横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2015年10月

国民医療費 40兆円突破(平成25年度)へ

取り急ぎ、日経Web 2015/10/7
国民医療費、初の40兆円超 13年度確定値2.2%増
国民医療費が平成25年度(2013/4/1〜2014/3/31)に40兆円突破。
夥しい数値でビックリもんじゃよ。
詳しくは厚生労働省
平成25年度 国民医療費の概況」に記載されておる。
国民医療費とは
医療機関等で保険診療対象となり得る傷病の治療に要した費用推計。
医科・歯科診療・薬局調剤・入院時食事生活・訪問看護医療費など。
保険対象外医療費・正常妊娠分娩費・健診費・予防接種費は除外。
GDP比8.29%に及ぶ数値になるんじゃとさ。
爺やも恥ずかしながら、この数値アップに貢献?しちょるぞぇ。
以前、
鼻茸摘出手術への挑戦
鼻茸摘出手術はとても痛かった
鼻茸摘出手術洗浄はとても痛い
で話したんじゃが、手術後は三ヶ月に一度病院へ行って再発防止に
挑んでおるんじゃよ。
支払医療費は一回約7,000円程じゃから
7,000×4÷0.1(齢バレバレ)=¥280,000 これが年間医療費じゃ。
人口一人当たりの国民医療費は¥314,700とはじき出されておるから
爺やは「ほぼほぼの貢献度?」じゃ。
但し、平成25年度 国民医療費の概況に依ると人口一人当たり
65歳以上の国民医療費は¥724,500
65歳未満の国民医療費は¥177,700
とされておるから、ひとまず安堵しておくぞえ?
「病は気から」と言うが、「病は突如訪れる」とも。
年寄りの冷や水的「気」じゃが「期」が訪れたらそれ迄じゃ。
「気を確かに」が聞こえなくなったら「おさらば」だけ。
それ迄は「頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり」を貫くつもりじゃ。

新3本の矢で希望・夢・安心 番狂わせを

70年談話の具体的史実を展開している間に色んな事が起きたぞえ。
目まぐるしく変貌するし続ける世の中、まあ当然なんじゃが
あまりにもの激しさに爺やの歳ではもうついて行くのがやっとこじゃよ。
まあ、ついて行かなくても良いのではないかとも思うんじゃが・・・・・。
この間の一番のビックリは
中国軍事パレードでの出来事じゃ。
何やら中国の最高指導者が民に大嘘をついたんだと。
それは「カイロ宣言」の談合面子の件
カイロ宣言は1943年12月1日に対日政策を表明した宣言。
而して面子は
英国 ウィンストン・チャーチル英首相(1874〜1965)
米国 フランクリン・ルーズベルト米大統領(1882〜1945)
中国 「蒋介石」中国国民政府主席(1887〜1975)
この3名なんじゃ。
がしかし、過去の歴史事実を大事する?中国共産党指導者は
上記の「蒋介石」を「毛沢東」にすり替えたそうな。
毛沢東(1893〜1976)は中国共産党創設者の一人。
中国共産党にとっては「神」みたいなお方なんじゃよ。
お次のビックリは
「ラグビーワールドカップ史上、最大の番狂わせ」と言わせた
南アフリカ戦の日本ラガーマンの歴史的勝利じゃ。
助っ人さん達がおるとは言え、快挙じゃよ。
三つ目の大ビックリは
「アベノミクス3本の矢」から「新3本の矢」へと「1億総活躍社会」。
最初の3本の矢は「から」なのか「プラス」なのかは不明なんじゃが。
1 大胆な金融政策
2 機動的な財政政策
3 民間投資を喚起する成長戦略
この3本の矢は未だ貫徹しておらんのじゃがのー。
そして、新3本の矢(日経Web刊)
1 希望を生み出す強い経済 GDP600兆円へ
2 夢をつむぐ子育て支援 出生率1.8へ
3 安心につながる社会保障 介護離職ゼロへ
これを以てして「1億総活躍社会」の日本へと言う事じゃが
これって「矢(政策戦略)」ではないのでは??? これでは、
「希望・夢・安心」を日本の若者に持たせてあげるのはムズイぞえ。
今の若者はそんなものには全く期待せず
せこく・世知辛く・せっせと自分の事だけ考えおるんじゃ?
爺やは若者の「歴史的な番狂わせ」を期待しておるぞえ。

日露講和条約(日露戦争勝利)が有色人種に勇気と希望

又、先週の続きじゃよー。
安倍首相70年談話
日露戦争は、植民地支配のもとにあった、
 多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。」

このフレーズに至る経緯

1904年 02/09 露国 日本に宣戦布告 清 局外中立宣言
1904年 02/10 日本 露国に対する宣戦の詔勅(宣戦布告)
1905年 01/01 露国関東軍司令官ステッセル 旅順開城
1905年 05/28 露国バルチック艦隊大敗
1905年 09/05 日露講和条約(ポーツマス条約)締結
日本が韓国に於いて政事・軍事・経済上の利益を有する事承認
長春〜旅順口間の鉄道(南満州鉄道)及びその支線と炭坑を譲渡
露国は清からの旅順口・大連租借権を日本に譲渡
露国は樺太(サハリン)南半分を永久に日本へ譲与
露国はオホーツク・ベーリング海漁業権許与を日本と協定する 等々
1905年 09/05 講和反対国民大会(日比谷公園)開催 群衆暴徒化
1905年 09/06 東京市内外に戒厳令布告 〜11/28

日露講和条約反対集会の盛り上がりは結果的に日本人の浅はかさ。
圧倒的軍事力に勝るヨーロッパの露西亜大帝国に
アジア小国日本が勝利するとは誰も(欧米列強)予想はしなかった筈。
この勝利は露国の日本に対する鼻をくくった油断と
武力・金力がはるかに劣る日本(人)が「何が何でも勝ちたい」思いに
天がたまたま味方してくれた賜物なんじゃよ。
しかし、
為政者に「情報操作」されていた庶民は冷静に状況判断できずに
日比谷公園に結集し、「なぜ賠償金を取らないんだ」等々と政府への
腹いせに暴徒化してしまいおった。
時の政府の肩を持つわけではないが、無謀な?戦争に突入し戦争中
口が裂けても「負け戦がありました。」とは言えんじゃろ。
この薄氷の勝利は2015年ラグビーW杯初戦でラグビー強豪国
南アフリカに「ワールドカップ史上、最大の番狂わせ」勝利より
更に至難な事じゃたんじゃよ。
但し、
この日露戦争<紙一重>勝利が70年談話で安倍首相引用した
「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、
 多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。」に。
このフレーズは大東亜戦争後の1947年に英国から独立した
インドの初代首相、ジャワハルラール・ネルーさん(1889〜1964)が
語ったと言われる文脈なんじゃ。
とは言うものの、ネルーさんは日露戦争後の日本の振る舞いに
苦言を呈していることも事実じゃ。
今日はここ迄。

参考資料
「国立公文書館 日露戦争特別展 日露戦争史」

日露戦争勃発までの時系列経緯

又、先週の続きじゃよー。
安倍首相70年談話
「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、
 多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。」
この日露戦争勃発までの時系列経緯

1895年 04/17 日清講和条約(下関条約) 内容は
       1 清は李氏朝鮮の自主独立を認める事
       2 遼東半島・台湾・澎湖諸島を日本へ譲渡する事
       3 賠償金として2億両(約3億円)を日本へ支払う事 等々
この日清間の条約に対し露国、及び仏国・独国が意義を
1895年 04/23 露・仏・独 遼東半島を清に返還日本に勧告(三国干渉)
1895年 06/03 露清対日密約 満州〜ウラジオストク間鉄道建設等々
下関条約により李氏朝鮮は不本意ながら?清の属国から独立国に
しかし、親清だった閔妃一族は一転親露政策に方針転換
1895年 07/06 閔妃一族は露軍をバックにクーデター政権奪取に成功
1895年 10/08 閔妃が王宮で斬殺される事変
1895年 11/08 日本は清と遼東還付条約を締結
この3ヶ国のブラフに耐えられず日本は応じ清に賠償金3,000万両請求
 〜   閔妃斬殺事変以降、露国軍主導で朝鮮内政干渉
1896年 02/11 高宗と世子(後の純宗)がロシア公使館へ移動
1896年 03/27 米国 雲山(金鉱山)の採掘権・鉄道敷設権等々取得
1896年 04/22 露国 慶源・鍾城(炭田)の採掘権を取得
1896年 06/02 露・仏国 漢口を租借
1896年 07/21 日清修好条規の破棄、新たに日清通商航海条約を締結
1897年 10/12 還宮した高宗(2/20) 李氏朝鮮を大韓帝国へと改国号
1897年 11/14 独国軍 膠州(こうしゅう)湾(山東半島)占領
1898年 03/27 露国 大連・旅順(遼東半島)の租借権等を獲得
1898年 04/16 仏国 広州湾(広東省)を租借
1898年 06/09 英国 九竜半島(広東省)を租借
1898年 07/01 英国 威海衛(山東半島)を租借
1898年 08/13 米国軍 マニラ(フィリピン)を占領
1899年 07/~~ 露国 関東州(旅順〜大連〜奉天〜長春地域)を創設
1899年 11/~~ 義和団(キリスト教徒戦士)山東省席巻 河北省・北京へ
1900年 06/10 義和団北京に入城 北京警護軍 日本公使書記官を殺害
1900年 06/20 義和団 独国公使館を殺害
1900年 06/21 義和団征圧列強国軍へ西太后宣戦布告(北清事変)
1900年 08/15 列強国軍 北京・紫禁城を陥落 西太后 西安へ退避
1900年 11/~~ 露国軍 この期に満州占領
1901年 06/08 露清協商成立
1901年 09/07 北清事変処理 北京議定書調印 独墺米仏英日露伊と清
    賠償金4億5000万両(清年税収約1億万両)
    列強租借海岸〜北京に軍駐在を認める
    露・独・墺・伊らに天津租界地提供 等々
1902年 01/30 日英同盟締結 露国南下政策共同防御の為
1902年 04/08 露清軍事条約 満州還付条約締結 露国軍満州撤退(不履行)
1903年 06/24 東京帝国大学教授ら対露開戦論を発表 七博士意見書
1903年 08/12 露国 極東総督府を旅順に設置
1903年 10/06 日露交渉(小村寿太郎・ローゼン駐日公使交渉)開始
日本 韓国改革 助言・援助(軍事援助包含)日本専権の承認
   露国の満州鉄道経営の特殊利益を認める
露国 韓国援助は民政のみ 韓国領土を軍事活用しない
      朝鮮海峡の自由航行の保障
   北緯39度以北の韓国領土は中立地帯
      満州とその沿岸は日本の利益範囲外
日本提案は完膚無きまで否定され、この交渉は不成立に
1903年 10/30 日露交渉 日本から妥協案提出
日本 朝鮮海峡の自由航行の許容 それ以外の韓国案件は依然通り
      中立地帯は韓国国境両側50卞
      満州日本の利益範囲外の許容 露国も韓国を利益範囲外に
   露朝条約・日清条約規定の権利を互いに侵さない
1903年 12/11 ローゼン駐日公使から修正案提出
露国 韓国領土を軍事活用しない
   北緯39度以北の韓国領土は中立地帯
   韓国改革 日本は助言だけ
1903年 12/16 日本は妥協案(10/30 )から中立地帯条項削除で交渉継続
1904年 01/06 ローゼン駐日公使から再修正案提出
露国 韓国領土を軍事活用しない 北緯39度以北中立地帯承認なら
   日本は満州を利益範囲外を認め、日清条約で獲得した
   満州居留地以外の権利を認める
1904年 02/04 御前会議にて露国との開戦決定
1904年 02/06 ローゼン駐日公使に交渉打ち切り通告 日露国交決裂
1904年 02/06 露国ペテルブルク公使館、ウラジオストック貿易事務館
    黒海オデッサ・樺太コルサコフ・満州牛荘領事館 閉鎖通告
1904年 02/08 各国に日露国交断裂通告
1904年 02/09 露国 日本に宣戦布告 清 局外中立宣言
1904年 02/09 露国公館引揚費用 国庫剰余金より2万2千円支出決定
1904年 02/10 日本 露国に対する宣戦の詔勅(宣戦布告)

これにてロシア大帝国と日本小帝国との「日露戦争」が勃発。
今日はここ迄じゃ。

参考資料
「国立公文書館 日露戦争特別展 日露戦争史」
「日露戦争 古屋哲夫」

RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード