横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2019年03月

武士道精神・感謝・思いやり

3/27、貴景勝大関昇進伝達儀式での口上は難解な「四字熟語」から
平易な「五字熟語」+「二字熟語」+「やまとことば」へ。

貴景勝(22歳)の口上
「謹んでお受けいたします。大関の名に恥じぬよう、
 武士道精神を重んじ、
 感謝の気持ちと思いやりを忘れず、
 相撲道に精進してまいります。」

とても、分かり易く、爽やかで、清々しい口上じゃった。
彼は儀式後、各マスメディアのインタビューで「武士道精神」の質問に
1 「勝って奢らず、負けて腐らず」
2 「恩を返す」
3 「義理人情」         と答えていた。これに後の二つを加えると
4 「感謝」
5 「思いやり」

「利」のみを選択基準とする若者達、
世間擦れ(世間を渡ってズル賢い)した大人達にとっては
耳が痛かった筈じゃよ。
3/31(日)迄、マスメディアはこのニュースをめちゃくちゃリフレインする筈。
くれぐれも、鼓膜を破かないように!
4/01(月)からは、さ・た・は・ま行以外の
あ・か・な・や・ら・わ行からのエントリーされた「元号」で持ちっきりになるから。

4/1発表の新元号はM・T・S・H以外から

いよいよ、4/1より平成31年の会計年度がスタートする。
ところが、どっこい、
今年は5/1に新天皇が即位されるからその日から「改元」される。
今年の1/1〜4/30の新生児は平成31年生まれ。
5/1以降は同じく2019年生まれなんじゃが、新元号元年生まれになるんじゃよ。
そして、その新元号の発表が4/1(月)とか。
明治(M)・大正(T)時代には瓦版から日刊新聞へじゃからそれ程なんじゃが
昭和(S)・平成(H)改元には各新聞社のスクープ合戦があったんじゃよ。
今日日、各新聞社はネット配信時代じゃから「印刷締め切り時間」なんぞ
気にしなくて良いから情報をゲット次第発信可能で心配ご無用?
ところで新元号予想なんじゃが、確実なのは頭文字が「M・T・S・H」以外じゃ。
まあ、そんなことは誰でも知っておるか?
下らないことは止めにして、
今日はやや花冷えじゃが、お花見にでも出かけた方がよいのでは。
そんじゃ。

ダビスタ好きから本物の馬主に36歳男奮闘中

そろそろ墨堤の桜の蕾が膨らみ始めた今日この頃なんじゃが
久方ぶりに、何時もお世話になっている日経Webで
昨今なかなか観ることが叶わなかった日本男児情報を垣間見てしもうたんじゃよ。
日経Web(押切智義記者)に依ると、そのお方は東北生まれで御年36歳の若者とか。
株投資で資産を増やした件(くだり)については彼の運と努力の賜じゃから
触れはせんが、彼の時折の「決断」がとても「日本男児」感覚なんじゃよ。

2005年 23歳 長年のネットゲーマー(ダビスタ等)に見切りをつけ「株投資」をスタート
2008年 26歳 世がリーマンショックで喧噪の中
                   「名だたる大手企業がリストラに走る姿を見て、『世の中の働き口がこれほ
             ど狭くなるなら、自分には株以外に道はない
』」
2013年 31歳 投資顧問業務へ、アナリストとして入社
                   JRA馬主に
2014年 32歳 「『個人投資家としての高みを再び目指したくなった』」
                   法人立ち上げ
2017年 35歳 廃業しようとするサラブレッド生産牧場を引き継ぐ
                   「『不本意な形での廃業を減らし、日本の産業を支えていきたい』」
2019年 36歳 「『未来を考え通す力は人間の持つ知性そのもの。まだAIに取って代わられ
                      ることはない
』」
取材記者に語れなく活字にできないご苦労が当然あるものの、
とても潔い生き方に、爺やは、いたく感銘を受けたぞえ。
一度しかない人生、体あっての物種じゃから、体だけには気をつけ、
今日も、明日も、明後日も、老いる迄、楽しく過ごされることを切に願っておりますぞ。

「相場に恋したネトゲ廃人 資産140億円のカリスマに」(日経Web)

ゴーン氏 勾留108日で貪欲煩悩解消?

今週一番のホット話題は「ゴーン氏釈放時の変装事件ニュース」じゃった。
108日間の勾留生活で貪欲煩悩を解消したかと思わせる出で立ちで
東京拘置所玄関から登場したゴーン氏。
マスコミ各社が予想した?「アルマーニスーツ」での胸張る姿ではなく
白髪落下防止用、青い作業用帽子
春花粉症対策用、広いマスク
作業進捗促進用、浅紺色作業服上下(おまけに夜間存在証明用、光反射材付き上着)
で身を固め、乗る車を間違え、やや作業疲れした足取りお姿で
屋根に脚立を載せた工事用車両如き軽ワゴンお手軽価格車(SUZUKI EVERY)に乗車。
この絵面からは思うに「改心されたゴーン氏」じゃった。

ところがどっこい、軽ワゴン内で作業服からYシャツ・ジャケット・ズボンにお着替え、
某弁護士事務所へ到着、無罪奪還戦略会議終了後、
TOYOTA ALPHARDで某外資系ホテルへご帰還とか。
ゴーン氏勾留108日間で貪欲煩悩を解消かと思いきや、爺やの全くの勘違いじゃった。

ゴーン元会長保釈、検察との対決へ 勾留108日間(日経Web)
ゴーン氏、反射材つき作業着にマスク、車は屋根に脚立の軽自動車 (日経Web)

葛飾為一(北斎)神奈川沖浪裏 モスクワに登場

ここの所、某国営放送局で「葛飾北斎」のお取り上げがおびただしい。
因みに、
「若冲vs北斎〜夢の天才対決〜」
本日3月2日(土)BS3PM10:30〜11:30
2/2の再放送じゃが、
「北斎 幻の肉筆画〜アメリカに眠る 画狂老人の魂〜」
明日3月3日(ひな祭り)EテレPM2:30〜3:30
興味のある方はお見逃しなく。
又、お金を払ってでもご覧になりたいお方は
「シリーズ北斎 此道を改革せん〜画業に人生をかけた絵師〜」2/10日曜美術館
「シリーズ北斎 めくるめく読本挿絵の世界」2/17日曜美術館 等々。

それはさておき、爺やのびっくりは
「北斎の浮世絵、高層住宅の壁面に モスクワ」 (日経Web)
ロシア モスクワ南部郊外の高層住宅壁面に「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が
描かれてしもうたんじゃ。
又、日経情報に依るとこの集合住宅の名称は「東京タワー」とか。
北斎に拘るなら墨田で「東京スカイツリー」と思うのじゃが・・・・・。
そこまでの「しゃれ」は無理やもな。
そして気になるのは、富嶽三十六景は71〜73歳(数え)の作品なんじゃ。
この時代は「北斎」号を卒業、「為一(いいち)」号で活躍中。
じゃから富嶽三十六景の絵の角には「為一筆」と描画されている筈なんじゃ。
彼が北斎と号したのは39〜56歳の間だけ、為一は61〜75歳まで。
更に彼は進化、75歳以降90歳迄「画狂老人」と号してあの世に旅立たれたんじゃ。
その間、さぞかし「たのしろい(楽しく・面白い)」日々を過ごされた思う。
きっと以て「葛飾北斎」とされるのは
「北斎漫画」が海の向こうの画家さん達にものすごい衝撃を与えたからかもよ。

RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード