横丁のガンコ爺や

世の中の出来事を 横丁のガンコ爺や が語るブログじゃよ。  世の移り変わり・世の中のできごとを 斜に見ると、とっても楽しく・面白いのじゃ。
ムズイと思われる事を簡単に。冷や汗、額に流しながら・・・・・。 とりあえず、老い先短い年寄りの話に目(耳)を傾けてくんろ。
頑固一徹 根は純真 ちーとへそ曲がり。

2019年06月

時の刻(きざ)みは不可逆 11/14卯の日 大嘗祭

2019年スタートから早、ほぼ六ヶ月、
令和元年スタートからもう、約二ヶ月経過。
「時の刻(きざ)み」は、みんな等しく決して後戻りしない(不可逆)。
昨日、今日は世界二十カ国の指導者、招待国指導者、各地域代表者、
及び、各国際機関代表者たちが「大阪」に集結しておる。
ビッグイベントはなんと言っても世界二大国「米中首脳会談」(6/29)じゃよ。
しかしながら、
このG2イベントにもまして各国元首が結集する超ビッグイベント
令和改元に伴う10/22(火 祝日)に「即位礼正殿の儀」が控えている。
いやいや、今年、
日本にとって最も重要な行事は11/14(木 皇室の祭儀)の「大嘗祭」なんじゃ。

★大嘗祭(だいじょうさい=おおにえのまつり)
天皇が即位の後、初めて行なう新嘗(にいなめ)の祭。その年に新たに収穫された穀物を、
天皇みずから、祖神天照大神をはじめ天地のよろずの神々にさし上げる一代一度の大礼。
祭に用いられる新穀は、あらかじめ卜定された悠紀、主基の国から奉られ、祭の日の夜、
天皇は新しく造られた大嘗宮の悠紀殿ついで主基殿でこれを神に供え、みずからも喫する。
即位後必ず行なわれるから践祚大嘗祭ともいい、一世一度の新嘗であるから大新嘗(おお
にいなめ)ともいう。儀式は、受禅即位が7月以前ならばその年の、8月以後ならば翌年
の、諒闇登極(りょうあんとうきょく)の場合は諒闇後の、11月の下の卯の日(三卯ある
時は中の卯の日)より始まり、辰の日の悠紀節会、巳の日の主基節会、午の日の豊明節会
にいたる四日間にわたって行なわれる。辰の日以後は諸臣と饗膳を共にする節会である。
後柏原天皇以後中絶し、東山天皇の時に再興されたが、中御門天皇の時は行なわれず、
桜町天皇の時、復興されて現在に至っている。大嘗会(だいじょうえ)。
(日本国語大辞典 小学館)
従って

11/14(木)卯の日 大嘗祭の始まり
11/15(金)辰の日 悠紀節会
11/16(土)巳の日 主基節会
11/17(日)午の日 豊明節会
悠紀(ゆき)国・・栃木県の新穀
主基(すき)国・・京都府の新穀

上記のように設定されていると思われる。

台湾 ⇒ 与那国島 丸木舟「黒潮」を横切れるか?

国立科学博物館チームの手作り舟3万年前航海再現の挑戦は
三度目の正直になるや?


最初の舟は「草舟(草はヒメガマ)」、お次は「竹筏舟」、これらはあえなく失敗。
満を持して、今回は「丸木舟」での台湾東部 ⇒ 与那国島での挑戦じゃ。
果たして、行く手を阻む「黒潮」を横切れるか?
結果がとても楽しみじゃ。

ところで、この「黒潮」なんじゃが、
約3万年前、大陸地続きの台湾と与那国島の間を流れておったのじゃろか?
かの時代は現在と地軸の位置が異なるし、又、現在より自転速度も速かった筈。
故に「コリオリの力」作用が強く、「黒潮」は現在より「北東側」に流れていたのでは?
「黒潮」が与那国島・石垣島・沖縄諸島・奄美群島・トカラ列島より
東側を北上していたなら極東南ユーラシア大陸・諸島から
苦労せず手漕ぎ舟で日本の南西諸島へ漂着すると考えるんじゃが・・・・・。

「祖先はどこから来た? 草舟で大海渡る体験、今月から」 (日経Web)


「3万年前の渡来航路探る 丸木舟、台湾から与那国到達」(7/9 日経Web)
三度目の正直達成!
おめでとうございます。


頬笑ましい蒼井優 ⇒ 下世話な老後2000万円赤字→不足問題へ

先週の「頬笑ましいお話」週から一転、今週は「下世話な話」週へ変貌してしもうた。
先週、
蒼井優さんが結婚しようと決めた一番の理由は

彼のとことん迄やってしまう仕事に対する姿勢に尊敬を抱いた事。
序で?に上げたのが
一緒にいて、しんどいくらい笑わせてくれる事(楽しい生活)
人に対しての感動する事と許せさい事のラインが一緒(感性一致)
金銭感覚が似ている(経済合理性の一致)
冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める(開けたら閉める自然感覚一致)
優しい(こちらはお好きなように)

序で?は付け足し感じ、その内「一致状態」関係に微妙な綻びが生じると思われる。
が、そったら事はたいした問題に発展しないし又微妙な違いにも味わいがあるんじゃよ。
爺やは逆に一致し過ぎている点が多いことに不安を覚える位じゃよ。
早く、お二人の感性継承者誕生ニュースを耳にしたいと願っておるぞぇ。

今週、
老いてもダンディーな財務大臣が発したお言葉「老後2000万円赤字⇒不足」問題じゃ。
何やら「ネット炎上」とかでマスメディアが格好なネタゲットでかまびす(喧)しい。
先ず、爺やはこの「ネット炎上」と言う代物が「怪し気」に感じる。
「ネット炎上」とは
よく言えば「任意の第三者」が「仕掛けた罠」に「幼気な怠け者」が乗せられたって事
なんじゃろー。
付和雷同された方々は
を「チラ見」でもされたのかいの? しかし、「目を通された」方なら

「あらそうだったのー?」
「何を今更」
「証券業界の回し者」 等々

色んなご自分の受け取り方があるじゃろが? それが今話題の
「ダイバーシティ(diversity)」(決してガンダムではない)であり、
「サステイナビリティー(sustainability)」の一助になるんじゃろー。
但し、「報告書」を決して鵜呑みにしないように!
これも「仕掛けられた罠」の一つに過ぎないのじゃから。

いつまでも、元気と思うな爺・婆さん

昨今、とみに、爺・婆さん達による「走る武器(車)」の誤操作事故が相次いでいる。
十中八九、爺やも含め、彼ら彼女らは「自分だけは大丈夫」と思っているに違いない。
確かに、自分の足をもぎ取られるのは辛いもんじゃ。
但しじゃ、

いつまでも、元気と思うな爺・婆さん。
いつまでも、若い時と同じ動きができると思うな爺・婆さん。
いつまでも、昔取った杵柄が通用すると思うな爺・婆さん。

これらについて、爺・婆さんは確実にご自分で感じている。
なのに「自尊心」が許さないんじゃよ。

しかし、よーく考えてみると
爺・婆さん達の親御さん達は今の爺・婆さんたちの年頃には
「三大疾病等」、及び、「突発事故」であちらの世にめでたく旅立たれている筈じゃ。
又、爺・婆さんたちの親御さん達の両親は
「役目が終わったら、ご自分の意思で山に隠れる勇気をお持ちじゃった。」

さて、今時の爺・婆さん達は如何に考えるかの〜?

あっついどう 北海道

一体、どうしたことか?

北海道がめちゃくちゃ暑い!
5/26(日)日本で一番気温が高かった地区が北海道常呂郡佐呂間町で39.5度を記録。
あの網走番外地より北でサロマ湖があるところじゃよ。
わしらが作ってしもうた地球環境の成り行きなのか?
それとも一過性のお仕置きか?

「あっついどう 北海道」

「北海道で39度超え、酪農への影響懸念」 (日経Web)
RECOMMEND H.P.
粋・いなせ と服  江戸時代

うちの孫の作なんじゃけど
江戸時代の庶民文化
粋といなせ」について
語っているので暇だったら
一度、目と通してくんろ。

何やら、今現在は「古事記」に
凝っているそうじゃ。
「本居宣長」じゃあるまいにのう。

日本の色 (伝統色)

日本の色について
大昔から近代までの流れを
色見本付きで紹介しちょるぞ。

男と女 待賢門院

これは「歴史秘話」ではなくて
少し歴史をかじった事がある
者にとっては周知の事実じゃ。

男と女 お美代の方

これも「歴史秘話」ではなくて
「歴史ヒストリア」?
家斉は大したもんじゃのー。

ファッション・よもやま話

孫の作じゃ。
お時間があればどうぞ。
ブログ内 記事検索
Archives
 
Recent Comments
QRコード
QRコード