横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2014年10月

「まち・ひと・しごと」で地方創生は不可能では

先週紹介した、「地方創生本部」の基本的視点

1 若い世代の就労・結婚・子育ての希望の実現
2 「東京一極集中」 の歯止め
3 地域の特性に即した地域課題の解決

この2の 「東京一極集中」 は大東亜戦争敗戦後、
既存の日本文化・慣習を否定させられ
経済合理主義を貫徹した結果であるから仕方がないんじゃ。
戦後、田舎の暮らし(額に汗するお仕事)を捨て、
次男三男坊達は東京へ仕事を求めて地方からの集団就職から始まり
これも、戦争の結果、後に「ベビーブーマー・団塊の世代」と言われる
1947(昭和22)〜1949年(昭和24)生まれの方々は
企業の集中する東京の各社に就職、日本の高度経済成長を経て
ジュパンアズナンバーワンと持て囃された戦士・消費者の担い手になった。
やがて、時を経て時代が変わり、彼らのおおかたの方々は
2007(平成19)〜2009(平成21)に退職、
2012(平成24)〜2014(平成26)からフル年金受給者に。
悠々自適な?年金暮らし世代となっているんじゃよ。
1920年〜2014年の日本・東京都の人口推移の概略、
及び、女性関連の流行語は下記のように。

1920年(大正09)に日本の人口が55,963,000人(10/1現在推計)
1920年(大正09)に東京都人口が  3,699,428人(10/1現在推計)6.6%(総人口比)
1923年(大正12)に関東大震災
1926年(大正15)に日本の人口が60,740,900人(10/1現在推計)
1926年(大正15)に東京都人口が  4,694,400人(10/1現在推計)7.7%(総人口比)
1940年(昭和15)に日本の人口が71,933,000人(10/1現在推計)
1940年(昭和15)に東京都人口が  7,354,971人(10/1現在推計)10.2%(総人口比)
1945年(昭和20)に大東亜戦争に敗れる
1945年(昭和20)に日本の人口が71,998,000人(11/1現在推計)
1945年(昭和20)に東京都人口が  3,488,284人(11/1現在推計)4.8%(総人口比)
1960年(昭和35)に家付き・カー付き・ばばあ抜きが流行語
1962年(昭和37)に東京都の人口が1,000万人突破
1963年(昭和38)にOLが流行語
1967年(昭和42)に日本の人口が1.0億万人突破
1967年(昭和42)に東京都の人口が1,100万人突破
1972年(昭和47)に未婚の母が流行語
1974年(昭和49)に日本の人口が1.1億万人突破
1976年(昭和51)に戦後生まれが総人口の50%超え
1977年(昭和52)に平均寿命世界一
1979年(昭和54)にキャリアーウーマンが流行語
1984年(昭和59)に日本の人口が1.2億万人突破
1993年(平成05)に生産年齢(15〜64歳)人口が減少へ
1997年(平成09)に18歳以下の人口が65歳以上の人口を下回る
2000年(平成12)に東京都の人口が1,200万人突破
2005年(平成17)に人口が初減少
2009年(平成21)に東京都の人口が1,300万人突破
2010年(平成22)に所在不明な高齢者問題
2013年(平成25)に高齢者(65歳以上)人口が総人口の25%へ
2014年(平成26)に日本の人口は1億2643万4964人(1/1現在)
2014年(平成26)に東京都の人口が1,329万人(1/1現在)10.5%(総人口比)
2014年(平成26)に東京圏(東京 埼玉 神奈川 千葉)の人口が3.505万人突破(1/1現在)27.7%
* 1945〜1969 沖縄県含まず 1945〜1967 小笠原村含まず
* 参考資料は
   総務省統計局 ⇒ 長期時系列データ
    東京都の統計
    ⇒ 推計人口による東京都の過去から現在までの人口推移
    ⇒ 詳細集計 H26.3.20公表
   「総人口五年連続減」 日経WEB

現在の少子高齢化・東京一極集中を何とか是正すべく政府は
本腰を入れて? 「まち・ひと・しごと 地方創生本部」 を立ち上げ
地方自治体に 「アイデアが良ければ」 金を与えるって呈じゃ。
このスタンスでは敗戦後に醸成された 「限界集落・地方」 を
創生・再生することは不可能なんじゃよ!
そこで爺やが提案する東京一極集中の処方箋は
「団塊の世代の里帰り」。
2012(平成24)〜2014(平成26)のフル年金受給者の皆さんで
東京首都圏にお住まいの方々にご自分の故郷(ふるさと)へ
お帰り頂く事じゃ。
これこそ、「故郷に錦を飾る」 ってことになるんじゃないか。

台風18・19号襲来で判明したインフラの重要性

先々週・先週に日本に襲来した台風18・19号で明確に判明した。
二つ共に、関東をかすめたり・通り過ぎた台風。
ニュースによる限り、東京都心は全く害を被らなかったんじゃよ。
しかしながら、お隣、神奈川・千葉県では被害が発生しておるんじゃ。
同じ関東圏での被害の有る無し。
これには明確な理由が存在するんじゃ。
何かって言うと、当然、みんな判ると思うんじゃが
「インフラ整備」 の違いじゃよ。
地滑り・洪水を未然に防ぐ、いにしえからの予防策、「治山治水」 対策。
以前、神田川が氾濫し水浸しになった事があったがこれに対処した。
圧倒的に昼間人口を抱える東京都心とベッドタウンの東京近郊との
インフラ格差。
ここにも明確な 「格差社会」 が存在するんじゃ。
以前の「地方再生」 から 「地方創生」 へと変容した政府。
「まち・ひと・しごと創生」 がキャッチコピーらしい。
この本部が9月に創設され、基本方針が作成されている。

基本的視点として
1 若い世代の就労・結婚・子育ての希望の実現
2 「東京一極集中」 の歯止め
3 地域の特性に即した地域課題の解決
子細は 「まち・ひと・しごと創生本部」 を見てくれるりょ。

この2の東京一極集中のなせる業が 「東京インフラ整備」 なんじゃよ。

既存国民国家の終焉 新琉球国も?

9/18(英時間)スコットランドの英国からの独立是非投票で
辛くも独立が否決された出来事。
又、現在進行形の 「イスラム国」 。
スコットランドは 「住民投票」 だったが、
「イスラム国」 は戦闘状態継続中の幻想国家。
香港にお住まいの若者は中国人ではなく 「香港人」 とアピール。
英・仏により約100年前に 「国境」 を引かれた中東似非国民国家群。
ラテン、ゲルマン人の諍いを起こさない為のEU実験国家連合。
既存国民国家概念が綻び、まさに終焉の呈じゃーねーか。
島国、日本国家も
わしらには関係ないと平然としている場合じゃなくなるかも。
沖縄にお住まいの方々が日本より独立し、
「新琉球国」 を造りたいと考える事は全く不思議なことでなないんじゃよ。
世は 「民主主義」 の時代なんじゃから。
尚、「国民国家」 については
「民主主義は日本文化とは違和」〜 見てくれりょ。


先週話した 「やっとこ・さっとこ、日経平均株価 16,000円台」。
案の定、外資プレーヤ (モルガン・スタンレーMUFG証券とか) の
日経平均先物への多額な売り攻勢により
10/10(金)の終値は15,300.55円に下落。
9月につけた青息吐息の16,000円台は束の間の夢じゃった。
もう一度確認じゃ。
くれぐれも素人(若い、僕ちゃん・嬢ちゃん)はご用心をめされよ。
超資本主義金融ゲーム場で火傷をしないようにな。

やっとこ・さっとこ、日経平均株価 16,000円台

アベノミクス、デフレ脱却を掲げてから日経平均株価の最高値は
2013/12/30 大納会につけた16,320.22円。
この値を9か月間を要し、やっとこ・さっとこ、上抜けしたんじゃ。
(9/25 最高値 16,374.14円)
この要因は決して 「アベノミクス第三の矢」 効果ではなく、
先月、9/06の
アリババ(阿里巴巴)ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場情報による
ソフトバンク株の急上昇が主原因。
(9/01 終値 7.446円 9/19 終値 8,740円 17.4%UP  売買代金断トツ一位)
もう一つは、9/2からの米国金利上昇思惑情報、
日米利金利差の拡大解釈、円売り・ドル買いによる円安効果。
(9/01 最安値 1$=104.35円から9/19 最安値 1$=109.45円)
この日、経済財政・再生相はこの東証株価動向に
「まだまだ評価は低い。」
「時価総額対純資産の比率でいうと、日本株はお買い得だ。」 と
コメントしたそうな。
これって 「東証株価はとても安く・お買い得。」 って事。
バーゲンセールじゃあるまいし、これっていかんぞえ。
政府関係者が金融ゲームを囃し立てるのは問題有りと思うんじゃが?
まあ、それは置くてく事して、
10/2には早くも外資プレーヤの利益確定売り?で16,000円を割り込み
10/3の終値は15,708.65円。
日本の株式市場の60〜65%は外資プレーヤ同士のゲーム場じゃから
くれぐれも素人(若い、僕ちゃん・嬢ちゃん)はご用心をめされよ。

RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード