横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2010年04月

競馬好き爺さんにとっては「天皇賞」

やっと過ごしやすい日々となったのー。
今年の異常乱高下気温にも良く堪えたわい。
そんでもって、今日は、
例の競馬好き爺さんがやって来おった。
何やらクラシック競争は早くから投票できるんじゃそうだ。
そんで爺さんはと言うと
「パソコンの神さまの天皇賞はどうなってる。」って調子。
奴には
「お天気が良いから今日は未だ神様を開いておらん。」
って言うと
「散歩も良いが、神さまのお告げも頼んますわー。」って
帰って行きよった。

今日4/29は「昭和の日」になっちょる。

4月29日の休日名の変遷はと言うと
1948年(昭和23年)〜 「天皇誕生日」(昭和天皇)
1989年(平成01年)〜 「みどりの日」
2007年(平成19年)〜 「昭和の日」
まあ、若いみんなにとっては
「ゴールデンウィーク」初日って事になると思うんじゃが。
何せ明日お休みを取れたら、7連休じゃもん。
因みに、
12月23日 「天皇誕生日」(平成天皇)
11月03日 「文化の日」(明治天皇誕生日)「天長節」           
尚、残念ながら
08月31日
の大正天皇誕生日は祝日になっておらんのじゃよ。

新日米安全保障条約による負の恩恵

これは数え上げたらきりがないんじゃよ。
一番打撃を蒙った事は
日本人の心に「アメリカ文化」を注入された事じゃ。
早い話は、「早い」「安い」「押し付け便利」じゃよ。
これについてはぐだぐだ言わないことにする。
次は日本の食糧自給率を40%にされた事じゃ。
アメリカ農家生産物を目一杯輸入させられたんじゃよ。
又、牛肉は黴菌混入ものも(現在は基本的にストップしちょる)。
お次はジェットエンジン航空機を開発できなかった事じゃ。
敗戦65年を経てやっとO.K.が出たわなー。
今日はここまでにしとく。

米国の新日米安全保障条約による恩恵

「ベルリンの壁崩壊(1989年11/10)」後の、
1989年12/3ブッシュ・ゴルバチョフ、マルタ島会談以前は
「資本主義国家」と「社会(共産)主義国家」とがいがみ合う
通称、「冷戦」時代と言われておったんじゃ。
そんでこの日本は中国・ソ連に対する前線基地として
米国は目一杯利用できたんじゃよ。
因みに米国V.S.北ベトナム戦(ベトナム戦争)に於いても
「沖縄基地」は非常に役に立ったんじゃよ。(1965〜1975)
又、日本の総理だった、ヤスは過激にも日本独自で
「日本列島を敵機進入防護壁(不沈空母)にする。(1983年1/17)」
とも言いよったんじゃよ。

新日米安全保障条約の恩恵

新左翼系学生さん達の反対運動を倒し
岸内閣が新日米安全保障条約を締結した事により
日本は本来、軍備に投資しなければならない「税金」分を
日本の産業発展に回す事が可能になったんじゃ。
このお蔭で日本は「経済高度成長時代」を
迎える事になったんじゃよ。(1960〜)
当然、過酷な?時代を過ごした田舎の皆さん達は
働き盛りの次男・次女達を泣く泣く?「都会での働き手」として
送り込み、ご自分達は額に汗して健康的な野良仕事の毎日じゃ。
(「ALWAYS 三丁目の夕日」みたいな時代模様や)
新日米安全保障条約は
私たちに
お仕事口をたくさん作りだし、「就活」なんぞ必要なしの「時代」を
お与え下さったんじゃよ?

日本と米国の脅威国とは

以前、或いは、現在?も日本にとって脅威・仮想敵国
(否、日本を米国に替えるべきか)は
ロシア連邦
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
の三カ国と言う事になっていると思うんじゃが・・・・・?
確かに、つい先だって迄、ロシアは社会主義国家の盟主だったし、
今でも、一国二制度の中国はベースは共産主義国家、又、北朝鮮も
バリバリのアジア的共産主義国家である事は事実なんじゃ。
1983年(昭和58年)、大韓航空の民間機が領空侵犯理由で
ソ連空軍にいとも簡単に撃墜された事。
(日本人28人、アメリカ人62人死亡)
お隣中国は日本、米国に向けてミサイル配備している?との事。
更に、排他的水域での天然ガス抜き取り。
北朝鮮は日本人を有無を言わせず自国に連れ去る始末。
やっぱーこれらは怖ーい国々じゃ。

日本を守る米、陸・海・空軍・海兵隊?

「日本国の安全に寄与
極東における国際の平和及び安全の維持に寄与の為
米軍は日本国において施設及び区域を使用することを許される」
これにより米、陸・海・空軍は北から
青森県   三沢空軍基地
東京都   横田空軍基地
千葉県   木更津海軍基地
神奈川県  厚木海軍基地
神奈川県  座間陸軍基地(実働部隊は現在不在)
山口県   岩国海兵隊基地
福岡県   福岡空軍基地
長崎県   佐世保海軍基地
沖縄県   普天間海兵隊基地
沖縄県     嘉手納空軍基地
沖縄県     キャンプ・フォスター(海兵隊基地司令部 )
沖縄県     キャンプ・コートニー(海兵隊基地司令部 )
沖縄県     キャンプ・マクトリアス(海兵隊基地司令部 )
沖縄県     キャンプ・シールズ(海・空軍)
沖縄県     キャンプ・シュワブ(海兵隊基地)
沖縄県     キャンプ・ハンセン(海兵隊訓練基地) 等々
これら以外に、
通信所、貯油所、弾薬庫、弾薬補給所、爆撃場、演習場等が
立派に日本に存在しておるんじゃよ。

抑止力と言う名の日本蹂躙を認めた日本

大東亜戦争に日本が敗れた事実はみんな知っているんじゃよな?
そんで、日米安保条約を結んでいる事実も。

1951年(昭和26年)旧日米安全保障条約の締結
「第一条
 平和条約及びこの条約の効力発生と同時に、アメリカ合衆国の陸軍、空軍及び海軍を日本国内及びその附近に配備する権利を、日本国は、許与し、アメリカ合衆国は、これを受諾する。この軍隊は、極東における国際の平和と安全の維持に寄与し、並びに、一又は二以上の外部の国による教唆又は干渉によつて引き起された日本国における大規模の内乱及び騒じよう{前3文字強調}を鎮圧するため日本国政府の明示の要請に応じて与えられる援助を含めて、外部からの武力攻撃に対する日本国の安全に寄与するために使用することができる。
第二条
 第一条に掲げる権利が行使される間は、日本国は、アメリカ合衆国の事前の同意なくして、基地、基地における若しくは基地に関する権利、権力若しくは権能、駐兵若しくは演習の権利又は陸軍、空軍若しくは海軍の通過の権利を第三国に許与しない。」
(データベース『世界と日本』日本政治・国際関係データベース
 東京大学東洋文化研究所 田中明彦研究室)
1960年(昭和35年)新日米安全保障条約の締結
「第六条
 日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。」
(同上)

60年安保に対しては、「新左翼系」の学生さん達が
この条約締結に反対声明し戦いを挑んだんじゃが
如何せん圧倒的な武器と政府御用達その筋軍団に対して
抗すことはできんかったんじゃ。
日本は民主主義国家じゃから「選挙」で「国会議員」さんが
選ばれ、「議院内閣制」じゃからその中から
「内閣総理大臣・首相」が選ばれるんじゃよな。
従って、
構造的にはこの条約は日本国民が選択した事になっているんじゃよ。
故に、本来、日本国民はみんなで
「米軍基地」をシェアーし合なければならないんじゃ。

世界の常識が日本にも蔓延

昨日は、初夏、今日は追寒。何とかならんじゃろかのー。
もっと何とかならんもんが昨今小うるさい「米軍基地」の話じゃ。
世界の常識が事、普天間に関しては
日本人も「日本人」をやめて、世界、国際人にならんとしてる。
何処の日本の住民も
「米軍基地」が暮らしている処に有るのは嫌に決まっているやろ。
徳之島ヘリ部隊移転案で徳之島住民は
先週の日曜日にマスメディアの発表によると
15.000人も参加してデモったそうじゃ。
徳之島の人口は約27.000人と言うから
殆どの大人が集まった事になるんじゃのー。
まあ、デモってもんは「意識なく」参加してるもんをおるんや。
通称、「お付き合い」の類のもんじゃ。
隣の誰々が行くっていうから・・・・・。
それは、さて置き、「日本人の誰もが嫌なんであれば」
この際、いっその事、「抑止力と言う代物」に目を瞑り、
日本全土から「米軍」さんにお引き取り願ったら如何なもんかのー。

野球も渋過ぎるスポーツ化現象へ???

昨日、渋過ぎるスポーツ、レガッタに触れたついでに、
近頃のスポーツニュースにも異変がおきちょる話じゃ。
爺や世代のスポーツと言えば、「相撲と野球」のみじゃった。
「相撲」の方は、最近までやんちゃ坊主がいよったから
何とかなっていたんだけれど、
「野球」となると今や地に落ちた感があると思わんかい。
昔はビッグスポネタがない限り、
スポーツニュースの順番は先ずは「野球」じゃった。
更にピーク時は野球単独スポーツニュースもあった位じゃ。
それが今の順番は元野球選手が活躍する
「ベースボール」がいっと最初なんじゃよ。
これって爺やにとってはとても嬉しいんじゃが、
ちーとばかり「野球」が心配なんじゃ。
このままで行くと、近い将来、必ず、レガッタ現象に・・・・・。
RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード