芸能世界には疎いんじゃが
あのシャネル(CHANEL)が「六本木天祖神社」を物販イベント会場にした事に
とても驚いてしもうた。
「六本木天祖神社(龍土神明宮)」のご祭神は「天照大御神」じゃ。
神社側の粋な計らいも立派じゃが、シャネルジャパン情宣担当者の企画戦略には脱帽じゃ。
更に「人寄せパンダ」には組織のしがらみから5人の絆を断ち切ったお方のお嬢さんが
お勤めになっておられるとか。
それも何と彼女は御年15歳の高校一年生(日本の学制なら)とか。
秋田犬(あきたいぬ)が大好きな「ザギトワ(16歳)」さんを
グローバルアンバサダー(Global Ambassador)に選出したSHISEIDO(資生堂)の感性に
感心したんじゃが、それを凌駕する文化破壊融合商品販売戦略じゃと思わんかいのー。
「ブランド企業の「アンバサダー」って、何する人なの?」 (日経Web)

平成最後の秋 愛でれない中秋の名月

9/23(日)秋分の日で休日じゃったから翌9/24(月)は振替休日で2週に渡る3連休。
その9/24(仏滅)は旧暦の8/15に当たり「満月日」じゃった。
平成最後の中秋の名月を楽しもうと思っておったんじゃが
生憎の曇り空で愛でることができ得なかった。
しかし、きっちり「お萩」、及び、「お月見団子」は連チャンでしっかり食したわい。
目の保養はちーと残念じゃったが晩秋の名月に期待しておるぞぇ。
負け惜しみになるんじゃが
東京地区ではなぜかこの「晩秋の名月」の方が綺麗に見えるんじゃよ。
因みに、今年の旧暦9/15は10/13(日)で大安吉日、乞うご期待。

粋で素敵な江戸っ子姉さん逝く

樹木希林(旧悠木千帆)さんがあちらの世に逝かれた。(2018/9/15)
彼女は内の婆さんと同じく千代田女学院のご出身。
神田生まれのちゃきちゃきの「江戸っ子姉さん」。

「阿ず・媚びず・衒わない 粋で素敵な女性」

左様ならば(さようなら) 合掌。

「荒ぶる天のなせる業」に感服

先週の「北海道胆振東部地震」・「台風21号」で
お亡くなりになった方々には心よりご冥福を祈り、
大被害に見舞われた方々には心からお見舞いも申し上げる。

改めて自然の猛威には畏怖を覚えるぞぇ。
西の空の玄関口、大阪湾に設営された「関西国際航空」が海水浸しでダウン。
本土と唯一繋がる橋にタンカーが激突、交通インフラダウン。
これらにより物流等はさておき、約3000の人々が一昼夜人口島に缶詰。
一方、最大震度7を食らった「苫東厚真火力発電所」がダウン。
猛吹雪の「ホワイトアウト」は聞いたことがあったが、「ブラックアウト」が発生、
道内全域に電気供給がシャットダウンし停電に及ぶ事態。
「人智」が「天災」に到底敵わない、まごう事なき例証じゃよ。
「荒ぶる天のなせる業」には甚だ感服せざるを得ない。
「天災は忘れた頃にやってくる」時代から「天災は日常的に襲ってくる」時代へ変貌。

「物を言う」アスリート達

体育会系組織が2020年東京五輪を前にして、綻び始めているぞぇ。
得てして、今まで、既存の体育会系組織の対して「物を言う」ことは御法度じゃった。
大概は「長いものには巻かれろ」の呈でストレスを感じながら組織に安住する道へ。
或いは、若干ではあるものの
「心ある」
「気骨ある」
「天晴れな」
「お茶目でやんちゃな」
「体制迎合しない」
者は「黙って(偽申告有り)」その組織から去って行く方法を選択するものじゃった。
世の中では、なぜか後者が「世渡りが下手」と言われたもんじゃった。
ところがどっこい、昨今では組織離脱も良しとして
「物を言う(=物申す)」アスリート達が輩出しておる。
これも「時代の流れ」なのかも知れんのー。
「自分の『好き』なように生きる事」は例え生活困窮が待っておっても
メンタルにはとても良きことなんじゃ。
健全なメンタル(精神)にしか健康な肉体を保てないんじゃよ。
生活が安定している時代の申し子達、よくぞ言った。言い続けて欲しいぞぇ。

時は「タキオン級」に進む日々

今日は9月1日(土)
いよいよ平成最後の秋に突入しおった。
2018年(平成30年)も残すところ4ヶ月。
月日(つきひ)は矢の如く「あっ!」と言う間に過ぎ去って行く。
時の流れが速く感じるのは日々の「時めき」が欠如して行くからとか?
確か「チコちゃん」がそんな事を言っておった。
決して「ボーっと生きてんはいないんじゃ」が、爺やの時は「タキオン級」に進んでおる。
しかしながら、なんも「諦観・悲観・楽観」はしておらん。
何せこの世は「なるようにしかならん」からじゃよ。
誰も「明日の出来事は分からん」ことだけが真実じゃ。
だから「楽しい」と思うんじゃがのー。
日々美味しく味わっている「紫煙(タバコ)」のお値段が10/1(月)より上がるとか。
日銀のスタッフが目指す「物価安定目標2%」に些かでも貢献できるってもんじゃよ。
とは言うものの「近経が破綻」しておるのも事実なんじゃが・・・・・。
「素直」に認められないのは「時の流れ」を感じる感性が鈍っておるのやも。

平成最後の夏 長男和生 父典弘を超える

異常気象の最中、みんな元気に過ごしていたかいの?
爺やは齢を重ね体の切れが鈍っておるとは言え、しぶとくいきておったぞい。
ところで、家に帰って来た早々、例の競馬好き爺やがワシを待ち構えていよった。
「どこをほっつき歩いておったんじゃ」から始まり
「とうとう時代が変わったようじゃよ」とまくし立てよった。
「一体、どうしたんじゃ?」と聞くと
嬉しさと寂しさを絡めながら
「おまえさんがいない間、平成最後の夏競馬、札幌競馬場で
漸く、長男坊、和生が父、横山典弘に人気薄で勝利し
1、2フィニッシュを決めよったんじゃよ」と。
詳しく話を聞くと
帰省ラッシュ中の8/12(日)札幌競馬場6R12頭立て競争での出来事。
父、典弘騎手(50歳)は1番人気で長男坊、和生騎手(25歳)は9番人気。
レース結果は和生騎手が一等賞、典弘騎手が二等賞のお美事な1、2フィニッシュとか。
更に、和生騎手は同日メイン「エルムステークス(G掘法廚能蕕瓩峠転淦覇とか。
彼は2011年3月デビュー、苦節7年を要し重賞初勝利に輝いたそうなんじゃ。
典弘騎手は当然じゃが母親、園美さん(奴情報)は増して嬉しかった思う。
「老兵は死なず只消え去るのみ」は時の流れに身を任し続けるもやがて迎える事象。
和生騎手が父、典弘騎手を超えたとは言え、典弘騎手は未だ、バリバリ?の現役中。
男、横山典弘騎手はまだまだ熟練の妙技を身を以て教え・伝え続けてくれると思う。
(かく言うワシも若かりし時節、とてもやんちゃな典弘騎手のファンじゃたんじゃ。)

又、例の競馬好き爺さん次なる夢は親子1、2、3フィニッシュとの事じゃ。

「横山典・和1、2フィニッシュ実現」

横山和・武兄弟 1、2フィニッシュ」

平成最後の夏 隅田川花火大会は7/29に変更

平成30年、平成最後の夏のイベント「隅田川花火大会」は「今日」じゃったが
未だ嘗てない珍しいルートで日本に迫る台風12号がお邪魔んぼう。
今の段階では明日、7/29(日)に順延・変更されておる。
又、本日の午後6時に再判断の発表をする段取りになっておるそうじゃ。

平成30年隅田川花火大会

目出度く開催されたら
時代の区切りじゃから、お時間の許す方は是非々々「桜橋・厩橋会場」へ。
粋な姉さんは鯔背な彼と連れだっていらっしゃる事、お薦めじゃ。
そう言えば
平成25年の花火大会はスタート直後、いきなりの土砂降りで中止に追いやられたわい。
打ち上げられた花火玉が横っ飛びした光景はそれはそれは凄かったぞい。
「開始30分でどしゃ降り、初の中止に 隅田川花火大会」 (日経Web 2013/7/27)

一方、今年の蝉は7月上旬に鳴き始めたんじゃが
あまりの暑さなのか?昨今は「蝉時雨」ではなく「蝉一雨」ってな感じなんじゃ。

この未だ嘗てない連チャンの暑さには辟易。
そんなこんだで、爺やは「夏休み」って算段じゃ。
ほんじゃ、又な。

「爺・婆殺しのこの暑さ」堪らんわ

昨日は「夏の土用の丑の日」。
みんな、「高価な鰻の蒲焼き」を食したかいの?
今年は昨年よりも梅雨明けが早く、連日の猛暑じゃよ。
エアコンを炊き続け、日々過ごすも猛暑に貢献する行為じゃから
いやはやなんとも情けない思いじゃ。
来週土曜日は「隅田川花火大会」じゃが、この暑さに思いやられるぞぇ。
暑さ寒さの彼岸はまだまだ先、「爺・婆殺しのこの暑さ」堪らんわ。

平成30年隅田川花火大会

RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
 
Recent Comments
QRコード
QRコード