横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2011年06月

震災効用、縁・絆の希求

故郷(親御さん)と都会(娘・息子夫婦)との別れた生活でも
都会生活者の皆さんが 「親子の絆」 は
いくら、保っていると豪語してもそれは儚い言い逃れなんじゃ。
みんな知っておるじゃろ。
幾ら好き同士でも、遠く離れていると、なぜか時間と共に疎遠になり
近くの手が届く所にいる人がより新たに好きになってしまう事を。
これなんじゃよ。
「縁・絆」 って相手との距離が短くないと保ちにくいものなんじゃ。
日々近くに存在すると、否(いや)が応(おう)でも
「顔色(その時の気持ち)」 が伺(うかが)えるんじゃよ。
今日の婆さん
ご機嫌斜め・妙にハイとか。
今日の孫
朝一番のお早うは何げに気だるそう・妙に明るいとか。
各々、エトセトラ。
すぐ相手の 「気持ち」 が手に取る様に解ってしまうのさ。
まあ、爺やが醸し出す光景も相手にはお見通しなのさ。
これが、「携帯」 では 「声の調子」 で判断せにゃならんし
増しては、「メール」 じゃのー。
やっぱー、実際の 「顔」 を見合わないと、縁・絆は生まれんぜよ。

核家族化で親子の絆崩壊

WIN5のお蔭で頓挫してしまった
東日本大震災の効用、「結婚したい」 の続きじゃ。
バブル崩壊を因として
齢を重ねたキャリアウーマン・ガールの顛末迄お話したんじゃった。
奇しくも彼女らみたいにファッショナブル(時流)な「自立生活」 を
選択できなかった・選択しなかった皆さん方は
 「親御さん達とは一緒に暮らせない結婚生活」 を
余儀なくされた、或いは、
彼ら・彼らには別居生活をエンジョイする筈じゃった核家族化を
チョイスしたんじゃよ。
この核家族 (家庭内個室化をも含め)
を選択する事により、「一家・一部屋に一台・一台」 方式で
消費経済は自然と上昇する事になったんじゃ。
これにより、製造メーカは
「作れば何でも売れる時代」 を謳歌する事になるんじゃ。
(製造メーカーでお仕事されている方々も同じ消費者)
一方、この核家族化により 「親子の絆崩壊」 が始まるんじゃよ。

続WIN5 2億円とキャリーオーバー

昨日の続報 JRAのWIN5企画、
JRAの企図した通り、配当金が2億円になった事以外に
もう一つ、WIN5の売上が上がると思われる
「キャリーオーバー (次回配当用繰越金)」 も実現したんじゃ。
何とその繰越金は 「4億6,718万円」 にのぼるんじゃ。
今週的中した方は配当金がこの分オンされるんじゃよ。
既にWIN5投票ができる方々は当然 「熱く」 なるし、
「WIN5 2億円とキャリーオーバー4億円」 が喧伝され
WIN5投票会員加入者が増加すると思われるんじゃ。
サラリーマンさん達の愛読紙 「日本経済新聞」 でも
(故に、競馬に関する情報はスポーツ紙以外、最も充実している。)
「WIN5で2億円 JRA史上最高払戻金」 と言う見出しで
記事が書かれていたぞい。
そして、次なるJRAの目論見は
的中者 「0」 で次週に全て売上金をキャリーオーバーじゃよ。
(正確には売上金のほぼ83.8%がキャリーオーバーの筈)
まあ、この企画はJRAの事じゃから
秋冬のかき入れ時 「秋G1戦線スタート」 迄は
大事・大事にしまっておく と 爺やは予想するんじゃが。
<そう言えば、この予想(よそう)、
 昔、飲み屋のおやじが宣っておったぞい。
 よ・そ・う は後ろから読むと う・そ・よ になるってのー。>

サッカーワールドカップ(女性陣)
なでしこジャパン戦士がニュー人ランド軍団に勝よった。
次戦も、柔よく剛を制してくんろ。

WIN5 2ヶ月経過で2億円出現

昨日の夕方、例の競馬好き爺さんがすっ飛んで来たんじゃ。
何事かと思いきや、奴は、
「おーい、ついに2億円がで・た・ぞー。」
それは、それは、凄い剣幕じゃった。
爺やはすぐ分かった、これはWIN5の配当金じゃと。
昨日は春のG1最後のレース 「宝塚記念」 じゃったんだと。
奴に依ると、この 「お宝」 に与(あず)かった票数は 「3票」 との事。
早速、JRAのH.P.を見てみると
売上金は 14億4.605万4,600円
払戻金は 02億円 (WIN5払戻金のマックス)
何と、このWIN5、今年の4/24からスタートしたにも関わらず、
2ヶ月後にきっちりキャッチコピー通り
「誰でも100円で最高2億円を手にするチャンス!」 の
お約束を果たしてしまったんじゃよ。
もう、お見事そのものじゃ。(下品じゃが、WIN5投票者の褌で)
ただ、この企画、「JRAのしたたかな被災地支援?」 で紹介した
ように、この売上金の約16.2%を東日本大震災被災地支援金
としてどちらへかは不明じゃが拠出しておるんじゃ。
昨日までにその拠出金額は 「18億円」 を超えているんじゃ。
(詳細は 「JRAの被災地支援の取組み」 で)
又、被災地支援競走企画での拠出金額 「11億円」 超じゃ。
WIN5・被災地支援競走の勝馬投票券購入者の皆さんは
日本大震災で被災された方々へ
「29億円」 以上寄付した事になるんじゃ。
この拠出先が日本赤十字社なら先週現在、2,533億円集まって
いると言うから、
WIN5・被災地支援競走の勝馬投票券購入者の皆さん方は
貢献度合いは非常に高いことになるんじゃよ。

 日本赤十字社 義援金受付状況 
   
6/23(木)現在2,533億0,579万9,832円236万2,944件
一件換算10万7,199円 

バブル崩壊で梯子を外された女性達

企業・社会・マスメディア等々に
「蝶よ花よ」 と持て囃され、費消生活に貢献し
キャリアを積み上げ、女性自活幻想をどっぷり浸かった
キャリアウーマン・ガールに皆さんは
「バブル崩壊」 によりあっけなく梯子を外され、
とても気の毒なんじゃが
女性自活は 「単なる絵に描いた幻想」 となりよったんじゃ。
米国グローバル企業本質である 「飽くなき利潤追求」 は
容赦なく彼女らの肩を激しく叩いたんじゃ。
因みに、コストが高い男性企業戦士 (アラフォー以上) も
同様、早期退職を促される始末じゃった。
「終身雇用・年功序列」 システムも単なる幻想に終わりよったんじゃ。
こんな状況を甘んじて受けざるを得なかった女性達は
今更、「結婚・子造り」 回帰を思想的・年齢的にも選択不可に。
余りにも悲惨な情況を迎える
齢を重ねたキャリアウーマン・ガールの顛末じゃったんじゃよ。

「縁」は異な物、味な物

「京」 は異な物、味なものって昨日話したが、
本来は 「縁は異な物、味な物」 って言うんじゃ。
この 「縁」 は通常は 「えん」 読むんじゃが、
本来は 「えに・えにし」 なんじゃ。
多分に男女の間柄について使う言葉じゃよ。
「縁は異な物、味な物」 と言うのはのー、
見知らぬ女と男が
ひょんな所で 「出会い」、
互いに心が妙にヤバッ グッと来た 「感じ」、
不思議な事に何故か心地良い 「気持ち」、
彼・彼女と一緒にいたい 「感触」、
やがて、「連れ合い」・「はは・ちち」 に、
味わい深い 「縁・絆」 の生まれ。
ってなもんなんだよ。

「京」 は異な物、味なもの

昨今の蒸し暑さ故、きょうは観点を変えて 「京」 じゃ。
この 「京」 はケイの方なんじゃ。
去る21日に報道された 「京」。
何処かで見た単位じゃと思ったら、3月に福島原発から
空へ拡散された77京ベクレル放射性物質の量じゃった。
ところがどっこい今度はスパコンの名前じゃった。
何と、この 「京」 は短髪・白いスーツ・お仕事場でモデルまでも
おやりになった方に放(ほか)される危機を乗り越え、
2011年度計算能力 「世界第一位」 に輝いたんじゃ。
やはり、二位じゃだめなんじゃよ。
みんなが知っている通り
全ての競争において、1位と2位との違いは歴然なんじゃ。
このスパコン 「京」 は2012年6月迄に
毎秒1京回の計算達成を目指しているそうじゃ。
何処かの誰かみたいではなく、
「京」 はきちっと期限を明示しちょるぞえ。
「京」 は異なもの味なもの、「偉いっ」。

「マルコウ」 は口実

 「マルコウ」 に気がつくと昨日宣ったが、実際のところは
女性の皆さん、こんな基本的な事を 「承知」 の上の事なんじゃ。
女性しか出来ない 「出産」 。
この特権を蔑(ないがし)ろにしただけなんじゃ。
 「マルコウ」 は口実で結婚しないでご自分だけの 「楽しい生活」 を
選択しただけなんじゃよ。
似非発想の 「自分の生き方は自分で決める。」 と言う代物を
「鵜呑み」 にしてしまった顛末。
少なくても次世代造り放棄 (親⇒自分⇒無) の上の発想には
親子の 「絆」 が生まれるよしもなし。
ましてや、第三者・他人・好きな人との 「絆」 なんぞ
推して知るべしじゃ。
そして、
彼女らにも悲惨な事に 「バブルの崩壊」 が襲う事になるんじゃ。

結婚後回しの自活女性軍団は

2度のオイルショックも基本的には難なく乗り切った1980年以降、
キャリアーウーマンと持て囃された女性が情けない男よりも
インカム(所得)が格段と多くなる状況を迎える迄になるんじゃ。
戦前、 「職業婦人」 と言われて、お年を召された女性がお仕事に
携わっていた事実もあるんじゃが 「お手当て(給金)」 は
一人で生活出来る程頂けなかったんじゃよ。
それが、戦後、やや時を経て、
(当面は=GDPが右上がり曲線を描いている間は)自活可能な
お給料を頂ける女性が増加し、
当に、お仕事優先、結婚後回しの自活女性軍団が
大挙して出現することになりおったんじゃよ。
刹那的(3年〜10年)な享楽を追い求め、費消生活に
明け暮れた刺激的でスイートな時空間での人生謳歌、
(てなもんだから、次世代に血を繋ぐ事なんぞあっち向いてほい。)
それは、それはとても充実していたんだと思う。
「大人の女性?」 気取りの彼女らは
年下・気弱な男性陣を 「あっしぃー君・めっしぃー君」 と
まるで 「ペット」 感覚にあしらう始末じゃ。
だが、時は皆さんに平等に与えられる事も事実、
ふと忙中閑に彼女らは 「マルコウ」 に気がつくんじゃ。

男・女、「自立生活可能」 幻想

だいたい、ペットと生身の人間を同じテーブルに乗せる事が
間違っておるんじゃが、
戦後、経済的状況が好転し、
日本及び世界からの需要が非常に増大し
供給不足・機会損失が起こる状況を迎える恐れが生じ、
「女性」 の力 (単純労働以外) に頼らざるを得ない時を迎え、
女性を (あくまでも後方支援企業戦士としてじゃが)
企業は雇用・活用する事になったんじゃ。
右上がり曲線を描くGDPは男性のみならず、
これらの女性に対し男性依存しない 「自立生活可能」 幻想を
与えたんじゃ。
(間違って欲しくないから、男性は女性依存しない自立生活可と)
この幻想が現在に繋がる 「少子化」 の源だったんじゃよ。
RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード