横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2015年04月

AIIB59国/地域創設メンバー 次は元をIMF SDR基準通貨へ

中華共産党王朝(中国)が主導したAIIBは思いの外?参加国増に。
4/15、中国政府は何と57か国と2地域が創設メンバーと報道。
AIIBへの参加国・地域は
「AIIB(中国)v.s.ADB(米・日)」で確認してくれりょ。
AIIBの本部は中華共産党王朝の首都、北京。
出資金は当初は500億$、最終的には1,000億$へとか。
出資比率はアジア地域国で約75%、後はその他の国々と。
又、融資基準については「西側のルールが最善とは限らない」と言明、
中華共産党王朝(中国)のご都合主義ルールに成りそうじゃよ。
又、AIIBからADBに
「設立条約など法律に関する問い合わせ」の打診があったとか。
(「ADB総裁、5月年次総会時に「AIIB関係者と意見交換も」
 BY 日経Web)
出資金500億$は1$=¥120計算で6兆円じゃ。
アジア地域国で約75%とのことじゃが基本的にはアジア諸国は
インフラ整備に融資を受けたいお国がほとんどじゃよ。
中華共産党王朝(中国)を除いて、出資国、地域は
韓国、シンガポール、香港・台湾地域とオーストラリアをアジア地域国
とすればこれらの3カ国・2地域になるんじゃろ。
しかしながら、如何せん中華共産党王朝(中国)ご都合主義ルールに
則るから全く出資割り振りは見当がつかないんじゃよ。
6月末には大枠が決定されるとの事じゃから
結果は見てからのお楽しみってところじゃ。
更に、このAIIB状況に気をよくした?中華共産党王朝(中国)は
次なる戦術に打って出おったぞい。
それはIMF(国際通貨基金)の準備資産、
SDR(特別引き出し権)の基準通貨に「元」も採用させる事じゃ。
現状の基準通貨は米ドル・ユーロ・円・英ポンド。
(「中国、人民元国際化へ攻勢 IMF準備資産に採用促す」
 BY 日経Web)
「円」がエントリーされていたとは驚きもんじゃが
この4通貨に中華共産党王朝(中国)は元も入れろって事なんじゃよ。
行く行くは世界二大大国、米ドル・元体制にしたい目論みなんじゃろ。
「くわらば(桑原)・くわらば(桑原)」。

米中狭間で日本は最新技術開発に邁進

4/10 に総合科学技術・イノベーション会議が開催。
この会議で政府は2020年東京オリンピック・パラリンピック向け
日本企業の持ちうる最新技術開発・実用化の邁進を提言。
そのプロジェクトは

計画1 スマートホスピタリティ(多言語翻訳・高精度測位・ロボット技術)
計画2 感染症サーベイランス強化(感染症診断技術)
計画3 社会参加アシストシステム(福祉用具技術)
計画4 次世代都市交通システム(自動運転・交通技術)
計画5 水素エネルギーシステム(水素製造・運搬・貯蔵技術)
計画6 ゲリラ豪雨・竜巻事前予測(気象技術)
計画7 移動最適化システム(空間映像・次世代デバイス技術)
計画8 ジャパンフラワープロジェクト(バイオ技術)

子細は
内閣府 総合科学技術・イノベーション会議
「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けた
科学技術イノベーションの取組に関するタスクフォース」

取り分け、
エネルギー資源、
核・グローバル戦略(米国足枷により)を持ち得ない日本。
細かい処まで心を配り、敢えて隘路(あいろ)を求め、
「優しい人間空間」 造りに邁進しない限り
「日本の明日はない」 ことは周知の事実のコンコンチキ。
世界の覇権の握る・握ろうとする米国・中国の狭間で
決して高望みせず、
沈着・冷静に英知を結集し、
数多の文殊の知恵で
「相手を思いやり」・「自然にも優しい」ものを
この世に生み出し続けなければだめなんじゃよ。

中華共産党王朝 世界制覇への野望

世界第2位の軍事大国(軍事予算)
世界第2位の経済大国(GDP)
世界に冠たる共産党一党独裁政権
を誇る、中華人民共和国、
否、今や中華共産党王朝とも言っても過言ではないじゃろー。
先週紹介したAIIB(中国)v.s.ADB(米・日)。
中華共産党王朝はこのAIIB=アジアインフラ投資銀行(中国財政部)
の他に
新開発銀行=BRICS銀行(中国財政部が主導)
参加国は中国・ブラジル・ロシア・インド・南アフリカのBRICS五カ国。
もう一つは、
シルクロード基金(中国人民銀行が主導)を創設しおったんじゃ。
この二つの国際銀行、一つの機関で
ユーラシア大陸を経済的基盤で征圧し最終的には
第二次大戦後のアメリカ主導グローバリズムに対峙する戦略じゃ。
日本は米国庇護の元、
戦後70年<2015年>を経過した行き掛かり状
おいそれ、今更、米国を見限る訳には行かないジレンマ状況じゃ。
4/8に天皇陛下・皇后陛下が大東亜戦争敗戦処理でパラオを訪問。
パラオ共和国・ミクロネシア連邦・マーシャル諸島共和国の
リーダー夫妻らと食事を共にされ、
4/9には激戦地だったペリリュー島を訪れ日米の慰霊碑に供花された。
(既に、戦後60年<2005年>には
 北マリアナ諸島の米国領サイパン島でも慰霊・供花されている。
 更に、戦後50年<1995年>には
 沖縄・広島・長崎、硫黄島<1968年米国より返還>に。)
(台湾・朝鮮半島・中国本土にはとてもとてもお邪魔できない。)
よって、日本国の権威のリーダーはこれで「礼を尽くした。」事になる。
ところで、地球を俯瞰すると
G7の盟友?、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアは
すげなく、中華共産党王朝が主導するAIIBに加盟しおった。
残るはアメリカ、 日本、カナダの三カ国だけじゃ。
自由、民主主義、基本的人権等の基本的な価値を共有しない
(例えば、未だに日本の某新聞社元支局長を拘束している)
日本にとって、もっとも重要なお隣、韓国は再び、
中華共産党王朝の冊封体制に組み込まれた呈。
そこで、変貌とげつつある国際情勢を踏まえ、
安倍首相にはご自分のご発言通り、更に「死ぬ気」で
日本丸の舵取りをお願いする次第じゃよ。
後ろで一生懸命小旗を振って、応援しておるぞえー。

AIIB(中国)v.s.ADB(米・日)

去る、3月31日(火)に
アジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加申請が締め切られた。
この銀行はお隣、中国が主導する国際銀行化へとか。
1944年に連合国通貨金融会議で締結されたブレトン・ウッズ協定。この協定により、
国際通貨基金(IMF)
国際復興開発銀行(IBRD)(後の世界銀行)
が設立されたんじゃった。
これら国際銀行も紆余曲折があり今日に至っているんじゃ。
勿論、この銀行を主導しているのは米国なんじゃよのー。
大東亜戦争敗戦国、日本もこの世界銀行から融資を受け
東海道新幹線などの築造に役立ったんじゃ。
一方、昨今話題のAIIBは地域内のインフラ整備を目的とし
2015年末に発足予定とか。
これに比較して取り上げられたアジア開発銀行(ADB)。
ADBは1966年に発足、加盟国67国/地域、
アジア・太平洋の加盟途上国に対し、
開発資金融資し貧困削減と生活水準と質の向上を目的とされている。
こちらは米国と日本が主導しているんじゃ。
このADBの組織に
GDP世界二位を誇る軍事大国・共産党独裁政権、
中国が金融を以てして、アジア・中東を制覇しようとする新組織作り。
この組織への参加国/地域加入期限が2015/3/31じゃった。
その参加国/地域は51国/地域。

 参加国/地域加入日AIIBのみADBのみ
1中国2014/10/25イスラエル米国
2 香港2014/10/25エジプト日本
3インド2014/10/25オマーンアイルランド
4ウズベキスタン2014/10/25カタールアゼルバイジャン
5オマーン2014/10/25クウェートアフガニスタン
6カザフスタン2014/10/25サウジアラビアアルメニア
7カタール2014/10/25ブラジルカナダ
8カンボジア2014/10/25ヨルダンキリバス
9クウェート2014/10/25ロシアクック諸島
10シンガポール2014/10/25 サモア
11スリランカ2014/10/25アイスランドスペイン
12タイ2014/10/25アラブ首長国連邦ソロモン諸島
13ネパール2014/10/25イランツバル
14パキスタン2014/10/25ポーランドトルクメニスタン
15バングラデシュ2014/10/25マルタトンガ
16フィリピン2014/10/25南アフリカ共和国ナウル
17ブルネイ2014/10/25 バヌアツ
18ベトナム2014/10/25 パプアニューギニア
19マレーシア2014/10/25 パラオ
20ミャンマー2014/10/25 フィジー
21モンゴル2014/10/25 ブータン
22ラオス 2014/10/25 ベルギー
23インドネシア  マーシャル諸島
24サウジアラビア  ミクロネシア連邦
25タジキスタン  東ティモール
26ニュージーランド   
27モルディブ   
28ヨルダン   
29イギリス2015/03/12  
30イタリア2015/03/17  
31ドイツ2015/03/17  
32フランス2015/03/17  
33ルクセンブルク2015/03/18  
34スイス2015/03/20  
35オーストリア2015/03/24  
36トルコ2015/03/26  
37韓国2015/03/26  
38オランダ2015/03/28  
39グルジア2015/03/28  
40デンマーク2015/03/28  
41ブラジル2015/03/28  
42エジプト2015/03/29  
43オーストラリア2015/03/29  
44スウェーデン2015/03/29  
45フィンランド2015/03/29  
46ロシア2015/03/29  
47イスラエル2015/03/31  
48キルギスタン2015/03/31  
49ノルウェー2015/03/31  
50ポルトガル2015/03/31  
51台湾2015/03/31  
     
52アイスランド2015/04/15  
53アゼルバイジャン2015/04/15  
54アラブ首長国連邦2015/04/15  
55イラン2015/04/15  
56スペイン2015/04/15  
57ポーランド2015/04/15  
58マルタ2015/04/15  
59南アフリカ共和国2015/04/15  

(4/15承認参加国を追加)

かっての米国との同胞・同盟国、イギリスが3/12に参加表明すると
雪崩を打った如く22カ国が連れ参加じゃ。
これらの動向を鑑みるに各国/地域の「思惑」が垣間見えるぞい。
世界地政図は確実に変貌を遂げつつある感じゃよ。
「地政学」は政治現象と地理的条件との関係を研究する学問。
日本には全く馴染みがないがこの学問はその昔、
ナチスが圧倒的に支持をした歴史があるんじゃ。
ご自分の国/地域のみの利益を追求するこの発想、
21世紀の現在も脈々と生き続けて居るんじゃ。
これからの日本を担う若者のみんなへ
くれぐれもこの発想には注意召されよ。頼むぞい。

赤字・・・BRICS
青字・・・南太平洋の島々・国々

RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード