横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2010年07月

隅田川風物詩、花火大会

一年ぶり、隅田川風物詩、2010隅田川花火大会の日がやってきた。
東京にお住まいの方だったらご存じとは思うが
この花火大会は二会場同時開催なんじゃよ。
メインは 「桜橋会場」 でサブメインは 「駒形橋会場」 じゃ。
爺やは 「ちん・とん・しゃんの向島」 が住まいじゃから
桜橋会場の方なんじゃ。
既に今週の火曜日から隅田川沿いでは席取り部隊が常駐しちょる。
このスポットは既にテントが張られ昨日の雨も凌げ、
尚かつ、ベンチまで有るんじゃから4泊は辛くないじゃろ?
又、この地区で最近話題の東京スカイツリーは400mを
こえたそうじゃ。
じゃが、生憎、夜じゃから見えへんわ。
しかし、花火が花開いた瞬間には背景で登場するはず。
テレビキャメラマンはこのショットを狙っていると思うんじゃ。

明日は隅田川花火大会じゃ

この十何年来、花火大会の日だけ若者は着物を着る様になった。
男の子は 「甚平」 で、女の子は 「浴衣」。
それが、中々、様 (サマ) になっておるんじゃよ。
爺やは花火より専ら浴衣じゃ。
たっぱの高いお嬢さんでもちんちくりんのお姉さんでも
浴衣がよーく似合っておる。
まあ、着物自体がフリーサイズじゃから全く問題はないんじゃ。
浴衣・帯・駒下駄の三点セットと
団扇・簪 (かんざし)・デコデンの飾りもんで出来上がりじゃ。
そんで以て、今日の新常用漢字は
浴衣に因んで衣偏と糸偏じゃ。

袖(シュウ)袖手「そで」も採用。
裾(すそ)裾裏「キョ」は不採用。
綻(タン破綻「ほころ(びる)」も採用。
緻(チ精緻「こま(かい)」は不採用。

ウイルスに冒されない限り病は「気」から

病気って当(まさ)に 「気 (こころ) を病む。」 って事じゃ。
先天的に疾患をもってこの世に生まれ出た方々には
大変お気の毒なんじゃが、
少なくても 「五体満足」 で誕生したからには
みんな、「元気」 の筈なんじゃよ。
そして、 「ものごころ」 がつかない間は天下太平じゃ。
お腹が空いたら 「ぎゃー・ぎゃー」 喚けばよいし、
何かにぶつかったり、自分で転んだりした際には
「おえん・おえん」 泣き叫ぶばいいんじゃ。
この時点で既に 「学習」 をし始めてるんじゃのー。
それが、時を重ね、やがて、「物心」 がつき始めた時からが
問題なんじゃよ。
以前ならば、嫌な事が生じたら泣き叫ぶだけで解決したんじゃが、
どっこい、今度は 「そうは問屋が卸さない。」 んじゃなー。
「堪え忍ぶ=忍耐」 とお上手につきあわないと
必ずと言っていい程、体調を崩したり、痛めたりするんじゃよ。
知り合いの婆さんが良く言っとるは、
どこぞが痛いからって病院に行くとそのお医者先生のコメントは
必ず、「ストレスが原因」 じゃとさ。
そんで以てこの婆さんはいつもぶつぶつ・・・・・。
「よく食べ・良く眠り・良くスルーしていたら」 大概元気じゃ。
(ウイルスの侵入を許さない限り)
後は、「嫌な事」 はさっさと忘れる事じゃよ。
そんで今日の新常用漢字は病垂 (やまいだれ) じゃ。

痕(コン)痕跡「あと」も採用。
痩(ソウ)痩身「や(せる)」も採用。
瘍(ヨウ腫瘍「できもの・かさ」は不採用。

物言えば唇寒し そして思いは伝える事

「物言えば唇 (くちびる) 寒し秋の風」
これは、松尾芭蕉さんの俳句じゃよなー。
今の意味合いは 「口は災いのもと」 的になっておるが、
これはちーと違うんじゃよ。
本来は、
「相手の短所を指摘せず、自分の長所は披瀝せず。」 って事じゃ。
どうも今日日は相手を貶 (けな) して 「笑い」 を取る事が
蔓延しちょるみたいじゃが、
爺や世代はこれって聞き苦しくて堪らんぞい。
「MANZAI (漫才)」 のボケ役の本質を分かっておるんじゃろか?
神と精霊とのやり取りが原初なんじゃが・・・。
相手を思いやる心を以て話せば、どんな言葉も通じる筈じゃ。
バンバン自分の思いを相手に伝えなければ
「会話 (交通)」 が成立しないし、相手も思いも分からんじゃろが。
そんでもって、今日の新常用漢字は言偏じゃ。

諧(カイ)俳諧「かな(う)」は不採用。
詣(ケイ)参詣「もう(でる)」も採用。
詮(セン)詮索「あきらか・しら(べる)」は不採用。
諦(テイ)諦観「あきら(める)」も採用。
誰(だれ)誰か平安時代は「たれ」。
謎(なぞ)謎々謎掛けもあるよのー。
訃(フ)訃報「つ(げる)・し(らせ)」は不採用。

ところで、「秋の風」はまだまだじゃのー。

太陽ぎらぎら、とにかく暑い

爺や長年に渡りこの世で生きさせてもらっているが、
今年ほどの 「夏の暑さ」 は初めてじゃい。
この星はお日様がぎらぎら燃えてくれているから
存在しているんだから、お日様に罪を帰させてはならないんじゃ。
太陽あっての地球なんじゃからのー。
太陽が燃え尽きたらどちら様も生きていけねえって事。
お日様、さまさまなんじゃよ。
少々の暑さは我慢しなくちゃのー。
所詮、この暑さは爺やも含め人間様の仕業じゃけ。
「心頭滅却すれば 『日 (火)』 も又涼し」 ってなもんだ?
常夏のハワイと違い、この日本は年間暑い訳じゃないんだから。
もう、一ヶ月か、そこら経てば、
爽やかな 「秋」 が巡って来て下さるんだから。
そんでもって、今日の新常用漢字は日偏と平日 (ひらび) じゃ。

曖(アイ)曖昧「くら(い)」は不採用。
昧(マイ)愚妹「くら(い)」は不採用。
旺(オウ)旺盛「さか(ん)」は不採用。
旦(タン)元旦「ダン」旦那も採用。「あした」は不採用。

今日は満月、土用丑の日で鰻の蒲焼き

今日はたまさか、約月に一度お目にかかれる十五夜じゃ。
更に、土用丑の日ってわけじゃよ。
空を見上げれば望月、
鰻の蒲焼きを肴に冷酒を頂くにはもってこいの日じゃ。
中々乙な日じゃろ。
又、更に更に月曜日ときちょる。
中秋の名月には勝てんと思うが月尽くしじゃから
今日の新常用漢字は 「月偏」 と行こうと思うんじゃ。
だが、遺憾な事に月偏はないんじゃよ。
その変わりと言っちゃ何だが似て非なるものの 「肉月」 を。

臆(アイ)臆病「おく(する)」は不採用。
腫(シュ)腫瘤「はれ(る)・はら(す)」も採用。
腺(セン)分泌腺「すじ」は不採用。
膳(ゼン)御膳「そな(える)」は不採用。
 前出 身体で
 前出 身体で
 前出 身体で

ところで、昨日のJRA分析、北海道、函館場所は惨敗。

夏休み、今の北海道・函館は涼しいのかな

北海道の良い処は
何と云っても、女性が暖かく・優し過ぎる事、
寒さが気にならない方には、格別のパウダースノー、
じめじめ鬱陶しい梅雨が無い事、
盛夏でも湿度が低く、爽快な暑さを満喫できる事。
それで、今日のJRA分析は北海道、函館場所じゃ。

「第46回 農林水産省賞典 函館記念」
1 「距離延長組」が中心!
2 前走が「重賞」だった馬は割り引き!?
3 前走から「中3週以内」の馬が好成績!

上記のファクターをすべてクリアーするお馬さん
04 メイショウクオリア  (長谷川 浩大)
09 ナムラマース (藤岡 佑介)

上記のファクターを2つクリアーするお馬さん
02 スズカサンバ (吉田 隼人)
03 マンハッタンスカイ (武 幸四郎)
07 マヤノライジン (藤田 伸二)
16 フィールドベアー (秋山 真一郎)

爽やかな函館を一等賞で駆け抜けるお馬さんは・・・。

繊細な仕草は指先から

そろそろ、何処かしこで 「夏祭り」 がはじまっておる。
夏祭りの楽しみは、
子供にとっては夜店でのお菓子ねだり、
若者にとっては浴衣・甚平ファッションデート、
婆者にとっては盆踊り大会、
爺者にとっては特になし、せいぜい蚊に刺されるくらいじゃ。
この盆踊り大会なんじゃが、何故か婆さん達がはしゃぐのだよ。
普段はあっちが痛いのこっちが痛いと言いよっておるのに
この日だけは妙に腰がしゃんとして元気いっぱい。
何か変なんだが、婆さん達も、お・と・め を思い出し
衆目に対し、お・み・な をさらけ出すんじゃ。
ほんと、憎めないのー。
只、如何せん乙女体力が無い為、表現は「手先」で勝負。
何とも、繊細で美しく優しい所作をしよるんじゃよ。
まあ、これ位にして、今日はその指先に因んで
手偏でエントリーされた新常用漢字じゃ。

挨(アイ)挨拶「お(す)・ひら(く)」は不採用。
拶(サツ)挨拶「せま(る)」は不採用。
挫(ザ)頓挫「くじ(ける)」は不採用。
拭(ショク)払拭「ぬぐ(う)・ふ(く)」も採用。
捉(ソク)捕捉「とら(える)」は採用。「つか(まえる)」は不採用。
捻(ネン)捻転「ねじ(る)・ひね(る)」は不採用。
 前出 拉致の項で

草木が無くなると自然は二極化に?

日本だけでなく、いろんな国で今年もかって経験したことがない
お天気模様をきたしているそうじゃ。
基本的には、現在、
北緯がめっちゃ暑く、
南緯がめっちゃ寒くなっているそうな。
一昨日のAFPニュースに依ると
南米のアルゼンチン・パラグアイ・チリ・ボリビアでは大寒波に
見舞われているとの事じゃ。
自然界も人間界同様、全ての事で
「白黒」 両極端の現象が起こっているのではないじゃろか。
「ファジーゾーン」 が殆ど無い時代に突入してしまったんじゃ。
これって、
地球誕生以来、この星が作りたもうた天然資源 (地球の恵み) を
急速に貪った結果と思うんじゃ。 (当然、爺やも含め)
部屋暑い → エアコン回す → 部屋が涼しく快適
これで、何か良い気分なんじゃが、
エアコン回す → 外気を温める → 更なる気温上昇
と言う 「人間エゴ」 酷暑サポートサイクルを
行っているんじゃよ。
因みに、草木が茂る山々は涼しいぞー。
だから、VIPの金賢姫さんは 「軽井沢」 なんじゃろ。
そんで以て、きょうの新常用漢字は木偏。

椅(イ)椅子「こしかけ」は不採用。
楷(カイ)楷書「のっと(る)」は不採用。
梗(コウ)梗塞「キョウ・ふさ(がる)」は不採用。
桁(けた)桁外れ「コウ」は不採用。
柵(サク)柵門「とりで」は不採用。
椎(ツイ)椎骨「スイ・しい」は不採用。
枕(まくら)枕詞「チン」は不採用。
 前出 植物の項で
 前出 植物の項で

草木も眠る丑三つ時、肝を冷やさない昨今

こう暑いと来ると、
昔々、
昼間は、かき氷・冷やし西瓜・汗拭き手拭い
夕方は、縁台・打ち水・団扇。
そして、風物詩の花火大会とお化け屋敷で十分じゃったんじゃが
これが、何と、現代ではエアコン一つで十二分なんじゃよなー。
爺やは寒過ぎ、思わず風邪を引いてしまうんじゃねえか
と心配になってしまう位じゃよ。
又、昨今は 「肝を冷やす」 事が多過ぎ
お化け屋敷は要らなくなったみたいじゃのー。
草木も眠る丑三つ時 (A.M.2:30頃)、今の若者は
「行け行け・ガンガン・どんどん・チマチマ」 なんじゃろー?
そんで以て、今日の新常用漢字は草木の草冠からじゃ。

苛(カ)苛酷「さいな(む)・いら(だつ)」は不採用。
萎(イ)萎縮「な(える)」も採用。「しぼ(む)」は不採用。
蔽(ヘイ)隠蔽「おお(い)」は不採用。
蔑(ベツ)蔑視「さげす(む)」も採用。
藍(ラン)藍碧「あい」 藍色も採用。
蓋(ガイ)蓋然「ふた」 も採用。「おお(う)」は不採用。
芯(シン)芯地「とうしんぐさ」は不採用。
 前出 植物の項で
 前出 植物の項で
RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード