未だに続いておる「平成28年熊本地震」。
連続(4/14・4/16)震度7が襲ったんじゃから半端じゃねぇー。
ただただ「大鯰には静かにしてて貰いたい」と、こい願う次第じゃ。
ところで、日本は大型連休に突入しおった。
来週の鉄火場稼働日は5/2(月)と5/6(金)の二日のみ。
しかしながら、米・欧州市場はお休み無しじゃ。
この日本の空白期間を狙い、鉄火場の大鯰は激しく動き回ると思う。
今週末発表された二大声明

FOMC(米連邦公開市場委員会)
政策金利の据え置きを決定。
米経済減速と景気判断を引き下げ、個人消費の鈍化などに懸念。
海外経済や金融市場のリスクは後退も引き続き注視。
世界経済と金融環境がリスクをもたらしているを削除。
労働市場は一段と改善。
「『世界経済と金融市場を注視』 FOMC声明要旨」(日経Web)

日銀(金融政策決定会合)
追加緩和を見送り、現状のマイナス金利政策の維持。
政策効果の浸透度合いを見極めることが適当。
2%の物価上昇の達成時期は
従来の「2017年度前半」から「17年度中」に再び先送り。
熊本地震で被災金融機関へ総額3000億円の貸し出し支援 無利息。
「日銀、金融政策を現状維持 物価目標先送り」
「日銀総裁、現行の緩和政策「浸透度合い見極める段階」
金融政策決定会合後の記者会見
「ヘリコプターマネーとされる政策日本の現行の法制度ではできない」
「貸出増加支援融資にマイナス金利を適用現時点では考えていない」
「日銀総裁、銀行へのマイナス金利貸付『現時点では考えていない』」
(日経Web)

FOMCはトレーダーの読み通りで日銀は梯子を外された模様じゃ。
今週の円ドルレート推移は

2016/04/22 111.781
2016/04/25 111.189
2016/04/26 111.296
2016/04/27 111.450
2016/04/28 108.074
2016/04/29 106.304

日銀発表後、僅か5分程で3円の円高ドル安へ円急騰展開。
はやり、ヘッジファンダー思惑通り、財務省は
「我々からみて急激な円高や円安に関しては色々な手段をとらない」
で思う壺じゃよ。
又、先週の「Bloomberg情報」は完璧な「マッチポンプ」じゃった。
更に、追い打ちをかけるように米財務省は「円売り介入」阻止の恫喝。
「米、日本の通貨政策『監視』 円ドル相場は『秩序的』」(日経Web)
4/29(日本金融鉄火場はお休み)には106.304で5円の円高ドル安じゃ。
米政府・米ヘッジファンダー・米金融情報機関(Bloomberg)、
トリニティーの日本金融市場への攻撃じゃよ。
この「トリニティー」に翻弄されているんじゃ。
物量・情報量・技術量で完膚無きまで叩きのめされた
あの「大東亜戦争」と構造は全く同じ。
未だに同じ徹を踏む、
我が「のほほん・お人好し・お気楽な」日本じゃよ。
まあ、
これが日本文化の懐が深いおもてなしの良き?ところなんじゃが。