WIN5のお蔭で頓挫してしまった
東日本大震災の効用、「結婚したい」 の続きじゃ。
バブル崩壊を因として
齢を重ねたキャリアウーマン・ガールの顛末迄お話したんじゃった。
奇しくも彼女らみたいにファッショナブル(時流)な「自立生活」 を
選択できなかった・選択しなかった皆さん方は
 「親御さん達とは一緒に暮らせない結婚生活」 を
余儀なくされた、或いは、
彼ら・彼らには別居生活をエンジョイする筈じゃった核家族化を
チョイスしたんじゃよ。
この核家族 (家庭内個室化をも含め)
を選択する事により、「一家・一部屋に一台・一台」 方式で
消費経済は自然と上昇する事になったんじゃ。
これにより、製造メーカは
「作れば何でも売れる時代」 を謳歌する事になるんじゃ。
(製造メーカーでお仕事されている方々も同じ消費者)
一方、この核家族化により 「親子の絆崩壊」 が始まるんじゃよ。