横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2014年03月

中国の軍事力拡大論理 習近平国家主席発言

論より証拠、日経Webの記事が正確としたらだが、先ずは一読を。
「南京占領「日本が30万人以上虐殺」 中国主席が講演」 (3/29 10:56)
確か清朝(中国)は
1840年 英国の中国侵略、アヘン戦争に敗北、香港が英国植民地に。
1849年 ポルトガルがマカオの統治権をゲット。
1884年 仏国の中国侵略、清仏戦争でベトナムの支配権を放棄
1894年 朝鮮の宗主国 清朝の朝鮮駐留軍と朝鮮派遣日本軍が対置
          やがて日清戦争に突入、清朝軍の敗北。
1897年 独国の山東半島・膠州湾の略奪
そして
1912年 清朝が倒れ、中華民国(中国)が成立。
確かに、ここ迄は清朝は西洋列強、及び日本に敗北した。
(詳しくは 「日本・清朝の国民国家化」 を見てくれりょ。)
しかしながら、
1937年 日中戦争に突入
1945年 そして日本はこの戦争に敗北したんじゃよ。
          要するに、中華民国は戦勝国なんじゃ。
1949年 やがて中華民国軍と共産党軍との内戦で共産党軍が勝利し
         ここに、中華人民共和国(中国)が成立。
         そして、一党独裁の共産党が支配する中国が続き
         現在のリーダーが習近平(1953〜)国家主席となるんじゃ。

この歴史の流れを認識するなら
日中戦争敗戦国の日本を非難する事は、無理があるじゃろー。
習近平国家主席の説明、
「中国の国防費増大に関して、
 中国は大きな国であり、その規模に見合うと強調。
 アヘン戦争以来の西洋列強による中国侵略の歴史に触れて
 『悲劇を繰り返さないためだ』」
この発言は、(彼の論理展開を辿ると)
「敗戦国日本、及び米国支配下?日本を更に陥れ、
 米欧列強の軍事力に抗する軍備拡大に邁進するのだ。」
と言う表明になるんじゃ。
くれぐれも、「あかずきんちゃん 気をつけて。」

電撃のロシアクリミア編入を肝に銘じて

クリミア自治共和国でのクリミア議会ロシア編入決定是非住民投票で
圧倒的に 「是」 と判断した結果を受け、
ロシアプーチン大統領は電撃的にクリミアを自国領土化に及んだよ。
柔道好きな寝業師と思いきやとてもクリーンな一本勝ちじゃよ。
米国・EU諸国はこのスピーディーさについて行けずおろおろの呈じゃ。
米国の 「重大な措置を取る」 とのブラフの内容は
ロシア政府にとって痛くもない?程度の措置じゃと思うんじゃが。
ソ連時代とは全く異なる、ロシアとEU諸国との経済的補完・連携状況。
それにも増して、核保有国家同士の戦闘行為は互いの自滅じゃから。
基本的には 「民主主義」 とどんなにお題目を唱えても所詮、
「パワー(軍事力)」 が最終的にはものを言うのは歴史の必然じゃよ。
今となっては神風を頼りのできない島国日本、
今回の電撃作戦を遠い国の出来事と考えず、
日本の特に若者はこの事態を肝に銘じて対処する方法論を・・・・・。

ご都合民主主義の「日本海・東海」併記法案

及び腰のマスコミは全くっていい程形だけの報道でごまかした
先月米国、バージニア州で決定した 「日本海・東海」 併記の件じゃ。
「地図表記」 を米国民主主義と言う代物では
いとも簡単に?(韓国系米国人のアピールとか)変えるようじゃ。
既存の米国、バージニア州での表記は 「Sea of Japan」。
訳せば 「日本の海=日本海」 となる。
ところが、今後、「Sea of Japan East Sea」 と表記されるんじゃとさ。
東海とは東方の海じゃから国家としたら
北からロシア・中国・北朝鮮・韓国が相当する事になる。
日経Web情報では彼の地は韓国系米国人が急増しているとか?
「『日本海・東海』併記法案、米バージニア州で成立へ」
この手の民主主義が跋扈するのであれば
クリミア議会がロシア編入決定、
それに伴うクリミア住民投票にいちゃもんをつけてはだめじゃよ。
その住民投票は今日行われるおるんじゃ。
クリミア自治共和国の住民の68%方がロシア人との事じゃから
結果は火を見るよりも明らかじゃよ。
奇しくも、ソチパラリンピックも今日、閉会式じゃ。
そして、3月17日より新たなドラマが展開するじゃろなー。
民主主義を標榜する米国の国務長官が
「16日にロシア編入の是非を問う住民投票が実施された場合、欧米が
『重大な措置を取る』」 と宣(のたま)った訳じゃから・・・・・。

「明日、ママがいない」くて今日、AC JAPANがいた

「明日、ママがいない」 のお陰?で
「国民の公共意識の高揚」 を目的とする 「AC JAPAN」 の
公共CMを久しぶりにまとめて見ることができたんじゃよ。
まあ、とは言ってもほぼ3年前に比べたら少ない分量なんじゃが・・・。
空前の大震災とクレーム腰引けとを比較、一緒にしてはいけない事も
重々承知しておるんじゃが、
これでもか、それでもか攻勢CMを見なくてよい環境でとてもグッドじゃ。
ちびタレの大人び過ぎる演技には辟易(へきえき)するが
フィクションに名を借りた彼女・彼らの情宣には心を打つものがある。
引き裂かれた絆と新たに構築しようとする思いやり
そのドラマに添える公共意識を喚起するCMとのコラボ、
なかなかよき流れで心が和(なご)む水曜日PM十時からの小一時間じゃよ。
CM料金が入らないTV放映会社には気の毒じゃが
番組中断にしなかった英断にはとても感謝じゃ。

「悔し・嬉し涙」の感動真相

「悔し・嬉し涙」 で天を仰いだ女性スケーター。
マスコミ報道に依るとソチ冬季五輪で
世界各国は金メダル(世界一)よりも彼女に感動・絶賛したとか。
まあ、話半分としても
確かに彼女のどん底(地獄)からのナイスリカバリー(天国)は
お美事じゃった。
肩にズシッとのし掛かる金メダルゲット日本期待への思い
前回バンクーバー大会悔しさの銀メダルからのステップアップ
拘り続けた三回転半ジャンプの精度の悪さ
その他わしら素人では計り知れない重圧
等々を背負って望んだショートプログラム。
結果はみんさんご存じの通り、目を覆いたくなり様な事態に。
SPでどん底に落とされた彼女、
相手ミス以外にメダルゲットが不可能な状況に陥った現実。
結果的にはこれが功を奏し、吹っ切ったのか?
4年間の血の滲む練習をフリープログラムで披露する事に専念。
周りの雑念をものともせず、
日本・世界に感動を与える圧巻のスケーティング。
人間の判断で甲乙をつける競技では
無難でリスクを取らない得点ゲットの演技よりも
果敢にリスクを取り・より高度な美技で成功を修める演技の方に
観客は感動を覚える事必定じゃ。(たとえ一等賞にならなくてもな)
これを身を以て証明してくれた彼女に心から拍手を送りたい。
彼女を含め、それぞれベスト
RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード