横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2013年09月

暑さ寒さも彼岸まで 肌感覚大的中

漸く、朝晩に涼しさを感じる様になった今日この頃。
これはあくまでも爺やが住まう 「東京地区」 の話なんじゃが。
既に寒い北海道地区、まだまだ暑い九州地区の皆さんは
無視してくれりょ。
今年の未だかって経験した事がない猛暑の連チャン、
これがいつまで続くもんなのか心配しておったんじゃが
ほんと今年のお彼岸の入り、9月20日から
お彼岸の中日、9月23日、秋分の日にかけて
日々外は異常に暑かったせいもあり
「風が冷たく感じる」 様になりおったんじゃよ。
先人の教え 「暑さ寒さも彼岸まで」 はその通り大的中じゃよ。
スパコン何という代物がなくても 「肌感覚」 の精度には脱帽じゃよ。
みんなもせいぜいこの 「肌感覚」 を磨いてくれりょ。

何か吹っ切ると強い日本

「この日本(惑星)では何か吹っ切ると強い」
との外国人(宇宙人)の認識。
この某コマーシャル偉く受けているんじゃそうだ。
「控えめ表現」 が美徳とされた日本文化。
その文化をかなぐり捨てた 「身振り手振り表現」 で
TOKYO◯2020 五輪を手に入れたチームジャパン招致委員さんら。
当然、オリンピック招致に至ったのはこれ以上のIOC委員への
「お金・女性・名誉」 付与戦術が裏事情。
日本を 「普通の国(自前で自国防衛)」 に戻したい時の首相は
世界首脳会議 「G20」 を抜け出し、リオに駆け付け、
福島原発放射能汚染水完全制御アピールする迄のお膳立て。
世界を席巻する功利主義文化に対し
「何かを吹っ切る」 以外、島国日本の存続は不可能って感じじゃのー。
流暢(りゅうちょう)な仏蘭西文化を支えるフランス語スピーチの途中に
組み入れられた日本文化の 「お・も・て・な・し」。
この発音じゃと、何やら 「面(おもて)無し」 に聞こえてしまう。
まあ、自我を抑え他我を立てると思えんじゃないが・・・・・。
「お持てなし」 とは(凛とした自我を持ち)他我を熱烈歓待する事。
ココを忘れなければ日本文化も安泰なんじゃが。
明日の担う若者に期待をしておるぞえ。頑張れNIPPON。

天高く竜巻登る秋の味覚は何に

昨今の爺・婆(じじばば)殺しの酷暑。
これら天候異常現象は海に住まう 「お魚さん」 にも大影響じゃよ。
多分、後先は逆で日本近海の海水温上昇が原因なんだとか。
秋の味覚、秋刀魚・秋味(鮭)が全く網に掛からない状況らしい。
道東・三陸沖では例年では殆ど上がらない
高級クロマグロ
石鯛
海亀
マンボウ
フグ 等々が
引き揚げた網の中に鎮座しているとの事なんじゃよ。
お陰で?肝心な秋刀魚・秋味の収穫は激減。
9/8(日)の行われた 「目黒のさんま祭」 で振る舞われた秋刀魚は
いつもの宮城沖産ではなく根室沖産に急遽変更手当したそうな。
この秋は 「高級秋刀魚・高級秋味」 存在に変魚じゃよ。
気になるのは沖縄近海で取れる青や黄色のお魚さん達。
これらは暖かい海水に誘われ北上してるんじゃろか?
爺やは全く情報を持ち合わせないが
食卓に綺麗な?お魚さんが並ぶ事になるのかいのー???

過去への標準時「水月湖」

未来・現在への標準時は英・グリニッジ天文台とされておるが
過去への標準時は福井県若狭町・水月湖とされていたんだとさ。
何やら、過去7万年迄遡れるって事なんじゃ。
只、因果なもんで水月湖は北東と南西にある原発に挟まれておる。
素人考えじゃがこの7万年間、この地区の
「大きなナマズ(地震)」 の動きは読み解けるんのではないじゃろか?
それが判明したら 「原発稼働問題」 は解決できるんじゃないか?
これってきっと浅知恵なんじゃろなー。
何せ1年間の 「土の層の厚み」 が0.7〜0.8个覆鵑世修Δ犬磧
只、昨今のデジタル機器で解析が可能になるかも知れんぞえ。
いやいや、ロングスパンの 「天災」 に
「刹那の功利主義」 では早々コストはかけられんか。
蒼々と生い茂る木々も地道な手入れがあるからこそ。
「天災は忘れた頃にやってくる」 草草不一じゃのー。
尚、詳しくは
「水月湖の年縞:過去7 万年の標準時計」 by JGL  
「水月湖の年縞 若狭町」 by  関西電力 で確認してくれりょ。

祝 東京五輪 2020 決定
「日本の夢は朝ひらく」
歓び表現、日本の若者達 by 日経Web刊
田中理恵さん と  太田雄貴くん 歓喜表現 標準刹那

旧盆に空母出航・出港・進水

先週 「日経QUICKニュース(NQN)」 をくさしたので
今日は日経web刊のとても良い所を紹介するぞえ。
それはこの旧盆に起きた出来事なんじゃが
8/13〜8/15にかけて
インド、初の国産空母が進水」
空母、対立深まるジブラルタルへ出航」
中国初の空母、終戦記念日に出港」
との映像ニュースが報道されていたんじゃ。
重なるときは重なるもんじゃと感心してしもうたわい。
この貴重なニュースは
「日経web」 にお邪魔し
フロント頁の何処かに映像ニュースがその右の 「映像一覧」 へ
映像プレーヤが出現したら右上の検索で 「空母」 と入力。
これで素晴らしい映像が見られるぞえ。
ついでじゃが、空母に似よりの 「海自の護衛艦『いずも』進水」 は
「いずも」 で検索。
日経web刊、映像ニュースは中々見応えがあるじゃろー。
RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード