横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2011年04月

今年はゴールデンウィーク?

会社にお勤めの皆さんは
5/2(月)と5/6(金)をお休みが貰えれば10日間の連休じゃ。
昨年までなら
スワッ海外へ、国内なら霊験灼(あら)たかパワースポットへ等々
胸が時めく、お日柄何じゃが、
今年は何やらそうはいかない雰囲気じゃのー。
だいたいマスメディアからして 「どん引き」 状況じゃよ。
こんな風潮じゃから
爺やが毎年楽しみにしている
「三社祭」 も中止に追い込まれたんじゃ。
「お祭り」 を中止してどうするんじゃい。
日本古来の 「神事」 なんじゃぞ。
「自然を畏怖し、秋の豊作を願う。」 事を止めたら
八百万の神々は 「驚き桃の木山椒の木」 ってなもんじゃろ。
マスメディアも 「本質」 をとらまえて斟酌して欲しいんじゃが
まあ、無理ってもんか。

放射線100ミリシーベルト恐れるに足りず

4/25日経新聞朝刊に書いてあったんだよ。
「発がんリスク、放射線100ミリシーベルトで受動喫煙並み」
のタイトルで

「放射線を健康に影響が出るとされる
100ミリシーベルト程度浴びた場合でも、
がんの発生するリスクは
受動喫煙や野菜不足並みにとどまる。」

何と心強いじゃろが。
国立がん研究センターの偉いさんが言っておるんじゃから
きっと以て大丈夫なんだろう。
発がんリスクから換算すると爺やはヘビースモーカーじゃから
1600ミリシーベルトの放射線を浴びていると同程度との事じゃ。
放射線1600ミリシーベルト なんて恐れるに足りずじゃよ?

海には1000ミリ、空には?ミリシーベルト2

早速、主に3月15日と16日に吹っ飛ばされた放射性物質は
63京ベクレルだった。
そこで、
630,000兆ベクレル÷32.64兆ベクレル=19,301.5
19,301.5×1,000ミリシーベルト=
なな、何と、19,301,500ミリシーベルト/H。
(放射性ヨウ素131換算で)
これって凄過ぎる値じゃろ。
7,000ミリシーベルト/Hの放射線を浴びると50%以上の方が
死亡してしまうと言うから、この値は一瞬でアウトじゃろ。

しかし、心配は要らない筈じゃ。
1 広い・広ーい野原いっぱいにばらまかれた事
2 放射性ヨウ素131の半減期は約8日
  (半減期30年のセシウム137だとちーと困るが?)
3 国民の生命を守ってくれる日本政府が大丈夫と???

故に、「警戒区域指定」されないエリアは問題ない・・・・・。

海には1000ミリ、空には?ミリシーベルト1

昨日漸く、
32.64兆ベクレル=1,000ミリシーベルト/H 
と換算できたので試しに大気中に放出された放射性物質は
どんなもんだったか計算してみることにしたんじゃ。

大気中に放出された放射性物質量
値の大きい方は原子力安全委員会発表の
63万テラベクレル(大気中観測結果逆算)じゃった。
詳細は「福島原発事故 レベル7、値はテラに」 で。
この情報は東日本巨大地震発生から1ヶ月経過した
4月12日に各報道機関で公にされた事じゃ。
因みに何かと利用している日経webでは
「福島原発、最悪のレベル7 放射性物質を大量放出」
のタイトルで紹介されていたんじゃが
検索してみると既に削除されているんだよ。
これは一体どうなっているんだ?
まあ、今はその事にかまけず、
数字に誤りがあると具合が悪いから 「日経新聞」 を
あわててまさぐって見たところ数字はあっていたんじゃ。
削除されていた事にビックリしたもんで続きは明日じゃ。

1000ミリシーベルト=33兆ベクレルに

やっと、爺やがもやもやしていたことに決着がついたんだ。
それは懸案の
人体、及び、動植物を害する時間当たりの放射線量単位のシーベルト
放射能の量を表現する単位のベクレル
(詳しくは、 「シーベルトとベクレルの違い」 で確認してくれりょ。)
の簡単換算方法が類推できたんじゃ。
何やら、4/20、福島第一原発3号機近くに散乱していた 「がれき」 に
900ミリシーベルト/Hの放射線量を出す奴があったんだとさ。
「福島原発3号機、がれきから高いレベルの放射線量」
(日経web 2011/4/23 20:40)
その記事の中に
「毎時900ミリシーベルトは2号機から海に漏出していた高濃度汚染水
の放射線量1000ミリシーベルトに匹敵。」
と書いてあったんじゃよ。
爺やも思わず 「目が点」 になってしもうたんじゃ。
2号機から海に流れ出た放射線物質については
「海洋流出の放射性物質『4700兆ベクレル』福島2号機」
(日経web 2011/4/21 12:09)
での記事で
「海洋流出は2日に東電が確認し、6日に止水した。
今回の推計は確認前日の1日から流出が始まったと仮定。
6日までの期間で、
放射性ヨウ素131やセシウム134、137
などを合わせた放射性物質の量は
『4700兆ベクレル』という。」
と記載されていた。
と言うことは、
4,700兆ベクレル÷144時間=32.64兆ベクレル
になるんじゃ。

32.64兆ベクレル=1,000ミリシーベルト/H に

この1,000ミリシーベルトを浴びると吐き気がして、
体に害を与える値との事らしいんじゃ。

福島原発事故はあくまでも地震と津波が原因

又、又、昨日の続編じゃ。
東電社長は福島県知事(原発推進派)に侘びを入れた後、
福島県郡山市で福島原発事故の煽りを受け
避難生活をされておられる方々にも所へ
頭を下げる為に出向かれた。
その際の様子を4月22日夕刻から報道各社が映像を流しておった
爺やはこの映像を見て非常に違和を感じたんじゃよ。
確かに、非難された方々は
「日本政府のお達し」 で着の身着のままで
移動する事が可能な方々のみ 「故郷」 を後にされた。
更に4/22より 「警戒区域」 にお住まいされていた皆さんは
ご自分達の 「お家」 に帰ることができなくなってしもうた。
この体たらくに怒り心頭な事は十二分に理解できるんじゃが、
東電の社長に 「罵倒を浴びせる」 事はお門違いなんじゃよ。
東電・福島原発は自ら事故を起こしたのではなく
事の発端は 「3.11東日本巨大地震」 であり、「大津波」 であり、
所謂、世が言うところの 「天災」 なんじゃよ。

東電社長はきちっと謝罪!

昨日の続きで、
取り急ぎ、「東電社長が謝罪」 をご覧頂きたい。

これが昨日話した、陳謝の気持ち表現体位なんじゃよ。

昨日紹介した 「菅首相を出迎える福島県知事」 と比べてみると
雲泥の差、一目瞭然じゃろが。
東電社長は少なくても 「気持ちをきちっと表現」 しちょる。
みんな知っているとは思うんじゃが、
今回の 「福島原発事故」 は彼の失態で生じたものではない。
原因はあくまでも 「3.11東日本巨大地震」 なんじゃよ。
しかしながら、
これって組織リーダーの宿命なんじゃが、
この事故により被災された方々には
「何と言われようが」
きちっと頭を垂れる仕事をしなくてはならないんじゃ。

陳謝の気持ち表現体位

取り急ぎ、 「菅首相を出迎える福島県知事」 をご覧あれ。

この写真から青の上下を着ている方に
「ご迷惑をかけて(いて)申し訳ない。」
「心より陳謝致します。」
「ご免なさい。」
と言うところの 「気持ち」 が感じられるかのー?

少なくても目線がきつく、口を真一文字に結んだ
銀鼠の方には 「陳謝の気持ち」 は伝わっていないと思う。

 「陳謝の気持ち」 の表現は
両手は 「気をつけ」 の姿勢 (手はももにつける)、
或いは、やや猫背気味に両手を前で結ぶ事。
上半身は斜め45度を一定時間保つ事。
これって、日本人の基本的な所作の筈なんじゃが。

被災者に義援金が届いたの?

確か今月の8日(金)に義援金配分条件が決定されたと思うんじゃが
毎日、「ニュース」 を注意深く見聞きしているにも関わらず、
被災された方々に義援金が手元に届いたって報道は
爺やは聞いたことがないんじゃよ。
ちゃんと届いているのであれば良いんじゃが?
それとも、この 「義援金配分状況」 を
「ニュース配信」 するべからずと 「報道規制」 お達しが
政府から発令されておるのかいの?
日本赤十字社と中央共同募金会等に義援金を供出した方々には
これじゃ 「張り合いがない。」 と思うんじゃが?
これって 「お節介」 なのかのー。

「義援金」一週間で200億以上の上積み

昨今煙草のかまけていたんだが、
今日は日本赤十字社に集められている
「東日本大震災義援金」 についてじゃ。
着々と義援金金額は積み重ねておるぞい。

     
 日本赤十字社 義援金受付状況 
   
4/18(月)現在 1,394億4,410万6,513円 195万5,802件
一件換算7万1,298円 

この一週間で200億円以上もの金額がみんなから寄せられたんじゃ。
因みに、1995年(平成7年)1月17日に襲ってきた
「阪神・淡路大震災」 での義援金は
翌年1月31日に受付中止する迄
1,006億7,897万1,076円 264万5,040件
一件換算は 3万8,063円 になったそうなんじゃ。
既にこの値を上回っているぞい。

RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード